投稿者「admin」のアーカイブ

女子バスケットボール部 県総体 経過報告

5月11日・12日に、県総体のバスケットボール大会がありました。
女子バスケットボール部は、11日に初戦 八鹿高校と対戦しました。
第1クォーターから攻めの姿勢を崩さず、結果は66対55(14-12,22-8,9-9,21-26)と勝利し、2戦目につなぐことができました。(写真:白ユニフォーム)


顧問の丸山先生の作戦が心理面・技術面ともに選手の動きを変えていきます。
バスケットボールは、コートの上では1秒も休まない過酷なスポーツですが、一瞬一瞬の判断が試合の流れを変える頭脳スポーツでもあります。
みんなの声かけが選手の自信になって、つらい後半でもキレのある動きができました。

そして二日目は神港橘高校と対戦しました。
一日目の勢いそのままに、61対40(20-6,16-7,9-17,16-10)で勝利することができました。(写真:黒ユニフォーム)



ギャラリーからの熱い声援が選手を勇気づけました。応援ありがとうございました!

3年生は引退をかけた大事な大会です。
次は26日(日)に王子スポーツセンターで三田松聖高校と対戦します。
引き続き、応援お願いします!

男子バレーボール部 丹有地区総体 結果報告

4月28日・29日に丹有地区総体がありました。

男子バレーボール部は激戦の末、準優勝 という結果をおさめました。

そして、優秀選手賞に 鶴田 晃久 選手、 小林 勇惟 選手 の2名が選ばれました。

応援有難うございました!

北三(手前チーム)の攻撃

決まった後のハイタッチ!

優秀選手賞 小林 勇惟選手 のトス

優秀選手賞 鶴田 晃久選手 のスパイク

情報モラル講演会

5月13日(月)に1,2年生を対象にした情報モラル講演会がありました。
NIT情報技術推進ネットワークから 嶋田 亜紀 様をお迎えし、スマホやタブレットの安全な使い方についてお話を伺いました。
実際に表示される画面をスクリーンに映していただき、生徒たちは用意した自分のスマートフォンなどの画面と見比べながら熱心に話に聞き入っていました。
デジタルネイティブといわれる現代の高校生にとっても、身近なツールに潜む危険を自分のこととして感じることができる貴重な機会となりました。
毎年講演をお願いしていますが、毎年更新される最新情報にはっとさせられっぱなしの一時間でした。
便利なインターネットですが、人も自分も傷つけることなく安全な利用を心がけたいです。

コーラス部(5月10日)活動報告

北摂三田高校コーラス部です。
今年は2,3年生3名に、新1年生が1名が加入し、さらにパワフルになった歌声を届けようと北摂祭に向け、日々練習中です!

ピアノを使った発声練習 自分たちで決めたルーティーンを行います。

心和らぐ声のハーモニーを楽しみにしてください!

女子バスケットボール部 丹有地区大会 結果報告

4月28日29日に、丹有地区高校総体バスケットボール大会がありました。
女子バスケットボール部は、初戦 篠山産業高校と対戦しました。
第1、第2、第3クォーターと徐々に点差を離されてしまう苦しい戦いになりましたが、最後まであきらめず粘り、ラストの第4クォーターでは怒涛の追い上げを見せました。
結果は53対60(12-18、11-14、11-16、19-12)と破れてしまいましたが、選手たちの胸に何か一石を投じた試合になりました。

仲間を信じて打つ!

ゴール下まで切り込みます!

落ち着いてフリースローを決めます!

パスカットからの速攻!

勝つことを信じて作戦を立てます

3ポイントシュートが決まると大きな歓声が!

続く29日の5位決定戦では有馬高校と対戦し、45対16(9-3、13-2、15-4、8-7)で勝利することができました。
2日間にわたる熱戦に、応援ありがとうございました!

陸上競技部 丹有総体 報告

男子3連覇! 女子3連覇!
男女アベック優勝 3連覇!

