未分類」カテゴリーアーカイブ

「北三 校長室から」No79(R2.7.3)驚きと警戒

ここ数日は梅雨らしい天気が続いていて、今日も雨がしとしとと降っています。先日は夕方に暴風警報が発令されましたが、明日にかけて天気が荒れるような予報も出ています。3年生は明日、明後日と模試がありますが、天気情報をしっかりと確認して登校してください。

 さて、昨夜、育友会 令和2年度 第1回育友会正副部長会と第3回教育振興会役員会が開催されましたので出席させていただき、学校の様子などをお話させていただきました。お忙しい中、先日、本ブログで就任のご挨拶をいただいた 林 新会長様はじめ、新役員の皆様に熱心にご審議をいただき、令和2年度が無事にスタートできました。予測が大変難しい1年になりそうですが、よろしくお願いいたします。

 ところで、ここ2日間とも神戸の方に出張だったので、久しぶりに神戸電鉄を利用してみて、大変驚きました。

帰りに県庁前から市営地下鉄にのって谷上駅に到着。料金が安くなっていることは知っていたのですが、三田行きの神戸電鉄に乗り換えようと思っていたら、周りの人たちがとなりに停車していた地下鉄車両に全員乗り込む?「なんで・・・」と思いながらついて行くと、車両を通り越して神戸電鉄ホームに出ることができました。階段を下って、上ることを考えると随分と楽で、大変、驚きました。何でも固定観念に縛られると身動きがとれなくなることがありますので、柔軟な発想で物事を考えたいと思います。 

また、上の写真は出張先の建物入口です。見えにくいのですが、入ってすぐの所にサーモセンサーが設置されていて、入館者の体温チェックを自動的に行っていました。東京では昨日107名、そして今日は120名以上の新規感染者が確認されたと報道されています。東京に隣接した県やその他にも久しく感染者が出ていなかった県でも新たな感染者が確認されています。まだまだ油断大敵ですので、気を緩めること無く安全、安心第一で学校運営していきます。  校長 廣瀬雅樹

女子硬式テニス部日誌「33回生引退式」

令和2年6月21日(日)、女子硬式テニス部の引退式を行いました。新型コロナウィルスに伴う休校で、3月の春季ジュニアテニス選手権大会、5月の総合体育大会が前代未聞の大会中止となり、引退試合を失っての引退になってしまいました。

6月の分散登校の時期から部分的に部活動が再開され、その制限は少しずつ緩和されていきました。そして現段階で一定レベルでの活動が可能となりました。そこで話し合いの結果、3年生6名は顧問とシングルスの試合を1セットずつ行い、その試合を持って引退する事にしました。6月の分散登校時からの3年生は、顧問を倒すことを目標に練習に取り組む事になりました。

そして6月21日当日、梅雨の時期であるにも関わらず、3年生にとっての最後の試合は、快晴の中で行うことができました。試合の結果は内緒です。

全試合を終えて、更衣を済ませたのち、場所を情報教室に移して、引退式及び幹部の引継ぎを行いました。2年生は、この準備のために練習前に集まって、情報教室をデコレーションしていました。かわいい後輩に見送られて引退できる3年生はとても幸せだと思います。

新幹部の発表があり、その後先輩から後輩に対して感謝と応援のメッセージが送られました。そして最後に安心して先輩方が引退できるように、新キャプテンから力強い意気込みが語られました。涙あり、笑いありの、素敵な引退式だったと思います。

月曜日からテニス部は新チームが始動します。そして3年生は、受験勉強へ全力で向かうことになります。3年生は進路実現に向かって、部活動で培った人間性を十分に発揮し、邁進して欲しいと思います。そして2年生は、実力もチームの雰囲気も質の高いチームを作る事ができるように、精一杯頑張ってください。そして、また3年生が遊びに来た時に、その成長を先輩方に見せられるようにして欲しいと思います。

33回生 3学年保護者会を実施しました

令和2年6月20日(土)、本校体育館にて33回生3学年の保護者会が行われました。本来は、5月考査中に行われる予定だったのですが、新型コロナウィルスの事もあり、従来の日程で開催できなくなっていました。3学年は、進路関係や奨学金の事など、何かと心配事も多いため、なるべく早い時期に保護者会を開催した方が良いだろうという事で、1・2年の実施時期よりも、少し早めに開催する事になりました。

