未分類」カテゴリーアーカイブ

女子硬式テニス部日誌「神戸支部秋季リーグ戦」

令和元年11月4日(月)滝川第二高校にて、神戸支部秋季リーグ戦 女子3部が行われました。須磨翔風高校、星陵高校、滝川第二高校、北摂三田高校の4校による総当たりのリーグ戦形式で実施されました。試合形式は、シングルス3本、ダブルス2本の計5本勝負となります。



本校の最初の対戦は、須磨翔風高校でした。10月27日(日)に実施された公立団体戦では、0勝5敗で大敗した相手で、文字通りリベンジマッチとなりました。シングルス1の松岡さんは前回も当たっている選手との対戦です。5-4アップでもう一息のところでしたが、そこから逆転され5-7で負けてしまいました。続いてダブルス1は、前回出場したペアと少し変えて作本さんと阿部さんのペアでのぞみました。この試合を勝ち切る事ができ、更に川岸さんが前回負けた相手に勝つ事ができ、ダブルス2とシングルス3に勝負が持ち越される事になりました。シングルス3の瀬戸さんは、1年生でこの重責を担う事となり、大変なプレッシャーの中での戦いとなりましたが、相手選手の粘りにより、負けてしまいました。ダブルス2の高階・立花ペアに勝負が持ち越されましたが、本当に接戦でタイブレークの末何とか勝ち切る事ができました。この1勝は、本当に大きな1勝だったと思います。

続く星陵高校との戦いは、シングルス1の松岡さんとシングルス2の川岸さんが、負けてしまう波乱のスタートとなりました。ここでもダブルス1の作本・阿部ペア、ダブルス2の高階・立花ペア、シングルス3の瀬戸さんが辛くも勝ち、ここも3勝2敗で勝つ事ができました。

最後の滝川第二高校との戦いは、ダブルス1の作本・阿部ペアが惜しくも敗退してしまいましたが、シングルス1の松岡さん、シングルス2の川岸さん、ダブルス2の高階・立花ペア、シングルス3の瀬戸さんが何とか勝ち、4勝1敗で勝つ事ができました。



結果、3勝0敗で3部優勝を果たす事ができました。次は、2部4位校との入れ替え戦です。しっかり準備して臨みたいと思います。
今回の大会は、どの試合もかなりの接戦で勝っても負けてもおかしくない試合ばかりでした。そんな中、何とかその接戦をモノにできたのは、個の力ではなくチームの力のおかげだと思います。審判やボーラー、応援も含め、全員が全力で臨んだ試合でなければ、この結果にはならなかったと思います。本当にみなさんお疲れさまでした。



最後に、会場を運営してくださった滝川第二高校の選手や監督の先生、送迎して下さったバスの運転手さん、応援に駆けつけて下さったたくさんの保護者の方々、本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。

女子サッカー部 関西高等学校女子サッカーリーグ

11月2日(土)・4日(月)に関西高等学校女子サッカーリーグの2試合を行いました。

11月2日(土) 会場:三田祥雲館高校

第3節 北摂三田 0-2 和歌山北

前半で2失点し、後半は最後まであきらめずに攻めましたが、得点することができませんでした。

11月4日(月) 会場:三田西陵高校

第4節 北摂三田 2-1 三田祥雲館

先制されて苦しい展開でしたが、自分たちのプレーを見失わず逆転で勝利することができました。

 

33回生 第3回ボキャリンピック

令和元年11月18日(月)6限 LHRにて、第3回ボキャリンピックが開催されました。これまでの英単語小テストの範囲全ての中から出題される英単語のテストを行い、学年で順位を競います。




25分間のテストを終え、隣同士で相互採点を行いました。その際、別解の問い合わせがある場合は、踊り場に控えている英語科の先生に問い合わせ、その内容を全クラスのプロジェクタに映し出す形で対応しました。
今回の結果は、年末に表彰という形でお知らせしたいと思います。次は、3月頃に第4回ボキャリンピックを予定したいと思います。おそらくそれが、最後のボキャリンピックとなるでしょう。次も頑張って下さいね!!

