34回生」カテゴリーアーカイブ

北摂祭 体育の部 (午前の部)

本日は 北摂祭 体育の部 です。

本年度は全プログラムにタイトルがつき、みんなの熱を伝えてくれます。
天候にも恵まれ、さわやかな秋晴れです。

開会式

1.全校体操「全全全体操」

係のスタンバイOK!

2.障害物競走「ハッスル!ハッスル!」

           

3.1000MR「リレー時々勝利のち笑顔」

     

4.棒引き「負けられない戦いが今ここに」

   

5.スウェーデンR「100から始まるスウェーデンリレー」

   

6.玉入れ「この世界の玉入れに」

育友会も参加して1回戦目。赤白に分かれて勝ったほうの得点に加点されます。

高校生用の背の高い網に向かってたくさん投げ込んでいただきました。ご参加ありがとうございました!

2回戦 1年生、3回戦 2年生、4回戦 3回生、5回戦 お片付け戦でした。

  

7.綱引き「Tunatuber」

           

一つの綱のまわりでさまざまなドラマがあり、その結果3年4組が優勝しました!

圧倒のパフォーマンスを見せてもらいました。

生徒の皆さん、午前の部、お疲れさまでした。午後も頑張りましょう!

京大-HGLC 科学者育成プログラム

8月7日(水)から9日(金)までの3日間にわたり、京都大学大学院理学研究科の協力で「京大-HGLC科学者育成プログラム」を実施しました。グローバルに活躍できる研究者を育成するための第一段階として、実習や体験・発表を交えながら多彩なプログラムを体験しました。

初日は白川キャンパスで、天文学に関する基本的な講義と、天文解析ソフトMakali’i(マカリィ)を用いて天体観測データを解析する実習を行い、2日目は、前日の解析実習とプレゼン発表の準備を行いました。最終日の3日目は、午前中に理学研究科の附属天文台「花山天文台」で講義と見学を行い、午後は白川キャンパスに戻り、3日間の集大成としてプレゼン発表を行いました。

天文学の高度で専門的な内容はとても難しかったが、実験や発表を経験するうちに、研究の楽しさややりがいが少しわかったような気がしました。また、講義をしていただいた研究者の方々や丁寧にサポートしてくださった学生スタッフの皆さんが、天文学についてとても生き生きして楽しそうに話す様子がとても印象に残りました。

キャリア研修・大阪大学

8月1日(木)に大阪大学に行きました。
午前中は豊中キャンパスの総合学術博物館を見学しました。博物館の玄関に8メートルほどのマチカネワニの化石の復元骨格が迎えてくれ、圧倒されました。このワニは大阪大学の公式キャラクター「ワニ博士」になっています。博物館内では、「みる科学」の2階に生薬標本室や薬用資源ラボの再現室もあり、直に研究している姿が想像でき面白かったです。自由散策の時間を使って様々なところを見学しましたが、敷地内にコンビニや本屋もあり大学というものがとても広く驚きました。

午後は吹田キャンパスの「核物理研究センター」を見学しました。大学の特色などの説明のあと、見学前に教授が核物理について講義してくださいました。そのあと、二つのグループに分かれてセンター内を見学しました。見学の際に案内・説明してくださった教授が私達にも面白く、わかりやすく説明してくださり、難しい内容でしたが興味を持って聞くことができました。サイクロトロン加速施設では施設が迷路のようにもなっている部分もあり、施設の広さを実感しました。また、置いている装置は世界に誇れるものであると説明してくださった通りで、想像以上のすごさを知ることができ、良い経験ができました。

公開授業週間終了

6月10日(月)から始まった校外向け公開授業週間が14日(金)で終わりました。
校内の期間も含めると、6月3日(月)からの3週間でいくつも授業を見学することができました。
保護者や地域の方も参観していただき、ありがとうございました。
ラスト1週間では教育実習生の方たちも授業を公開し、初々しい姿を見せてくれました。
彼らの教員を目指して精一杯頑張っている姿を見ると、初心を思い出し身の引き締まる思いがします。
短い期間ではありましたが、生徒のリアルな反応に触れ、授業を行うことで何かを得てもらえたのではないかと思います。教育実習生のみなさん、お疲れさまでした。

教育実習生による1年生家庭基礎の授業。
和やかな雰囲気が出ています。衣類の洗濯表示の変化に驚きが隠せません。

同じく教育実習生による1年生音楽の授業。
曲の歌うポイントを指摘するたび、どんどん歌がよくなっていきます。魔法のようでした。

そして1年生の授業をのぞいてきました。

現代文

現代社会

数学Ⅰ

また11月にも学校公開週間がありますので、興味のある方はぜひお越しください。

6月4日(火)1年キャリア講演会

6月4日(火)5限に、キャリア教育の一環として、今後の高校3年間の過ごし方と2年次以降の進路選択の参考になるように、本校卒業生(24回生3名)菊地凌輔氏・寺井俊裕氏・延岡由規氏に、「その人生 誰のものですか?~こんな先輩もおるんやで~」という演題で講演をして頂きました。
講師 : 北摂三田高校卒業生(24回生)3名
・菊地 凌輔 氏:株式会社 Makuake 関西支社長
・寺井 俊裕 氏:ゴボウキカク (プロデューサー / デザイナー)
・延岡 由規 氏:認定NPO法人カタリバ(東京在住)


生徒たちは、クラウドファンディングやデザイン、社会平和について知り、それらの世界について考える機会になりました。また、自らの関心・興味から始まり、それらを発信し、社会との接点を持つことが、好きな仕事に繋がるといったお話しは、大変興味深いものでした。皆さん、とても行動力があり、すごい先輩たちでした。