校長先生の挨拶の後、進路指導部長より、ここ数年の受験者と合格者の傾向や、新入試制度の事、そして休校などの影響による入試日程の変更について、現段階で把握できている事について説明がありました。

 学年からは、進路担当より補習や模試の計画などについて、生徒指導担当からは学校生活について連絡させて頂き、最後に学年主任の挨拶で、終了となりました。 

引き続きスカラシップアドバイザーの方より、奨学金についてご説明頂き、その後で個別相談会も実施しました。

保護者会と奨学金の説明会を合わせると中々長丁場の会となりました。ご参加頂きました保護者の皆様は、本当にお疲れだったと思います。お忙しい中ご参加頂き、本当にありがとうございました。今後も、生徒の学校生活が充実したものとなるよう、全力でサポートしていきたいと思っていますので、引き続き本校の教育活動へのご理解・ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

(追伸)
保護者会の後、休校期間中に生徒たちが作成したモザイクアートの組み立てを、学年団で行いました。完成までは、もう少しかかりそうです。完成披露まで、今しばらくお待ちください。

「北三 校長室から」No68(R2.5.1)学習支援

臨時休業期間が5月6日(水)から5月31日(日)に延長されることが先日決まりました。先生方は5月7日からの学校再開への準備と延長されるかもしれないという戸惑いの中、何とか生徒の学習を助けたいという思いで、「ほくさん 学びの広場」を活用した学習支援を続けてくださっています。時間をかけて課題を作成し、質問にも丁寧に答えていただいています。なかには、動画での説明(授業)に取り組んでいただいている先生もおられます。

加えて、県教育委員会からの緊急支援を受けて、オンライン学習ができるようになりました。本校では「スタデイサプリ」を導入することとし、私も少しは中身を見ましたが、本校生にとって「どの動画が適しているのか?」「今の時期にどのような力をつけておくべきか?」まさに、本校生にとって有意義なオンライン学習(活用)にしなければ意味がない。ということで、先日、先生方が集まって研修会をされていました。

本日、各学年から全生徒一斉に、このスタサポに関する連絡を含め多くの連絡等を郵送しています。不明な点や聞きたいことがあるときは、遠慮しないで学校に電話をしてください。

 話は変わりますが、部活動(運動部)関係者にとっては、悲しい決定が先日発表されました。「今年の全国高等学校総合体育大会は中止します」。インターネットを通じて多くの学校の生徒、先生から残念だというコメントが上がっていました。開催があぶないとは思っていましたが、無念ですが仕方ない決定だと思います。

あるアスリート(オリンピック代表候補)がこんなコメントを出しています「だれも悪くない。今しかできないことがきっとあるはず。今だからできることがあるはず。あなたたちにしかできないことがあるはず。いつか、コロナで悲しい思いをしたけど、こんなに成長してやった、と見返してやろう!」私も同感です。  校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No66(R2.4.24)福知山線脱線事故追悼

北三生の皆さん、臨時休業が長くなっていますが、毎日、規則正しい生活をして元気でしょうか?  時間は無限ではありません、また、戻ってもきません。今の時間をどう使うか、決めるのは皆さんですし、使うのも皆さんです。  

さて、平成17年4月25日(明日で15年前になります)、午前9時18分頃、JR西日本福知山線尼崎駅付近で未曾有の脱線事故が発生し、遠足に向かっていた高校生を含む107名もの尊い命が奪われ、500名以上の方々が負傷されました。 この事故で犠牲になられた107名の中には、本校を卒業して間もなかった 16回生4名と13回生1名がおられました。志 半ばで命を絶たれてしまうことは、ご本人もご家族も無念でしょうが、とりわけ当時19歳、22歳であった先輩は、人生これからという時であっただけに、さぞかし無念だったことでしょう。皆さんには当時の記憶はないかもしれませんが、身内の方々や知り合いの方々には、この事故で亡くなられたり、今もなお体や心の傷が癒えない方もおられるのではないかと思います。