33回生人間科学「関学リサーチフェア」

令和元年11月15日(金)関西学院大学神戸三田キャンパスにて、リサーチフェアが実施され、本校から5名の生徒が参加しました。2限まで授業を受け、3限以降公欠し、関学へ向かいました。

ポスターの準備と食事を済ませた後、少し時間があったので、関西学院大学の学生がやっているドローンを使った発表を見せて頂きました。ドローンの操作もさせてもらい、とても興味深い楽しい発表でした。




14時10分からいよいよポスター発表が始まりました。祥雲館の生徒が多数、リサーチフェアに見学に来ていた事もあり、想像以上の混雑ぶりでした。関学の大学生や先生、柏原高校や祥雲館の生徒や先生など、たくさんの人に発表を見て頂き、質問して頂き、そしてアドバイスをもらいました。


「食品ロス削減戦隊ビゴン」(土口さん)


「外国人在留者の住みやすいセクションに向けて」(天井くん)


「メイクセラピーによる自己肯定感の上昇」(永吉さん)


「日本の経済格差の解決策の提案」(西山くん)


「高齢者が働きやすい街へ」(森くん)


ほぼ1時間喋りっぱなしとなり、終わった後はみんなへとへとでした。しかし手応えと共に、これからの研究の新たな展望への道筋も発見できたようで、とても有意義な発表会になりました。3年7月の最終発表会までまだまだ期間があります。現状の発表内容もまだまだ研究の途中経過に過ぎません。ここでの経験を糧に更に良い内容になるように研究を深めていきましょう!!



最後に、発表を聞いて下さったたくさんの学生の皆さんや先生方、ありがとうございました。今回の発表で気づいた事を活かして、今後の研究を深めていきたいと思います。そして、天井くん、土口さん、永吉さん、西山くん、森くん、発表本当にお疲れさまでした。今後の研究も頑張って下さい!!

33回生 人間科学「活動報告(フィールドワーク)」

令和元年9月30日(月)食品ロスについて研究をしている生徒が、「NPO法人 日本もったいない食品センター」にフィールドワークに行ってきました。こちらの法人は、賞味期限の切れた食品の販売等を行っており、同時に賞味期限の設定方法が抱える問題点、消費期限と賞味期限の違い等についての啓蒙活動を行うなど、食品ロスの削減や貧困層への提供等に貢献している団体です。
大阪に拠点を構えており、少し遠出となりましたが、とても有意義なお話しを伺う事ができました。今後は、子ども食堂やクリーンセンターにもフィールドワークに伺いたいと思っています。

NPO法人 もったいない食品センター




令和元年11月1日(金)メイクセラピーによる自己肯定感の向上について研究している生徒が、武庫が丘コミュニティセンターで行われている水彩画教室に、「NPO法人美メイク・アクトレス」から起こし頂いた2名のメイクセラピストと共にお邪魔し、メイクセラピーを施術する活動を行いました。本校生徒も、ハンドマッサージのやり方を教えてもらい、水彩画教室の生徒さんに実施させてもらいました。
水彩画教室の生徒さん方がメイクをしていく中で、メイクしている人もしていない周りの人もとても明るい雰囲気になっている事に驚きました。メイクセラピストさんによれば、メイクによる外見の変化もそうですが、メイクを通した触れ合いやコミュニケーションがとても重要な要素なのだと教えてもらいました。

NPO法人美メイク・アクトレス




今後、外部発表の機会も増えてきますが、こうした学校の枠を超えた場所で、様々な研究のヒントを頂ける事は本当にあり難い事だと思います。これからもたくさんの方々のご協力をいただきながら、よい課題研究になるよう努力していきたいと思います。

