月別アーカイブ: 2017年7月

短期海外研修

香港での見学を終え、今朝無事にパースに到着しました。

バスや地下鉄の乗り方を教わり、いよいよホストファミリーと対面。

みな期待に胸を膨らませてそれぞれの家に向かいました。

 

明日朝無事に学校に到着できますように!

7月20日(木) 全校集会

7月20日(木) 避難訓練及び全校集会が行われました。
避難訓練は、校舎内での出火を想定して行われ、グラウンドへ避難しました。
校長先生が講評の中で、避難・点呼にかかった時間が昨年度よりも短かった
とおっしゃられていました。有事に慌てず、冷静に行動できるように、日頃より
防災意識を高めておきましょう。


避難訓練後、教室に戻った後、体育館にて全校集会が行われました。
最初に校長先生による講話です。

校長先生の講話の後、Parth先生の離任式がありました。
Parth先生の英語での挨拶を生徒たちは食い入るように聞いていました。

離任式の後は、生徒指導部長よりお話しがありました。

生徒指導部長のお話の後、生徒会役員の認証式が行われました。
認証された3名の役員が、生徒会活動を通して、活躍してくれる事を期待しています。
頑張って下さい!!

生徒会役員認証式の後は、表彰伝達です。
今回もたくさんの部活動の活躍により、たくさんの表彰を受けていました。

最後に、全国大会に出場する部活動の壮行会が行われました。
邦楽部、文芸部、陸上競技部の3つの部活動が、この度全国大会に出場します。

全国という晴れ舞台で、自己最高のパフォーマンスを発揮し、精一杯楽しんで
帰ってきてください!!

夏の選手権兵庫県大会 ご報告

7月11日(火)9:00~VS明石高校 @明石球場

結果は0-2敗け。悔しいです。

生徒のみんなはよく頑張りました。勝たせてあげられず、申し訳ない。

投手陣3人で被安打4本。2失点。よく投げ抜きました。

打者陣はヒット2本。全員が勝負しに行った結果でしたが、うまく生徒の力を発揮させることができませんでした。相手ピッチャーの丁寧な投球を崩すことができませんでした。

部員46名(選手42人、マネージャー4人)が1つとなり、全員で戦うことができました。スタンドからの声援も、よく聴こえました。平日にも関わらず多くの保護者・卒業生が応援に来てくれました。ありがとうございます。

30回生(3年生)13人の入学と同時に私の勤務も始まりました。この子たちと共に北摂三田高校の生活がスタート!

4月のオリエンテーション合宿で、野球経験者に「一緒に高校野球やろうや!」と声を掛け、5月には1年生だけで初の練習試合にも行きました。その時にはまだ高校のユニフォームがなく、それぞれの中学校の試合用ユニフォームで戦いました。結果は散々でしたが。。。先輩たちからは「この時期にいきなり試合とかいいなぁ」という声を聴きながらも、高校野球の面白さを毎日のように感じている生徒達でした。

7月の夏の選手権では、28回生のベスト32をスタンドで応援し、「次は俺たちが!」と思っていました。

秋には県大会に出場!29回生のスタメンの中に、1年生の名前も!自分たちで掴み取った背番号でした。

2年生の夏には、初めて背番号をもらう選手もいました。夏の緊張感!高揚感!は言葉にはできない経験だったと思います。VS播磨南での先頭打者ホームラン(29回生守永君)。土屋謙―鈴木海地の完封リレー。どれも初めての経験でした。続いてVS社!初回から連打を放つも、あと1本が出ず。29回生魚谷君のホームランで追い上げるも1-6敗戦。

ここから、30回生の新チームがスタート。主将は2人が立候補!それぞれの想いがあり、チームの軸が決まりました。なかなか勝てない中でのチーム作りでした。「結果じゃなく取り組みが大事!」と言っても、不安に思う日々が続きました。徐々に力を付けるも、あと一歩の僅差のゲームが届かず。マネージャーの2人も、いつもグランドを走り回っていた29回生の久米さん、吉田さんという大きな存在がいなくなり、今度は自分達が後輩を引っ張っていく役割になり、責任の大きさを感じるようになりました。

この1年間で、嬉しい思いよりも、悔しい思いの方が多かったかもしれません。

しかし、「うまくいかないことに向き合う力」「逃げずにチャレンジしていく姿勢」は30回生の背中に染みついていました。

ここからの人生をどのように生き抜いていくのか。大学受験、就職試験、結婚、子育てなど、様々なことが待っています。

どんな時も強く、前向きに生きていってほしいと思います。

保護者の方々もいつも応援していただきありがとうございます。毎日の朝早くからの食事、お弁当、泥だらけのユニフォームの洗濯、毎日の応援、仕事の調整。それぞれのドラマがあったのではないでしょうか。ありがとうございました

30回生の13人、本当にありがとう。

1,2年生の新チームもここからスタート!頑張ります。

木地谷正也

第43回近畿地区高等学校PTA連合会大会

平成29年7月1日 「つながり・夢・未来」をテーマに、第43回近畿地区高等学校PTA連合会大会滋賀大会が、滋賀県米原市で開催されました。
北摂三田高校からは、校長先生 育友会役員5名が参加しました。近畿地区の約2,200名の会員が一堂に会し、盛大に行われました。


