「北三 校長室から」N044(R1.11.13)オリパラムーブメント事業

朝晩の冷え込みが急に厳しくなってきましたし、日が暮れる時間が一日一日早くなっているように感じます。暑かった夏から秋が短く、すぐに冬が来そうな雰囲気がしています。

寒さが厳しくなっている中ですが、本日は本校卒業生でパラリンピック水泳競技で4大会連続出場中の山田拓朗さんがオリンピック・パラリンピックムーブメント展開事業(人権講演会)の一環として、3年ぶりに本校での講演会に帰って来てくれました。(詳細は広報担当から報告しますが)山田さんは生まれつき左肘から先がありません。3歳から水泳をはじめ、2004年アテネパラリンピックに日本選手史上最年少の13歳で出場。2008年の北京パラリンピックには本校在学中に出場され100m自由形5位入賞。2012年ロンドンパラリンピックで50m自由形4位入賞。そして2016年リオパラリンピックでは50m自由形で念願の銅メダルを獲得されています。

 当時の学年主任とのトークや生徒からの質問に答えていただきました。

講演前後に校長室でいろいろなお話をしましたが、話をされる様子や言葉の一つ一つに謙虚さがにじみ出るような人柄でした。その中で「失敗を無駄にしたくない」「なるようにしかならない」「スタート台に乗ってしまったら、後は何も考えない方が記録はでる」「競技前は吐きそうになるほど緊張することもある」など、トップ選手としても苦労話もたくさん伺いました。講演後に「握手してください」と数人の男子生徒がやってきましたし、サインは全校生あてにいただきましたので、皆が見れるように掲示したいと思っています。来年の東京パラリンピック出場の決定は3月の選考会次第らしいですが、今から楽しみです。 校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No43(R1.11.9)学校評議員会とオープンハイスクール

本日午前中に学校評議員会、午後に第2回オープンハイスクールを開催し、多くの方に学校の様子を観ていただくとともに学校の外から観る、感じる北三について様々なご意見を伺うことができました。本当にありがとうございました。オープンハイスクールについては、広報担当から後日詳しくご報告します。

 余裕をもって準備した座席が不足するほどたくさんの方に参加いただきました

 授業見学の様子    邦楽部歓迎演奏

   課題研究掲示

大会に出場している運動部も多く、部活動見学で観たい部が活動していないなど見直すべき点は次年度(日程を含めて)改善していきたいと思います。本日、お越しいただいた中学生が本校に入学していただければ幸いです。お持ちしています。 校長 廣瀬雅樹

 

高校生福祉文化賞エッセイコンテスト 審査員特別賞

第17回高校生福祉文化賞エッセイコンテスト(日本福祉大学・朝日新聞社主催)において、本校3年生堀中風歌さんが、審査員特別賞を受賞しました。このコンテストは、未来を担う高校生に「福祉とは、人間の幸福とは」を考える契機にし、自分の思いを文章にまとめることを教育の一環として生かしてほしいという願いを込めて実施されています。今年は、国内をはじめ、海外からも寄せられた応募作品総数8,895点の中から20作品が入賞しました。彼女は第2分野「スポーツとわたし」において「強さ」というタイトルでエッセイをしたためています。

先月20日に朝日新聞名古屋本社朝日ホールにて授賞式があり、堀中さんも出席しました。授賞式の前には、『魔女の宅急便』などでおなじみの作家、角野栄子氏による記念講演もありました。詳細はホームページ(http://www.n-fukushi.ac.jp/50th/essay/)にも掲載されています。

最後に受賞した彼女のコメントを紹介します。
―この受賞をきっかけに、たくさんの人と話す機会があり、「いいね」「素敵な感性だね」という言葉をもらいました。自分の感じたことを表現することが誰かの心に届くのはとても嬉しいことだなと思いました。―