女子硬式テニス部日誌「伊丹西高校・三田西陵高校練習試合」

令和元年9月29日(日)午前より、団体戦メンバーが伊丹西高校にて練習試合を行いました。10月5日(土)に実施予定の新人戦団体戦に向けた最後の練習試合となります。本校の松岡さんが、手首を痛めており、この日の試合自体は回避することとなりましたが、団体戦の形式でいくつかのパターンを試させてもらいました。今後の団体戦シーズンの事を考えると、とても意義のなる練習試合となりました。



伊丹西高校は、比較的頻繁に練習試合をしたり、合宿も合同で行うなど、互いに切磋琢磨してきた学校です。実力も拮抗しており、勝つにせよ負けるにせよ、どの試合も接戦となりました。とても中身の濃い意味のある練習試合となりました。ここで気づいた事を明日からの練習試合に必ずいかせるようにしていきたいと思います。

午後より、本校テニスコートにて、団体戦メンバー以外の選手たちが、三田西陵高校と練習試合を行いました。団体戦メンバー以外との練習試合という事で、大変恐縮な練習試合のお願いを快く引き受けてくれた事に感謝したいと思います。ここでも、たくさんの試合を行う事ができ、三田市総体のシングルスに向けた課題を持ち帰る事のできた、とても意義のある練習試合になりました。

どちらの練習試合も、相手校の選手や顧問の先生の協力によって実施する事ができました。本当に感謝したいと思います。今後も切磋琢磨できる関係でいられるよう、精進していきたいと思います。今後もよろしくお願いします。

女子硬式テニス部日誌「兵庫高校入れ替え戦」

令和元年9月28日(土)兵庫高校にて、夏季神戸市部リーグ3-4部入れ替え戦が行われました。本校は、夏季リーグ戦にて4部で優勝したので、3部4位だった兵庫高校と入れ替え戦をし、勝つ事ができれば、3部に昇格する事ができます。




兵庫高校のシングルス1は、夏の新人戦で本戦に勝ち上がった選手です。本校の松岡さんが、対戦し、6-2で勝つ事ができました。序盤からペースを掴む事ができたのが、勝因だったと思います。
ダブルス1は、松本・堀ペアが出場しましたが、ここは惜しくも負けてしまいました。シングルス2の川岸さんは、左利きでクセのあるサーブと組み立てに調子を上げる事ができず、接戦に持ち込んだものの、ここも惜しくも負けてしまいました。
ダブルス2の高階・立花ペアは、序盤からペースを掴み勝利、勝負の行方は瀬戸さんのシングルス3に託される事となりました。
瀬戸さんは1年生ながら、気持ちを維持し、接戦をものにして何とか勝ち切る事ができました。



結果、3勝2敗で、本校が勝ち、3部に昇格する事ができました。おめでとうございます!!

苦しい戦いとなりましたが、全員でここまで頑張ってきた事が報われたように思います。試合に出なかった選手たちも、審判やボーラー、そして応援に全力を尽くし、文字通り総力戦で勝つ事のできた団体戦だったと思います。次は、10月5日(土)の新人戦団体戦です。全力で戦えるよう、準備したいと思います。




団体戦終了後、相手校の顧問の先生のはからいで、1コート貸していただき、1年生を中心に1時間ほど練習させて頂きました。ありがとうございました。

また、今回も保護者の方が応援に駆けつけてくれました。これからも応援してもらえるよう、精進していきます。今後とも応援よろしくお願いします。

女子硬式テニス部日誌「須磨学園練習試合」

令和元年9月15日(日)本校のコート6面を使って、須磨学園と練習試合を行いました。須磨学園は、神戸支部リーグ戦で、一部に所属する強豪校です。

本校にとっては、9月21日に実施される夏季ジュニアの本戦、9月28日(土)に実施予定の神戸支部リーグ戦の3-4部入れ替え戦に向けた、練習試合となりました。



団体戦を想定した練習試合としては、多くの収穫を得る事ができました。シングルスで、団体戦のメンバーが善戦した事もそうですが、試合を重ねるごとにダブルスの連携がよくなってきており、もう一息というところに来ているように思います。
接戦が多く、選手にとっては本当に学びの多い練習試合になったと思います。また試合内容だけでなく、須磨学園のチームの雰囲気も良く、本校の選手にも刺激になったと思います。
須磨学園の選手の皆さん、顧問の先生、遠いところからわざわざお越しいただきありがとうございました。



