育友会」カテゴリーアーカイブ

育友会 四校交流会

11月26日(木)、まちづくり協働センター多目的ホールにて、三田市内県立高等学校育友会(PTA)四校交流会が開催されました。今年度は新型コロナウィルスの感染防止のため、講演会のみの開催となりました。

講演会には落語家の桂文喬氏をお招きして、『夢は叶う!思い込みとやさしさがあれば~飽きず、焦らず、諦めず~』をテーマに、ご自身の子育てや落語家になるまでの経験から、『無条件の肯定的な関心』を持って子どもたちと向き合う大切さをご講演いただきました。

また、講演会第2部として、ご自身の入院体験をもとに落語を公演していただきました。

生で観る落語は、息付く暇もないほどの迫力があり、コロナ禍で下向きになりがちな日常を、しばし忘れるほど楽しい時間となりました。

今年度の懇親会は中止となりましたが、三田市内の県立高校四校の先生方、育友会役員が集い、あらためて四校力を合わせて乗り越えようと確認できる場となりました。

育友会 自転車点検

11月26日(木)、兵庫県自転車協同組合三田支部の方々に協力いただき、自転車点検を行いました。結果は下記報告のとおりです。

 生徒の皆さんの自転車には、点検結果を記載した黄色のタグを付けました。

要整備にチェックが記されている場合は、できるだけ早く自転車を整備してください。

 準備から集計まで手際よく進めてくださった生徒指導部の皆さん、お手伝い下さった学年部、国際理解推進部の皆さん、ありがとうございました。

大切な命を守るため、交通ルールを守り、時間に余裕を持って自転車に乗りましょう。

ブリヂストンサイクル(株) 製(2003年9月~2015年5月製造)及びヤマハ発動機(株)製(2004年10月~2015年1月製造)の、ハンドルロック「一発二錠」を搭載した自転車・電動アシスト自転車について、リコールが実施されています。 対象の自転車をお持ちの方は、各社のHP等で詳細を確認のうえ、至急対応をお願いします。  

9月12日(土) 育友会美化活動

朝8:30より約1時間、通学路のごみ拾いや、学校周辺の草引きなどの美化活動を行いました。
教職員や育友会員をはじめ、今年は野球部、男子バスケット部、吹奏楽部、コーラス部、剣道部、柔道部、生徒会も加わり総勢約145名の参加となりました。

 通学路の掃除では、ペットボトルや空き缶だけでなく、「壊れた傘を見つけたー」、「眼鏡が捨てられていました!」とさまざまなごみを拾って来てくれた生徒もいました。
また、地域住民の方に元気に挨拶をする生徒の姿も見ることができました。
活動終了時間には、ごみが山のように集まりました。
これで来週のオープンスクールを気持ちよく迎えることができます。

 参加者からは、
「いいお天気の中、生徒さん保護者の皆様共に要領良く、雑草抜きやゴミを拾って綺麗になりました」、「来週のオープンスクールを気持ちよく迎えられる準備ができ良かったです」との声をお聞きしました。

 今年度は育友会活動のほとんどが実施できないなかで、美化活動が開催できて本当によかったです。
残暑厳しい中、朝早くからご協力してくださった皆様、本当にありがとうございました。

育友会 進路セミナー

去る8月29日(土)、ウッディタウン市民センター大集会室にて育友会進路セミナーを開催いたしました。
今年度は、講師に駿台教育研究所 飯田 哲司氏と、ファイナンシャル・プランナー 長尾 公二氏をお迎えし、約2時間半にわたり貴重なお話をしていただきました。

まず、飯田 哲司氏には『大学入試の現状と受験生をもつ保護者の心構え』と題して、大学入試の現状と保護者の心構えと役割についてお話をしていただきました。
近年、受験生の安全志向が高まり、入りたい大学より入れる大学を選ぶ傾向にあるが、入りたい大学に向け最後まで諦めずに努力を続けることが大切であること、また模試の判定だけにとらわれすぎないなど保護者として知っておくと良い点をお話しいただきました。また、子どもを他と比べないことや、タイミングよく励ますことの大切さなど、改めて気付かせていただきました。

長尾 公二氏には、『進学に必要なマネープラン講座』と題して、大学進学に必要な費用の額と、利用できる奨学金や教育ローンについて、ご自身が奨学金を借り返した経験をもとに具体的にお話しいただきました。子どもの将来に大きくかかわる問題であり、進学費用について子どもと話合うことも必要だと教えていただきました。

子どもたちを取り巻く環境が変化するなかで、子どもの話に耳を傾け、しっかり向き合い、後悔しない選択ができるように、親としてどのようなサポートが必要なのか考える上で有意義なセミナーでした。

育友会 会長挨拶 

新会長挨拶

 今年度、育友会会長をさせていただきます林政徳と申します。
 昨年副会長を経験し、子供達の学校生活を支えるためにも育友会活動が本当に大切だと実感致しました。引き続き、大変な時期ではありますが、子供達の笑顔のためにも精一杯サポート出来るように活動していきたいと思います。
 ご迷惑をおかけすることもあると思いますが、皆様と一緒に乗り越えていきたいと思いますので、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

育友会 兵庫県公立高校PTA連合研究大会

11月30日土曜日に、兵庫県公立高校PTA連合研究大会が神戸市中央区の神戸芸術センターで開催されました。

本校からは校長先生と本部役員4名が参加致しました。

開会式の後、ヒューマンコミュニケーション代表取締役 村松順二氏の『親子の生活の質を向上させる脳と言葉の使い方』の講演がありました。

講演の最初に、講演中メモを取らず公演をしっかり聞き、時々質問を投げかけられたら口に出して答えて下さいと指示があり驚きもありましたが、その分聴くという事に集中した90分間でした。

