「ヨット部」カテゴリーアーカイブ

【ヨット部】平成30年度インターハイ

8月10日(金)~16日(木)に和歌山セーリングセンターで行われた平成30 年度全国高等学校総合体育大会 ヨット競技大会に出場しました。昨年度で長年親しまれた2人乗りのFJ級が廃止され、今年度より2人乗りの420級に加えて1人乗りのレーザーラジアル級が採用され、男女とも各校上位2艇の成績で争うコンバインド競技が開始されました。

台風も近づく中での難しいコンディションでしたが、皆3年間の成果を出し切りました。ご声援ありがとうございました。

 

 以下は出場生徒の感想です。

 

男子420級     14位 (男子コンバインド17位)

今回のインターハイから各水域から1つの学校につき2チームまで出場できることになり、芦屋も男女すべてのクラスで出場することを目標にしてきましたが、それは果たせませんでした。

インターハイに出場することができた部員で、行けなかったメンバーの気持ちも背負い和歌山に乗り込みました。結果は47チーム中14位で、レース期間の後半に順位を落とすことになってしまいましたが、第2レースは最後に4位になってしまったもののその前までずっと1位で、すべてのチームの前を走ることができて感動と興奮を覚えました。来年のインターハイでは後輩に全クラス出場を決めてもらい、さらに入賞も目指して頑張ってほしいです。

応援ありがとうございました。

 

女子420級     23位、24位

(レーザーラジアルとあわせ女子コンバインド17位)

今回から各クラス1校につき最大2艇出場可能になったインターハイ、女子は両クラス共に2艇ずつ出場権を勝ち取って挑むことになりました。これは全国で芦屋高校だけであって、コンバインド(団体戦)入賞を狙う上でも大きなアドバンテージだったと思います。

しかし陸から風が吹く難しい海面に苦戦し、なかなか思うようなレースが出来ず、両艇とも悔しい結果となりました。この悔いは来年後輩に晴らしてもらいたいです。

2年半共に切磋琢磨してきた74期のライバル達、OB・OGの先輩、後輩マネージャー、そして暑い日も寒い日も私達を指導してくださった先生方、コーチには感謝しかありません。本当にありがとうございました。

 

 

女子レーザーラジアル級   15位、18位

(420とあわせ女子コンバインド17位)

インターハイというずっと目指していた舞台に出ることができ、本当にうれしくとてもいい経験になりました!第1レースで一位でマークを通過した時のことは一生忘れられない経験です。順位は良い結果ではなかったけれど、やりきった、悔いはないと言い切れるそんな大会になったと思います!

天候により最後のレースができなかったことは少し心残りではあるけれど、三年間やってきた成果を発揮することができました!ずっと支えてくれた先輩方や先生方や両親、私たちについてきてくれた後輩達に感謝の気持ちでいっぱいです!いい経験をさせていただき本当にありがとうございました!

 

 

文責:ヨット部顧問

第30回近畿高等学校ヨット選手権大会

6月8日(金)~6月10日(日)に和歌山セーリングセンターで行われた近畿高等学校ヨット選手権大会に出場してまいりました。

天候が心配された中でしたが、予定していた全7レースを行うことができました。

応援いただいた皆様、ありがとうございました。

 

レース結果は

http://www.wakayama-sailing.org/newsailingclub/soutai/result/2018KINKI-IH_result.pdf

でご覧になれます。

 

全国大会の予選を兼ねるこの大会で、男子420級1艇、女子420級2艇、女子レーザーラジアル級2艇が8月12~16日の全国高等学校ヨット選手権大会に出場することが決まりました。今回と同じ和歌山の海で行われる全国総体に向け、レースの反省も踏まえさらに精進いたします。

今後もご声援よろしくお願い致します。

 

 

文責:ヨット部顧問

ヨット部 平成29年度全国高等学校総合体育大会ヨット競技大会

8月10日~16日に和歌山のセーリングセンターで行われた全国高等学校総合体育大会ヨット競技に女子420級、男子FJ級、女子FJ級の3チームが出場しました。長くインターハイ種目であったFJ級は今年度で終了となり、来年度からは420級に加えて1人乗りのレーザーラジアル級が採用されます。男女のFJ級は代々長く大切にされてきた艇に乗り、有終の美を飾るべく臨んだ大会でした。

男子FJ級は第3レースに1位でトップホーンを鳴らし、最終日前日までは男子FJ級は6位、女子FJ級は4位につけていました。最終的には女子FJ級5位入賞、男子FJ級11位、女子420級14位の結果となりました。最終日に逆転されてしまい、少し悔いの残る結果ではありましたが、レースに出たメンバーはもちろん、陸上や応援のメンバーも含め、全員で最後まであきらめず帆走り抜きました。

ご声援ありがとうございました。以下は出場生徒の感想です。

女子420級

私たちは近畿予選を1位で通過し、インターハイに出場しました。しかし、本番では自分たちの力を十分に発揮することができず、悔しい結果となりました。しかし、最後まで応援してくれたチームのみんなや先輩、先生、保護者の方々のおかげで最後まで全力でレースに挑み、貴重な経験をすることができました。来年は後輩たちに想いを引き継ぎ、私たちが果たせなかった入賞という目標に向かって頑張ってほしいと思います。3年間ありがとうございました。

