投稿者「admin」のアーカイブ

日常の様子(化学実験)

先月は、1年生がオリエンテーション合宿。3年生が修学旅行と、それぞれ行事を楽しんでいました。

そんな中、2年生は授業や部活動を頑張っていました。

そのころの化学基礎の授業(実験)の様子を紹介します。換気やアルコール消毒など、感染症対策をしながらの実験です。

【テーマ】化学反応の量的関係

【内容】炭酸カルシウムに塩酸を加える実験で、反応の前後での質量変化から、発生する二酸化炭素の量的関係を考察する。

2年生は、昨年度コロナの影響で実験ができなかったので、マッチのすり方やガスバーナーの使い方から確認しました。

楽しそうに取り組んでくれて、良かったです。

少しずつ器具に慣れて実験操作が上達してくれると期待しています。

福知山線事故追悼行事

4月23日(金)1時間目の初めに、2005年に起きたJR福知山線脱線事故の追悼行事が行われました。

吉野校長から放送で事故の概要が説明され、事故で亡くなった方々のご冥福をお祈りし、職員・生徒で1分間の黙祷を捧げました。

<吉野校長の話(一部抜粋)>

「皆さん、おはようございます。校長の吉野です。1校時の時間をお借りして、福知山線脱線事故の追悼行事を行います。

 今から16年前の平成17年(2005年)4月25日、午前9時18分頃、JR福知山線尼崎駅付近で列車が脱線し、遠足に向かっていた高校生を含む107名もの尊い命が奪われ、500名以上の方々が負傷されるという事故が起こりました。

この事故で犠牲になられた107名の中には、本校を卒業したばかりの16回生4名と13回生1名の卒業生5名、在校生の保護者2名の方々が含まれておりました。また、皆さんの身内の方々や知り合いの方々にも、この事故で亡くなられたり、未だに体や心の傷が癒えない方もおられるのではないかと思います。

犠牲となった5名の卒業生は、本校を卒業し、希望を持って志の実現に向けて歩んでいた矢先の事故に、さぞかし無念であったことでしょう。

せめて私たちは、志半ばで命を絶たれてしまった先輩たちのことを語り継ぎ、このような痛ましい事故が2度と起きないような社会を築くために行動するとともに、1日1日を精一杯生きていくことが、尊い犠牲に報いることではないでしょうか。

そこで、皆さんとともに、この事故で亡くなられた方々のご冥福を祈り、ただ今から黙祷を行いたいと思います。・・・ありがとうございました。以上で追悼行事を終わります。」

事故当時、本校で勤務されていた古川先生は、卒業生5人が犠牲になったこの事故を振り返り、その思いを生徒に伝え続けています。

事故で亡くなった16回生4名は、古川先生が担任、そして学年主任をしていた生徒たち。当時大学2年生、自分の目標に受けて1歩踏み出すタイミングの夢あふれる生徒たちでした。

朝、「いってきます。」と家を出たまま帰ってこない彼らの無念と、胸に残るずっと消えない悔しさや哀しみを思うと、今、生きている君たちに伝える義務があるように感じる、と話されます。

16年経ち、社会的には徐々に忘れられつつあります。本校でも、当時のことを知る人がほとんどいなくなり、古川先生も退職の年。これが最後の機会かもしれない、と34回生をある場所へ連れて行ってくれました。

事故当時は高校2年生で、古川先生が受け持っていた19回生が、命の大切さと先輩方の志を自分たちの手で後輩へ繋いでいこう、と贈ってくれた卒業記念碑の前。

そこに刻まれた『いのちの絆』という文字を見ながら、君たちも語り継いでいってほしいと話されました。

36回生の皆さんへ 来週の予定について

オリエンテーション合宿、お疲れさまでした。
月曜日に関する連絡を掲載します。忘れ物のないように注意して下さい。
来週から、英国数の小テストが始まります。しっかり対策して、のぞんで下さい!!
オリエンテーション合宿で疲れていると思うので、休む時間もちゃんと確保して下さいね!!

[1]月曜日の時間割変更について

 ・時間割変更(PDF)

[2]生活班長

 ・生活班日誌を記入の上、朝のSTで担任に提出すること

[3]数学連絡

 ・オリエンテーション合宿中に配布した火曜日提出のWeekly課題

  ①Weekly課題表面(PDF)

  ②Weekly課題裏面(PDF)

  ③Weekly課題解答(両面)(PDF)

  ①②に取り組み、③を使って添削の上、火曜日に提出すること

[4]体育連絡

・体操服、体育館シューズ、筆記用具を持参する事。

 ・集合場所は体育館です。

柔道部 活動報告

新年度を迎え、現在所属している部員もいよいよ最終学年となります。

昨年の近畿大会出場の横断幕での記念写真を撮り忘れていたので、快晴の本日に撮影をしました。

年度初めにあたり、昨年もお参りさせていただいた、三田の天神神社にお参りに行きました。

絵馬に各自の目標を記入し、納めてきました。

柔道部は大絶賛新入部員募集中です!経験不問・男女問わずで新入生がたくさん来てくれることを心待ちにしています!!

