未分類」カテゴリーアーカイブ

33回生 3年生 共通テスト直前 学年集会

令和3年1月15日(金)3限に、体育館にて共通テスト直前の学年集会が行われました。ソーシャルディスタンスを保つため、体育館一杯に広がって、ジグザグに並んでのぞみました。

 まず最初は、進路指導部長の荻野先生より共通テストに望む際の心構えと、共通テストの「受験上の注意」の内容をまとめたプリントに沿ったお話を頂きました。全員にとって初めての「共通テスト」で、イメージしにくかった事が、だいぶクリアになってきたのではないかと思います。

 次に学年から1組担任の阪井先生と3組担任の八尾先生より、明日のことを念頭におきながら、3年間を通じたメッセージを頂きました。これだけ親身に応援してくれる人がいるという事を、是非緊張ですくむ足を前に踏み出すエネルギーにして欲しいと思います。

 最後、学年主任の高塚先生より、トラブルが起こった際の事について説明がありました。何かあっても慌てずに、学校に連絡して欲しいと思います。

 また、今回緊急事態宣言に伴い、受験会場に応援に行く事ができない事になりました。道中で応援するか・・・等の話も出ましたが、これからも私学入試や国公立2次試験を控えている皆さんに、不要な心配をかけないように、応援したい気持ちを抑え、学校で待機する事にしました。応援には行けないけれど、学年団を始め部活動や授業などでお世話になったたくさんの先生方も、33回生の皆さんを心から応援しています。

 是非、自分の力を出し切って、悔いのない闘いをしてきて欲しいと思います。

最後に33回生のみんなに応援メッセージを書いて下さった先生方、本当にありがとうございました。とても大きな元気玉をもらって、33回生の生徒たちもきっと一歩踏み出す力をもらえたのではないかと思います。これからも私大入試や国公立2次試験などでたくさんお世話になると思いますが、最後まで応援よろしくお願いします。

陸上競技部 全国高等学校陸上競技大会2020

https://www.jaaf.or.jp/guide/rule/

全国高等学校陸上競技大会2020 出場報告

 私は、全国高等学校陸上競技大会2020で走幅跳に出場させてもらいました。

 結果は、予選敗退でした。終わった瞬間愕然としました。

 なぜなら、記録も自分のベストに程遠く、本当に悔しい結果となったからです。一番の原因は、自信を持って試合に望めなかったことです。

 今後は、しっかり自信を持てるように、普段から試合に向けてよく考えて練習し、日常生活や日々の体のケアなど、小さなことも一つ一つあらためていこうと思います。

 幸いにも私には、この悔しさを晴らすことのできる機会がたくさんあります。そこで悔いなく勝てるように日々の練習を100%でするのではなく、101%、102%…と自分の出せる限界を越せるように練習し、来シーズン納得のいく結果を出したいと思います。

 最後に試合直前まで指導して下さった先生、応援してくれた皆さん、サポートしてくれた家族、ありがとうございました。

兵庫県立北摂三田高等学校

陸上競技部 内藤香乃

卒業生の先輩にお会いしました

生物野外活動部 2020活動報告④

秋山合宿

日程      令和2年10月2日(金)~10月4日(日)   天候   曇~晴れ

場所   北アルプス・涸沢

秋休みを利用して、北アルプス(涸沢)へ秋山合宿に出かけました。天候もよく、紅葉真っ盛りの北アルプスを堪能できました。

10月2日(金)

前回と同じルートで上高地に行ったが、前回は電車を乗り遅れ迷惑をかけたので、今回は下調べをしっかり行い14:50の平湯温泉までは余裕を持って行けた。ただ、平湯温泉に着いたのがバスの遅延のため予定より10分も押しており、先生の車から荷物を出す時間もあり大変だったが、15:00着の上高地行きバスに乗ることがき、予定通りに15:25に上高地に到着。そして、小梨平キャンプ場に16:00ごろに到着。テント設営と食事を済ませ、20:00に就寝した。〔N.K〕

10月3日(土)

