陸上部」カテゴリーアーカイブ

陸上競技部 2020新年練習

https://www.jaaf.or.jp/guide/rule/

ここ数年行い、恒例となりつつある初詣兼今年を占ってじゃんけん坂ダッシュ。 以下、ご覧ください。

↓今年一年、よい年になりますように

↓ここでも男子は最後尾に。

↓個人戦。じゃんけんの結果で走る距離が決まります

↓勝っても負けてもたのしみます

最後は、代表戦。顧問に勝利して終わります。

↓第一戦目。顧問勝利!

↓第二戦目。顧問勝利!!

↓第三戦目。顧問勝利!!!

↓今年は4戦目で、選手勝利となりました

↓いい年にしましょう

顧問

陸上競技部 2019除夜の鐘

 https://www.jaaf.or.jp/guide/rule/

赴任以来、恒例となっているOB・OG同窓会代わりの除夜の鐘練習。毎年12月29日に固定し、行っております。以下、ご覧ください。

↓ 今年の参加者

↓OBOGも走ります。

↓OGたのしそう

↓楽しく走ります

↓兄弟姉妹もたくさんいます


↓部員も女子は楽しみます。いいこと

↓北三男子らしい、リアクション

 今年も初めての卒業生25歳を最年長に、各回生から参加してくれました。

次は、2020(令和2)年12月29日火曜日です。

今年もよい一年になりますように。 顧問

陸上競技部 2019最近の様子②

https://www.jaaf.or.jp/guide/rule/

毎年のことですが、冬季に入り、いろいろなことに取り組みます。

↓ 定期考査前ということで、有志だけで地域駅伝大会に参加しました。

男女混合チームや短距離も出場して、優勝盾もいただきました。

陸上競技部 2019最近の様子①

https://www.jaaf.or.jp/guide/rule/

毎年のことですが、冬季に入り、いろいろなことに取り組みます。

↓ 恒例の陣取り合戦。キャプテンが勝負

↑ 負けたみたいですね。



↑ 楽しそう

陸上競技部 県駅伝 報告

男子15位

女子15位


私たちは11月10日に行われた兵庫県駅伝競走大会に丹有地区代表として出場しました。

結果は、1時間19分29秒で、15位に終わりました。私たちの目標であった9位入賞し、近畿駅伝に出場することには、及びませんでした。

この近畿駅伝出場という目標も、今年からの兵庫県開催に伴って、出場枠が広がったことがきっかけでした。そして、1.2年生だけのチームでその目標向かって、ともに努力してきた、仲間には感謝しかありません。

私自身は去年に引き続き五区アンカーを走らせていただきました。「近畿駅伝への切符は自分のゴールでつかみたい!」「何があっても、何人でも抜かして9位以上になってやる!」そう思って五区に挑みました。しかし、県の舞台は甘くはありませんでした。五区の選手は校内エースではなくとも強い人ばかりです。見えているのに抜かせないもどかしさがありました。また、私はキャプテンとしてチームを盛り上げていく必要がありました。“もっとできたのでは無いか”“チームメイトの調子を上げるサポートができたのではないか”と終わった今振り返ると、自分の力不足を感じる大会となりました。

県駅伝は結果だけ見ると残念ですが、近畿駅伝を目標に日々練習に取り組んだことに後悔はありません。この経験を活かし、個人だけでなくキャプテンとしても今後は総体に向け、さらなる高みを目指して、練習に励んでいきたいと思います。

最後になりましたが、指導してくださった先生方、応援やサポートをしてくれた陸上部の仲間、ありがとうございました。

 

女子長距離主将 伊東百花

 

 


僕達は10月に行われた丹有地区予選会で優勝し、11月10日の兵庫県駅伝競走大会に丹有代表として出場しました。今年は近畿駅伝が兵庫県開催のため、近畿出場条件が9位以内と広がっていたこともあり、近畿大会出場を目標としていました。しかし結果は総合”15位”。昨年より順位は上がったものの悔しい結果となりました。

僕自身は3区を走らせて頂きました。2区の3年生が順位を8つ上げて繋いでくれた襷を受け取り、順位を更に上げようと思いましたが維持することに留まってしまい、悔しく思います。

今年は3年生1名に駅伝まで残るという決断をして頂き、それに応えようと練習を積み重ねてきました。しかし大会当日はチームの中心となる2年生が目標通りに走ることができず、3年生に申し訳ない結果になってしまいました。ただ、1年生が良い走りをしてくれたので、そこは来年に繋がる良い大会になったと思います。

この大会で感じた悔しさ、得た経験を今大会で終わらせず各々が自分の糧とし、応援して下さった方々にはこれからの試合の結果で恩返しできるよう、練習を重ねていきたいと思います。

最後になりましたが、この駅伝大会を走ることが出来ることを本当に幸せに思います。顧問の先生方、保護者の方々を始め、支えて下さった方々、ありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

 

男子長距離主将 足立陽介

U20U18日本陸上競技選手権大会 報告

祝! 男子300mH 第5位入賞!
祝! 女子走高跳   第7位入賞!

本校、年内トラック最終戦が、U20U18日本陸上競技選手権大会で幕を閉じました。この大会には3年生2人が出場しました。

センター試験にむけ、学業と両立しながら、取り組んだ男子300mH。自身最高記録となる全国大会5位入賞という成績で、高校での陸上競技に幕を閉じることができたことは、顧問としてもすごくうれしい大会となりました。“やってきたこと以上ことは起こらない”という考えに基づけば、彼が私たちの見えないところでも様々なことに取り組んできたことは、想像に難しくありません。

全国インターハイ後から、この大会で優勝するために、新しいことにも挑戦してきた女子走高跳。彼女の迷いを払拭させられないまま、大会を迎えさせてしまったことは、顧問として申し訳なかったというしかありません。そのなかでも表彰を得た本人の力には、敬服するばかりです。彼女は年明け2月の室内陸上が高校最終戦となります。そこで、笑顔で終われるよう、サポートしていきます。
顧問