開会式の後、サッカー日本女子代表前監督で現びわこ成蹊スポーツ大学特別招聘教授である佐々木則夫氏の記念講演がありました。
「未来に向けてチャレンジ~5つの提言~」と題し、次の5つの提言のお話を交え、監督就任から2011年のドイツワールドカップで優勝し、その後退任するまでの指導者としてのお話を聞かせていただきました。
1 感謝の気持ち 天恩
2 無形の強い思いが有形を生む
3 私にはできない から 私にはできる心へ
4 成功の反対は、失敗ではなくチャレンジしないこと
5 歩歩是道場
  知好楽
  結果自然成

講演の後は、特別分科会として滋賀県立水口東中学校・高等学校のPTA活動の発表を聞き、閉会の運びとなりました。

来年度は、兵庫県神戸市での開催予定です。

一日大学体験講座

7月6日(木)2・3限を使って、2年生全員を対象とした一日大学体験講座を実施しました。今年も、10人の大学教授に来ていただき、希望する先生の講義を受けました。専門的で難しい部分もありましたが、知的好奇心を刺激され、進学への意欲が高まる内容となりました。

講座一覧
1 兵庫県立大学経営学部 當間克雄教授「ユニクロでヒット商品を生み出す仕組み」


2 大阪教育大学教育学部 下村陽一教授「対人コミュニケーションの心理学」

3 神戸大学国際人間科学部 岡田章宏教授「グローバル化時代の地方自治」

4 京都大学大学院人間・環境研究科 水野尚之教授「文学と歴史から見た遊園地」

5 関西学院大学総合政策学部 客野尚志教授「環境共生の都市・建築計画のあり方」

6 関西学院大学理工学部 北原和明教授「高校から大学への体験数理」

7 大阪府立大学大学院理学系研究科 入江幸右衛門教授「複素数の発見」

8 大阪市立大学工学部 辻幸一教授「社会に役立つ分光分析化学」

9 神戸大学海事科学部 香西克俊教授「衛星から風を測る」

10 神戸大学農学部 中屋敷均教授「マメ科植物と根粒菌の共生機構」

最後に、神戸大学農学部の中屋敷先生が著書「ウィルスは生きている」で平成28年度講談社科学出版賞を受賞されたことを報告しておきます。中屋敷先生、おめでとうございます。

http://www.kodansha.co.jp/about/nextgeneration/archive/22530

1年生保健講演会

 7月3日(月)6時間目、1年生は保健講演会を実施しました。テーマは「薬物乱用防止」で、講師には三田市警察署生活安全課の木村太一様にお越しいただきました。
 「薬物乱用」とは麻薬や大麻を使用することだけではなく、市販されている風邪薬などを用量・用法を守らずに服用することも当てはまること、三田市内にも違法薬物を作ることができる植物が生えていることなどを教えていただきました。
 また、実際に薬物乱用により逮捕された人が書いた手記を紹介していただき、生徒たちも他人事ではなく、身近に起こり得る問題だということを実感したようです。



人間科学類型30回生 課題研究発表会

7月12日(水)午後、本校体育館にて人間科学類型が発足してから4回目となる課題研究発表会を行いました。非常に暑い体育館の中での開催となりましたが、保護者の方を始め学校関係者など多数の方々に来校して頂きました。暑い中、わざわざ本校までお越しいただいて、発表を聞いて頂いた方々にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
発表会は2部に分かれ、第1部ではポスターセッションを行いました。文系5班理系7班の全班が各自が作成したポスターの前で研究内容を発表しました。終了後は質疑応答を行い、聴衆に発表評価シートを記入してもらいました。
第2部では代表班による、スライド(パワーポイント)を用いたステージ発表を行いました。事前の校内選考で選考された理系4班、文系3班の計7班による発表でしたが、どの班もプレゼン方法を工夫し、聴衆に対して堂々と発表しました。後の質疑応答の際も手際よく答えていました。

 課題研究の集大成となる今回の発表会でしたが、朝や放課後などを利用してどの班も周到に準備して本番を迎えました。本番は緊張して思うようにいかなかったこともあったと思いますが、この体験を通して皆と共同して研究することの難しさや楽しさの一端を感じられていると思います。関係された全ての皆様に改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

以下は来校者アンケートの一部です。
「しっかり聞かせていただきました。テーマもバラエティがあり、聞く方も頭を使い、楽しかったです。研究に向かう気持ちもファイトを感じました(保護者)」
「今回の研究で知り得た事を是非今後役に立てるところまで進めることができたら素晴らしいと感じました。とても良い時間を過ごさせていただきました(保護者)」
「類型クラスの保護者ではないが、課題研究でどのようなことをやっているかに興味があって来ました。どの班もよく調べ、考えて発表していました。また、おもしろいテーマの発表もあり、楽しかったです(保護者)」
「どのグループも本当によかったと思います。何度も練習されたであろうことがよく伝わりました。今後も頑張って下さい。あと、ステージ発表していない班があったので発表は全員でしたほうがいいと思いました。指し棒も使えるといいなと思いました(保護者)」

7月7日 思索講演会

7月7日(金)4限 岡山大学田中教授による思索講演会を実施しました。3年生全員を対象としていることもあり、単に岡山大学の話だけでなく、学部と学習内容、スパーグローバル大学とは何か、岡山大学の教育改革など多岐にわたって丁寧に説明していただきました。自分の進路選択を幅広く考えるうえで、大変参考になりました。