審査員特別賞受賞、おめでとうございます。

33回生 第2学年 秋季遠足

10月31日(木)に、33回生の神戸遠足が実施されました。
この日のために各班で行程を決め、交通経路を確認するなど準備をしてきました。当日は気温も温かく、海がキラキラと反射するくらい良い天候に恵まれました。
朝の集合が終わり、各クラスでの集合写真を撮りました。意外と、「BE KOBEモニュメント」に来たのが初めてだ、という生徒も多く、自由行動が始まると生徒たちは写真撮影や観光、南京町での食べ歩きなど満喫していました。名物や観光名所を載せていたしおりも活躍したようです。(中には北野エリアまで歩いて行ったという強者の班も…!)
楽しい自由行動が終わり、再度メリケンパークに集合し、遊覧船へ乗り込みました。出発すると甲板に出ていた生徒からは歓声が上がり、海風に当たりながらのんびりと船旅を楽しんでいました。
今年度の修学旅行に向けて、公共交通機関の使用を認めたり散策エリアを広げたりと、昨年よりも自由度を持たせましたが、朝の集合も船乗り場での再集合も、遅れることなくスムーズに行動ができ、良い機会になったと思います。いよいよ次は修学旅行。楽しみですね。

朝の集合

BE KOBEモニュメント

南京町

遊覧船乗り場

33回生 人間科学「活動報告(フィールドワーク)」

令和元年9月30日(月)食品ロスについて研究をしている生徒が、「NPO法人 日本もったいない食品センター」にフィールドワークに行ってきました。こちらの法人は、賞味期限の切れた食品の販売等を行っており、同時に賞味期限の設定方法が抱える問題点、消費期限と賞味期限の違い等についての啓蒙活動を行うなど、食品ロスの削減や貧困層への提供等に貢献している団体です。
大阪に拠点を構えており、少し遠出となりましたが、とても有意義なお話しを伺う事ができました。今後は、子ども食堂やクリーンセンターにもフィールドワークに伺いたいと思っています。

NPO法人 もったいない食品センター




令和元年11月1日(金)メイクセラピーによる自己肯定感の向上について研究している生徒が、武庫が丘コミュニティセンターで行われている水彩画教室に、「NPO法人美メイク・アクトレス」から起こし頂いた2名のメイクセラピストと共にお邪魔し、メイクセラピーを施術する活動を行いました。本校生徒も、ハンドマッサージのやり方を教えてもらい、水彩画教室の生徒さんに実施させてもらいました。
水彩画教室の生徒さん方がメイクをしていく中で、メイクしている人もしていない周りの人もとても明るい雰囲気になっている事に驚きました。メイクセラピストさんによれば、メイクによる外見の変化もそうですが、メイクを通した触れ合いやコミュニケーションがとても重要な要素なのだと教えてもらいました。

NPO法人美メイク・アクトレス




今後、外部発表の機会も増えてきますが、こうした学校の枠を超えた場所で、様々な研究のヒントを頂ける事は本当にあり難い事だと思います。これからもたくさんの方々のご協力をいただきながら、よい課題研究になるよう努力していきたいと思います。

女子硬式テニス部日誌「新人戦団体戦」

令和元年10月5日(月)園田学園テニスコートにて、新人戦団体戦が行われました。
本校は、初回戦で奇しくも三田祥雲館と当たる事になりました。初回戦から三田同士の対戦という事で複雑ではありましたが、全力で臨みました。







何とか祥雲館戦は、5-0で勝利する事ができました。次の対戦は県第3シードの園田学園です。
園田学園は、春の総体でもあたり、その後練習試合をしてもらった学校でもあり、胸を借りるつもりで全力で臨みました。
結果としては0-3(打ち切り)で敗退してしまいましたが、どの試合も受け身となる事なく、積極的にこちらから組み立てようという姿勢が見られました。これは、大きな進歩だと思います。



残念ながら春の総体同様、3Rで敗退してしまいましたが、収穫のある団体戦になりました。次は考査明けにある、公立団体戦の神戸地区予選です。納得のいく結果になるよう、全力で準備していきたいと思います。

最後に今回の試合にも保護者の方々が応援にかけつけてくれました。園田の選手たちも、会場の運営等に奔走してくれました。本当にありがとうございました。今後とも応援よろしくお願いします。

