柔道部」カテゴリーアーカイブ

柔道部 冬季天理合宿 報告

 12月26日から28日までの3日間、奈良県の天理市の各所(大学・高校・中学)の施設をお借りして開催される高体連柔道部主催の近畿地区柔道研修会に参加しました。

 この研修会は近畿地区の多くの学校だけでなく、遠くは広島や新潟からも参加校があり、トータルで1,000名近くの柔道部員が一堂に会して終日練習試合をするものです。

 本校は6年前に参加して以来、久々の参加となります。男子は東播地区、女子は阪神地区の学校とチームを組みました。3日間で約20試合の練習試合をしました。

 試合終了後は、部員全員で天理スタミナラーメンなど天理市内の有名な飲食店で夕食をとったり、温泉に行って日々の疲れを癒したりと、厳しい試合だけでなくリフレッシュする時間もとることができました。

 練習試合の結果は概ね良好で、ほぼ全員が勝ち越すことができました。特に主将の有本君は無敗でした。普段の稽古だとお互い勝手が分かっているのでなかなか掛からない得意技がよく決まりました。思い切りの良さ、テンポの良い組手と攻撃をすることができたので、この調子でこれからも頑張っていきたいです。

 令和2年度は、地元兵庫でインターハイの柔道競技が開催されます。開催県ということで出場枠が増えます。兵庫県全体が盛り上がっています。本校も勉強と両立しながら高い目標を持って日々の活動に取り組んでいきます。

 最後になりましたが、宿泊でお世話になった詰所の方々、会場を運営いただいた奈良県の高体連柔道部の方々、一緒にチームを組んでいただいた東播地区・阪神地区の皆様、どうもありがとうございました。

柔道部 県新人柔道大会報告

1日目(男女団体戦)
女子団体戦
1回戦 尼崎北 2対1 で勝利
2回戦 神港橘 0対3 で敗退

以上の結果、近畿大会出場をかけた敗者復活戦に回りました。

敗者復活戦 蒼開 0対2 で敗退
春の総体で対戦した学校との再戦となりました。先鋒戦は優位に進めながら攻めきれず引き分けとなりました。中堅戦は相手優勢のまま試合が進み、終盤に合わせ技で敗退しました。大将戦は不戦敗となり、敗れてしまいました。近畿大会の出場を目標にしていたので非常に悔しい結果となりましたが、女子は1年生チームなので、来年に向けて課題を克服し、次こそは近畿大会に出場します。

男子団体戦
2回戦 村野工業 5人残しで敗退
相手は昨年近畿大会に出場した強豪校、さらには人数面の不利もあり、序盤から敗退を重ねてしまい、残念な結果となりました。来年はまず一勝できるよう頑張ります。

2日目(女子個人戦)
赤松 柚月(1-2)2回戦敗退
1回戦 一本勝ち(合わせ技)
序盤から優位に試合を展開し、二度の技ありをとって一本勝ちしました。
2回戦 一本負け(肩固め)
第一シードの選手と対戦し、開始早々寝技に持ち込まれて一本負けしてしまいました。

佐野 寧音(1-4)2回戦敗退
1回戦 一本勝ち(合わせ技)
序盤から優位に試合を展開し、払い腰で技ありをとったあと、抑え込みで一本勝ちしました。
2回戦 一本負け(合わせ技)
相手のリーチが長く、組み負ける時間が多くなってしまいました。試合中盤に相手の内股を返すのに失敗して技ありをとられてしまい、その後もう一つ技ありを取られて一本負けしてしまいました。

3日目(男子個人戦)
黒川 順矢(1-3) 1回戦敗退
1回戦 一本負け(上四方固め)
対戦相手の巧みな組手、寝技に翻弄されてしまい、初戦敗退となりました。

大利 依頌(2-1) 2回戦敗退
1回戦 一本勝ち(合わせ技)
序盤から優勢に試合を展開し、左一本背負いで二度の技ありをとって一本勝ちしました。
2回戦 一本負け(背負い投げ)
相手は第一シードの選手で、健闘しましたが相手の実力が上手で満足に組めず、敗退しました。

