行事」カテゴリーアーカイブ

東日本大震災追悼行事

平成30年3月11日(日)、生徒登校日になっていたこの日に、東日本大震災の追悼行事が行われました。




午前8時40分より校長先生のお話を校内放送で聞いた後、教室で黙祷をささげ、犠牲になった方々のご冥福をお祈りしました。


(北摂三田高等学校長 中村晶平先生 からのお話)

 生徒の皆さん、おはようございます。校長の中村です。朝のこの時間を借りて、東日本大震災の追悼行事を行います。

 7年前の平成23年3月11日、午後2時46分、宮城県沖を震源とする東北地方太平洋沖地震が発生しました。地震の規模はマグニチュード9.0という巨大地震で、発生当時は日本周辺における観測史上最大の地震でした。
 この地震により、地震の揺れだけでなく広範囲にわたる津波も発生し、本年3月7日時点での犠牲者は1万5895名であり、これだけの貴い命が奪われ、未だ行方不明の方は2539名もおられます。

 皆さんは7年前の今日、まだ小学生であったでしょうが、近畿地方でも地震の揺れは起こったので、地震で揺れた記憶がある人も多いと思います。
 当日の地震発生時、私は加古川の総合庁舎の9階でデスクワークをしていました。めまいがしたような、身体がゆっくりと揺さぶられるようで、気分が悪くなりそうになったとき、周囲の人たちも「気分が悪い、このフロアーは揺れていない?」と声が上がり始めて、地震と気付きました。
 きっと遠方で起こった地震の影響と思い、しばらくしてテレビのスイッチをつけたところ、番組が急遽、津波の映像を移している画面に変わりました。
 海面の一筋の波が沿岸に向かって動いていますが、そのスケールがわかりません。時間とともに、その波が沿岸部を越えていくと、波は数mもあって、車や家を飲み込んでいく映像に変わっていきました。
 あとは、後日ニュース等で放送されたような光景となりましたが、東北地方という画面の向こうで、津波が人命や家や車を飲み込んでいくのを見ていて、何もなす術のない自分が情けなく感じたことを思い出します。
 
 あれから7年。東北地方の被災地はかなり復興してきたとはいえ、まだ7万3千人の方々が避難生活を余儀なくされています。
 被災地の一日も早い復興を祈り、また皆さんとともに、この地震で亡くなられた方々のご冥福を祈って、ただ今から黙祷を行いたいと思います。
 それではご起立ください。
黙祷 はじめ

黙祷を終わります。着席してください。


第30回卒業証書授与式




平成30年3月1日(木)10時より、第30回卒業証書授与式が挙行されました。
前日より天気も心配されるところでしたが、30回生の門出を祝福するにふさわしい晴れやかなよき日となりました。

国歌斉唱を終え、30回生生徒271名の呼名の後、30回生の代表生徒が卒業証書を受け取りました。




校長先生による式辞の後、育友会会長、同窓会会長より祝辞を頂きました。









在校生より、30回生の先輩方への感謝の気持ちのこもった送辞の後、卒業生より
保護者の方々、友人、後輩、先生方への感謝の気持ちと次のステージに向けた意気込み
のこもった答辞が述べられました。






式歌として「仰げば尊し」「蛍の光」を歌った後、30回生にとって高校生として
最後の「校歌」が斉唱されました。
力強い歌声に30回生生徒たちの成長と今後の活躍に対する期待を感じました。



式後、体育館前にて学年団の先生方と30回生卒業生による交流が行われました。



30回生の皆さん、卒業おめでとうございます。
北摂三田高校の高校生活でのあらゆる経験が、みなさんの今後の活躍にほんの少しでも
役立ってくれれば、これに勝る喜びはありません。
皆さんの今後の活躍を期待しています。3年間お疲れ様でした。

32回生第1学年 学年レクレーション

1月29日(月)LHRの時間に32回生第1学年の学年レクレーションを行いました。内容は、晴れバージョンは運動場で六角警泥、雨天バージョンは体育館でミニ運動会の計画を学年リーダー会で準備してきました。
天候予報を見ても雨になる心配はなさそうだったので、リーダー会も運動場で晴れバージョンを開催するつもりで準備をしていましたが、雪によるまさかのグラウンドコンディション悪化のため、雨バージョンで開催することになりました。
「あっち向いてホイ大会」に始まり、「叩いてかぶってじゃんけんポン大会」、「ぐるぐるバット競争」など、予想を遙かに超えるほど盛り上がり、大変楽しい時間になりました。
学年リーダー会にとっても反省点はありましたが、みんなの盛り上がりに満足感はあったのではないかと思います。どんどん良い経験を積み重ねて欲しいと願っています。

32回生 百人一首大会、長期留学生送別会

1月15日(月)LHRを延長して、75分間で学年百人一首大会を開催しました。LHR委員が、何度も委員会を開催し、準備から運営まで、個々の役割を果たしながら主体的に運営していました。大会は、4人一組の各クラス対抗形式で開催され、大変盛り上がり、あちらこちらから大きな声と床を叩く音が響いていました。
個人の部の優勝者は82枚も獲得し、その様子は上の句の二言くらいで取っていました。また、それに対抗して一枚でも取ってやろうと奮起している姿が印象的でした。
クラスの部の優勝は、7勝3敗の人間科学類型である6組でした。みんなが盛り上がるために個々の役割を果たしているのが印象的でした。




