女子硬式テニス部」カテゴリーアーカイブ

女子硬式テニス部日誌「神戸支部秋季リーグ戦」

平成30年11月12日(日)御影高校にて、神戸支部秋季リーグ戦女子4部の大会が行われました。4部の学校は、本校、須磨友が丘、御影、甲南女子の四校でした。



最初の試合は、甲南女子との対戦でした。今年の甲南女子は特に力のある選手が多く、初戦から厳しい戦いとなりました。
シングルス1の山名さんは、相手の強打の前に翻弄され5-0ダウンまで一気に畳み掛けられてしまいましたが、これまでの団体戦での経験を生かし、後半は強気のプレーで5-4まで巻き返しました。しかしここでサービスゲームをキープできず、惜しくも6-4で敗退してしまいました。その後シングルス2の萩原さんが勝利を収めるも、層の厚い甲南女子を前に1年生でポイントを取る事ができず、1勝4敗で負けてしまいました。

次の試合は御影高校との対戦でした。ここでは、それぞれの選手たちが実力を発揮し、4勝1敗と勝つことができました。

最後の試合は、須磨友が丘でした。昨年、お世話になった須磨友が丘高校と対戦するのは複雑な思いでしたが、成長した姿を見せるべく、全力でぶつかりました。
シングルス1の山名さん、シングルス2の萩原さんが勝ち、ダブルス1の川岸・高階ペア、ダブルス2の松本・作本ペアが敗退し、2勝2敗で迎えたシングルス3の松岡さんは、友が丘のシングルス3の選手と激戦を繰り広げました。4-5でリードされるも、5-5に追いつき、6-5でリード。しかし6-6に追いつかれ、タイブレークとなりました。
しかし気持ちで粘り切った松岡さんが7-6で勝利し、須磨友が丘戦を3勝2敗で勝ち切る事ができました。



結果としては、4部リーグ2位という、悔しさの残る大会となりましたが、2年生・1年生ともにこの秋の団体戦シーズンにメンタル的にも技術的にも大きく成長できた事を改めて感じるができました。

次は11月23日の三田市総体のシングルスに向けて、練習していく事になります。自分たちの力を十分に発揮できる試合となるように、質の高い準備ができるように頑張って欲しいと思います。



今回も遠い所、保護者の方々や29回生OBが応援に来て下さいました。本当に有難うございました。これからも応援よろしくお願いします。

女子硬式テニス部日誌「神戸支部公立高等学校テニス大会決勝トーナメント」

平成30年10月28日(日)北須磨高校にて、「神戸支部公立高等学校テニス大会」の決勝トーナメントが行われました。昨日行われた予選トーナメントに優勝した4校が北須磨高校に集まり、県に進出する神戸支部の代表校2校を決定します。変則トーナメント形式の予定でしたが、手違いがあり、急遽4校による総当たりリーグ戦形式に変更して行われました。




決勝トーナメントに進出してきた4校は、神戸高校、三田祥雲館高校、北摂三田高校、北須磨高校の4校でした。1試合目、本校は北須磨高校と対戦しました。この学校も夏季神戸支部リーグ戦で1勝4敗で敗退し、悔しい思いをした相手です。
シングルス1の山名さんは、夏季と同じ対戦相手と試合する事になりました。序盤、山名さんがペースを掴み、リードしましたが、後半巻き返され4-6で負けてしまいました。続くシングルス2の萩原さんはタイブレークの接戦を苦しみながら勝ち切り、またダブルス1の川岸・高階ペアも勝利、しかしダブルス2の松本・阿部ペアが敗退してしまい、2勝2敗でシングルス3の松岡さんに試合が回ってきました。1年生の松岡さんに団体戦の試合を決める重要な試合が回っきて、相当大きなプレッシャーがあったと思います。自分の思うようなプレーが中々させてもらえず、敗退し、北須磨高校相手に2勝3敗と競り負けてしまいました。