32回生 第3学年 秋季遠足

3年生は、現在推薦入試直前で、夏休み前から始まった受験モードにも、少し疲れが見られるようになり、精神的にも追い込まれている生徒が増えてきているように思います。だからこそ、この時期は、ラストスパートに入るために気持ちを一度リフレッシュして頑張ってほしいので、秋季遠足でUSJにやってきました。
入場前には、「本日は場内で単語帳等を見ないように!」と伝えたとたん、笑顔になり元気いっぱいで入場していきました。場内では、日頃の学校生活ではなかなか見せない満面の笑みでエンジョイしている姿が、とても印象的でした。
リフレッシュ出来たら明日から頑張るんだぞ~。
   

育友会 観劇研修

10月21日に宝塚歌劇 月組公演の「I AM FROM AUSTRIAー故郷は甘き調べー」を観劇しました。宝塚を観るのは52年ぶりという教頭先生にもご参加いただき、総勢58名での観劇です。

現地にて集合したあとは、大劇場3階のエスプリホールにて懇親会です。お箸袋やおしぼりにもタカラヅカのロゴマークが入ったお弁当をいただき、お喋りを楽しみました。
今回はPTA特別プランということで、「宝塚の殿堂」の入場券がついており、食事後に見学に行った方も。殿堂では、豪華な衣装やスターの写真を楽しんだり、羽根を背負って宝塚スターになりきったりできます。

13時になり、いよいよ開演です。
今回の公演は、日本初演の話題作。主人公が自分らしく生きようとするなかで、愛する人と出会い、成長していくミュージカルです。コメディ作品ではありますが、恋愛だけでなく、親子愛や故郷への愛も描かれており、最後にはジーンとくる場面も。主演のトップスター珠城りょうさんの温かい演技と、2番手スター月城かなとさんのかっこよさが印象的でした。30分間の幕間を挟んで16時に終演、解散となりました。
終演後には、「圧倒されました! すばらしかった!」と興奮ぎみに話されていた教頭先生をはじめ、「楽しかった」「ハマりそう」「思わずプログラム買っちゃった〜」「たま様(珠城りょう)素敵!」「れいこさん(月城かなと)かっこいい!」という絶賛の声が多く聞けました。
皆さんが非日常の夢の世界を楽しまれたようでした。

観劇研修に多数ご参加くださいまして、ありがとうございました。また、事前の準備等で大変お世話になりました研修部の皆さまに、この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。
   

ふれあい育児体験

10月29日(火)に家庭基礎保育実習として、1年6組と留学生のマディソンさんが北摂第一幼稚園を訪問しました。雨でしたので、粘土遊び、工作、お絵描きなどさまざまな室内遊びを一緒に体験させていただきました。いくつかの班は、茶道のお稽古も見学させていただきました。

歌、ハンドベル、絵本、紙芝居などの出し物を披露しました。うさぎのかぶりものをしたり、アンパンマンのお面を作ったり、各班工夫を凝らしました。練習が十分できなかった部分もありましたが、園児のみなさんは真剣に聴いてくれて、楽しんでくれたようです。

幼稚園時代にお世話になった先生と感動の再会を果たした生徒もいました。
マディソンさんも園児の言葉に一生懸命耳を傾けて、過ごしていました。
短い時間でしたが、特別な時間となりました。

北摂第一幼稚園の先生方、園児のみなさん、貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。

  

使い捨てコンタクトレンズケース回収ボックスの設置

後期より、ボランティア委員会の新たな取り組みとして、使い捨てコンタクトレンズケースの回収を始めることになりました。

この取り組みは「コンタクトのアイシティecoプロジェクト」というリサイクル活動です。 使い捨てコンタクトレンズの空ケースは、メーカー問わずすべてポリプロピレンという素材で作られており、非常にリサイクルに適しています。回収されたケースは再生ポリプロピレンに再資源化され、さまざまな製品に生まれ変わります。ケースのリサイクルによって発生する収益は。全額日本アイバンク協会に寄付されます。

10月25日(金)に、2年生のボランティア委員により、昇降口の生徒会ホワイトボード横に回収ボックスが設置されました。みなさま、ご協力よろしくお願いします。