日本選手権リレー男女混合4×400m 報告

兵庫県代表 第6位入賞!



先日、神奈川県の日産スタジアムにて行われた日本選手権リレーという大会に男女混合4×400mリレーの兵庫県代表として行かせていただき、アンカーを走らせていただきました。
陸上王国兵庫を背負い、走ることはプレッシャーがありました。また、男女混合は自分にとっても初めての経験でした。しかし滅多にない経験だからこそ楽しもうという気持ちになり、楽しんでレースに挑むことができました。
結果は、6位入賞という形で、メンバー一同満足のいく結果となりました。個人的にも、シーズン最終戦をいい形で締めくくれてよかったと思います。
僕自身、今シーズンは思うような結果を残せず、“あと少し”に悩まされ、悔しい思いを多くしてきました。そんな中、幸運にも今年は、二回全国の舞台を経験することができました。そこでもやはり、もっと真剣に競技に向き合い、更に本気で練習に取り組まないと全国トップレベルの人たちには及ばないと感じたので、今回の6位という結果にもうぬぼれず、ひたむきに、向上心を持ち、最後詰め切れるような選手になって、来年、これまでの悔しさを晴らせるように、厳しい冬季練習にも励みたいと思います。

今後とも応援よろしくお願いします。

兵庫県立北摂三田高等学校
陸上競技部 酒井 元気

高大連携 in 京大

11月4日(土)、京都大学の百周年時計台記念館で行われた平成29年度高大連携課題研究合同発表会in京都大学で、2年生人間科学類型の生徒2名が発表をしました。
記念講演を聞いたあと、1分間プレゼン・ポスター発表を行いました。グループで参加している学校が多いなか、個人研究という形でしたが、2人ともしっかりと発表ができ、京都大学の教授や学生から質問やアドバイスをいただきました。学校なかだけでは経験できない貴重な体験となりました。その後、グループ討議を行い、全体講評で終わりとなりました。



今回の体験をクラスのみんなに伝えるとともに、しっかりとフィードバックを行い、来年7月の発表に向けて頑張りましょう。

1年生課題研究スタート

 HGLCの一環として、1年生は後期から全員で課題研究に取り組みます。まず、10月3日(火)に関西学院大学総合政策学部の高畑教授から課題研究の意義やリサーチの仕方を講義していただきました。また、リサーチの手助けとなる小冊子もいただきました。翌週の10月10日(火)は、同じく関西学院大学総合政策学部の角野教授から三田の都市づくりや課題に関する講義をしていただきました。本校所在地の三田市に関する課題研究を進めるうえで、多くのヒントをもらいました。10月17日(火)に具体的な予定や進め方の説明があり、10月24日(火)からグループを分け、テーマを決めるなど話合いがスタートしました。
 講義形式の座学と違い、自ら考え、自ら行動する。目先のための勉強ではなく、社会に出たときに通用するさまざまな能力を養う。課題研究には多くのメリットがあります。楽しみながら進めて行けるように、協力して頑張ってください。

32回生 人間科学類型1年 京都大学理学部実習体験 8月8日(火)~8月9日(水)