2試合目は、三田祥雲館高校との対戦という事になりました。オール2年生で構成される三田祥雲館を相手に、シングルス1の山名さん、シングルス2の萩原さんが勝ち、ダブルス1の川岸・高階ペア、ダブルス2の松本・作本ペアが敗退し、またも松岡さんに試合を決める1戦を託す事になりました。序盤の2ゲームは、1試合目同様、固さが抜けずミスを連発しましたが、徐々に緊張を克服していき、勝ち切る事ができました。結果3勝2敗で競り勝つ事ができました。



3試合目は、神戸高校です。神戸高校は、今回出場校の中で最も強いチームで、北須磨高校相手に4勝1敗で勝っている学校です。ここでシングルス1の山名さんが奮戦し、序盤リードしましたが、ここでも後半に追いつかれ6-4で負けてしまいました。ダブルス1の川岸・高階ペアが勝ち、シングルス2の萩原さんも勝利、ダブルス2の阿部・作本ペアとシングルス3の松岡さんに勝負の行方が託される事になりました。しかし、この2つを落としてしまい、2勝3敗と競り負けてしまいました。



結果、神戸高校が優勝、北須磨高校が準優勝となり、この2校が県大会に出場、本校は3位となり惜しくも県大会を逃してしまいました。



多くの選手が団体戦というフィールドで、中々自分をコントロールできず、自分のプレーができずにいましたが、この2日間でメンタル的にとても成長したと思います。まだ県大会に出場できる力を付けるには至らず、まだまだ課題も多いですが、これから秋季神戸支部リーグ団体戦を迎えるにあたり、更に質の高い練習を積み重ね、大きく飛躍して欲しいと思います。



最後に会場を運営して下さった北須磨高校の選手及び顧問の先生方有難うございました。また、応援に駆け付けて下さった保護者の皆様遠い所を有難うございました。これからも応援よろしくお願いします。

試合の詳細結果は コチラ

女子硬式テニス部日誌「神戸支部公立高等学校テニス大会予選」

平成30年10月27日(土)、兵庫高校にて「神戸支部高等学校テニス大会」が実施されました。
本大会は、神戸地区及び丹有地区の公立高校のみがエントリーできる団体戦で、これに勝ち抜いた上位2校が11月23日に行われる県の公立大会に出場する権利を得ます。今回の大会は、女子は4ブロックに分かれて予選を行い、各ブロックの優勝校が翌日行われる決勝トーナメントに進出する形で行われました。

本校は、兵庫高校で実施される第3ブロックのトーナメントに出場する事になりました。第3ブロックは、兵庫高校がブロックシードとなっており、この兵庫高校は本校が夏のリーグ戦で敗退した学校でもあります。夏の雪辱を晴らすべく、練習に励み、当日を迎えました。

前日の夜に降った大雨の影響で、兵庫高校のコートは水浸しになっており、7時半の段階ですでに兵庫高校の選手たちがコートの整備をしてくれました。本校生徒も8時過ぎに到着して、水取りを行い、土をまくなど、コート整備を手伝いました。



兵庫高校の生徒たちが頑張ってコート整備をしてくれたおかげで、10時くらいから試合を始める事ができました。初戦の相手は、舞子高校でした。舞子高校との対戦は、シングルス1の山名さん、ダブルス1の川岸・高階ペア、シングルス2の萩原さんの3名が勝ち、3勝したところで勝負が決まり、残り2試合は打ち切り、3勝0敗で勝利する事ができました。



第2戦は、東灘高校を下してきた兵庫高校との対戦でした。兵庫高校には、夏季3部リーグで2勝3敗で負けた学校です。
1試合目は、山名さんがシングルス1として相手校の1番手の選手と対戦しました。これは夏と全く同じ組み合わせで、山名さんが夏に負けた相手でもあります。かなり緊迫した試合となりましたが、山名さんが序盤から流れを掴み、そのまま6-2で勝利し、ダブルス1の川岸・高階ペア、シングルス2の萩原さんも続けて勝利し、3勝0敗(2試合打ち切り)で兵庫高校に勝利する事ができました。