最後に、9月14日(土)の練習に30回生のOGが参加して下さいました。差し入れももってきてくれて、とてもうれしかったです。本当にありがとうございました。ぜひ、また遊びに来て下さい!!これからも応援よろしくお願いします!!

女子硬式テニス部日誌「夏季ジュニアテニス選手権大会」

令和元年8月31日、9月1日、9月7日に夏季ジュニアテニス選手権大会個人戦シングルス及びダブルスが実施されました。



各会場の試合の様子


本校会場では、予選17ブロックの瀬戸さん、中田さん、予選34ブロックの松岡さん、作本さんが試合をしました。
17ブロックは、中田さんが粘り強いラリーで1Rを勝利しましたが、2Rで第一シードの園田の選手とあたり、敗退してしまいました。瀬戸さんは、このブロックの第3シードで出場しました。第2シードの選手が初戦で敗退する波乱のブロックとなりましたが、第2シードを倒した舞子高校の選手を倒し、決勝に進出しました。決勝では、中田さんを倒した園田の選手との戦いになりましたが、1-6で敗退してしまいました。
34ブロックは、作本さんが1Rで西宮東高校の選手に敗退してしまいました。序盤に調子が出ず、試合に臨む前の姿勢に課題を残す形となりました。このブロックは、松岡さんが第1シードで出場しました。松岡さんは、順調に勝ち進み、決勝では第2シードの園田の選手と対戦しました。序盤拮抗したポイントが続きましたが、中盤から少しずつペースを掴み、6-2で勝利し、本戦出場を決めました。松岡さんおめでとうございます。



本校会場の試合の様子


この大会は、新人戦よりも本戦に勝ち上がりにくいレベルの高い大会だったので苦戦が予想されましたが、何とか松岡さんが本戦への出場を決めました。本戦は、9月21日から始まります。次のステップに向けて、さらなるレベルアップを期待します。



大会前後に天気が崩れた事もあり、どの会場もコート整備などをして、何とか大会が実施できるように準備して下さいました。当日の大会運営を含め、本当に有難い事だと思います。大会運営をして下さる学校の方々やいつも応援に駆けつけて下さる保護者の方々への感謝の気持ちを忘れずに、これからも精進していきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。

女子硬式テニス部日誌「市立西宮高校練習試合」

令和元年8月26日(月)本校にて、市立西宮高校と練習試合を行いました。前夜に雨が降ったため、11時半に集合し、整備をしてからの練習試合となりました。午前中に男子が水を取っていてくれたので、スムーズに整備に入る事ができ、無事13:10くらいから練習試合を始める事ができました。
市立西宮高校は、新人戦でも本戦選手を複数抱える層の厚い強いチームです。夏休みの総決算として、夏季ジュニア前の最終確認として、願ってもない相手と練習試合をする事ができました。



やはり19人で練習試合をするとなると、半日で一人当たりダブルス1試合、シングルス1~2試合程度しかこなす事ができませんでした。その分、1試合にかける価値を十分に高め、試合前の準備のあり方から、考える機会になったと思います。

市立西宮高校は強いだけでなく、礼儀正しさやボーラーの動きなど、試合以外の場面でもとても質の高さを感じるチームでした。テニスの技術的な部分はもちろん、そういった試合以外の在り様も、本校選手たちには取り入れていって欲しいと思います。今後もお互いに切磋琢磨できる関係でいられるよう、精進していきたいと思います。

最後に、遠くまで来ていただいた市立西宮高校のみなさん、ありがとうございました。