投稿者「admin」のアーカイブ

北摂三田高等学校 32回生 進路だよりvol.49 2020.3.24

http://www.hyogo-c.ed.jp/~hokusetsusanda-hs/zaikousei/gakunen/32kai/32kai_sinrodayori.pdf

  ~「NO ACT, NO LIFE!」 みんなの未来にエールを!~

みなさんが北摂三田高校を巣立って、1ヶ月が経とうとしています。新型コロナウイルスが発生し、例年以上の健康管理が求められるなかでの受験となり、不安な日々を送っていたのではないでしょうか。卒業後も、小論文や面接などの指導のため、マスクをしながら学校に足を運び、最後の最後まで頑張り続けた人もいました。本当によく頑張りましたね。みなさんの頑張りに改めて拍手を送りたいと思います。

先日、国公立大学の中後期試験や私立大学の3月入試の結果が発表されました。32回生のみなさんも、これで全員が本年度の受験を終えることになります。今、自らの1年の取り組みを振り返ってどのように感じていますか。合格、不合格という結果はもちろん大切ですが、進路を決め、受験する学校を決めて、それにむかって懸命に努力を重ねる過程こそが、自らの人間的な成長につながるのだということを、改めてみなさんに伝えたいと思います。今回の受験を通して、これまでみなさんがあまり経験したことのなかった失敗や挫折を経験した人もいるでしょう。けれどもそれらの経験は、自らの人生にとって決してマイナスとなるものではなく、俯瞰的な視点に立てば、プラスにもなりうるものだと思います。自らの失敗や挫折とどう向き合い、どう立ち向かっていったかが、人としての器の大きさにつながっていきます。ぜひ自分の努力を肯定して、次に進む力に変えてほしいと思います。

3年間の高校生活をずっと一緒に過ごした32回生のみなさん。春からみなさんがいる場所はそれぞれ違います。大学の入学式が中止されるなど、春からもまだ平常通りの毎日ではない人もいるでしょう。なかには大学受験にむけて再び挑戦を始めている人もいると思います。でも、間違いなく、春はやってきます。例年より早く咲いた桜の花のように、32回生のみなさんが、それぞれの置かれた場所で、また自らの花を咲かせ、自らの人生を切り拓いていくことができますように。これからもずっと「Academic Challenge Time」のある人生を送って下さい。学年団一同、心から応援しています。

後輩たちに参考書を贈ろう

32回生のみなさんの中で、使わなくなった参考書を集めて、後輩たちが自由に使えるコーナーを作ろうという提案をしてくれた人がいました。その提案を受けて、卒業式の予行の時に、32回生のみなさんに呼びかけた結果、たくさんの参考書や赤本、問題集が集まりました。なかには、重たい参考書をかばんいっぱいに詰めて持ってきてくれた人もいたようです。みなさんの協力に感謝します。

みなさんが持ってきてくれた参考書は、「先輩文庫」と名付け、図書室内と図書室前の廊下(丸テーブルの隣)に設置しました。とても素敵なコーナーになりました。なお、このコーナーの本は、貸出手続きなしで後輩たちが自由に借りることができます。また、進学する学部の情報を素敵なPOPにまとめてくれた人もいました。後輩たちに暖かい思いのこもったバトンを渡すことができたと思います。本当にありがとう。

卒業式を終え、改めて伝えたいこと

マスクを着用しながら臨んだ32回生のみなさんの卒業式。例年より短縮された形で行われましたが、どんな気持ちで臨みましたか。まだ進路が決まっていない人も多く、様々な不安を抱えての卒業式だったかもしれませんが、みなさんを気持ちよく送り出してあげたいとの思いで、卒業式の準備を進めてきました。式当日の学年掲示板には様々な先生や後輩達からのメッセージでいっぱいでしたね。みなさんが温かい気持ちでこの日を迎えてほしいとの思いがいっぱい詰まったメッセージでした。たくさんの人の愛情を受け、この学び舎を巣立っていったみなさん。式の最後に「ありがとうございました!!」と大きな声で感謝を伝え、体育館から出て行く後ろ姿はとても頼もしく、あなたたちの3年間の成長を改めて実感することができました。とてもとても嬉しい気持ちで、心が満たされました。こちらこそと32回生のみなさんと出会えてよかったです。本当にありがとう。あなたたちの「感謝と決意」が伝わった 卒業式でした。

