吹奏楽部」カテゴリーアーカイブ

吹奏楽部 さんすい園訪問演奏

2月3日(土)にさんすい園に訪問し、約1時間の演奏を行いました。
昨年は、予定していた日の直前に、校内でインフルエンザが流行し、学級閉鎖が発生する状況になっていたため、訪問することができませんでした。
例年は、4名~10名程度の小グループの出し物として、演奏をしたり、演出をしたりと楽しんでいただける時間を工夫していましたが、今年度は是非、吹奏楽のサウンド感を聞いて頂きたいと考え、最大18名の小バンドを2つ結成し、順番に演奏することとしました。そして、演奏しない部員達は、入所者の方々の中に入り、一緒に歌を歌いました。
演奏曲目は「浜辺の歌」「椰子の実」「小さい秋みつけた」「夏はきぬ」「砂山」「早春賦」がメドレーになった『日本の詩情』、「春の小川」「花」「おぼろ月夜」がメドレーになった『春メドレー』、寸劇を含めて水戸黄門のテーマである『ああ人生に涙あり』、「リンゴ追分」「柔」「お祭りマンボ」「愛燦々」がメドレーになった『美空ひばりメドレー』、昭和の演歌の名作14曲がメドレーになった『ど演歌えきすぷれす』、「見上げてごらん夜の星を」「上を向いて歩こう」「明日があるさ」がメドレーになった『坂本九コレクション』を演奏しました。
演奏が進むにつれ、入所者の方々の歌声がどんどん大きくなり、泣きながら歌われていたのが印象的でした。部員にとっても、音楽を奏でるものにとっての喜びの原点を学んでくれたのではないかと思います。

吹奏楽部 兵庫県アンサンブルコンテスト西阪神地区大会

12月27日(水)にみつなかホールにおいて、兵庫県アンサンブルコンテスト西阪神地区大会が開催されました。本校からは、サキソフォン四重奏と金管八重奏が出演しました。
サキソフォン四重奏は、非常に難しい曲にチャレンジしました。よく練習をし頑張ったと思いますが、残念ながら演奏するので精一杯で、結果としては銀賞でした。
また、金管八重奏は、緊張のせいか練習の時のような良さを出すことができず、練習が不足しているところが目立ったため、銀賞という結果に終わってしまい、本校としては不本意な成績に終わりました。
気持ちを切り替えて、3月24日(土)に開催する定期演奏会に向けて頑張りたいと思います。

吹奏楽部 三田市アンサンブルフェスティバル出演

12月23日(土)に三田学園小寺ホールに於いて、三田市吹奏楽連盟主催アンサンブルフェスティバルが開催されました。本校も下記の7団体出場し、表情豊かな良い演奏をしていました。部員達にとっても気持ちよく演奏できたと思います。アンサンブルへの取り組みの中で、得たものは多くあったと思うので、今後の練習に活かして欲しいと思います。

①フルート三重奏
「月明かりの照らす3つの風景」 高橋宏樹作曲
②クラリネット七重奏
「ピクセルズ」 福田洋介作曲
③打楽器二重奏
「ただそこにある木は」 嶋崎雄斗作曲
④木管五重奏
「6月の風」 加藤大輝作曲
⑤サキソフォン四重奏
「サキソフォン四重奏曲」 A.デザンクロ作曲
⑥管楽五重奏
「3つの花」 福田洋介作曲
⑦金管八重奏
「三つの情景」 坂井貴祐作曲

吹奏楽部 フローラ88音楽祭

11月19日(日)にフローラ88の多目的ホールにおいて音楽祭が開催され、そこに本校吹奏楽部と三田学園吹奏楽部、三田祥雲館高等学校吹奏楽部が依頼され、各校30分程度の演奏をしました。
昨日に引き続きの本番のうえ、プログラムが別であったため、部員達は苦労をしていましたが、よく頑張り音楽祭を盛り上げることができたと思います。

吹奏楽部 丹有地区高等学校連合音楽会

11月18日(土)たんば田園交響ホールにおいて、平成29年度兵庫県高等学校総合文化祭丹有地区大会兼第69回丹有地区高等学校連合音楽会が開催され、出演した。
毎週のように本番が続いているこの時期は、それぞれの本番に向けての練習が大変ですが、与えられた時間の中で、与えた課題をしっかり取り組み、良い演奏ができたと思います。
もうしばらく、忙しいですが、体調を崩さないよう頑張って欲しいと思います。

吹奏楽部 近畿総合文化祭出演

11月12日(日)に近畿総文の吹奏楽部門がザ・シンフォニーホールで開催され、兵庫県を代表して三田市合同バンド80名で出演した。
音楽をしている者にとって、シンフォニーの舞台に立てることは、とても幸せなことで、一生の思い出になったのではないかと思います。終わった後も、とても気持ちよく演奏できたようで、充実した演奏会になったのではないかと思います。

 

吹奏楽部 ハイマートフェスト2017

10月14日(土)北摂三田高等学校の文化部発表会であるハイマートフェスト2017が、フラワータウン市民センターで開催されました。
その中のステージ部門のトリを飾るのは、吹奏楽部でした。
本番前に、毎年恒例になっている学指揮からの緊張感をほぐす出し物で爆笑した後、円陣を組んで気合いを入れて本番に挑みました。
吹奏楽のポップス曲7曲の間に、1年生による劇を2つ組み込み、笑いあり、感動ありのプログラムを、立ち見が出るほどの多くのお客様と、約1時間のステージを楽しみました。
新体制になり、はじめてホールでの演奏になったため、緊張した場面もありましたが、練習の成果を十分に発揮したステージだったと思います。

吹奏楽部 野球部の応援

9月10日姫路球場へ野球部の応援に行きました。部員たちも、あまり野球のルールはわからないのですが、野球部の応援をすることは憧れだった様で、炎天下ではありましたが、全力で演奏をしていました。応援の甲斐があって、1−0で本校野球部の勝利。感動をありがとうございました。

吹奏楽部 狭間祭ナイトコンサート

毎年夏休みの最後は、地元の地区の祭である狭間祭のナイトコンサートに出演した。
日頃から、地元地区のご理解あっての活動なので、大切にしたいイベントです。新体制になって間無しなので、様々な課題がありますが、自分たちの目指す演奏が少しずつ見えてきているように思いました。
本番を楽しめている感が印象的な本番でした。

吹奏楽部 オープンハイスクールで歓迎演奏

8月24日(木)25日(金)で本校のオープンハイスクールが行われました。本校吹奏楽部は、その両日のオープニングイベントとして歓迎演奏をしました。
少し緊張感はありますが、自分たちの練習の成果は出せた演奏だったと思います。来校して頂いた中学生や保護者に大きな拍手を頂き嬉しい限りです。