委員会活動」カテゴリーアーカイブ

使い捨てコンタクトレンズケース初年度回収結果とご協力へのお礼

令和元年度後期より、ボランティア委員会の新たな取り組みとして、使い捨てコンタクトレンズケースの回収を始めました。ボランティア委員の呼びかけに、生徒・教職員のみなさんからたくさんご協力をいただき、設置から4ヶ月で回収ボックスがいっぱいになりました。みなさま、ありがとうございました。

2月中旬に、2年生のボランティア委員により、回収ボックスの袋交換を行い、回収分はアイシティへ送付しました。回収されたケースは再生ポリプロピレンに再資源化され、さまざまな製品に生まれ変わります。ケースのリサイクルによって発生する収益は。全額日本アイバンク協会に寄付されます。

3月中旬に、アイシティより感謝状が届きました。みなさま、今後ともご協力よろしくお願いします。

北三ビブリオバトル

図書委員企画「北三ビブリオバトル」を開催しました。

12/23(月)、 お昼休みを利用して、図書委員企画「北三ビブリオバトル」を行いました。公式ルールを基に、発表は3分間にするなど本校向けにアレンジしたルールを適用しました。司会・進行は委員長、副委員長にお願いしました。バトラーは1・2年生の図書委員より4名、教員より2名の計6名です。図書委員は図書室でお弁当を食べながら、発表に耳を傾けました。たくさんの先生方に観覧いただき、3年生も応援に駆けつけてくれて、よい時間が過ごせました。

チャンプ本は、2年生が紹介した絵本でした。

「聞いていて場面がうかんだ」という声が寄せられました。

 

準チャンプは1年生

「人恋しい季節におすすめの作品です」というキャッチフレーズが、

聞いている生徒の心に残りました。

 

緊張しながらも、丁寧に3分間話しました。

 

 

熱が入り、時間が超過してしまいました。

 

スティーブ・ジョブズを意識した衣装で登場!

 

集計をしているところ

 

教頭先生より講評をいただきました。

 

バトラーのみなさん、図書委員さん、先生方

ありがとうございました。

 

学校保健委員会開催

12月11日(水)午後、学校保健委員会を開催しました。学校医の先生方や育友会の方々にお越しいただき、今年度の学校保健に関わる報告や各学年の様子の報告、校医の先生からの指導助言などが行われました。

校医の先生方、育友会の方々、職員が一堂に会する機会はなかなかないので、とても貴重な時間でした。兵庫県では学校保健委員会の2回以上の開催が推奨されていたりと来年度以降の学校保健委員会の在り方について検討が必要な時期であると感じています。

お忙しい時期にも関わらず参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

使い捨てコンタクトレンズケース回収ボックスの設置

後期より、ボランティア委員会の新たな取り組みとして、使い捨てコンタクトレンズケースの回収を始めることになりました。

この取り組みは「コンタクトのアイシティecoプロジェクト」というリサイクル活動です。 使い捨てコンタクトレンズの空ケースは、メーカー問わずすべてポリプロピレンという素材で作られており、非常にリサイクルに適しています。回収されたケースは再生ポリプロピレンに再資源化され、さまざまな製品に生まれ変わります。ケースのリサイクルによって発生する収益は。全額日本アイバンク協会に寄付されます。

10月25日(金)に、2年生のボランティア委員により、昇降口の生徒会ホワイトボード横に回収ボックスが設置されました。みなさま、ご協力よろしくお願いします。