最後に記念写真

5月14日(火)1年キャリア講演会

前回の「理系学問の楽しさ・面白さ」に続いて、今回は大阪市立大学大学院文学研究科柏木敦教授に「文系学問の楽しさ・面白さ~教育史研究者の仕事~」というテーマで講演をしていただきました。

5月14日(火) 5限 14:15~15:20  (場所:体育館)
演題:「文系学問の楽しさ・面白さ ~教育史研究者の仕事~」
講師:大阪市立大学大学院文学研究科 柏木 敦 教授

柏木先生の研究内容の紹介に始まり、ご自身の幼少期からの経験からどのようにして現在の職業に至ったのかを、エピソードを交えながらわかりやすく語っていただきました。試行錯誤や紆余曲折を経ながら経験を深めていった話を聞き、所謂受験勉強だけでなく、様々なことに興味関心を広げ、豊かな経験を積むことの大切さを教えてくださいました。それが結果的に人生を豊かなものにし、キャリア形成に役に立っていることがわかりました。
また、理系と文系の学問の違いや共通点にも気づかされました。

授業見学 その④ アトランダムに

6月7日(金)は、各学年の授業をのぞいてきました。
1年1組 保健

1年2組 化学基礎

1年2組で見かけたほほえましい後ろ黒板。

1年4組 物理基礎

2年56組 古典B

2年3組 現代文B

2年2組生物基礎

3年生 コミュニケーション英語Ⅲ

スライドの写真についてAll Englishで話をしています。

各クラスにはテレビとプロジェクター、スクリーンがあります。
各先生方は自分の授業スタイルに合わせてどんどん活用し、その方法を情報交換しながら広めていきます。班別学習などのアクティブラーニングも各クラスで活発に行われています。

来週は 6/10(月)からは、校外向け授業公開週間です。
北摂三田高校のリアルな授業風景をぜひ足を運んでご覧ください!
詳細はコチラ(PDF)

1年生 保健講演会(薬物乱用防止)

6月3日(月)、6時間目1年生は保健講演会を実施しました。
講師には神戸北部少年サポートセンターより平岡真二様にお越しいただきました。
初めにパワーポイントを使い大麻などの薬物だけでなく、たばこにもたくさんの有害物質が含まれていることも教えていただきました。
次に、ごく一般的な高校生が先輩から勧められた薬物に「一度だけなら・・・」と甘い考えで手を出してしまい、結局はやめられなくなり、自分の人生はもちろん家族までボロボロになるという恐ろしいDVDを見て、薬物は依存性が強いので正しい知識と「絶対に手をださない」強い意志が必要であることを再認識しました。
最後には、高校生は自分の行動に自分で責任を取る年齢であることも法的根拠を交えてお話いただき、今後の行動について改めて考えるとても貴重な時間になりました。
お忙しい中、保護者の方にもお越しいただき、ありがとうございました。

1年生自転車点検・3年生保護者会

5月考査の放課後を利用して自転車点検がありました。
初日の23日(木)は2・3年生が、そして2日目の24日(金)は1年生でした。
毎日の学校生活を支えてくれる自転車が、安全に使用できるか確認します。
ブレーキやベル、荷物カゴなど、沢山のチェック項目を調べます。


定期点検で安全性を確認して一安心です。
各クラスの生活委員さん、お疲れ様でした。

午後からは、前日に引き続き三年生の保護者会でした。
やはり三年生は、保護者の方の気になることも進路(主に大学入試)です。
本校の進路部長から熱のこもった話がありました。


そして学年の進路担当からの話。
模試や補習、入試にかかるお金の話まで、多岐にわたる内容でした。

いよいよ受験生となった子ども達を、全力でサポートするべく、保護者の方々と私達職員の意思を確かめ合う、大切な会になりました。
お越しいただきありがとうございました。

1・2年生保護者会

5月23日(木)は、5月考査1日目でした。
1年生は高校生初の定期考査で、4月からの自分の学習スタイルが合っているのか、生活リズムや勉強方法を見直す機会になります。
そして、この日の午後は1・2年生の保護者会が開催されました。
少し強めの日差しが照り付ける中、大勢の保護者の方にお越しいただきました。
まずは第1部として、ベネッセコーポレーションの木下裕太さんから大学と大学入試の変化について講演をしていただきました。

保護者の方が経験した頃の大学・大学入試との違いもありますが、近年でも変化が顕著です。
2020年度から始まる大学入学共通テストや英語の資格試験の活用など、早めに対応しておく必要があることばかりで、1・2年生といえどもはるか先の課題ではありません。
今からできることとして、時間の3点(起床・就寝・勉強開始)を固定する話では実際に伸びている子と伸びにくい子の1週間の過ごし方から分析していただきました。
そして、受験生たちを支える保護者の方がどのような関わり方をすればいいのかについて、相談に乗ってあげればよかったと思うこと・相談したかった事ではすれ違いがみられるなど、具体的に教えていただきました。

続いて第2部では各学年に分かれて学年団からの説明がありました。
第1学年保護者会の様子↓

1年生は単位の履修や文理選択など、主に高校から新たに始まる内容についてのお話でした。

第2学年保護者会の様子↓

2年生の最後は修学旅行のお話でした。
生徒だけでなく保護者の方もドキドキのイベントですね。
保護者の方にとって有意義な会となれば幸いです。
ありがとうございました。