3:00起床。良い天気の中、5:00に小梨平キャンプ場を出発。明神に6:25に到着し、11分の休憩をとり、その後、徳沢に7:15到着。7:25に徳沢を出発し、横尾に8:15到着。横尾を8:30に出発し、本谷橋9:22到着。休憩後、本谷橋を9:35に出発。足元は大きな石だらけで、歩くのにかなり注意が必要だった。Sガレ手前に10:21到着。10:35にSガレ手前を出発し、涸沢ヒュッテに11:10到着。目の前に広がる紅葉や青空の美しさに、疲れも吹き飛んだ。早めにテントを設営し、夕食の準備。夕食後、片付けの時には、すっかり気温も下がり、寒くて震えるくらいだったが、暗闇の中に浮かぶたくさんのテントからもれるランタンの灯りと、見渡す限り夜空いっぱいの星に感動した。〔N.T〕

10月4日(日)

3:00に起床。朝食をとり、テントを撤収。涸沢ヒュッテを4:40に出発。本谷橋に5:45に到着し、10分の休憩を取った。ここで暑かったので、パーカーを脱いで5:55に出発。横尾に6:45に到着し、15分の休憩を取り7:00に出発。明神に8:38に到着し、休憩を取り8:45に出発。上高地に9:25に到着。予定よりも2時間も早く下山できた。そのため、お土産などを買うことができた。大阪駅に19:10に到着し、三田駅で20:05ごろに解散。〔N.K〕

感想〔2年N.K〕

今回の登山はいままで登った中で一番気温が低かったと思います。まだまったく登っていない、小梨平キャンプ場のところでさえ手がかじかむほどだったので。涸沢はこれよりも寒いと思うと夜も眠れなかったです。案の定、涸沢はとても寒かったです。しかし、そんな寒さもわすれるくらいに涸沢の夜は綺麗でした。有名な涸沢ヒュッテから見えるテント場も綺麗でしたが、それよりも星空がいままで見た中で断トツに綺麗でした。ずっと見ていられるほどでした。今回の登山では、見たこともないようなものをたくさん見ることができ、とてもいい経験だったと思います。

感想〔1年N.T〕

三田からJR大阪駅へ。そこで長距離の高速バスに乗り換えるのだが、昨年先輩たちが道に迷ったと聞いていた。ドキドキしながらの移動だったが、道順を調べ何度も頭の中でシミュレーションしていたせいか、無事バスに乗り換えることができた。バスに5時間揺られ、高山に向かい、そこから路線バスを乗り継ぎ上高地へ。好天に恵まれたおかげで、青空に映える河童橋と澄んだ川の流れを見ることができた。初日は小梨平キャンプ場で一泊。2日目は3時起床5時出発。6時間ほど歩き、涸沢キャップ場へ。前日と違い、大きな石が一面に転がる中でテントを設営。多くの人々が訪れていて、所狭しとテントが張られていた。夕食後の片付けの時には、気温も下がり寒くて震えるくらいだったが、暗闇の中に、たくさんのカラフルなテントからもれるランタンの灯りが暖かく、見渡す限り夜空いっぱいに星が瞬く様子に心が動かされた。今回のキャンプでは、様々な作業や調理など多くのことで不手際があり、顧問の先生からお叱りを受けた。指導いただいたことは、これから気を付け、日常にも生かしていきたいと思った。また、キャンプ場ではいろいろな人との出会いもあり、励ましの言葉をたくさんかけて頂いた。一緒に行った先輩との時間も忘れ難いものになり、心に残るよい経験となった。

北摂三田高校HP 生物野外活動部のページ(令和元年度の活動状況) 
http://www.hyogo-c.ed.jp/~hokusetsusanda-hs/seikatsu/bukatsu/seibutsu.html

男女バスケットボール部活動報告②

令和2年度 全国選抜大会丹有地区予選(ウィンターカップ地区予選)

