北三校長室から」カテゴリーアーカイブ

「北三 校長室から」No39(R1.10.16)がんばろう日本2

本日は午前中で授業は終了し、明日から始まる10月考査に備えることとなっています。考査は休日を挟みながら来週の23日(水)まで実施されますが、朝夕めっきり涼しくなってきましたので、体調管理をしっかりとして考査に臨んでほしいと思います。

さて、昨日も書きましたが、台風19号の被害状況が未だにつかめず、日ごとに増大しています。報告が届いていない地域もあり、さらに被害は拡大する見通しになっています。私たちにできることはないのか?考査終了後に職員、生徒と相談したいと思っています。

そんな中、「被災した方々のエールになれば・・・」「自分たちの頑張る姿を見て、少しでも元気が出れば・・・」との思いで必死になって世界と戦っているスポーツ選手が数多くいます。その一つであるラグビーW杯のジャパンは、史上初のベスト8を懸けて台風通過直後の13日(日)にスコットランドと対戦しました。私も横浜に行きましたが、被災地へ「頑張れ!皆が応援しているから・・」の思いも乗せて6万7千人のサポーターがジャパンに声援を送っていました。

 会場前        試合前                 黙祷後の国歌斉唱   試合終了後

日本が勝利した瞬間、隣や前後の誰とも知らない人たちが皆ハイタッチを交わし、涙する人も数多くおられました。「ニッポン」コールが鳴り響き、心(人の思い)が一つになれたように感じるとともに、スポーツのもつ力、人に感動、元気、勇気を与えられることを改めて実感した瞬間でもありました。高3の息子2人も一緒に観戦しましたが、「一生忘れない」感動を味わったようです。昨日はサッカー日本代表がワールドカップアジア2次予選の試合に臨み、見事に勝ちましたが、監督、選手からは「被災された方々のために・・・」というコメントがいくつも発信されています。私たち一人一人が、今できること、今後できることを考え、心を一つにして寄り添うことを忘れないでやっていきたいと思います。 校長 廣瀬雅樹

 

「北三 校長室から」No38(R1.10.15)がんばろう日本

三連休初日の12日(土)から13日(日)にかけて日本列島を縦断した台風19号によって全国で60名以上の方の尊い命が奪われ、未だ行方不明の方が10名以上おられます。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。また、東日本を中心に各地で河川が氾濫し、日を追うごとに被害が拡大する中で避難所生活を余儀なくされている方、家が水害によって破壊されてしまった方々の数が、どんどん増えています。

25年前、阪神淡路大震災のとき「がんばろうKOBE」を合い言葉に国内外の多くの方々からの暖かいご支援を得て兵庫県が復興し、東日本大震災のときにも「がんばろうニッポン」の思いを胸に、全国の人々が助け合って復興に取り組んできました。大きな災害が発生したとき、苦しいときこそ日本全国の人々が「がんばろう日本」の思いをもって、一人一人ができることで助け合うことが大切だと思っています。被災地の一刻も早い復旧、復興を祈るばかりです。

さて、本校の様子ですが、12日にも事務長先生が校内の様子を確認してくれていましたが、先ほど再度校内を点検してきました。

    

   ネット、ゴールは連休前に倒しています。

大きな被害はありません。今後とも防災、減災の意識を常にもって学校の施設設備を管理していきたいと思っています。 校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No37(R1.10.7)秋本番

後期がスタート(10/1始業式)して1週間が過ぎました。朝夕、すっかり涼しくなり秋本番というところでしょうか?そんな中、沖縄をはじめ東京などでもインフルエンザが流行しているようです。例年より随分早い兆候を見せているので、3年生は受験前に予防接種を受けるようにしてほしいと思っています。我が家にも受験生(高3の息子)がいますので、親子ともども予防接種の予約を入れています。

さて、9月27日から茨城県で秋季国民体育大会が開催されているので、先週末から昨日まで兵庫県選手団の激励に行ってきました。現在、天皇杯(男女総合)は苦戦しいていますが、皇后杯(女子総合)は8位入賞以内をキープしてあと残り2日となっています。

