投稿者「kouchou」のアーカイブ

「北三 校長室から」No96(R2.10.22)考査終了

今週月曜日から始まった10月考査が、今終了しました。3年生は卒業アルバム用の全体写真を撮影しています。また、1,2年生は久しぶりの部活の準備をしています。そして、陸上競技部1年の内藤さんは広島で開催される全国大会出場(走幅跳)のため出発していきました。勉強との両立は大変でしょうが、頑張ってくれるものと期待しています。

さて、この1週間足らずの間にも秋が深まり、だんだん木々の紅葉も進んできました。朝夕の寒さが増してくるともっともっと綺麗になっていくのでしょうが、落ち葉が多くて掃除も大変になります。

ところで校舎北側正門付近の中央分離帯に茂っていた雑草を市の道路管理者が綺麗に刈り取って整備してくださいました。

昼間から夕方にかけて右折しようとすると、全く対向車が見えなくて「危ない」と、いつも思っていましたが、本当に見通しがよくなって助かっています。物事は何でも整理整頓して見通しをよくすることでリスクを減らせることを教えられているようです。   校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No95(R2.10.14)時間の経過

後期が始まって1週間が過ぎ、朝夕の冷え込みが日ごとに進んでいっているように感じます。各学校の制服も衣替えがあり、町中を歩いている生徒も紺色、冬服を着ている生徒が多くなってきました。ただ、日中は日差しが強く気温も25度前後で暑いぐらいですから体調管理に気をつけてほしいと思います。

さて、久しぶりに出張で神戸三宮駅に降り立って県庁に向かっていると、大々的な工事が行われていて振り返ると、見たこともない高層ビルが建っているので驚きました。阪急電車が神戸市営地下鉄に乗り入れるようになるそうで、震災で被災した駅ビルが26年経って新しく生まれ変わることになるようです。

 そう言えば、丁度1年前、ラグビーワールドカップで日本中が熱狂していたのと同時に、台風19号が関東から東北地方に甚大な被害をもたらしました。今なお行方不明の方がおられるとともに仮設住宅で暮らしている方々も多数おられます。

 時間が解決する・・・と言われることもありますが、心に残った様々な思いは決して時間の経過で消えることはないと思います。そして、時間の経過とともに忘れてしまってはいけないことを心に刻んで、精一杯生きることで自分の使命を果たしたいと思います。 校長  廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No94(R2.10.1)前期終了

長かった前期も今日で終了です。今日は授業とともに体育館で和太鼓の芸術鑑賞を2つのグループに分けて実施します。私はこの後出張するので鑑賞できないのが大変残念ですが、生徒にはめったに見れない素晴らしい演出の和太鼓らしいので、大いに楽しんでほしいと思います。

芸術鑑賞終了後に終業式を行い、その後1年生にとっては初めての通知表を受け取ることになります。中学校時代とは全く違う評価を受けることもありますが、自分の今の立ち位置を確認し、今後の課題=目標を明確にするためのものであることを忘れないでください。

そして、明日は秋休み、土日を挟んで5日(月)は9月19日(土)のオープンハイスクールの代休を取りますので原則4連休になります。ただ、3年生は模試、1,2年生の運動部は試合があったりしますので、なかなかゆっくりと休むことはできませんが、後期に向けてリフレッシュする4日間にしてほしいと思います。

さて、9月29日(火)に北摂祭「体育の部」を無事に終わることができました。広報担当が詳しい報告を作成中ですが、少しだけ紹介します。

29日(火)は天気もよく、3密を回避するために生徒会や生徒会担当の先生方が熟考した内容で午前中のみの短縮バージョンでしたが、すばらいい内容だったと思います。当日の朝6時30分過ぎに学校に着き、少し早いから門も開いていないと思っていましたが、すでに体育科の先生方が来られていて、その後すぐに他の先生方も来られて準備に入られました。前日の準備も薄暗くなるまで運動部の部員とともにしていただき、本当に頭が下がります。ご苦労様でした。

加えて、今年は新型コロナの影響から1,2年生の保護者の方々には観覧をご遠慮いただきました。観覧された3年生の保護者の方々の応援も含めて皆様のご理解ご協力をもって無事に開催できましたことにお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。 校長 廣瀬雅樹

PS.3年生の学年演技は次年度も継続?・・・

「北三 校長室から」No93(R2.9.23)前期もあと少し

9月も残すところあと1週間となり、朝夕はめっきり秋らしくなってきました。前期は10月1日の終業式をもって終了ですが、その前に明後日25日(金)は北摂祭「体育の部」、10月1日(木)には芸術鑑賞を実施することとしています。

「体育の部」の開催については、何度も言っているとおり3密対策をしっかりとすることが大切であるとともに、まだまだ気温も高く、マスクもしているので熱中症対策も必要です。そこで育友会の支援も受けて、スポーツドリンクを開会式前と閉会式後、生徒全員に配布する準備をしています。安全配慮を十分にして開催したいと思っています。