男子 

2回戦
柏 原 87 ( 18 - 8 , 21 - 7 , 26 - 29 , 22 - 15 ) 59 北 摂 三 田

序盤にペースをつかめずリードされ、惜しくも敗戦し、県大会出場ならず

丹有2部降格

女子

1回戦

北 摂 三 田 90 ( 31 - 1 , 25 - 8 , 14 - 15 , 20 - 11 ) 35 篠 山 鳳 鳴

2回戦

北 摂 三 田 44 ( 18 - 3 , 7 - 9 , 4 - 8 , 15 - 15 ) 35 柏 原

2回戦はロースコアの試合になりましたが、序盤のリードを守り切り勝利しました。県大会出場を決めました。

令和2年度 第44回丹有選手権

日時:10月3日・4日

男子

2部トーナメント 1 回 戦

北 摂 三 田 100 ( 23 - 25 , 31 - 18 , 28 - 10 , 18 - 20 ) 73 篠 山 鳳 鳴

2回戦

北 摂 三 田 67 ( 15 - 11 , 16 - 19 , 17 - 17 , 19 - 8 ) 55 篠 山 産 業

2 部 決 勝

北 摂 三 田 68 ( 14 - 16 , 25 - 17 , 14 - 8 , 15 - 16 ) 57 氷 上

2部優勝

入 れ 替 え 戦

三 田 西 陵 78 ( 16 - 27 , 22 - 13 , 14 - 13 , 26 - 20 ) 73 北 摂 三 田

一部昇格ならず

女子

1部トーナメント  1 回 戦

篠 山 産 業 52 ( 7 - 16 , 12 - 10 , 13 - 11 , 20 - 5 ) 42 北 摂 三 田

3 位 決 定 戦

北 摂 三 田 79 ( 19 - 21 , 26 - 5 , 19 - 14 , 15 - 15 ) 55 柏 原

入 れ 替 え 戦

北 摂 三 田 82 ( 26 - 4 , 20 - 14 , 11 - 23 , 25 - 11 ) 52 三 田 祥 雲 館

1部3位

「北三 校長室から」No79(R2.7.3)驚きと警戒

ここ数日は梅雨らしい天気が続いていて、今日も雨がしとしとと降っています。先日は夕方に暴風警報が発令されましたが、明日にかけて天気が荒れるような予報も出ています。3年生は明日、明後日と模試がありますが、天気情報をしっかりと確認して登校してください。

 さて、昨夜、育友会 令和2年度 第1回育友会正副部長会と第3回教育振興会役員会が開催されましたので出席させていただき、学校の様子などをお話させていただきました。お忙しい中、先日、本ブログで就任のご挨拶をいただいた 林 新会長様はじめ、新役員の皆様に熱心にご審議をいただき、令和2年度が無事にスタートできました。予測が大変難しい1年になりそうですが、よろしくお願いいたします。

 ところで、ここ2日間とも神戸の方に出張だったので、久しぶりに神戸電鉄を利用してみて、大変驚きました。

帰りに県庁前から市営地下鉄にのって谷上駅に到着。料金が安くなっていることは知っていたのですが、三田行きの神戸電鉄に乗り換えようと思っていたら、周りの人たちがとなりに停車していた地下鉄車両に全員乗り込む?「なんで・・・」と思いながらついて行くと、車両を通り越して神戸電鉄ホームに出ることができました。階段を下って、上ることを考えると随分と楽で、大変、驚きました。何でも固定観念に縛られると身動きがとれなくなることがありますので、柔軟な発想で物事を考えたいと思います。 

また、上の写真は出張先の建物入口です。見えにくいのですが、入ってすぐの所にサーモセンサーが設置されていて、入館者の体温チェックを自動的に行っていました。東京では昨日107名、そして今日は120名以上の新規感染者が確認されたと報道されています。東京に隣接した県やその他にも久しく感染者が出ていなかった県でも新たな感染者が確認されています。まだまだ油断大敵ですので、気を緩めること無く安全、安心第一で学校運営していきます。  校長 廣瀬雅樹

女子硬式テニス部日誌「33回生引退式」

令和2年6月21日(日)、女子硬式テニス部の引退式を行いました。新型コロナウィルスに伴う休校で、3月の春季ジュニアテニス選手権大会、5月の総合体育大会が前代未聞の大会中止となり、引退試合を失っての引退になってしまいました。

