部活動」カテゴリーアーカイブ

柔道部 夏季練習報告④

 お盆休みを終え、8月18日から練習を再開しました。この期間は遠征期間の課題を9月以降の大会に向けてクリアしていくこと、自分自身の技を基本からもう一度見直すことをテーマにしています。
18日は本校のOB・OGの先輩方が練習に来てくださいました。OGの先輩方は過去に近畿大会に出場したこともあり、現役の後輩たちにとっても非常に良い刺激が得られました。また機会を見つけて顔を出してくださるとのことでしたので、よろしくお願いします。
24日は夏季練習締めくくりの一つとして1年生チームと2年生チームに分かれて部内試合を実施しました。審判・計時などの業務も生徒が行い、ルールの確認や日頃の練習成果を試しました。結果は2年生の先輩が意地を見せて勝利となりました。
 
26日はゆりのき台中学校が来校してくださいました。中学生に丁寧にかつ分かりやすく教えながら、自分の柔道を見つめなおすことができたのではないでしょうか。27日は工事の関係で八景中学校にお世話になりました。
28日は稽古納めです。リニューアルされた柔道場で初めての稽古をしました。新しい畳で気持ちもリフレッシュすることができ、よい稽古納めとなりました。

9月からはいよいよ大会シーズンとなります。まずは9月末の丹有新人大会で男女両方団体戦優勝・個人戦は全員県大会出場できるよう、勉強と両立しながら日々の稽古の質を高めていきます。

最後になりましたが、夏休み中本当にたくさんの方々にお世話になりました。人と人とのつながりに感謝しながら今後も活動を続けていきます。ありがとうございました。

女子硬式テニス部日誌「三田市ダブルス大会」

令和元年8月22日(木)下青野テニスコートにて、三田市ダブルス大会が行われました。三田市ダブルス大会は、三田市内の学校のみで行われるダブルスのローカル大会です。本校にとっては、合宿でダブルスの練習を多めにやってきた成果を試す大事な大会となります。
朝7時に集合し、コートを3面借りて1時間練習した後、大会に臨みました。




本校のペアでは、松岡・川岸ペアと松本・高階ペアがベスト4に残り、松岡・川岸ペアは三田学園のペアと決勝戦を、松本・高階ペアは三田祥雲館のペアと3位決定戦を行う事になりました。
松本・高階ペアは、序盤にペースを掴み4-1でリードするも、一度流れを逃し、4-3まで追い上げられましたが、そこから逃げ切り3位入賞を果たしました。



松岡・川岸ペアの相手は、新人戦でも本戦に出場しているペアで、今大会でも決勝戦まで1ゲームも与えずに勝ち上がってきていました。そんな相手に、序盤は接戦を繰り広げ4-4まで拮抗したゲームが続きました。しかしこのゲームで三田学園の選手が力で押し切り、4-5にされてしまいました。流れが三田学園に傾きかけた4-5のゲームでは、本校の選手にもう少しリスクを負って流れを引き戻す積極的なプレーが要求される場面でしたが、もう一つ壁を乗り越える事ができず、そのまま4-6で負けてしまいました。



残念な部分もありましたが、結果として松岡・川岸ペアが準優勝、松本・高階ペアが3位という事で表彰されるベスト3までに、本校のペアが2ペア入る事ができ、一定の成果をあげる事ができたと思います。
また1年生で軟式テニスの経験もない、全くの初心者同士のペアが初勝利を挙げた事も見逃せない成果だったと思います。



次の大会は、8月31日(土)から行われる個人戦、夏季ジュニアテニス選手権大会です。新人戦よりも、本戦の切符の数が少ない厳しい大会です。夏休みで付けた力を存分に発揮して、本戦目指して頑張ってほしいと思います。



今年の三田市ダブルスは、三田市テニス協会のご協力のもと、三田松聖の先生が中心になり、三田市各校の顧問の先生方の運営によって行われました。準備撤収に三田松聖の選手たちも協力してくれました。また株式会社ムーブの方もレッスンコーチとして参加して下さいました。そして、たくさんの保護者の方々が送迎や応援に駆けつけてくれました。本当にありがとうございました。
今後もたくさんのご支援を感じながら、成長を続けていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