百人一首大会のあと、学年リーダー会の企画により、8月に来日した留学生のカイルとセレステの学年送別会を開催しました。企画は「フラッシュモブ」の形態で、百人一首大会の閉会式の途中から、会長が「ともに」を歌い始め、徐々にリーダー会のメンバーが加わりました。留学生の2人を前の席まで案内し、最終的にリーダー会全員で歌いながらのダンスを披露しました。学年のみんなも手拍子をしながら参加していました。その後、思い出をまとめた写真のムービーを鑑賞し、みんなで書いた色紙を渡しました。2人も感動してくれたと思います。また、リーダー会のメンバーも、非常に盛り上がった良い会ができたことに満足した表情を見せていました。


平成29年12月22日(金) 全校集会

平成29年12月22日(金)、今年最後の登校日に大掃除の後、全校集会が行われました。
校長先生の講話の後、生徒指導部長からも講話がありました。


その後、表彰伝達が行われました。
文芸部より2名、県青少年読書感想文コンクールより佳作が2名、
陸上部より、8名、邦楽部、男子バスケットボール部、放送部より2名、理化部
が表彰されました。




おめでとうございます。これからの活躍にも期待しています!がんばって下さい!!

平成29年度インスパイア講演会

 平成29年11月22日(水)、本校体育館にて平成29年度インスパイア講演会が行われました。今年度は、国立極地研究所副所長・南極観測センター長の野木義史教授より『南極から地球をみる』という演題で講演を行っていただきました。
 まず、最初に南極観測についてのお話をうかがいました。実際に氷を砕きながら進む映像などを使いながら、南極に到達するまでの苦労や南極観測について分かりやすく話をしてくれました。次に野木先生の専門分野となる地圏研究についての紹介と説明をしていただきました。ゴンドワナ大陸の分裂・移動に関する専門的な話でしたが、南極と北極の違いなども交え、分かりやすく説明されました。何億年前もの大陸の動きが分かることに感心するとともに、その壮大さに驚きました。最後に、これからの南極・地球の変化予想と課題について話してくれました。海流や大気の循環における南極の役割と重要性や、現代の科学技術や知識をもってしても気候変動などは予測しがたいことを教えていただきました。また、質疑応答では、生徒から「女性探検隊員について」・「極地研究や探検に関する予算について」・「大陸移動の今後について」・「極地の地磁気が入れ替わることについて」などの質問がありました。まだまだ質問が続きそうでしたが、残念ながら時間切れとなってしまいました。
 ペンギンやオーロラといった観光的な南極大陸しか想像できなかった生徒たちにとって、研究対象としての南極大陸や地球システム上での重要性など専門的な話は、好奇心を刺激し、学習意欲を駆り立てるには十分な内容でした。いつか野木先生と一緒に南極探検に参加できる生徒が現れることを期待しています。本日は、実りのある講演会をありがとうございました。

図書委員によるビブリオバトルを開催しました

 図書委員限定で昼休みにビブリオバトルを行いました。
 11/10 2年予選(チャンプ本・準チャンプ本選出)
 11/17 1年予選(チャンプ本・準チャンプ本選出)
 11/24 決勝戦 (1・2年生各2組出場)

それぞれのクラスでこだわりの本が並びました。
チャンプ本は1年生の《芸人交換日記》でした。
たくさんの先生に観戦いただき、図書委員は緊張しながらも先輩や同級生の前で
一生懸命におすすめ本の紹介をしていました。
よい時間になりました。


 

11月10日(金) 中国訪問団来校

平成29年11月10日(金)「21世紀東アジア青少年大交流計画」(JENESYS)の一環として、
中国高校生代表団が来校しました。

訪問団到着後、10:30より歓迎会が多目的室で行われました。



その後、「コミュニケーション英語」の授業を本校生徒と一緒に受けました。



昼食の後、探索(総合的な学習の時間)の茶道講座及びマット運動講座を一緒に受講しました。


4限授業後は、生徒会役員及び邦楽部の生徒と訪問団の生徒で交流会が開かれました。


本校邦楽部の演奏の後、訪問団の生徒たちにも琴の演奏体験をしてもらいました。
その後、訪問団による武術のパフォーマンスを披露してもらいました。
また、生徒会の生と共に折り紙やあやとりを楽しみました。

最後に、本校の放課後の様子(清掃活動や部活動見学)を見学してもらいました。

本校の生徒にとっては、中国の高校生たちとの交流によって、たくさんの発見があったと思います。
訪問団の生徒にとっても、有意義な訪問となり、日中友好の一翼が担えたなら幸いです。

訪問団の皆さん、遠い所からの訪問、本当にお疲れ様でした。

読書感想文コンクール

校内コンクールを経て、学校代表として出品しました。
10月5日に行われました丹有支部読書感想文コンクールにおいて、
本校生徒3名が優秀賞をいただきました。
選ばれました本校の3編を含め丹有地区からは4編が、
兵庫県のコンクールに進みます。
3作品とも自分の言葉で気持ちを表現しており、
惹きつけられる魅力的な作品でした。

【優秀賞】
2年生 羽瀬 彩乃
     武田 悠希
1年生 岡見 和奏

平成29年10月12日(木) 人権講演会

平成29年10月12日(木)午後より人権講演会が行われました。
関西外語大学教授・人権教育思想研究所長の明石先生にお越しいただき、
「同和問題の解決を目指して~好感・共感・親近感が人権力を生む」
という演題でお話頂きました。

随所にユーモアを交えながら、そしてご自身の体験話を交えながら、
同和問題というものは、解決不可能な問題ではないのだという、具体的かつ
明るい展望を示す大変前向きなご講演だったと思います。

90分間、集中力を切らさずにメモを取りながら聞いている生徒たちを見て、
今回の講演会が生徒たちの「人権尊重」に対する考えに大きな刺激を与える
意義のあるものだったと感じました。