有本 風馬(2-6) ベスト16
1回戦 一本勝ち(合わせ技)
強豪校の選手が相手でしたが序盤から巧みな試合運びで相手に技をかけさせず、袖釣込み腰で二度の技ありをとって一本勝ちしました。
2回戦 一本勝ち(合わせ技)
相手はシード選手でしたが、スピーディーな一本背負いで技ありをとったあと、寝技で一本勝ちしました。
3回戦 一本勝ち(縦四方固め)
開始早々相手の技が崩れた際巧みに寝技に持ち込み、抑え込みで一本勝ちしました。
4回戦 一本負け(合わせ技)
この試合に勝つと近畿大会・全国大会の決定戦に出場できる大一番でしたが、相手優勢のまま二度の技ありをとられてしまい、敗れてしまいました。

目標のベスト8には行けませんでしたが、丹有地区に5年ぶりのシード権を取り返すことができました。

柔道部 活動報告

最近、ブログの更新が滞っていましたが、順調に活動することができています。
10月8日(火)にハニーFMの高校生特派員としてラジオ出演をしました。日々の練習の様子や将来の目標などを話していました。ハニーFMのホームページから放送を聞くことができるので、ぜひ一度聞いてみてください。

後期から本校に3名の留学生が来ていますが、その1人のトルコからの留学生が柔道部の練習に参加しています。顧問の先生がする日本語の指示をきちんと理解し、めきめきと上達しています。

10月27日(日)には市内の中学校の柔道部を招いて本校で合同練習を行いました。本校だけでなく他校の卒業生も多数練習に参加してくれて、非常に活気のある練習をすることができました。

11月11日(月)の練習終了後、週末の県新人大会に向けて必勝祈願に近くの天満神社へお参りに行きました。

 

参拝前に心と身体を清め、部員全員でお参りをしました。お参りが終わった後、神社の方にパワースポットとして連理の枝が生えている木を案内していただき、自然の力をもらってきました。
欲を言えばきりはありませんが、できる限りの練習を精一杯積み重ねてきたので、まさに「人事を尽くして天命を待つ」という状態です。週末の大会では近畿大会を目指して頑張ります。応援よろしくお願いします。

柔道部 丹有新人大会 結果報告

9月29日(日)三田学園で丹有地区の新人戦が開催されました。結果は以下の通りです。

男子団体戦 優勝
女子団体戦 優勝

男女アベックでの団体優勝は丹有地区では史上初です!!

男子個人戦
優勝 有本 風馬  準優勝 大利 依頌  第3位 黒川 順矢
本校生で上位を独占することができました。

女子個人戦
優勝 赤松 柚月  佐野 寧音
女子は2階級制覇することができました。

以上の結果から、男女の団体、個人戦は全員が県大会の出場を決めることができました。

地区予選はあくまでも通過点、大事なのは県大会でどれだけ実力を発揮することができるか。平素から監督・部員とも意識して稽古に励んでいます。

県大会は11月15日(金)~17日(日)に高砂市総合体育館で開催されます。上位進出できるよう、近畿大会に出場できるよう一生懸命頑張っていきます。応援よろしくお願いいたします。

柔道部 夏季練習報告④

 お盆休みを終え、8月18日から練習を再開しました。この期間は遠征期間の課題を9月以降の大会に向けてクリアしていくこと、自分自身の技を基本からもう一度見直すことをテーマにしています。
18日は本校のOB・OGの先輩方が練習に来てくださいました。OGの先輩方は過去に近畿大会に出場したこともあり、現役の後輩たちにとっても非常に良い刺激が得られました。また機会を見つけて顔を出してくださるとのことでしたので、よろしくお願いします。
24日は夏季練習締めくくりの一つとして1年生チームと2年生チームに分かれて部内試合を実施しました。審判・計時などの業務も生徒が行い、ルールの確認や日頃の練習成果を試しました。結果は2年生の先輩が意地を見せて勝利となりました。
 
26日はゆりのき台中学校が来校してくださいました。中学生に丁寧にかつ分かりやすく教えながら、自分の柔道を見つめなおすことができたのではないでしょうか。27日は工事の関係で八景中学校にお世話になりました。
28日は稽古納めです。リニューアルされた柔道場で初めての稽古をしました。新しい畳で気持ちもリフレッシュすることができ、よい稽古納めとなりました。