三田市ダブルスの結果はコチラ

女子ソフトテニス部 夏季北摂大会 個人 優勝

女子ソフトテニス部活動報告vol.11

8月20日(火)、伊丹市の住友総合グランドにて第89回北摂地区高校ソフトテニス大会が開催されました。新人戦に向けた研修大会の位置づけで実施されており、伊丹市・宝塚市の高校を相手にオムニコートで実戦経験を積むことができました。直前まで雨が降り開催自体が危ぶまれましたが天候が持ち直したことで何とか開催することができ良かったです。

この大会で、小野寺・池谷組が初優勝を果たしたほか、鈴木・西組が第3位に入賞しました。前回はベスト4進出時点で雨天中止となってしまい残念でしたが、今回は決勝まで行えて優勝を勝ち取ることができました。

お盆前に開催された丹有選手権の結果やプレースタイルなどを見て、久しぶりにペア変更を行ったペアもありましたが、出場した全てのペアが1勝以上するなど慣れない中でも声をかけあって試合展開していたのが印象的でした。

女子ソフトテニス部 神戸甲北との練習試合

女子ソフトテニス部活動報告vol.10
8月18日(日)、本校にて神戸甲北高校と練習試合を行いました。お盆明けの時期に神戸甲北高校と練習試合をさせていただくのは3年連続で、毎年暑い中での練習試合となりますが、今年は特に台風一過で湿度が高い中での実施となりました。

秋季北摂大会が2日後、新人戦が3週間後と迫る中、お盆休みを挟んで久しぶりにゲーム感覚を取り戻し、暑い中でのゲーム展開についていけるよう体力を取り戻すための良い練習機会となりました。お盆前の大会での反省点を活かし、次の大会へとつないでいくためにペアでの連携確認や積極的なゲーム展開・プレーをしていたのが印象的でした。

地区が異なるため新人戦では県大会の舞台で共に戦えるよう互いの健闘を祈って練習試合を終えました。遠いところから来ていただき、ありがとうございました。

陸上競技部全国総体報告

祝!全国高等学校陸上競技対校選手権大会

祝!全国高等学校陸上競技対校選手権大会

女子走高跳 第7位 3年 井上紗耶加(2年連続入賞)

先日、沖縄県で行われた全国インターハイで走高跳に出場しました。自己ベスト更新と優勝を目標にしていましたが、どちらも叶わず7位という結果でした。結果だけを見ると、去年より劣っていますが、この大会で優勝したい、日本一になりたいという思いで、冬にウエイトを強化したり、跳躍練習をした日には反省をノートに書き出したり、今までで一番走高跳という競技と向き合って練習してきました。その思いで練習してきただけに、今回の結果は悔しくて仕方ありません。

また、時間を割いて多くの時間ご指導していただいた顧問の先生には、感謝の気持ちでいっぱいです。普段一番近くで支えてくれる家族、一緒に練習してくれたチームの仲間、応援してくれる友人にも、本当に感謝しています。私はこの結果を無駄にはしたくありません。残りの近畿選手権とU20日本選手権でしっかりリベンジできるように、また練習を積もうと思います。そして、結果を出して恩返しがしたいです。応援ありがとうございました。今後も応援宜しくお願いします。

兵庫県立北摂三田高等学校 陸上競技部 3年 井上紗耶加

熊本インターハイ出場 水泳部

8月17日(土)から20日(火)にかけて、アクアアリーナくまもと(熊本県熊本市)で日本高等学校選手権水泳競技大会競泳競技が開催されました。本校から上田幸歩(かみたゆきほ 2年)が女子800m自由形に出場しました。記録は9′03″44(第18位)でした。自己ベストは更新できませんでしたが、各地方の予選を勝ち上がった精鋭が集うこの全国大会で自分の力を試すことができたことは、とても大きな経験になりました。

女子硬式テニス部日誌「合宿」

令和元年8月19日(月)~21日(水)、青野運動公園テニスコートにて、北摂三田高校と伊丹西高校、県立伊丹高校の3校による合同合宿が行われました。

例年、朝から晩までテニス漬けで、初日は昼練習が終わった後、夕食後ナイターで練習も行っています。今年は、本戦からの参加など、行程が複雑で疲れた人が多かったのではないでしょうか。




