陸上競技部 門真なみはや高校と合同練習会を行いました

8月2日(火)大阪府立門真なみはや高校にお邪魔し、大阪府でも随一という広いグラウンドを目一杯使って合同練習会を行いました。地元の中学生も参加し、大人数で門真なみはや高校の練習を体験しましたが、、、練習内容が非常にレベルが高い!!加えて、選手達から溢れ出る陸上競技に対する情熱をひしひしと感じながら、1日中練習に没頭する事が出来ました!

普段他府県の高校生とは近畿大会以上の試合でしか顔を合わせる機会はありませんが、同じ陸上競技を志す者同士、情報や意見を交換するなど、コミュニケーションを多くとれた練習会となりました!

「このような練習会だけではなく、近畿大会や全国大会でも競い合えるようお互い成長していこう!」 と熱い約束を交わし、練習会を終えました。

CIMG4831    CIMG4834

文責:陸上競技部顧問

ヨット部 インターハイ報告その4

8月15日(月)インターハイ第3日目in和歌山マリーナ

午前中は風が弱く、11時に予定されていた男子のレースは12:45からに、順次レースが行われました。
420級女子選手は、昨日の最終レースの気持ちのまま残りのレースをしっかりはしり(帆走)たいですと元気に出艇しました。
また、FJ女子選手は気持ちを引き締めて頑張りますと気合を入れていました。

P8150086 P8150087

P8150096 P8150098

P8150112 P8150110

P8150123 P8150126

image image

文責:ヨット部顧問

サッカー部 阪神1部リーグ第13節(VS県立伊丹)

7月23日(土)に西宮東高校グラウンドにおいて県立伊丹高校と阪神1部リーグ第13節を行いました。

芦屋 3-3 県伊丹
得点者:藤井 隆弥2ゴール(3年:神戸FC)、島津 瑠(3年:尼崎ミュートス)

落ち着いたボール運びができ、中盤へのパスを入れるタイミングがよかった。そこからサイド攻撃を展開し、クロスもいいボールが上がっていた。リスタートのボールも先に触れ、せり勝てていた。前半で3点を入れることができたのは良かったと思う。志水俊介(3年:尼崎FC)

1469674407427

文責:サッカー部顧問

サッカー部 阪神1部リーグ第17節(VS市立尼崎B)

7月3日(日)に市立尼崎高校第2グラウンドにおいて市立尼崎高校Bと阪神1部リーグ第17節を行いました。

芦屋 1-3 市立尼崎B
得点者:島津 瑠(3年:尼崎ミュートス)

技術、球際、熱量の全ての面で相手が自分たちよりも勝っていたと思う。技術面は相手に負けていても、球際を強くいったり熱量をもってプレーをすれば技術面はカバーできるし、そうすれば勝てた試合だったと思う。今日みたいな熱量だと残りのリーグ戦や、これから始まる選手権の予選では確実に勝つことができないと思うので、練習から一人一人がもっと熱量を持って取り組んで行きたい。
石川 駿介(3年:神戸FC)

文責:サッカー部顧問

H28ニュージーランド語学研修 14日目その2

8月5日(金)
現地時刻21:00、ただいまタイ空港に到着しました。ニュージーランド時刻は26:00のため、若干の疲れはみえますが、乗り継ぎ待ちの間もやはり生徒たちは空港内へ散策に出かけて行きました。
日本到着予定は7:00ですが、手続き等をすませて8:00前にはご家族の皆様と対面できる予定です。
日本まで、あと少しです!
これでブログの更新は終わります。ありがとうございました。

文責 水落、藤川

H28ニュージーランド語学研修14日目

8月5日(金)
9:20 Immanuel School出発
出発前にはImmanuelの生徒たちがお別れに集まってくれました。そして全員で、出会えたことや旅が安全に終わるようにとお祈りをして、バスに荷物を積み込み、いよいよ出発のときです。ニュージーランドで出会ったたくさんの人たちに最後の挨拶をして(Jenni先生へは全員が心を込めたカードを贈りました!)、笑顔と涙で出発です。Aucklandの天気は、晴れ。そして少しの涙雨。手を振ってくれるJenni先生たちの後ろには大きな虹が現れて、また涙!素敵な出会いに感謝しながら空港へ向かいます。

11:00 Auckland空港にて
出国審査をすませて、12:30の搭乗時間まで、しばしの自由時間です。思い残すことがないように、空港でも散策に出かけるせいとたちは、今日も全員元気です。たくさんのおみやげと、それよりたくさんの思い出を持って、まずはバンコクをめざします。

文責 水落、藤川

image image

image image

image image

image image

image image

image

芦屋高校:復興支援プロジェクトNO.9

平成28年8月1日(月)
芦屋に帰ってきた復興支援プロジェクトのメンバーは活動のふりかえりをしました。そして、校長先生をはじめ先生方に帰ってきたことを報告しました。私たちにできることは、今の現地の様子を伝えていくことです。これからも活動は続けて行きます。

文責:芦屋高校復興支援プロジェクト

image image