ところで、卒業式の最後にみなさんが退場する時に流れた曲を覚えていますか。昨年秋の芸術鑑賞会に来ていただいたTAEKO GLORYさんの「ひまわり」という曲です。この「ひまわり」の歌は、阪神淡路大震災後から20年間にわたって心の復興を願いながら歌い続けられており、東日本大震災の時にも仮設住宅で暮らす被災者のみなさんを励ました歌だそうです。退場の際の曲を学年団の先生と相談するなかで、この「ひまわり」の曲でぜひみなさんを送り出したいということになりました。あなたたちがそれぞれ歩んでいく人生には、色々な出来事があると思います。時にはうまくいかないこと、悲しいこともあるでしょう。そんな時、この歌詞のように、前を向いて日々を過ごしてほしいと強く願っています。みなさんの未来に心からのエールを送ります。

♪真夏の太陽と 向き合うひまわりに 負けないように 背筋を伸ばして 空に両手を拡げよう

私に出来なくて あなたに出来ること 足りないものが みんなあるから 誰かを想う愛になる

悲しい時は 泣いてください 嬉しい時には 歌をうたって

約束をして どんな時でも 決して決して うつむかないで

令和元年度(平成31年度) 文芸部活動報告

今年度は32回生(3年生)の部員が6月の文化祭をもって引退したため、34回生(1年生)の部員1名での活動となりました。人数は少ないですが県総合文化祭、ハイマートフェストにも参加しました。現部員は、掲載作品から表紙絵まで描いた部誌を発行するなど、精力的に活動しました。

〇活動報告

・兵庫県総合文化祭 文芸部門コンクール 散文部門

・部誌部門へ出品 ・部誌作成・配布    

文化祭(6月)    

県総合文化祭(10月)    

ハイマートフェスト(11月)    

冬号・新入生配布用(3月)→休校のためなし

使い捨てコンタクトレンズケース初年度回収結果とご協力へのお礼

令和元年度後期より、ボランティア委員会の新たな取り組みとして、使い捨てコンタクトレンズケースの回収を始めました。ボランティア委員の呼びかけに、生徒・教職員のみなさんからたくさんご協力をいただき、設置から4ヶ月で回収ボックスがいっぱいになりました。みなさま、ありがとうございました。

2月中旬に、2年生のボランティア委員により、回収ボックスの袋交換を行い、回収分はアイシティへ送付しました。回収されたケースは再生ポリプロピレンに再資源化され、さまざまな製品に生まれ変わります。ケースのリサイクルによって発生する収益は。全額日本アイバンク協会に寄付されます。

3月中旬に、アイシティより感謝状が届きました。みなさま、今後ともご協力よろしくお願いします。

後輩たちに参考書を贈ろう

令和2年2月28日に卒業した32回生が、素敵な取り組みをしてくれました。 使わなくなった参考書を集めて、後輩たちが自由に使えるコーナーを作ろうというものです。 この企画を計画し、本を中心になって集めてくれた川口さんありがとうございました。 3年生の先生方の協力もあり、素敵なコーナーができました。 また進学する学部の情報を素敵なPOPにまとめてくれた、城墻さんありがとうございました。 「先輩文庫」と名付け、図書室内と図書室前の廊下に設置しました。 このコーナーの本は、貸出手続きなしで借りることができます。 自由に利用してください。


華道部活動報告 1月30日(木)

先生の作品

生徒の作品

材料:あじさい、ガーベラ、菜の花

春の暖かさを感じる緑鮮やかな新芽を持つあじさいを高く生け、中心に真っ赤なガーベラを入れ、足元に黄色い菜の花を固めました。

卒業式 式場の花

卒業式のお花は、華道部全員の合作です。学校敷地内の松と、色とりどりの春の花々で式場を彩りました。

第32回卒業証書授与式

2月28日(金)は、北摂三田高等学校の第32回卒業式でした。

前日は同窓会入会式や学校表彰、そして卒業式の予行が行われ、卒業生と在校生がそろう、最後の日となりました。新型コロナウィルス感染症対策のため、卒業式当日の1年生の参列がなくなり、最後のお別れを伝える機会が減ってしまいました。全員がマスクをし、例年なら一人ずつの学校表彰も、代表者による受賞となったり、式歌や来賓の方の祝辞も省略された形での挙行でした。