男子400mH 大会新記録
女子三段跳 大会新記録

県大会に23名が参加します。

表彰式↑

5月11日(土)~12日(日)に三木防災公園陸上競技場で行われました、第72回  丹有地区高等学校総合体育大会陸上競技対校選手権大会において、男女アベック優勝3連覇することができました。
“一人一人が1点でも得点に絡むこと”。“ベスト記録を目指すこと”。その積み重ねが、男女アベック優勝3連覇という答えに結びついたと思います。
この大会で県大会出場資格を得た男子15名、女子8名は、丹有地区の代表として出場することを忘れずに、また出場できなかった仲間の分までも、ユニバー記念陸上競技場で輝いてほしいと思います。
“勇猛果敢” 県総体でこそ、実践してほしいと思います。   顧問

女子硬式テニス部日誌「総体団体戦」

平成31年4月27日(土)園田学園テニスコートにて、総体の団体戦が行われました。
総体の団体戦は、シングルス2本、ダブルス1本の団体戦形式で行われ、これは3年生にとって最後の団体戦となります。

初回戦は、松陰高等学校との試合となりました。この試合は、いずれの試合も何とか勝つ事ができ、3勝0敗で勝ち上がる事ができました。次の対戦は、県第3シードの園田学園との試合となりました。園田学園との対戦は、3年生の2人をダブルスに回し、ダブルスを取りに行きましたが、わずかに及ばず、0勝3敗で敗退となってしまいました。

この日の日程を終了した後、園田学園からお誘いをいただき、16時くらいまで練習試合をさせていただきました。大会自体で、学んだ事も多かったですが、普段中々できないような相手と練習試合をさせてもらう事ができ、とても有意義な一日になりました。



朝早くからコート整備をして大会の運営をして下さっただけでなく、練習試合までさせて下さった園田学園の選手・顧問の先生方、応援に来て下さった保護者の方々、本当にありがとうございました。

次は、総体の個人戦です。本戦出場を目指し、全力で突き進みたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします。

女子ソフトテニス部 春季北摂大会

女子ソフトテニス部活動報告vol.2

4月29日(祝・月)、本校にて春季北摂大会が開催されました。この大会は三田市・宝塚市・伊丹市・川西市を中心に北摂地区の高校が集まって行われる強化大会です。今回は本校が会場校となり6面あるコートを使って実施されました。
 

会場校となるのが初めてであったため準備が慌ただしかったですが、本校の部員たちが積極的に自身の役割を果たしてくれました。当日は朝早く7時頃に集合してコート整備や会場設営、誘導などを行ってくれたおかげで円滑に進行することができました。準備は大変ですが、こういった経験は非常に貴重であり、物事をどう捉えるか次第で行動も変わってくるという事を考えさせられる良い機会になりました。
 
当日は雨天中止が心配される天気予報となっていましたが、なんとか午後3時過ぎまでは天候がもってくれたおかげでベスト4まで試合を進めることができました。その結果、本校の小野寺・池谷組もベスト4に進出し最後まで残りました。準決勝と決勝を行うことができなかったのが残念でしたが、翌日の総体個人戦につながる練習機会となりました。

華道部活動報告 5月9日(木)

 先生の作品

材料:リアトリス、リュウカデンドロン、ヒペリカム

初夏を象徴するリアトリスを高く生け、中心にオーストラリア原産のリュウカデンドロンを入れ、足元に珍しい白色の実が鮮やかなヒペリカムでまとめました。

 生徒の作品

理科部 活動報告

4月29日(月)、県立宝塚北高校で行われた自然科学部研修会に参加しました。
実習1「テーマを広げてみよう」では、グループごとにブレインストーミングを行い、互いの研究内容に意見を出し合いました。
実習2「ポスターを見て学ぼう」では、他校の発表ポスターを見て、作る上での注意点や工夫点を学びました。
実習2の後半で模擬ポスターを修正してみました。
こういう機会に他校の研究に触れ、各校の良いところをシェアできる事はとても大切なことです。
今日の研修で学んだことを、今後の研究に活かしたいと思います。

各班でブレインストーミング

経験者の先輩から貴重なご意見

ポスターの改善点を相互発表