投稿者「律子安齋」のアーカイブ

平成30年度短期海外研修(8月13日最終日)

おはようございます。今のシドニーの気温は12度、天気は晴れ。
昨日、ホストファミリーとのお別れののち、シドニーのホテルで一泊し、空港へ来ています。

 最後のお別れシーン
今から出発します。只今現地時間10時、10時15分搭乗開始、関空に日本時間の19時10分着予定です。
昨夜は、「帰りたくない~」「パスポートわざと落としていこうかな」等の声があちこちで。
本当に楽しい思い出がたくさんできたようです。短い滞在でしたが、研修で得られた知見、知識を、また学校や家庭でも広めてほしいと話しました。
研修レポートもこれにて終了です。のちほど、元気な姿を、また三田でお見せいたします!
See you in Japan!

 

 

平成30年度短期海外研修(8月10日)

こんばんは。ネットの環境が不安定で更新が遅くなりました。

この日(金曜日)は、セントコロンバス最終日。皆、トラブル報告もなく、元気いっぱいでした!
授業の前に全校集会を開いてくださり、研修生・小橋くんからの[Thank you speech]。小さなどよめきのような声が上がり、様々な先生から、彼は緊張していなかったのか?、彼のスピーチはよかった!といった感想を聞きました(^^)。心のこもった、落ち着いたスピーチでした。

そのあとリセスをはさみながら、クリス先生の最後の授業を受け、教室でパチリ。
授業内容は昨日からの続きで、日本とオーストリアにおける[work]についてでした。

クリス先生の英語授業の後は、ライアン校長から終了証をいただき、ホストステューデントと共に[Farewell Party]。


長期留学生の中村さんがいるのが、わかるかな?? 皆、ホストステューデントと楽しそうです!

その後は月曜日と同じようにそれぞれのホストステューデントの授業に参加しました。
この週末は、ホストファミリーとどう過ごしているのでしょうか?
天気もよく、オーストラリアの日差しはもう春です。短い滞在期間でしたが、明日16時に、セントコロンバスからシドニー、そして日本へ向けて出発です。

おやすみなさい。。。

平成30年度短期海外研修(8月9日)②

今日の英語授業は、クリス先生からの宿題であるホストファミリーの紹介の発表、そしてオーストラリアの文化についての発表、リセスをはさんで、日本の[work]についてでした。

それぞれの発表に対し今日も檄を飛ばされ、[speak loudly!] 手元を見ないで伝えようとする姿勢にクリス先生からのほめ言葉も。クリス先生の冗談にもごくごく自然に笑いが出るように。あるいはクリス先生が冗談をとれるようになったのか?!(笑)

そして午後からは[Sports’ day]。今日はJunior High shool からSenior High schoolまで全校生徒が各自種類を選択して、それぞれのスポーツに参加しました。研修生たちはバディの生徒とは離れ、セントコロンバスが国立公園の中にあることを活用した[Bush Walk]に、他の生徒たちと共に出掛けました。

あと7週間で退職するセントコロンバスの引率の先生から、かつてはこの学校近辺の林に小さな小川が流れ[pool carnival]といった水泳の競争も行っていた、といった説明がありました。このBushに深い思い出があるようです。

休憩をとりながら2時間ほど歩いた後、いわゆる原っぱで、自由時間がとられました。
歩き疲れた研修生もいましたが、大半の生徒が、セントコロンバスの生徒に交じって、おにごっこのような遊びに汗をかいていました。その姿の楽しそうなこと!!


学校に戻った後は、それぞれブッシュ・ウォークで知り合った生徒たちと、心ゆくまでお喋りを楽しんでいました。

「新しい友達ができて楽しかったー!」「(おにごっこ)めっちゃ楽しかったー!」
本当に、授業とは違うとびっきりの笑顔が見られて、
見ている私たちもHappyになりました(^^)

さあ、ついに明日はセントコロンバス登校の最終日です。
おやすみなさい。。。

平成30年度短期海外研修(8月9日)①番外編(リセス、weekends)

おはようございます。今日は昨日よりやや暖かさが戻りました。研修生たちは今日も元気です。

朝から英語授業頑張っています。家庭や授業、ランチタイム、リセス等を通じて、ホストファミリーや友達に、ずいぶん自分の伝えたいことを伝えられるようになっています。学校もあと2日。

昨日のリセスの様子です(^^)
 
先日のweekendsの写真(^^)ホストファミリーによって行先は様々でした。
 

 

平成30年度短期海外研修(8月8日)②(更新遅れました)


ランチタイムの様子
午後からは、セントコロンバスの高2生の選択授業[society&culture]を、特別に一緒に受講させてもらいました。テーマは[non-verbal(言葉を使わない)message]。

ジェスチャーだけでうまく伝言を伝えられるか日本人とオーストラリア人で競争したり、[non-verbal message]の一例として、握手の由来や握手の仕方によるメッセージの違い、手(指さし)の使い方や言葉のスピード等によってメッセージの印象がどう変わるかについて、実演を見ながら学びました。

そのあとは、セントコロンバスの生徒が日本人の研修生にアンケートをとる形で交流タイム。
同世代同士、バディとは違う、新たな友達の輪がまた広がったことでしょう。
 

やや肌寒いながらも外は素晴らしい天気。
放課後の街中でのショット。ホストファミリーと一緒です。

明日は英語授業の後、午後から体育の授業[Bush walk]です。

平成30年度短期海外研修(8月8日)①

おはようございます。今朝の気温は11度。皆元気に登校してきました。寒さにも、もう慣れたそうです。お腹がすくのか、1時間目が始まる前にすでにリセス用のお菓子を広げています(笑)。