卒業生・在校生・職員の全員が、短い時間でどうしたら思いが伝えられるのかを必死に考えた2日間でした。

3年間皆勤賞の表彰
学校表彰と教育振興会表彰

そして、卒業式当日。1年生は参列していませんが、2年生と職員、そして多くの保護者の方と来賓の方に見守られて、温かい雰囲気の中で卒業式が行われました。

卒業生入場
在校生送辞
卒業生答辞

卒業生が退場する際には、32回生学年団より想いを込めた歌のプレゼントがありました。芸術鑑賞会で来てくれたTaeko Gloryさんの歌う『ひまわり』です。32回生は、学年カラーも黄色で、受験生となった卒業生を勇気づけてくれた、とても思い入れの強い曲です。

♪悲しいときは 泣いてください  嬉しいときは 歌をうたって

約束をして どんなときでも   決して決して うつむかないで

卒業生退場

その先生たちの想いに、各クラスの卒業生が熱いメッセージで答えてくれます。3年間の想いのこもった声かけに、学年団の先生たちと卒業生の間にある強い絆を感じました。

保護者代表による花束
卒業生による謝恩会

32回生のマスコットキャラクター、パンダのサニーちゃんもこの春みんなと一緒に卒業しました。今も入試を戦っている卒業生もいます。みんなの心にいつでも北三があって、支えとなりますように。

♪ かたみに思ふ ちよろずの 心の端を 一言に 幸くとばかり 歌ふなり

(式歌『蛍の光』より)

第21回邦楽部定期演奏会 中止のお知らせ

 早春の候、皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 平素は、邦楽部の活動にご理解とご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。 さて、新型コロナウイルス感染症対策のため現在臨時休校となっております。 予定しております標記の定期演奏会について、様々に検討を重ねて参りましたが、 今年度につきましては残念ながら中止とさせていただきたいと思います。 応援してくださっている方々には、大変申し訳ありませんが、感染症対策のため、 なにとぞご理解とご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。

「中止」

日   時  令和2年3月22日(日)

開演時間   14時

開   場  フラワータウン市民センター         

        三田市武庫が丘7-3-1

京大-HGLC 科学者育成プログラム・アドバンストコース

 夏休みの3日間(8/7~9)の実習ののち、希望者を募ってさらに研究を続けた。7名の生徒が集まり新しいチームが結成された。目標は3月の日本天文学会ジュニアセッションでの発表とし、より専門的・発展的な研究に取りかかった。実習には京都大学大学院理学研究科のサポートにより、今田先生を中心に大学院生も加わり、定期的にスケジュールが組まれて実習が続けられた。

 今回(2/26)は、全9回のうちの7回目にあたる。研究はおおむね完了し、3月のジュニアセッションでの発表資料作りに取りかかっている。最初は手探りで不安ばかりだったチームが、自分たちの発表が形になってくるにしたがって、徐々に満足感と期待を感じられるようになってきた。この調子でジュニアセッションに向けて頑張っていきたい。

職員カウンセリングマインド研修

 2月20日(木)午後、職員対象のカウンセリングマインド研修を実施しました。  講師には兵庫教育大学大学院の有山篤利先生をお迎えし、「スポーツと部活動とAKB48」  というタイトルで講演していただきました。

① 運動部活動の現状

②運動部成立の社会的背景 と時代の変化

③教育としての運動部の実態

④運動部活動の問題を考えるために との

大きく4つに分けてご自身の経験や解析された データを基にお話ししていただきました。

 また、研修の後で色々と質問に答えていただき、 研修の内容をより深めることができました。 お忙しい中、職員研修にお越しいただき、ありがとうございました。