人が持つ潜在意識=無意識の行動が実に人間の行動の95%を占めていて、日々マイナスな事ばかり唱え続けるとマイナスに引っ張っていかれてしまう。 逆に日々プラスな事ばかりを唱え続けるとプラスに引き寄せられる

この事は自分自身にも他者に対してもあてはまるそうです。

子供に対してついマイナスな言葉を投げかけてしまっている事に反省をしました。

私達親は子供の為と思い子供に話しをしても子供に煩いと言われてしまう事 経験ありませんか。 もしかすると、「〜してはダメ」など、否定的な言葉を投げかけていませんか

脳は否定を受け付けないそうです。

そして

伝えた事が伝わるのではなく伝わった事が伝えた事

せっかくの思いも相手に伝わらなければ意味がありません。

伝え上手になるには聞き上手になる事

①あいづち②話を遮らない③共感④褒める

この4つを心がけるだけで随分違うそうです。

言葉の持つ力と同じくらい大切な事それは、

話し方、見た目(しかめ面だと近寄り難いですね。)この3つどれも必要不可欠です。

子供との関係ももちろんですが、人間関係を見直す良い機会となり

大変有意義な時間を過ごす事が出来ました。


育友会 自転車点検

11月20日(水)、兵庫県自転車協同組合三田支部の方々に協力いただき、自転車点検を行いました。結果は別紙報告のとおりです。
生徒の皆さんの自転車には、点検結果を記載した黄色のタグを付けました。
要整備にチェックが記されている場合は、できるだけ早く自転車を整備してください。

準備から集計まで手際よく進めてくださった生徒指導部の皆さん、お手伝い下さった学年部、国際理解推進部の皆さん、ありがとうございました。

大切な命を守るため、交通ルールを守り、時間に余裕を持って自転車に乗りましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

自転車点検実施結果

 

ブリヂストンサイクル(株)が2003年9月から2015年5月に製造した、ハンドルロック「一発二錠」を搭載した自転車・電動アシスト自転車について、リコールが実施されています。対象の自転車をお持ちの方は、ブリヂストンサイクルのHP等で詳細を確認のうえ、至急対応をお願いします。

育友会 四校交流会

第1部 講演会には元朝日放送(株)デジタルメディア局長の 戸倉信吉氏をお招きし、ご講演いただきました。 ペリーの歴史と合わせて現代の放送、通信を考える貴重な時間でした。 今はSNS等で知らない人とつながることができる時代です。 良いこともありますが、犯罪に巻き込まれることもあります。 子供達には慎重に取り扱うように、声掛けをしなければならないと思いました。

第2部 懇親会は四校の校長先生をはじめ、先生方と各校の育友会役員が食事をしながら交流を深めました。 普段お話ができない先生方と、有意義な時間を過ごすことができました。

 

育友会 観劇研修

10月21日に宝塚歌劇 月組公演の「I AM FROM AUSTRIAー故郷は甘き調べー」を観劇しました。宝塚を観るのは52年ぶりという教頭先生にもご参加いただき、総勢58名での観劇です。

現地にて集合したあとは、大劇場3階のエスプリホールにて懇親会です。お箸袋やおしぼりにもタカラヅカのロゴマークが入ったお弁当をいただき、お喋りを楽しみました。
今回はPTA特別プランということで、「宝塚の殿堂」の入場券がついており、食事後に見学に行った方も。殿堂では、豪華な衣装やスターの写真を楽しんだり、羽根を背負って宝塚スターになりきったりできます。

13時になり、いよいよ開演です。
今回の公演は、日本初演の話題作。主人公が自分らしく生きようとするなかで、愛する人と出会い、成長していくミュージカルです。コメディ作品ではありますが、恋愛だけでなく、親子愛や故郷への愛も描かれており、最後にはジーンとくる場面も。主演のトップスター珠城りょうさんの温かい演技と、2番手スター月城かなとさんのかっこよさが印象的でした。30分間の幕間を挟んで16時に終演、解散となりました。
終演後には、「圧倒されました! すばらしかった!」と興奮ぎみに話されていた教頭先生をはじめ、「楽しかった」「ハマりそう」「思わずプログラム買っちゃった〜」「たま様(珠城りょう)素敵!」「れいこさん(月城かなと)かっこいい!」という絶賛の声が多く聞けました。
皆さんが非日常の夢の世界を楽しまれたようでした。

観劇研修に多数ご参加くださいまして、ありがとうございました。また、事前の準備等で大変お世話になりました研修部の皆さまに、この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。
   

北摂祭 体育の部 (午前の部)

本日は 北摂祭 体育の部 です。

本年度は全プログラムにタイトルがつき、みんなの熱を伝えてくれます。
天候にも恵まれ、さわやかな秋晴れです。

開会式

1.全校体操「全全全体操」

係のスタンバイOK!

2.障害物競走「ハッスル!ハッスル!」

           

3.1000MR「リレー時々勝利のち笑顔」

     

4.棒引き「負けられない戦いが今ここに」

   

5.スウェーデンR「100から始まるスウェーデンリレー」

   

6.玉入れ「この世界の玉入れに」

育友会も参加して1回戦目。赤白に分かれて勝ったほうの得点に加点されます。

高校生用の背の高い網に向かってたくさん投げ込んでいただきました。ご参加ありがとうございました!

2回戦 1年生、3回戦 2年生、4回戦 3回生、5回戦 お片付け戦でした。

  

7.綱引き「Tunatuber」

           

一つの綱のまわりでさまざまなドラマがあり、その結果3年4組が優勝しました!

圧倒のパフォーマンスを見せてもらいました。

生徒の皆さん、午前の部、お疲れさまでした。午後も頑張りましょう!