今日のクリス先生の英語の授業、まずはオーストラリアの文化について。アボリジニーの話もありました。
続いて、昨日の企業訪問のオーナー(ラリー・パパ)の言っていたことの確認。特にワークライフバランスの観点から。ジムは何の軽減になる? カスタマーの年齢層は? ジムの営業日は? カスタマーは1日2回いつといつに来る?学生にはどんなストレスがある?
[Dare Disability Support]の会社については、6つの理念は?等々。
    

 

 

 

平成30年度短期海外研修(8月7日)

今日は企業訪問の日。
今朝は最高気温が13度、オーストラリアに着いてから一番寒い日でした。とはいっても春が近いので肌寒いくらい。眠そうな研修生もいれば、すっきり顔の子も。オーストラリアの夜は早く、たいていの家庭は平日は9時には寝るそうで「ずっと1人で起きてるの?」と思いきや「それが、すぐに寝ちゃっている!」そうです。日本にいるより健康ですね!何らかのsickにかかっている子もゼロ。皆元気です!

朝、いつも通りホストファミリーにサンドイッチなどのランチを持たせてもらい、学校に集合してバスに乗り込みました。

午前中は、元プロボクサー・ラリーさんが経営するジム「BOXING」。
何度も日本に来たことのあるオーナーの英語は日本人に聞き取りやすく、研修生たちは興味深そうに聞いていました。
ジムは朝6時半から空いていて、出勤前、そして学校や会社帰りの方の利用が多いそうです。日本人のジムの利用の仕方とオーストラリア人のそれは異なり、皆、平日の利用が非常に多く、土曜日はほとんど暇だそうで、日曜日はジム自体が空いていません。オーナー曰く、オーストラリア人はoutdoorが好きだから、わざわざweekendsにindoor(gym)には来ないそうです(笑)。会社とも学校とも違う、地域の仲間づくりの場にもなっているようです。

   

午後は学校近くの「Dare Disability Support」という、障がい者のための施設を訪問しました。
それぞれにできないことがあるならば、できることで働き、できない部分をサポートするという考え方で、障がいを持つ方にとってのneeds(housing,money) とwants(hobby, outdoor exercise,friends = day programs)を満たすためのプログラムを組み、地域へもっと出ていこう、と取り組んでいます。日本と違うのは、親は子供が20歳を過ぎたら、たとえ障がいがあっても自活させ、その世話や自活できない部分は政府がサポートするべきだという考えが浸透していること。実際に身近な生活をサポートするのは、施設の職員であり地域の方々です。
work facilitiesやdining hall, music room,computer room, healing room などを見学し、実際に仕事(作業)をしている現場を案内してくれました。「いつあなたがdisabilityの状態になるかわからない、それは自動車事故でかもしれないし、心臓発作でかもしれない、明日そうなるかもしれないのよ。」というマネージャーの言葉も印象的でした。

   
午後のスタッフの方の説明は午前と比べ研修生にとっては難しい内容でしたが、午前午後とも、研修生から様々な質問がでるようになってきました。高校生の時休日はどのように過ごしていましたか、スポーツは嫌いですがどうしたらいいですか、働き甲斐は何ですか、どれくらい働いていますか、日本ではなかなか状況はかわりませんが障がい者に対する差別は減っていますか、その方法は?等々。
だんだん自分から意見が言える、質問ができる研修生が増えてきました。わからないことを、わからないからもう一度教えて!といえる姿勢。とても素晴らしいです。わかったふりをして帰らないように。質問は最後まで待たなくて大丈夫、途中でさえぎってもだれも気にしません。あと3日間の学校生活では、英語シャワーを浴びるだけでなく、どんどん英語で発言する機会を自分で作ってほしいと思います。

明日からまたセントコロンバス(学校)です。Don’t be shy!  Don’t hesitate!

平成30年度短期海外研修(8月6日)②

「リセス」とは午前中のティータイムのことです。オーストラリアの学校では毎日こうした時間がとられます。今日は引率教員はリセスに出られなかったので、またその様子は後日アップします。

「リセス」のあとは、再びクリス先生の英語授業です。
リセス前のself-introduction(自己紹介)のあとは、なんとgrobal environment problems(環境問題)について。様々な問題をグループで思いつくだけ書き出します。辞書を使わず、クリス先生に自分で説明して語句を教えてもらうことで、表現力を身につけていきます。グループの中でもできるだけ英語で。

   

今、目の前では、取り上げた環境問題について各グループから説明が行われています。
[be a volunteer][more loudly][be confident][ask questions not in the end of the speech but in the middle]と檄がとびます(^^)

 

大丈夫、皆の英語は今朝からずっとずっとうまくなっていますよ !

ランチタイムのあとは、それぞれホストステューデントの授業に入っていきました。
明日は、校外学習(企業訪問)です。
登校初日のブログは今日はここまでです。近々、土日のホストファミリーとの写真をアっプしたいと思います(^^)

平成30年度短期海外研修(8月6日)①

おはようございます。
オーストラリアは今日は朝から雨。気温は11度。さほど寒くはありません。農家さんには恵みの雨だそうです。研修生たちはそれぞれ学校に登校し、2日ぶりの再会です。皆元気です!(^^)
全校集会でセント・コロンバスの全生徒に紹介される予定でしたが、悪天候のため校長先生の放送にとってかわりました。今週中にまた改めて全校集会がもたれる予定です。

早速、午前中のクリス先生の英語授業開始です。

 

まずは自己紹介から。笑いありで、研修生たちはなかなかリラックスしています。この後は「リセス」です。リセスの説明はまた後程!