夏季神戸支部リーグ団体戦、新人戦と、団体戦独特の雰囲気の中で、いつものパフォーマンスを発揮できず悔しい思いをしてきましたが、そうした悔しい経験やたくさんの練習試合を積み重ねていく中で少しずつではありますが、自分をコントロールする力が身に付き始めているのではないかと思います。
いずれにしても2年生2人1年生6人で団体戦に挑まなくてはならない状況は変わりません。しかし1年生が力を付けてきている事、また2年生が自分をコントロールする力を少しずつではありますが、身に付け始めている事、自分たちが成長していくことで、現状を打破する可能性を高めていけている気がします。明日も最高のパフォーマンスを発揮してほしいと思います。



最後に、朝早くからコート整備をして下さった兵庫高校の生徒のみなさん、臨機応変な対応で会場運営をして下さった兵庫高校の顧問の先生方、本当にありがとうございました。

試合の詳細結果は コチラ

女子硬式テニス部日誌「市立西宮高校練習試合」

平成30年10月21日(日)本校にて、市立西宮高校と練習試合を行いました。
来週の土曜に公立団体戦があるので、それに向けてシングルス3本、ダブルス2本の団体戦形式で試合を行った後、一通りシングルスとダブルスの試合を行いました。市立西宮高校も毎年安定した強さを持ち、選手層も厚い学校です。本校の生徒も奮戦しており、どの試合も内容の濃い良い試合になっていたと思います。またチームの雰囲気も良く、大変よい刺激をたくさんもらえた有意義な練習試合でした。




これから10月末に公立団体戦、11月に秋季リーグ戦(団体戦)があり、個人戦も11月に三田市総体シングルス大会、12月にウィンタージュニアテニス選手権大会と試合が続きます。今回の練習試合も含め、たくさんの試合を経験していきながら、技術的にも精神的にも試合巧者になっていって欲しいと思います。

毎回の事ではありますが、本校選手は8名しかいないので、練習試合をすると半日6面で、だいたい1人当たり4~5試合行う事ができます。これはとても恵まれている事だと思います。めきめき上達していく選手たちを見ていると、人数が少ない事もあながち悪い事ばかりではないんだな・・・と最近感じるようになってきました。ピンチをチャンスに転換し、今後も飛躍して欲しいと思います。

最後に、遠くからお越しいただいた市立西宮高校のみなさん、アドバイスを下さった市立西宮の顧問の先生、本当にありがとうございました。またよろしくお願いします。

女子硬式テニス部日誌「須磨翔風練習試合」

平成30年10月14日(日)須磨翔風高校に遠征し、練習試合を行いました。
須磨翔風高校は、神戸支部リーグ2部所属で、近畿公立大会にも出場経験のある気合いの入ったチームです。
コートも公立高校では珍しくオムニコートが四面あり、ナイター設備もついており、大変環境の整った学校でした。



勝って自信をつける者、負けて課題を見つける者、色々ですが、先週に引き続き強豪校との練習試合を経験していく中で、着実に力を付けていると思います。ギリギリのスコアの試合を制するのは、どれだけ「勝ちたい気持ち」が強いかにかかっていると思います。是非「勝ちたい気持ち」をプレーに出せるようになっていって欲しいと思います。



最後に、遅い時間まで練習試合をしてい頂いた翔風の生徒のみなさん、アドバイスを頂いたりコート整備等で細やかな配慮を下さった翔風の顧問の先生、本当にありがとうございました。またよろしくお願いします。

女子硬式テニス部日誌「須磨学園練習試合」

10月8日(月)本校にて須磨学園と練習試合が行われました。
須磨学園は、新人戦個人戦で近畿大会に出場した選手がおり、チームとしても神戸支部リーグ戦で1部にいる強豪校です。

本校の山名さんが近畿大会に出場した選手に勝つなど、神戸支部リーグ戦1部の須磨学園に大健闘する事ができました。
是非、今後の自信に繋げて欲しいと思います。試合も全体として、勉強になることがたくさんあり、本当に有意義な練習試合になりました。




