大学訪問等」カテゴリーアーカイブ

32回生 人間科学類型1年 京都大学理学部実習体験 8月8日(火)~8月9日(水)


 人間科学類型1年生40名が、京都大学理学部で実習体験に参加しました。例年3日間で実施していましたが、今年は警報発令のため初日(8/7)が中止になり、2日間(8/8・9)で行われました。大学の広大なキャンパスに一歩足を踏み入れると、観光客で賑わう京都の街と違った独特な空気に包まれていました。講義で常見先生が仰っていた、京都大学が伝統として受け継いできた「自由の学風」の一端を垣間見た気がしました。
 1日目は、理学研究科の常見俊直先生より、主に古典力学および電磁気学についての 講義を種々の実験等を交えてして頂きました。古典力学では、ニュートンの揺りかごや 非常に強力なネオジム磁石を用いたガウス加速器の実験で、力学的エネルギー保存則、 運動量保存則について分かりやすく説明して頂きました。電磁気学では、発電コイルや 電流によって出来る磁場を作る実験、金属筒にネオジム磁石を落とすと、落下速度が遅く なるなど、目では見ることの出来ない電場や磁場について体感することが出来ました。
 2日目午前中は「オシロスコープ」や「Nim Module」などの装置を使って、ケーブルを信号(電場)が伝わる速度を各班で計算をし、考察しました。ケーブルの長さを色々変えて、信号がケーブルを伝わる時間のずれを測定し、それをもとに速度を計算したのですが、各班で「真空中における光速の約3分の2」という結果が得られました。
 午後からは、その結果をパワーポイントにまとめ、すべての班(6班)がプレゼンテーションを行いました。ベストプレゼンテーション賞の第3班には常見先生より「総長カレー」が贈呈されました。発表後は常見先生、6名の大学院生・学部生の方々より、温かくかつ厳しいご講評もして頂き、今後の課題研究発表のための、大きな糧になったと思います。
 実習以外にも、学食で昼食を体験したり、現役の大学院生、学部生の方々と、お話をさせて頂くなど、貴重な経験をさせて頂きました。大学のスケールの大きさに驚いた生徒も多く、今後の進路選択のためにも有意義なものとなりました。2日間お世話になった、常見先生、・6名の大学院生、学部生スタッフの皆様、ありがとうございました。

30回生大阪大学 サイエンス・インカレ研修会

3月4日(土)2年7組人間科学類型の生徒は、大阪大学基礎工学研究科 システム創成専攻 佐藤宏介教授に招待していただいて大阪大学豊中キャンパスに向かい、「サイエンス・インカレ研修会」に参加させていただきました。
昨年度、理工系の大学生による研究成果の発表会「サイエンス・インカレ」は神戸で開催されて人間科学類型の生徒が見学に行ったのですが、今年度は筑波大学で開かれることになりインカレそのものの見学が困難になったので、大阪大学佐藤教授のご厚意により特別に阪大に招待していただきました。佐藤先生本人の専門分野に関する講義と昨年度のインカレ発表者によるプレゼンテーションを行っていただき、その後で研究室を見学させていただきました。

まず、全学共通教育推進機構へ移動し、佐藤先生のご専門である画像計測・画像処理に基づく三次元計測ついて講義を行っていただきました。実際に佐藤先生が過去に行われた、イースター島のモアイ像やエジプトのピラミッド、出雲大社に残る遺跡の研究などを実際の映像を元に解説していただきました。イースター島以外で発見されたモアイ像との比較や、イースター島で発見されたモアイ像の中でも形状が異なる物を比較されており、研究そのものの面白さも感じることができました。海外から計測のオファーが来るほど信頼されている技術に大変驚きました。かなり昔に行われた研究の紹介でしたが、当時にすでにこれほど精密な計測ができていたということにも驚きました。

共通教育棟の前の歩道 大阪大学総合図書館

基礎工学部正面

講義の様子

昨年のサイエンス・インカレ出場者の大学院生のプレゼンも行っていただきました。内容も高度なものでしたが、常に聴衆を意識し、分かり易く説明を行おうと考えて話をしていただいているのを感じる事ができました。
キャンパスを大学院生に案内していただきながら、場所を基礎工学部へ写し、VR(バーチャルリアリティー)体験装置を実際に生徒に体験させていただきました。体験している生徒の顔の向きが変わるのを感知して、生徒が見ている映像が前のモニターに映し出される仕組みです。
佐藤先生を始め、基礎工学部の大学院生の方々に大変丁寧に対応していただきました。生徒もきっと、大学の研究の面白さの一端を感じる事ができていると思います。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

京都大学理学部実習体験 8月8日(月)~8月10日(水)


人間科学類型1年生40名が、京都大学理学部で3日間、実習体験に参加しました。
1日目は、理学研究科の常見俊直先生より、主に古典力学および電磁気学についての 講義を種々の実験等を交えてして頂きました。古典力学では、ニュートンの揺りかごや 非常に強力なネオジム磁石を用いたガウス加速器の実験で、力学的エネルギー保存則、 運動量保存則について分かりやすく説明して頂きました。電磁気学では、発電コイルや 電流によって出来る磁場を作る実験、金属筒にネオジム磁石を落とすと、落下速度が遅く なるなど、目では見ることの出来ない電場や磁場について体感することが出来ました。
2日目は、午前中は川端貴裕先生(准教授)による宇宙物理学の講義を受けました。物質の成り立ちから宇宙の成り立ちまでに関して高校生にもわかりやすく説明して頂き、その後は中性子発生装置の見学へ行きました。研究施設は非常にたくさんあり、ところどころで研究者・学生の皆さんが実験やミーティングをされている様子を伺うこともできました。午後は再び、常見先生による講義「相対性理論のローレンツ変換の導出」を受講しました。相対性理論から導かれる事柄を実験を通して確認していくという、生徒たちには難しい部分もあったかもしれませんが、個々の実験については非常に興味深いものも多く、相対性理論の理解に一歩近づいたのではないかと思われます。
3日目は、3日間の総括としてプレゼン体験をしました。「オシロスコープ」などの 装置を使い、電流が導線を流れる速度について各班で調べ、考察をしました。 その結果をパワーポイントにまとめ、午後からはすべての班が、プレゼンテーションを 行いました。
実習以外にも、現役の大学生・大学院生と学食で昼食をとりながら、お話をするなど、 貴重な経験をさせて頂きました。大学のスケールの大きさに驚いた生徒も多く、今後の進路選択のためにも有意義なものとなりました。3日間お世話になった、常見先生、川畑先生、大学生・大学院生スタッフの皆様、ありがとうございました。

大阪教育大学訪問8月5日(金)

8月5日(金)大阪教育大学を見学に行きました。広くてきれいなキャンパスは大学らしい雰囲気でした。図書館や体育館・食堂を案内してもらいましたが、多くの本校卒業生出会いました。また、大阪教育大学の田中准教授に「これから教師になるあなたへ」という講義を行ってもらいました。対話形式で、楽しく受けることができました。暑い日でしたが、充実した一日となりました。