 会場前   弓道競技  陸上競技

陸上競技では本校の西田先生が県の強化コーチとして参加し、選手の健康管理から競技中の応援、表彰式の写真撮影と大いに活躍してくれています。

 あと2日頑張れ!    宇宙センターのロケット

また、30年ぶりにつくば(大学付近)に行ってみると、すっかり町並みが変わってしまっていて驚きました。大学の近くに宇宙センター?なる研究所があり、宿泊ホテルからロケットが見えるので思わず写真に撮ってしまいました。時代の流れを感じるとともに新しいことに挑戦する意欲も湧いてきました。 校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No36(R1.9.24)前期終了

この3連休も台風17号の影響が大きく、兵庫県内も昨日の朝は警報が発令され、交通機関の乱れも起こっていました。九州、北陸地方では突風(竜巻)や集中豪雨の被害が発生するなど、台風15号の爪痕が残っている地域を含めて今日も天気が心配されています。被災された方々の一刻も早い復旧を祈っています。

台風の影響が心配されたこの3連休中も多くの中学校で体育大会(祭)が行われていたので、本校にたくさんの卒業生を送っていただいている中学校の体育大会にお邪魔してきました。

  

台風の影響で午前中は小雨が降っていましたが、どの演技(種目)も素晴らしいものでした。特に3年生の学年演技には保護者や地域の方々から一段と大きな拍手が送られていました。

さて、本校は2学期制ですので今週末9月27日(金)で前期が終了します。その前日、明後日26日(木)に北摂祭体育の部を実施しますので、今週が区切りの1週間ということになります。生徒の皆さんにとっては長い前期だったかも知れませんが、来週(10月1日)から切り替えて、気持ちも新たに後期に取組んでほしいと思います。その切り替えを上手に行うためにも、体育の部で全力を出し切ってほしいと思います。 校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No35(R1.9.19)体育の部予行

本日、北摂祭「体育の部」予行を秋晴れのもと、無事に終了することができました。風が強くテントが飛ばされそうになったので、一部のテントを折りたたんで事故防止を図りましたが、大きな怪我なく予定とおりに進行できました。これも昨日の放課後と本日の早朝から準備をしてくれた運動部員、放送部員、生徒会役員、またそれぞれの生徒をご指導していただいた先生方のおかげです。本当にありがとうございました。

 昨日の準備の様子です。

 入退場  リレー予選  綱引き予選

 大縄跳び2年  大縄跳び3年

1週間後26日(木)が「体育の部」本番です。3年生にとっては最後の「体育の部」ですので、思いっきり体を動かし、クラスの仲間との思い出をいっぱい作ってほしいと思います。校長 廣瀬

「北三 校長室から」No34(R1.9.17)秋の気配

9月には3連休(土、日、月祝)が2回ありますが、その1回目が終わりました。千葉県では台風15号の影響が1週間以上経過してもまだ残っており、未だに約6万4000軒が停電していて、今日から小学校が再開しても給食が作れないので、午前中で授業を終了する地域もあります。日常生活にも大きな影響が出ていることが心配されますので、一刻も早い復旧を祈るばかりです。

さて、この3連休の初日(14日)は三田市内8つの中学校で体育大会が行われていたので、教頭先生と手分けして各校の様子を見させていただきました。どの中学校もブロック別の対抗得点で競うことだけではなく、生徒が楽しめる演技(種目)を工夫されているように感じました。

   各校とも多くのテントが並んでいます。

また、保護者をはじめ多くの地域の方々が、日中は大変暑かったですが、応援に来られていました。本校も今週19日(木)が予行、来週26日(木)が体育大会です。今日は風が爽やかで、日陰にいると屋外でも快適に過ごせるようになってきていて、ようやく季節が秋になってきたのかな・・・と思います。とは言っても、まだまだ熱中症には気をつける必要もありますので、生徒の健康・安全第一で体育大会を実施する準備をしたいと思います。 校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No33(R1.9.11)北摂祭「体育の部」

ここ数日の残暑は9月としては記録的な猛暑であると言われています。本当に暑いですが、そんな中、放課後になるとグラウンドから大きなかけ声が聞こえてくるので観てみると、多くの生徒がクラスごとに集まって、「大縄跳び」や「むかで競走」の練習をしていました。

  