私たちは一人では生きていけません。この世に生を受け、「生かされて」生きています。ですから、この自らの「生かされている」命を精一杯大切にしながら、この惨事を風化させない誓いのもと、より安全な社会を築くことに努力を重ねることが、亡くなられた方々への慰霊となることだと思います。 皆さんとともに、この事故で亡くなられた方々のご冥福を祈りしたいと思います。

 また、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が出されて2週間以上になりました。「若者は感染しない」「若者は重症化しない」などと言った噂を信じている人はいないと思いますが、「感染しない」「感染させない」ことを皆で共有して生活することが大切です。先が見えない状況であるからこそ、助け合いながら、自分だけではなく周りの人のことを考えて行動してください。令和2年4月24日 県立北摂三田高等学校長 廣瀬雅樹

男女バスケットボール部 令和元年度活動報告

男女バスケットボール部令和元年度活動報告

男子

10月 丹有選手権 一部 準優勝

 ウィンター杯県予選 県ベスト16

    1回戦 本校〇95-75●八鹿

    2回戦 本校〇75-70●尼崎西

    3回戦 本校●74-102○関西学院

11月 新人大会丹有地区予選 一部リーグ 準優勝 県新人選抜優勝大会出場

2月 県新人選抜優勝大会 県ベスト16

    1回戦 本校〇68-66●三木

    2回戦 本校〇79-73●西宮南

    3回戦 本校●62-81○星陵

女子

10月 丹有選手権 一部 3位

    ウインター杯県予選 ベスト8

    1回戦 本校〇85-31●相 生

    2回戦 本校〇87-42●東 灘

    3回戦 本校〇54-50●尼崎小田

    4回戦 本校●56-132〇市尼崎

11月 新人大会丹有地区予選 一部リーグ 4位 県新人選抜優勝大会出場

2月 県新人選抜優勝大会 2回戦敗退

    1回戦 本校〇69-55●明石清水

    2回戦 本校●42-57〇神戸高塚

来年度もよろしくお願いいたします。

吹奏楽部 批評会

 7月15日(月・祝)海の日に、三田市吹奏楽連盟主催の批評会が開催され、出演しました。
 例年であれば、6月の考査を終えてからは、コンクールモード全開で活動で来ていたところでしたが、今年は5回考査に伴い、北摂祭が終わると考査休みに入り、7月11日に考査を開けて批評会というスケジュールが想定以上に難しく、なかなか厳しい本番となりましたが、部員たちは与えられた時間を精一杯頑張って演奏してくれました。学びの多い演奏機会となりました。

吹奏楽部 北摂祭文化の部

 北摂祭文化の部。今年は年5回考査へ学校の体制が変わったことにより、5月中旬に実施していた北摂祭文化の部が6月末に変更されて実施されました。
 時期が変わっても北摂祭のトリを務めるのは吹奏楽部。アクセル全開で体育館は熱気で一杯になりました。

職員カウンセリングマインド研修

 2月20日(木)午後、職員対象のカウンセリングマインド研修を実施しました。  講師には兵庫教育大学大学院の有山篤利先生をお迎えし、「スポーツと部活動とAKB48」  というタイトルで講演していただきました。

① 運動部活動の現状

②運動部成立の社会的背景 と時代の変化

③教育としての運動部の実態

④運動部活動の問題を考えるために との

大きく4つに分けてご自身の経験や解析された データを基にお話ししていただきました。

 また、研修の後で色々と質問に答えていただき、 研修の内容をより深めることができました。 お忙しい中、職員研修にお越しいただき、ありがとうございました。

女子硬式テニス部日誌「市立西宮高校練習試合」

令和2年2月8日(土)本校にて、市立西宮高校と練習試合を行いました。市立西宮高校とは、夏以来の練習試合となりました。実力もそうですが、テニスに対する姿勢も、本当に学ぶべきところの多い学校で、こうして練習試合の相手をしてくれる事は本当に有難いことだと思います。

来週の水曜日から考査1週間前に入り、しばらくテニスから離れる事になりますが、今回の練習試合での気づきが、考査明けの練習から生きるように、しっかりと反省をしておいて欲しいと思います。

考査明けからは、春季ジュニア、総体と、一気に本戦目指して駆け抜けていく事になると思います。悔いの残らない試合になるように、頑張って下さい!!