SGH」カテゴリーアーカイブ

高大連携 in 京大

11月4日(土)、京都大学の百周年時計台記念館で行われた平成29年度高大連携課題研究合同発表会in京都大学で、2年生人間科学類型の生徒2名が発表をしました。
記念講演を聞いたあと、1分間プレゼン・ポスター発表を行いました。グループで参加している学校が多いなか、個人研究という形でしたが、2人ともしっかりと発表ができ、京都大学の教授や学生から質問やアドバイスをいただきました。学校なかだけでは経験できない貴重な体験となりました。その後、グループ討議を行い、全体講評で終わりとなりました。



今回の体験をクラスのみんなに伝えるとともに、しっかりとフィードバックを行い、来年7月の発表に向けて頑張りましょう。

3月19日(日) SGH甲子園

3月19日(日)、関西学院大学上ヶ原キャンパスにおいて、全国スーパーグローバルハイスクール課題研究発表会として「SGH甲子園」が開催されました。今年度の参加校は、SGH指定校とSGHアソシエイト校を含めて計84校(プレゼンテーション25グループ、ポスター発表209グループ、グループディスカッション18人)と大規模な開催となりました。本校からも2年生2グループ、1年生1グループがポスター発表部門で参加しました。

それぞれのグループの発表テーマは以下の通りです。
2年生
発表テーマ:「よりよい」紙飛行機について
飛行距離・滞空時間で、ギネス記録を超えられるような紙飛行機をつくるにはどうすればよいかを考える研究です。

2年生
発表テーマ:「日本人としての私」~国際観を創造する~
日本人の「英語を向上させる」「異文化理解を通して国際性を高める」「日本独自の国際観を創造する」ことを目標とした研究です。

1年生
発表テーマ:高齢者と若い世代をつなぐ
三田市の高齢化対策として、他市で行われている高齢者ボランティアポイント制度を参考に、高齢者だけでなく学生を参加させた三田版の実現を目標とした研究です。

ポスター発表が始まる前は、生徒たちは緊張した面持ちでしたが、いざ発表が始まると、どのグループも堂々と説明をしており頼もしいかぎりでした。ポスター発表を初めて経験する生徒も発表を繰り返すうちに、説明の仕方や質疑への受け答えも上手くなり、どの生徒からも課題研究に対する熱意がとても感じられました。

ポスター発表の後には高校生交流会が行われました。本校の生徒も他校の生徒と積極的にコミュニケーションをとり、同じように課題研究に取り組む高校生同士、今後の取り組みのためになる意見交換がさかんに行われていました。
この大会に参加したことは、2年生にとっては最後の課題研究発表会に向けて、1年生にとっては今後の課題研究に向けて、とてもよい経験になったと思います。