さて、20日(日)に大阪で開催された近畿高等学校ユース陸上競技大会に行ってきました。主管している大阪高体連の陸上競技専門部長や専門委員長が大学の後輩なので、大きなイベントを開催するうえでの準備や配慮事項について、また、修学旅行等の実施について大阪の様子を聞いてきました。考えておくべき事項が山ほどあること、各行事に係るキャンセル料の取扱=保険について事前に確認することなど貴重な話を聞くことができましたので、これからの学校運営に反映したいと思っています。

試合の結果は顧問から報告されると思いますが、1年女子走高跳が優勝、1年女子走幅跳と100mハードルが2位、2年男子3段跳が5位と参加した3名4種目とも入賞という素晴らしい結果でした。10月の全国大会そして来年のインターハイが大変楽しみです。 校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No92(R2.9.19)第1回オープンハイスクール

本日、第1回のオープンハイスクールを開催し、多数の中学生と保護者の方々に来校いただきました(詳しくは広報担当が報告します)。

ただ、参加者が多いことから体育館以外に2カ所の会場を設けて3密対策をしたところ、体育館以外の会場での音声が聞き取りにくく、大変ご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ございませんでした。

その他、各担当や生徒会からの説明内容が重複しているなどの改善点も見えてきましたので、次回10月31日(土)の第2回に今回の反省を活かしていければと思っています。

反省点はたくさんありますが、今回のオープンハイスクール開催にあたり、生徒会や放送部をはじめ多くの生徒が時間をかけて準備をし、説明や演奏に取り組んでくれました。私は、北三の一番の良さ=特色は「生徒と職員が真面目に一生懸命物事に取り組めるところ」だと思っています。本日お越しいただきました中学生には、来年の春、是非、北三に来ていただくことを願っています。 校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No91(R2.9.17)体育の部予行

新型コロナ感染が懸念される中、感染防止を図りながら北摂祭「体育の部」をどのように実施するのか?という大きな課題と向きあい、生徒・職員と知恵を出し合いながら、ようやく今日予行を終了することができました。

昨日の放課後から1,2年生の運動部や放送部が準備をしてくれ、今日の朝も他の生徒が登校する前にテント起こしなどの準備をしてくれました。

予行については、雨が心配されたので、入退場や種目の説明を主に行って、当日のスムーズな運営を確認していきましたが、今年に限った特別ルールもあり、上級生が戸惑う種目が出てくるかもしれません。

また、以前にも書きましたが例年にはない第3学年の学年演技が最後の最後に実施されます。本日の予行終了後、上の写真のように33回生学年演技の練習があり、初めて見ましたが、「この短期間でよくここまで仕上げてきたな~」と感心しました。

今年は保護者の方の観覧も3年生の保護者(と育友会役員)に限定させていただいています。3年生にとっては高校最後の全校行事ですが、今までの北三にはない最高のパフォーマンスを見せてくれるものと確信していますので、3年生の保護者には、3密を避けながら応援していただけると幸いです。 校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No90(R2.9.12)美化活動

ここ数日出張が続いていて学校にいる時間が短く、生徒の様子も気になっていました。先週10日(木)には3年生人間科学類型の課題研究発表会がありましたが、研究テーマを見ただけでも聴きたいなあ~と思うものがあり残念でした。後日、担当者から内容を含めて報告を受ける予定で、大変楽しみにしています。

さて、本日は土曜日ですが、育友会主催で学校周辺(校舎内含む)の通学路を中心に美化活動をしていただきました。(育友会からの報告は後日)

多数の保護者にご参加いただくとともに、生徒会役員はじめ運動部、文化部の生徒も沢山参加してくれ、見違えるほど綺麗になりました。暑い中参加していたただいた方々にお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

さて、昨日、兵庫県普通科高等学校長会の総会・研究協議会に参加してきましたが、午後の講演講師は、元東京千代田区麹町中学校長(現、横浜創英中学・高等学校長)の工藤勇一先生でした。

宿題や定期考査を全廃、固定担任制の廃止、服装頭髪指導の廃止など「学校の当たり前をやめ」独自の学校経営で大きな成果を上げられた校長先生ですので、90分の講演時間があっという間に終了してしまいました。

日本の教育制度自体に切り込むような壮大な内容のお話に圧倒されましたし、すぐに北三に活かせるか?よく考えないといけないと思っています。その中で、①手をかければかけるほど生徒は自律できなくなり、自分がうまくいかないことを誰かのせいにするようになる⇒自分できめる習慣をつける必要がある。⇒3年間「勉強しなさいと言わない」②学び方の習得が大切⇒聞く、調べることが大切③良い学校をつくるには、本物の最上位の目標を職員が共有することが大切⇒全員が当事者になって議論することが大切。等々、その他にも沢山の視点、観点でお話をいただきましたので、職員、生徒とともに今後の北三に活かせるようにしていければと思っています。 校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No89(R2.8.31)明日から9月