これまで5月実施の北摂祭「文化の部」のあとすぐに「体育の部」として実施していたものを、今年は切り離して9月26日(木)に行うこととなったので、今が準備、練習の時期となったようです。気持ちを一つにしないと連続して跳ぶこと、前に進むことはできません。当日までにクラスが一つになって、数多く跳べるようになっていくことを期待します。 校長 廣瀬雅樹

 

「北三 校長室から」No32(R1.9.9)残暑

9月第2週に入っても気温が33度を超え、関東は明朝台風15号の直撃をうけ、大きな被害が出ているとともに交通機関に大きな影響が出ています。水曜日頃まで残暑が厳しい予報が出ていますので、生徒の健康管理に十分気をつけたいと思っています。

さて、先週金曜日には「県普通科高等学校長会(神戸市総合教育センター)」、土曜日には本校育友会主催の「進路セミナー(ウッデイタウン市民センター)」が開催されましたので参加してきました。(詳しくは後日報告されます)

 校長会  進路セミナー

両方とも講演、話の中心は「新しい大学入学共通テスト」でしたが、校長会で講演いただいた大谷大学 荒瀬克己 教授のお話は興味深く聞かせていただきました。荒瀬教授は元京都市立堀川高等学校の校長を9年務められ「奇跡と呼ばれた学校」また「堀川高校の奇跡」などと言われるほどの改革を進め、進学実績を飛躍的に向上させた校長先生として有名です。現在は文部科学省が設置した多くのワーキンググループの委員をされており、とりわけ「大学入学共通テスト検討・準備グループ」に携わっておられ、本音のお話をしていただきました。その中で①答えの明らかな問題はAIが教える時代がくるが、心に残る言葉を生徒に伝えるとか、文脈からさまざまな心情を読み取ることは人間(先生)にしかできない仕事である。②文科省では、「局(初等中等教育局など)あって省なし」といわれるぐらい担当の仕事しか理解していない。縦割り行政の典型であるが、全体を見て、目標、課題をみないと個々もよくならない。など、本校でも取り入れたい内容も多々ありましたので、大いに参考にさせていただきたいと思っています。 校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No31(R1.8.29)留学生

夏休みが終了し、今日から生徒は登校しています。最初に全校集会を行い、私からは「固定観念を捨てる」=「物事を多面的に観る」ことについて話をしました。今までやってきたことがベストなの?今まではこうしてきたけど時代やニーズに合っているの?このやり方で本当に良いの?等、自分で日々の生活を振り返って自分で考えてほしいと思っています。その他には表彰状伝達や全国大会報告等を行いました。(広報担当から詳しく報告があります)

そして今日から3名の留学生(オーストラリア姉妹校から2名、アジアの架け橋プロジェクトでトルコから1名)が本校にやってきました。校長室に挨拶に来てくれましたので、いろいろと話をしましたが、3人とも日本が大好き、日本のことを勉強したいと意欲満々です。

 (左:マデイソンさん、中:ゼイネップさん、右:ミレイさん)

自転車通学のリスクを考慮するとなかなか自転車での通学が厳しく、時間的な制約が大きいのですが、皆と仲良く、そして北三で貴重な経験をしてほしいと思います。 校長 廣瀬雅樹

 

「北三 校長室から」No30(R1.8.27)心機一転

すっかり秋らしくなって今日はクーラーも扇風機も使用しなくても仕事ができています。夏休みもあと2日、29日(木)から学校再開です。各運動部もそれぞれ頑張っており、今日は野球部が県大会出場を目指して、10人という少ない部員数ですが敗者復活4回戦に挑んでいます。

また、校内でも学校が始まるまでに様々な環境整備に心機一転取組んでいます。以前お知らせした柔道場の補修も、本日、最終の畳入れ替え工事をしています。

  今までとは全く違う色合いになるようです。

また、食堂業者が変更になることを契機として、自販機の設置位置を体育館外(玄関脇)に移動させることとし、順次設置をしています。

 あと3台、設置することとなっています。

生徒にとって学校生活がより充実したものになるよう今後とも環境整備に取組んでいきます。長いようで終わってしまう夏休み明けが心配ですが、生徒全員が元気に登校してくれることを期待しています。 校長 廣瀬雅樹