最後に本校に来て下さった須磨学園のみなさん、遠いところ本当にありがとうございました。また是非よろしくお願いします。

女子硬式テニス部日誌 「新人団体戦&神戸支部リーグ戦入れ替え戦」

10月8日(日)本校にて、新人戦団体戦が行われました。
もともと7日(土)に予定されていたのですが、雨で流れて翌日8日に順延されたものです。
県全体のトーナメントを8分割したブロックを本校で実施するもので、ベスト8までをこの日に出す形になります。
雨の翌日という事もあり、コートコンディションが悪く、本校生徒は朝7時に集合し、水を取り、コート整備をしました。早めに到着した他校の生徒たちも一緒に整備をしてくれた事もあり、無事に定刻通り試合を開始する事ができました。

本校は、1回戦で県立伊丹高校と当たりました。
県立伊丹高校は、夏の合宿を一緒にやっている学校です。お互いの手の内を知り尽くした者同士の戦いとなりましたが、1勝4敗で負けてしまいました。
同じく夏合宿で一緒に練習した伊丹西高校は、ベスト16まで勝ち残り、大健闘していました。




新人団体戦を終えた後、滝川第二高校と入れ替え戦を行いました。
ここは2勝3敗と負けてしまい、4部に降格する事になってしまいました。残念ではありますが、秋のリーグ戦では4部優勝を目指して前進あるのみです。



今回の団体戦では、やはり個人戦とは違う緊張感の中でどのように自分の力を発揮するか・・・という事、2人しかいない2年生の負担を軽くするためにも、1年生が他校の2年生相手に勝ち切る力をつけなければ団体戦では勝てないという事を痛感しました。
チーム力をさらに向上させるために、明日からの練習に臨みたいと思います。

最後に、コート整備を手伝ってくれた他校のみなさん、応援に駆け付けて下さった保護者のみなさん、本当に有難うございました。

女子硬式テニス部日誌「夏季ジュニアテニス選手権大会」

平成30年9月1日~8日に夏季ジュニアテニス選手権大会が行われました。
秋雨前線の影響で、1日に行われる予定だったダブルスの予選は、多くの試合が9日に延期となりました。

本校では、9月2日にシングルスの本校の山名さんが出場する予選が1ブロック行われました。
山名さんは順調に決勝までコマを進めましたが、第1シードの選手に6-4で敗退し、準優勝となりました。
4-2でアップしていた所から4ゲーム連取される試合展開だったので、悔やまれる部分は多々ありましたが、相手の試合運びが冷静だったというべき試合で、決して内容の悪いものではありませんでした。(今回写真を取り損ねました・・・ごめんなさい)

次の大会に向けて、良い試合運びをする相手に対しても、それを上回ることができる技術とメンタルを身に付けていけるように頑張って欲しいと思います。

今大会では、山名さんのシングルス予選ブロック準優勝の他、萩原さんもシングルス予選ブロックで準優勝しました。
そして今大会では、1年生も少しずつ結果につながってきており、松岡さんがシングルスで予選ベスト4に、松岡・川岸ペアがダブルスの予選でベスト4に入る事ができました。
これからの活躍にも期待したいと思います。

また、ダブルスでは山名・萩原ペアが予選ブロックで優勝し、本戦出場が決定しました。おめでとうございます。
今回第二シードに入っていた猪名川高校のペアは、昨年練習試合で6-0で負けていた相手でした。
その相手に、決勝戦で当たり、6-2で勝利しての本戦出場だったので、これもまたこの1年での成長が感じられる良い大会になったと思います。



今大会は、台風や悪天候などで、試合の延期が続き、本校選手の中にも9月16日に試合をした選手もいました。大変な日程になりましたが、みんなよく頑張ったと思います。
本戦は、9月23日(日)に総合運動公園にて行われます。是非頑張って下さい。