6月の分散登校の時期から部分的に部活動が再開され、その制限は少しずつ緩和されていきました。そして現段階で一定レベルでの活動が可能となりました。そこで話し合いの結果、3年生6名は顧問とシングルスの試合を1セットずつ行い、その試合を持って引退する事にしました。6月の分散登校時からの3年生は、顧問を倒すことを目標に練習に取り組む事になりました。

そして6月21日当日、梅雨の時期であるにも関わらず、3年生にとっての最後の試合は、快晴の中で行うことができました。試合の結果は内緒です。

全試合を終えて、更衣を済ませたのち、場所を情報教室に移して、引退式及び幹部の引継ぎを行いました。2年生は、この準備のために練習前に集まって、情報教室をデコレーションしていました。かわいい後輩に見送られて引退できる3年生はとても幸せだと思います。

新幹部の発表があり、その後先輩から後輩に対して感謝と応援のメッセージが送られました。そして最後に安心して先輩方が引退できるように、新キャプテンから力強い意気込みが語られました。涙あり、笑いありの、素敵な引退式だったと思います。

月曜日からテニス部は新チームが始動します。そして3年生は、受験勉強へ全力で向かうことになります。3年生は進路実現に向かって、部活動で培った人間性を十分に発揮し、邁進して欲しいと思います。そして2年生は、実力もチームの雰囲気も質の高いチームを作る事ができるように、精一杯頑張ってください。そして、また3年生が遊びに来た時に、その成長を先輩方に見せられるようにして欲しいと思います。

33回生 3学年保護者会を実施しました

令和2年6月20日(土)、本校体育館にて33回生3学年の保護者会が行われました。本来は、5月考査中に行われる予定だったのですが、新型コロナウィルスの事もあり、従来の日程で開催できなくなっていました。3学年は、進路関係や奨学金の事など、何かと心配事も多いため、なるべく早い時期に保護者会を開催した方が良いだろうという事で、1・2年の実施時期よりも、少し早めに開催する事になりました。

校長先生の挨拶の後、進路指導部長より、ここ数年の受験者と合格者の傾向や、新入試制度の事、そして休校などの影響による入試日程の変更について、現段階で把握できている事について説明がありました。

 学年からは、進路担当より補習や模試の計画などについて、生徒指導担当からは学校生活について連絡させて頂き、最後に学年主任の挨拶で、終了となりました。 

引き続きスカラシップアドバイザーの方より、奨学金についてご説明頂き、その後で個別相談会も実施しました。

保護者会と奨学金の説明会を合わせると中々長丁場の会となりました。ご参加頂きました保護者の皆様は、本当にお疲れだったと思います。お忙しい中ご参加頂き、本当にありがとうございました。今後も、生徒の学校生活が充実したものとなるよう、全力でサポートしていきたいと思っていますので、引き続き本校の教育活動へのご理解・ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

(追伸)
保護者会の後、休校期間中に生徒たちが作成したモザイクアートの組み立てを、学年団で行いました。完成までは、もう少しかかりそうです。完成披露まで、今しばらくお待ちください。

「北三 校長室から」No68(R2.5.1)学習支援

臨時休業期間が5月6日(水)から5月31日(日)に延長されることが先日決まりました。先生方は5月7日からの学校再開への準備と延長されるかもしれないという戸惑いの中、何とか生徒の学習を助けたいという思いで、「ほくさん 学びの広場」を活用した学習支援を続けてくださっています。時間をかけて課題を作成し、質問にも丁寧に答えていただいています。なかには、動画での説明(授業)に取り組んでいただいている先生もおられます。

加えて、県教育委員会からの緊急支援を受けて、オンライン学習ができるようになりました。本校では「スタデイサプリ」を導入することとし、私も少しは中身を見ましたが、本校生にとって「どの動画が適しているのか?」「今の時期にどのような力をつけておくべきか?」まさに、本校生にとって有意義なオンライン学習(活用)にしなければ意味がない。ということで、先日、先生方が集まって研修会をされていました。