3月段階での年間行事計画では、8月31日(月)今日が夏休み開けの全校集会の予定でした。新型コロナによって予定は大幅に変更され、1週間前に授業を再開し、9月末までの前期後半に向けて、生徒は暑い中、よく頑張っています。9月の行事予定は、10日(木)に3年人間科学類型の校内課題研究発表会。17日(木)北摂祭「体育の部」予行(半日)。19日(土)午後第1回オープンハイスクールと人間科学類型説明会。25日(金)北摂祭「体育の部」と、多くの行事を実施する予定で準備を進めています。

 ただし、各行事とも十分な感染防止対策をとるために実施方法を検討中です。例えば、19日のオープンハイスクールについては、昨日までの申込者がかなり多くなっていますので、体育館以外の会場を設けて3密を避ける方法を検討しています。また北摂祭「体育の部」についても、生徒、保護者の3密対策を十分にしたうえで開催できるようテントの追加、保護者席の追加などの準備を進めていますので、ご理解ご協力をお願い致します。

 さて、暑い暑い8月でしたが、先日29日(土)に育友会主催の進路セミナーがウッディタウン市民センターで開催されましたので、出席させていただきました。

酷暑の中、座席の間隔を十分にとったうえで、1年から3年まで100名近い保護者にご参加いただき、無事に終了することができました。研修部はじめ育友会役員の方々には、大変お世話になりました。ありがとうございました。 校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No88(R2.8.29)土曜学習会

8月が残りすくなってきても本当に残暑がきびしく、外に出るのが辛い毎日が続いています。そんな中、3年生に自学自習の機会を提供するため、本日から年末まで約10回(10日)、土曜日に教室を開放しています。と同時に、卒業生が質問に答えてくれたり、受験についてのアドバイスをするため、来校してくれています。

今日は32回生5名と31回生1名が来てくれ、3年生の質問に丁寧に答えてくれていますが、この学習会を開催するにあたり、本校同窓会(宇野会長)に多大なるご支援とご協力をいただています。「北三生のためになることなら、何でも協力しますよ」と宇野同窓会長にはお言葉をいただいています。まだ1回目で、3年生も質問することを遠慮しているようですが、身近な先輩の経験、特に昨年受験した32回生の体験は、3年生にとって大変貴重なものだと思います。有意義な時間にしてくれることを期待しています。

 さて、昨日も神戸(県庁)に出張し、阪急神戸三宮駅から県庁に向かって歩いていると、以前県庁に勤めていた頃(15年間)通っていた道沿いの店舗が沢山閉っていて、違和感を覚えました。

張り紙には「コロナの影響もあり、閉店することとなりました。」と書いてありました。学校も大変ですが、多くの飲食店が苦しい経営になっていることを目の当たりにして、社会全体、国民全体でこの危機を乗り切るようにしなければ・・・との思いを強くしました。校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No87(R2.8.24)夏休み明け

約3週間という短い夏休みが終了し、今日から授業が再開されました。最初に私から「限られた時間を大切に使うこと」「3密対策を各自で実施すること」などを校内放送で全生徒に伝えました。その後、先日の選挙で選ばれた生徒会長、副会長の認証式、表彰披露、生徒指導部長の講話を行い、午後にかけて1,2年生は課題考査、3年生は授業を行います。

まだまだ酷暑が続いている中での授業再開ですので、空調が整備されていない選択教室や特別教室に扇風機を購入して数台ずつ配置しました。

扇風機が入っても学習環境が決して良いとは言えませんが、少しでも生徒や先生方の暑さ対策に寄与できればと思っています。

さて、昨日、神戸の方での仕事が入ったので、途中、陸上競技部の試合を覗いてきました。3日間の県新人大会ですが、1,2年男女合わせて3名が優勝し、近畿大会出場を決めるなど、日頃の練習の成果を存分に発揮していて、大変、頼もしく感じました。

競技場に入る前には、補助員の高校生が検温をしてくれ、各自で手指の消毒を行なったうえで会場に入りましたが、運営している先生方も今までとは違う準備、対応をされていて大変だろうなと思いました。

暑い中、その他の競技でも対策をとりながら試合(新人大会)が開催されていて、男子テニス部も県大会の結果、9月に実施予定の近畿大会への出場を決めています。(広報担当から詳しく報告があるかもしれません)。まだまだ、これから実施される競技もありますし、文化部も11月実施予定の県総合文化祭にむけて、これから頑張ってくれるものと期待しています。 校長 廣瀬雅樹