男子FJ級

今回は「インターハイ」という大きな舞台に近畿、兵庫、そして芦屋を代表して出場することができ、とても嬉しく思いました。

会場は様々な地域で活躍する強豪ばかりで、今までの大会とは比べ物にならないほど緊張した空気がありました。しかし、そんな中で自分たちの走りをして勝たなければなりません。レースには毎回ペアでよく話し合い、海の上では互いに情報を共有し合って挑みました。そして第4レースには1位をとることができました。29艇の一番前を走っているという事に、緊張と同時に興奮がとまりませんでした。

ヨットは小学校や中学校からの経験者も多い競技であり、その時のレースはその経験の差を努力で埋めることができた瞬間だと思いました。毎日毎日学校が終われば海に行き、仲間たちと練習し、それがようやく大きな結果に結びつきました。そして、その結果に至るまでの2年半、毎日のように船を出して指導してくださった顧問の先生方や、一緒に練習してくれた仲間たち、いつも僕たちを支えてくれた保護者への感謝の気持ちでいっぱいでした。

最終日のレースで残念ながら表彰台を逃しましたが、自分たちの実力は出し切れたと思います。この大会で勝ちや負け、多くのことを経験し、とても楽しく終わることができました。

女子FJ級

今回インターハイに参加させていただいて、女子FJで5位という結果を残すことができました。今年でFJ級が最後で、2年間優勝することを目標に練習してきました。インターハイに出ることさえ危ぶまれた時期もありましたが、ペアで支え合って今回夢の大舞台で活躍することができました。芦屋にトロフィーを持って帰ることはできなかったけれど、最後は船を輝かせることができたと思います。

2年半共に練習してきた73期をはじめ、後輩、OB・OGの先輩、藤井先生・本田先生・北口先生・狩谷先生のご指導のおかげで取れた結果です。

こんなすばらしい青春を過ごせて幸せでした。本当にありがとうございました!!

文責:ヨット部顧問

ヨット部 インターハイ報告その4

8月15日(月)インターハイ第3日目in和歌山マリーナ

午前中は風が弱く、11時に予定されていた男子のレースは12:45からに、順次レースが行われました。
420級女子選手は、昨日の最終レースの気持ちのまま残りのレースをしっかりはしり(帆走)たいですと元気に出艇しました。
また、FJ女子選手は気持ちを引き締めて頑張りますと気合を入れていました。

P8150086 P8150087

P8150096 P8150098

P8150112 P8150110

P8150123 P8150126

image image

文責:ヨット部顧問

国際420級世界選手権大会出場 ヨット部

イタリア・サンレーモで行われているヨット世界大会「国際420級世界選手権大会」に、72期 佐藤亜海さん・西村予里さんが出場しています。出発前、壮行会を開いていただき、同窓会(あしかび会)の方からも応援していただきました。
以下、二人の意気込みと現地の様子です。

  1469137092120

1469137108316 (1)   1469137130789 (2)

この度、私達は予選を勝ち抜くことができ、幸運にも420級世界選手権大会への切符を手にすることができました。このような貴重な機会に恵まれたのは先生方やコーチ、チームメイトや家族など多くの方々のサポートがあってこそと心から感謝しています。
正直言って私たちはまだ世界でトップ争いできるほどの実力ではないと思います。しかし、日本代表としてまた、芦屋高校ヨット部の代表として出場する以上、安易な気持ちで大会に臨むことはできません。成績は振るわないかもしれませんが代表の名に恥じないように、自分たちの全力を出し切り、そして正々堂々とイタリアの海で戦ってきたいと思います。
応援よろしくお願いいたします。

文責:ヨット部顧問

工藤・南野組  420ワールド出場決定!  ヨット部

来たる7月17日~25日の日程で、420級世界選手権2015が佐賀県・唐津市で催されます。ヨット部として国際大会に出場するのは10数年ぶりでもあり、国内枠が14しかなかったところ、よく健闘し滑り込みで出場を果たしました。両名ともヨットに乗り始めたのは高校からです。しかも昨年まではFJ級にしか乗っていなかったのですから精進のほどがうかがわれます。思い切り、存分の帆走を見せてくれることを期待しています。

文責:ヨット部顧問

image 

第59回兵庫県高等学校総合体育大会開会式に参加して 

 

DSC008985月30日(土) 兵庫県立文化体育館において開催された総合体育大会開会式に、本校よりカヌー部・ヨット部が出席しました。本年度は35競技に約3万5千人が出場予定で、開会式には各競技の選手ら約700人が参加しました。以下本校生徒の感想です。

「第59回兵庫県総合体育大会の開会式にカヌー部の代表として出席させていただきました。ユニホームを着た様々な競技の選手がいました。カヌー競技では他の部活に負けない白熱したレースをしたいと思います。応援よろしくお願いします。」   カヌー部

「今回初めて県総体開会式に参加しました。会場には、多くの部が参加していました。そこには、とても勇ましい選手たちがたくさんいました。自分たちはまだ1年で、先輩方の応援しかできないですが、もっと先輩方にアプローチしていこうと改めて思いました。開会式の最後には、御影高校がチアリーダーの応援をしてくれて、とても躍動感のある演技で会場の雰囲気を盛り上げてくれました。」  ヨット部

文責:生徒課