2日目は、朝6時半に集合し、ジョギングの後、朝練習も行いました。



2日目の午前にダブルスの練習を行った後、午後からダブルスの練習試合を中心に行いました。

2日目の晩御飯は、バーベキューです。おいしく頂きました。晩御飯の後は、花火もしました。




3日目、午前中にシングルスとダブルスの練習試合を行い、午後は15時まで仕上げの練習。


その後片付けを行い、フロントにご挨拶の後、16時半過ぎには学校に到着しました。



まさにテニス漬けの3日間でしたが、22日(木)に行われる三田市ダブルス大会に繋がる有意義な練習がたくさんできたと思います。しんどかったけど、充実した合宿になったのではないでしょうか。

最後に、3日間お世話して下さった青野スポーツホテルの皆さん、練習を見て下さった伊丹西、県立伊丹の顧問の先生方、送迎して下さったバスの運転手さん、本当にありがとうございました。この合宿で身に付けた事を、今後の試合や練習に持ち帰り、自分のチームのレベルアップにつなげていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。

女子硬式テニス部日誌「新人戦個人戦本戦」

令和元年8月19日(月)赤穂海浜公園にて、新人戦個人戦本戦が行われました。




本校からは、予選ブロックで優勝した松岡さん、川岸さん、瀬戸さんがシングルスに、松岡・川岸ペアがダブルスに出場しました。


最初はダブルスから行われ、初戦は強豪啓明学院のペアとの対戦となりました。最初のゲームで積極的に前衛が動き、順調にキープできましたが、次のゲームはいい流れではあったものの、ミスが続き相手にサービスをキープされてしまいました。しかしミスの内容は悪くなく、このまま強気で臨んでいけば良かったのですが、少しミスを引きずってしまい、少しずつプレーが消極的になってしまいました。その結果6-2で敗退してしまいました。



次はシングルスでした。松岡さんは宝塚東高校の選手と対戦し、瀬戸さんは伊丹西高校の選手と対戦しましたが、惜しくも敗退してしまいました。川岸さんは、初戦で兵庫高校の選手と対戦し、勝利しましたが、次の試合で啓明学院に敗退してしまいました。川岸さんは、何とか本戦で1勝を飾る事ができ、まずまずの結果だったのではないでしょうか。



本戦では予選より1ランク上の戦い方が要求されます。精神的にもより積極性が必要です。この体験を、自分の殻をやぶるきっかけにして欲しいと思います。これから、赤穂を出発し、青野スポーツホテルでの合宿に直行します。ここでの体験を合宿の練習にフィードバックし、さらなる飛躍につなげて欲しいと思います。

最後に、新人戦本戦を運営して下さった西地区の顧問の先生方、応援に来て下さった保護者の方々、テントに一緒に入れてくれた三田学園の方々、本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。

女子ソフトテニス部 丹有選手権 団体戦 優勝2連覇

女子ソフトテニス部活動報告vol.9
 8月9日(金)、下青野テニスコートにて丹有選手権の団体戦が開催されました。昨年の同大会で優勝を果たしたため、開会式では優勝盾の返還を行いました。この優勝盾を再び持ち帰ることを目標に一致団結して戦いを進めていきました。

前回大会覇者として追われる立場となり、若干緊張の面持ちが見受けられましたが、予選リーグを無事勝ち上がり、決勝リーグでは強敵の祥雲館と柏原に何とか勝利することができ、団体優勝・大会2連覇を果たしました。

 昨年はこの大会で優勝を果たしながらも肝心の新人戦で地区4位となってしまい悔しい思いをしました。今年は新人戦でも優勝することを目指して気を引き締めて練習していきます。

女子ソフトテニス部 丹有選手権 個人戦 優勝

女子ソフトテニス部活動報告vol.8
 8月8日(木)、下青野テニスコートにて丹有選手権の個人戦が開催されました。この個人戦は地区新人戦のシードをかけた争いで、まさに新人戦の前哨戦ともいえます。

 この大会で小野寺・池谷組が初優勝を果たしました。前日に行われた県民大会での県ベスト16入り、近畿大会に向けた県新人戦でのシード権確保の勢いそのままに、これまであと一歩で手が届かなかった地区優勝の栄冠を手にしました。

また、サーブが好調で粘り強い戦いを見せた井上・濱渦組、パッキンに入りながらも第4シードを撃破して怒涛の快進撃を繰り広げた今北・松本組がベスト8に入りました。この結果に満足せず、新人戦での躍進を期待しています。