 人間科学類型1年生40名が、京都大学理学部で実習体験に参加しました。例年3日間で実施していましたが、今年は警報発令のため初日(8/7)が中止になり、2日間(8/8・9)で行われました。大学の広大なキャンパスに一歩足を踏み入れると、観光客で賑わう京都の街と違った独特な空気に包まれていました。講義で常見先生が仰っていた、京都大学が伝統として受け継いできた「自由の学風」の一端を垣間見た気がしました。
 1日目は、理学研究科の常見俊直先生より、主に古典力学および電磁気学についての 講義を種々の実験等を交えてして頂きました。古典力学では、ニュートンの揺りかごや 非常に強力なネオジム磁石を用いたガウス加速器の実験で、力学的エネルギー保存則、 運動量保存則について分かりやすく説明して頂きました。電磁気学では、発電コイルや 電流によって出来る磁場を作る実験、金属筒にネオジム磁石を落とすと、落下速度が遅く なるなど、目では見ることの出来ない電場や磁場について体感することが出来ました。
 2日目午前中は「オシロスコープ」や「Nim Module」などの装置を使って、ケーブルを信号(電場)が伝わる速度を各班で計算をし、考察しました。ケーブルの長さを色々変えて、信号がケーブルを伝わる時間のずれを測定し、それをもとに速度を計算したのですが、各班で「真空中における光速の約3分の2」という結果が得られました。
 午後からは、その結果をパワーポイントにまとめ、すべての班(6班)がプレゼンテーションを行いました。ベストプレゼンテーション賞の第3班には常見先生より「総長カレー」が贈呈されました。発表後は常見先生、6名の大学院生・学部生の方々より、温かくかつ厳しいご講評もして頂き、今後の課題研究発表のための、大きな糧になったと思います。
 実習以外にも、学食で昼食を体験したり、現役の大学院生、学部生の方々と、お話をさせて頂くなど、貴重な経験をさせて頂きました。大学のスケールの大きさに驚いた生徒も多く、今後の進路選択のためにも有意義なものとなりました。2日間お世話になった、常見先生、・6名の大学院生、学部生スタッフの皆様、ありがとうございました。

11月10日(金) 中国訪問団来校

平成29年11月10日(金)「21世紀東アジア青少年大交流計画」(JENESYS)の一環として、
中国高校生代表団が来校しました。

訪問団到着後、10:30より歓迎会が多目的室で行われました。



その後、「コミュニケーション英語」の授業を本校生徒と一緒に受けました。



昼食の後、探索(総合的な学習の時間)の茶道講座及びマット運動講座を一緒に受講しました。


4限授業後は、生徒会役員及び邦楽部の生徒と訪問団の生徒で交流会が開かれました。


本校邦楽部の演奏の後、訪問団の生徒たちにも琴の演奏体験をしてもらいました。
その後、訪問団による武術のパフォーマンスを披露してもらいました。
また、生徒会の生と共に折り紙やあやとりを楽しみました。

最後に、本校の放課後の様子(清掃活動や部活動見学)を見学してもらいました。

本校の生徒にとっては、中国の高校生たちとの交流によって、たくさんの発見があったと思います。
訪問団の生徒にとっても、有意義な訪問となり、日中友好の一翼が担えたなら幸いです。

訪問団の皆さん、遠い所からの訪問、本当にお疲れ様でした。

吹奏楽部 フローラ88音楽祭

11月19日(日)にフローラ88の多目的ホールにおいて音楽祭が開催され、そこに本校吹奏楽部と三田学園吹奏楽部、三田祥雲館高等学校吹奏楽部が依頼され、各校30分程度の演奏をしました。
昨日に引き続きの本番のうえ、プログラムが別であったため、部員達は苦労をしていましたが、よく頑張り音楽祭を盛り上げることができたと思います。

吹奏楽部 丹有地区高等学校連合音楽会

11月18日(土)たんば田園交響ホールにおいて、平成29年度兵庫県高等学校総合文化祭丹有地区大会兼第69回丹有地区高等学校連合音楽会が開催され、出演した。
毎週のように本番が続いているこの時期は、それぞれの本番に向けての練習が大変ですが、与えられた時間の中で、与えた課題をしっかり取り組み、良い演奏ができたと思います。
もうしばらく、忙しいですが、体調を崩さないよう頑張って欲しいと思います。

吹奏楽部 近畿総合文化祭出演

11月12日(日)に近畿総文の吹奏楽部門がザ・シンフォニーホールで開催され、兵庫県を代表して三田市合同バンド80名で出演した。
音楽をしている者にとって、シンフォニーの舞台に立てることは、とても幸せなことで、一生の思い出になったのではないかと思います。終わった後も、とても気持ちよく演奏できたようで、充実した演奏会になったのではないかと思います。