本日、各学年から全生徒一斉に、このスタサポに関する連絡を含め多くの連絡等を郵送しています。不明な点や聞きたいことがあるときは、遠慮しないで学校に電話をしてください。

 話は変わりますが、部活動(運動部)関係者にとっては、悲しい決定が先日発表されました。「今年の全国高等学校総合体育大会は中止します」。インターネットを通じて多くの学校の生徒、先生から残念だというコメントが上がっていました。開催があぶないとは思っていましたが、無念ですが仕方ない決定だと思います。

あるアスリート(オリンピック代表候補)がこんなコメントを出しています「だれも悪くない。今しかできないことがきっとあるはず。今だからできることがあるはず。あなたたちにしかできないことがあるはず。いつか、コロナで悲しい思いをしたけど、こんなに成長してやった、と見返してやろう!」私も同感です。  校長 廣瀬雅樹

「北三 校長室から」No66(R2.4.24)福知山線脱線事故追悼

北三生の皆さん、臨時休業が長くなっていますが、毎日、規則正しい生活をして元気でしょうか?  時間は無限ではありません、また、戻ってもきません。今の時間をどう使うか、決めるのは皆さんですし、使うのも皆さんです。  

さて、平成17年4月25日(明日で15年前になります)、午前9時18分頃、JR西日本福知山線尼崎駅付近で未曾有の脱線事故が発生し、遠足に向かっていた高校生を含む107名もの尊い命が奪われ、500名以上の方々が負傷されました。 この事故で犠牲になられた107名の中には、本校を卒業して間もなかった 16回生4名と13回生1名がおられました。志 半ばで命を絶たれてしまうことは、ご本人もご家族も無念でしょうが、とりわけ当時19歳、22歳であった先輩は、人生これからという時であっただけに、さぞかし無念だったことでしょう。皆さんには当時の記憶はないかもしれませんが、身内の方々や知り合いの方々には、この事故で亡くなられたり、今もなお体や心の傷が癒えない方もおられるのではないかと思います。

私たちは一人では生きていけません。この世に生を受け、「生かされて」生きています。ですから、この自らの「生かされている」命を精一杯大切にしながら、この惨事を風化させない誓いのもと、より安全な社会を築くことに努力を重ねることが、亡くなられた方々への慰霊となることだと思います。 皆さんとともに、この事故で亡くなられた方々のご冥福を祈りしたいと思います。

 また、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が出されて2週間以上になりました。「若者は感染しない」「若者は重症化しない」などと言った噂を信じている人はいないと思いますが、「感染しない」「感染させない」ことを皆で共有して生活することが大切です。先が見えない状況であるからこそ、助け合いながら、自分だけではなく周りの人のことを考えて行動してください。令和2年4月24日 県立北摂三田高等学校長 廣瀬雅樹

男女バスケットボール部 令和元年度活動報告

男女バスケットボール部令和元年度活動報告

男子

10月 丹有選手権 一部 準優勝

 ウィンター杯県予選 県ベスト16

    1回戦 本校〇95-75●八鹿

    2回戦 本校〇75-70●尼崎西

    3回戦 本校●74-102○関西学院

11月 新人大会丹有地区予選 一部リーグ 準優勝 県新人選抜優勝大会出場

2月 県新人選抜優勝大会 県ベスト16

    1回戦 本校〇68-66●三木

    2回戦 本校〇79-73●西宮南

    3回戦 本校●62-81○星陵

女子

10月 丹有選手権 一部 3位

    ウインター杯県予選 ベスト8

    1回戦 本校〇85-31●相 生

    2回戦 本校〇87-42●東 灘

    3回戦 本校〇54-50●尼崎小田

    4回戦 本校●56-132〇市尼崎

11月 新人大会丹有地区予選 一部リーグ 4位 県新人選抜優勝大会出場

2月 県新人選抜優勝大会 2回戦敗退

    1回戦 本校〇69-55●明石清水

    2回戦 本校●42-57〇神戸高塚

来年度もよろしくお願いいたします。