9月からはいよいよ大会シーズンとなります。まずは9月末の丹有新人大会で男女両方団体戦優勝・個人戦は全員県大会出場できるよう、勉強と両立しながら日々の稽古の質を高めていきます。

最後になりましたが、夏休み中本当にたくさんの方々にお世話になりました。人と人とのつながりに感謝しながら今後も活動を続けていきます。ありがとうございました。

柔道部 夏季練習報告③

4日は丹有地区の昇段試験を高校から柔道を始めた初心者の生徒が1名受験し、見事合格することができました。こつこつと努力を重ねた成果が実を結び、本当にうれしい結果となりました。おめでとう!!
5~7日は灘中学校高等学校で開催された合宿に参加しました。昨年もお世話になった合宿です。灘中学校高等学校だけでなく甲南・神戸学院大付属・甲陽学院・東大寺学園・愛光学園・神戸・滝川・宝塚西・神港橘・神港学園・御影中など総勢100名近くの部員が一堂に会した非常に規模の大きな合宿となりました。
合宿期間中は柔道の稽古はもちろんですが、最新の設備が導入されたトレーニング室でのウエイトトレーニングやプールトレーニング、住吉川沿いのランニングなどトレーニングも非常に充実しました。また稽古だけでなく早朝には勉強をする時間もありました。全国トップクラスの進学校の生徒の学習への取り組み姿勢は本校生にも刺激になったと思います。



8日は本校柔道場が工事のため、三田市立けやき台中学校にお世話になって合同練習を行いました。全身が筋肉痛で身体が思うように動かない中、中学生に胸を貸すことができました。一緒に練習をした中学生の中から一人でも多くの人が本校に進学し、柔道部に入部してくれることを願っています。
この遠征期間、うまくいったこと、逆にうまくいかなかったことなど非常に多くの課題を見つけることができました。また、非常に多くの方々にお世話になりました。感謝の気持ちを忘れずにこれからの練習に取り組んで欲しいです。
9~17日は休養期間となります。長期間の休みを活用してリフレッシュに努めるとともに、夏休みの課題をこの期間中に終わらせてほしいです。

柔道部 夏季練習報告②

8月1~8日まで、遠征ウィークと題して兵庫県内各所へ出稽古に行きました。

1・2日は尼崎市のベイコム総合体育館で実施された阪神地区合同練習会に参加しました。3日は高砂市総合体育館で実施された東播地区合同練習会に参加しました。いずれの合同練習会も各地区の学校だけでなく、他地区からも多数の学校が参加し、普段の練習では絶対に感じられない雰囲気、練習量をこなすことができました。各地区とも実力上位校は県下でもトップクラスの実力を持ち、兵庫県のレベルの高さを改めて感じたと思います。秋から始まる新人戦に向け、有意義な稽古となりました。お世話になった学校の皆様方、本当にありがとうございました。

6月21日(金) 部活動表彰伝達式

6月に行われた文化祭の1日目の午後に部活動の表彰が行われました。
北三は文武両道を目指しており、各部活動が活発に活動しているので、毎回表彰伝達式ではたくさんの生徒が表彰されています。
その生徒たちの一部を紹介します。

〇男子ソフトテニス     丹有地区総体  瀧山・腕野 組         男子個人 優勝         県大会へ出場
〇男子ソフトテニス     丹有地区総体  大谷・廣瀬 組         男子個人 3位   県大会へ出場
〇男子ソフトテニス 丹有地区総体            団体4位
〇女子ソフトテニス     丹有地区総体  小野寺・池谷 組       女子個人 第7位        県大会へ出場
〇男子バレーボール     丹有地区前期リーグ戦        1部リーグ 第1位
〇男子バレーボール     丹有地区総体               第2位
〇男子バレーボール     丹有地区総体  鶴田晃久              優秀選手賞
〇男子バレーボール     丹有地区総体  小林勇惟                優秀選手賞
〇卓球(男子)            丹有地区総体            団体第3位           県大会へ出場
〇卓球(女子)            丹有地区総体            団体第2位           県大会へ出場
〇柔道                   丹有地区総体            男子団体 第2位       県大会へ出場
〇柔道        丹有地区総体            女子団体 優勝       県大会へ出場
〇柔道                   丹有地区総体  有本 風馬            男子個人-60kg級 優勝
〇柔道                   丹有地区総体  黒川 順矢              男子個人-60kg級 第2位
〇剣道                   丹有地区総体  奥田 夏子               女子個人の部 第2位
〇剣道                   丹有地区総体            男子団体の部 第3位
〇剣道                   丹有地区総体            女子団体の部 第3位
〇陸上競技       第67回兵庫リレーカーニバル     男子高校4×400m 第3位
内藤源一郎・岡本直也・谷垣幹・山本侑輝
〇陸上競技              丹有地区予選  唐渡匠吾・岡本直也  男子総合第1位  3連覇達成!
〇陸上競技              丹有地区予選  鶴真彩・高味陽菜        女子総合第1位      3連覇達成!
〇陸上競技              丹有地区予選  佐々木 智隆             男子砲丸投優勝(他入賞者多数)
〇陸上競技              丹有地区予選  内藤 源一郎             男子最優秀選手賞
〇陸上競技              丹有地区予選  井上 紗耶加             女子最優秀選手賞