36回生入学式

4月8日(月)の午後から36回生の入学式が行われました。

風に乗って校舎の桜が舞いおどる中、240名の新入生が晴れて北摂三田高校生となりました。

在校生、職員、関係者一同、皆さんの入学を心よりお祝い、歓迎申し上げます。 

プール横にひっそりと咲く八重桜も、この日は満開でした。

新入生一人一人が担任によって呼名され、最後に校長より入学許可がありました。

期待や不安の入り混じる今日この日の気持ち、思いを忘れることなく、充実した高校生活を送っていきましょう。

吹奏楽部による歓迎演奏

令和3年度着任式・前期始業式

4月8日(木)に、着任式と前期始業式が行われました。
着任式では、まず谷口教頭から新校長である吉野浩司先生の紹介があり、その後、吉野校長から7名の職員の紹介がありました。

着任式後に前期始業式があり、吉野校長から、北三で「自分がどんな人間になるか真剣に考える」こと、そしてこうありたいという生き方が「Ambition 志」となり、自分の道を開くことになる、というお話がありました。

<北三生へのキーワード>計画された偶発性理論、好奇心、持続性、柔軟性、楽観性、積極性、志

その後、谷口教頭より新校務分掌の発表、生徒指導部の中尾先生より、講話がありました。

いよいよ新年度が始まりました。本年度もよろしくお願いします。

北三の桜

例年よりも早く、北摂三田高校の桜が満開を迎えました。

空の青に優しい淡赤色が映えて、毎年、目を奪われます。

その美しさを写真にとどめようと試行錯誤してみますが、どうしても目にうつる桜には勝てません。

この北三自慢の桜を新入生にも見せたいです。あともう少し、入学式まで咲いていてくれますように。。。

さて、本校の中でも着々と新年度の準備が始まっています。

職員室は席替えも終わり、新体制のスタートです。

毎年、北三生が進路の相談や学習の質問などをしてきた職員室前の廊下には、新しく入ったふんわりクッションがみんなを待っています。

担任は誰かな?クラスメイトはどんな子かな?など、たくさんの期待に胸を膨らませて登校してください。

私たち職員も、準備万端です。

令和2年度 吹奏楽部活動報告 ハニーFM出演

この度は、ハニーFMラジオで演奏出演させて頂けることとなり、本当に貴重な体験をさせて頂きました。このお話をいただいた時は「私たちの演奏がラジオで流れる!!」という喜びの声とともに「本番までに曲が仕上がるだろうか、、」とういう不安の声もありましたが、「ラジオを聴いて下さる方々に少しでも楽しんでもらいたい」と部員たちの思いが1つになり、とても良い演奏をすることができました。

私自身も、普段聴いているハニーFMで部員全員が揃ってまとまりのある演奏ができたと思っています。コロナ禍で大変ではありますが、私たちが演奏したYOASOBIさんの『夜に駆ける』が少しでも多くの人に届いていたらと思います。今回は本当にありがとうございました。

令和2年度 吹奏楽部活動報告 アンサンブルコンテスト

今年は夏のコンクールがなくなり、12月27日(日)のアンサンブルコンテストが“コンクール・コンテスト”という名の付く唯一のイベントでした。

コロナの影響で制約の厳しい練習ではありましたが、それまでの練習での気づきや成果を十分に発揮することができました。本校吹奏楽部としては4年ぶりに金賞をいただけました。

インターネット上での結果掲載時間には、部員が沢山祝ってくれ、2020年最後の良い締めくくりとなりました。

これからも、演奏の機会を設けて下さる皆様に感謝をして活動していきたいです。

令和2年度 吹奏楽部活動報告 アンサンブルフェスティバル

北摂三田高等学校吹奏楽部は2020年12月19日(土)に開催されたアンサンブルフェスティバルに6グループに分かれ参加しました! 今回は未曽有のウィルスによって練習時間や環境が厳しく制限されていた中での本番となり、さらには当日3日前まで定期考査に追われていましたので、短時間でどこまで質の高い演奏に作り上げられるか考え、効率の良い練習になるよう知恵を絞って練習しました。中には2つのグループを掛け持ちする人もいましたが、全員が一生懸命取り組みました。今回は講師の方々からも講評を頂きました。今後どのような技術を身に着けていくべきか、時には厳しいメッセージも頂きましたが、真摯に受け止めさらに練習に励みたいと思います。