北摂三田女子硬式テニス部「須磨友が丘練習試合」

8月28日(火)本校にて、須磨友が丘高校と練習試合を行いました。
本校は、8月30日より学校がはじまるので、夏休み最後の練習試合となります。


北摂三田女子テニス

今日は、3面進行で行ったため、いつもより試合数は少なめでしたが、1人当たりダブルスを2試合、シングルスを2試合を行う事ができました。
今回の練習試合では、特に1年生の成長が大きく感じられました。まだまだ課題は多いですが、少しずつフォームも安定してきており、ゲームの内容も中身のあるものになってきました。
中には、相手校の2年生相手に互角以上の勝負を展開している者もいました。

北摂三田女子テニス 北摂三田女子テニス
北摂三田女子テニス 北摂三田女子テニス
北摂三田女子テニス 北摂三田女子テニス
北摂三田女子テニス 北摂三田女子テニス


今週末には、夏季ジュニアテニス選手権大会があります。ここで確認したことを、練習にフィードバックし、いい形で試合に臨みましょう。

須磨友が丘高校は、昨年、山名・萩原の両名がお世話になった学校です。これからも一緒に成長していける関係を続けていきたいですね。
須磨友が丘高校のみなさん、遠いところありがとうございました。
またよろしくお願いします!!

北摂三田女子硬式テニス部日誌「三田市ダブルス大会」

平成30年8月23日(木)三田市ダブルス大会が下青野テニスコートで開催されました。
三田市ダブルス大会とは、三田市の高校(北摂三田高校、三田学園、三田祥雲館高校、三田西陵高校、有馬高校、三田松聖高校)が参加するダブルス個人戦のトーナメントです。本校からは、4ペア8名(部員全員)が参加しました。
台風の影響もあり、午前中で一度試合が打ち切られ、残りは翌日の24日(金)に実施される事となりました。

警報は解除されたとはいえ、かなりの強風の中試合が行われ、どの選手も自分の思うプレーがなかなかできない中での戦いとなりました。
本校の選手も健闘し、ベスト4に本校のペアが2ペア残る形となりました。
準決勝では、本校の山名・萩原ペアと川岸・松岡ペアが戦う事となりました。しかしここは先輩が貫録の勝利という結果となり、山名・萩原ペアは決勝戦で三田学園のペアと、川岸・松岡ペアは3位4位決定戦で三田祥雲館のペアと戦う事になりました。


北摂三田女子テニス

北摂三田女子テニス


決勝戦では、山名・萩原ペアは三田学園のペア相手に7-5と接戦の末、負けてしまい準優勝となりました。相手は、新人戦の本戦シード選手のいるペアで、かなりの強敵でした。昨年、2選手が1年生の時には、歯が立たなかったペアに7-5と肉薄する事ができ、この1年での成長を感じる事ができた試合となりました。
3位4位決定戦では、川岸・松岡ペアが三田祥雲館のペア相手に、1-5ダウンからの逆転劇で7-5と、こちらも接戦の末、何とか勝ち切り、3位に入賞しました。1年生ながら、第4シードに付けた祥雲館の選手に勝ち切った事も、これまでの練習の成果として、今後の自信につなげてほしいと思います。

北摂三田女子テニス

北摂三田女子テニス


夏休みの大きなイベントはこれで終了です。25日、26日と休みを取って、28日に昨年たくさんお世話になった須磨友が丘高校との練習試合で今年の夏休みの練習を締めくくる予定です。

夏休み明けの9月1日2日、8日9日には、夏季ジュニアテニス選手権大会が行われます。
例年過酷な戦いとなる夏季ジュニアテニス選手権大会ですが、夏休みの練習で身に付けた事をしっかりと発揮し、悔いのない戦いができるように日々の練習に臨みたいと思います。


北摂三田女子テニス

今回もたくさんの保護者の方々に、お越しいただき、応援や送迎を含めたくさんの力をいただきました。また、大会の運営に関しても、各校の顧問の先生方に大変お世話になりました。
テニスという競技を通して、部活動という活動を通して、選手たちが成長していけるのも、こうしたたくさんの支えがあっての事だと思います。
本当にありがとうございました。

今回大会の試合結果は コチラ