  

県大会でも全力を出し切り、よい結果が得られるよう祈っています!

柔道部 夏季練習報告1

7月考査が終わり、いよいよ1年のうち最も稽古ができる夏を迎えました。柔道部は夏休みを大きく4つの時期に分け、それぞれの時期に各自で・チームで目標と課題を設定して稽古に取り組みます。
考査終了後の7月10日から31日までは、第1シーズンです。熱くなる季節ですが、熱中症に負けない身体を作ること、次の遠征シーズンに向けて自分の技を磨くこと、夏休みだからといって勉強をおろそかにしないこと、を目標に頑張っています。
7月15日・20日は三田学園で行われた合同練習会に参加しました。たくさんの人が集まって熱気で非常に暑かったですが、暑さにも負けず頑張ることができました。

稽古終了後に、柔道では定番のトレーニングであるロープのぼりをしました。体力がついてくると写真のように腕だけで巧みにロープの上り下りができるようになります。

柔道部 丹有総体結果報告

4月28日(日)三田学園にて、丹有総体が実施されました。本校は新入部員が加わり、男女で念願の団体戦出場を果たすことができました。結果は以下の通りです。

男子団体戦 準優勝
男子団体戦は参加校3校での総当たりリーグ戦で開催され、初戦は篠山産業高校と対戦しました。先鋒が勝利、次鋒・中堅と敗れて1対2で相手方がリードした副将戦、本校部長の有本君が相手の主将に試合序盤、切れ味抜群の小内巻き込みで一本勝ちし大将戦につなげました。大将戦は本校は大利君、相手は100kg超級の選手で二倍以上の体格差があり、非常に形勢は不利でしたが、大利君は試合開始から積極的に技を仕掛け、相手の技が崩れたところを上手く合わせる返し技で技ありのポイントを取りました。その後も攻勢を緩めず、試合中盤会心の一本背負いで2つ目の技ありを取り、合わせ技一本となりました。小柄な選手が大きな選手を倒す、まさに「柔よく剛を制す」を体現する試合となり、会場は大きな歓声と拍手に包まれました。この試合の結果、3対2で見事に逆転勝利を収めることができました。
2戦目は三田学園と対戦しました。初戦で集中力が切れてしまったのか、いいところを出すことができず、次鋒の黒川君が鮮やかな大内返で一本勝ちを収めたものの、1対3で敗れてしまいました。
しかし、準優勝という結果となり、部員たちも自信をつけることができたと思います。

女子団体戦 優勝
女子は本校のみの参加だったので、試合なしで優勝となりました。女子は1年生だけのチームですが、秋の新人戦で勝ち進み、近畿大会に出場することを目標にこれから一生懸命練習に励んでいきます。そのためのファーストステップとして、県総体ではまず1勝することを目標に頑張ります。

男子個人戦
60kg級に3人参加し、部長の有本君が相手を全く寄せ付けない完璧な試合運びで優勝、1年生の黒川君が三田学園のシード選手に優勢勝ちを収めて準優勝となりました。

以上の結果から、団体戦は男女で、個人戦は男女合わせて4名が6月に行われる県大会出場の切符をつかみました。県大会でも活躍できるよう頑張っていきます。