女子バスケットボール部」カテゴリーアーカイブ

令和元年度 第43回丹有選手権 男女バスケットボール部 結果

第43回バスケットボール丹有選手権が、10月5,6日の2日間で行われました。

11月に行われる県新人予選のシード権を決める予備戦を兼ねた重要な大会です。

男子

10月5日(三田松聖高等学校)

1部トーナメント1回戦 北摂三田高校 75 VS 71 三田西陵高校

第3クォーター終了まで負けている劣勢の展開ながらも、第4クォーターで逆転し、勝利を収めることが出来ました。

1部残留決定。

10月6日(三田松聖高等学校)

1部トーナメント決勝戦 北摂三田高校 55 VS 89 三田松聖高校

1部準優勝

強豪相手に僅差で粘りましたが、惜しくも敗戦。前回のウィンターカップ予選の時より点差を縮め、強豪相手に堂々と渡り合うことが出来たことは収穫です。

この経験を糧に今月26日からのウィンターカップ兵庫県大会に向けて精進してまいります。

女子

10月5日(三田松聖高等学校)

1部トーナメント1回戦 北摂三田高校 48 VS 62 三田松聖高校

強豪校相手に終盤まで僅差の試合で、最後まで相手を苦しめましたが、惜しくも敗れてしまいました。ウィンターカップ兵庫県大会に向けてのよい経験となりました。

10月6日(三田松聖高等学校)

1部トーナメント3位決定戦 北摂三田高校 77 VS 58 三田学園高校

1部3位決定

入れ替え戦 北摂三田高校 80 VS 58 三田祥雲館高校

1部残留決定

前回大会で1部昇格を果たし、今大会も2勝1敗の好成績で1部残留いたしました。1敗の試合も強豪を最後まで苦しめた試合で、素晴らしい試合となりました。この経験を糧にウィンターカップ兵庫県大会に向けて精進していきます。


男女結果詳細(クリックしていただくと結果詳細を見ていただけます)

 

男女バスケットボール部 令和元年度U18バスケットボールリーグHYOGO 結果

令和元年度U18バスケットボールリーグHYOGO(リーグ戦)の全日程が終了し、順位が確定しました。

男子

阪神・丹有地区リーグ1部
5勝2敗 3位 (クリックしていただくと結果詳細がご覧いただけます)

強豪私学Bチームに2敗し、残念ながら目標である県2部リーグへの入れ替え戦の出場はなりませんでしたが、この悔しさを丹有選手権・ウィンターカップ県本戦にぶつけられるよう、日々精進してまいります。

 

女子

阪神・丹有地区リーグ2部
7勝0敗 全勝1位  (クリックしていただくと結果詳細がご覧いただけます)

7戦全勝で見事2部リーグ1位の好成績を収めました。この勢いを丹有選手権・ウィンターカップ県本戦につなげられるよう、日々精進してまいります。

今年度から始まったリーグ戦でしたが、男子は1部3位、女子2部1位という成績を収めることができました。これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

男女バスケットボール部 全国選抜大会丹有地区予選結果

令和元年度全国選抜大会丹有地区予選大会が8月31日9月1日の2日間で行われました。
通称ウィンターカップと呼ばれる大会の県本戦への出場をかけた地区予選です。
丹有地区で男子4校・女子3校の出場権をかけた熱い戦いが繰り広げられました。

男子

8月31日(三田祥雲館高校)

1部トーナメント1回戦 北摂三田高校 81 対 58 三田西陵高校

1部残留とともに県本戦出場を決めました。

9月1日(北摂三田高校)

1部決勝 北摂三田高校 61 対 113 三田松聖高校

1部準優勝

強豪相手に第1ピリオドでリードを奪うも惜しくも逆転負け。この悔しさを糧に本戦に向け練習を頑張っていきます。
  

女子

8月31日(三田祥雲館高校)

2部2回戦 北摂三田高校 66 対 47 三田祥雲館高校

1部との入れ替え戦と2部決勝進出を決めました。

2部決勝 北摂三田高校 77 対 60 三田西陵高校

2部1位を決めました。

9月1日(北摂三田高校)

入れ替え戦 北摂三田高校 79 対 44 篠山産業高校

1部昇格と代表決定戦出場を決めました。ここまで2日間3試合で3連勝。僅差の試合を勝利してきています。あと1試合!!

代表決定戦 北摂三田高校 55 対 45 柏原高校

緊迫したシーソーゲームを制し、県本戦出場を決めました。2日間で4試合のハードスケジュールの中4戦全勝。選手の体力・集中力・精神力は素晴らしいものでした。

 

男女とも10月26日から行われる県本戦出場を決めました。

9月1日は本校が会場となり、数多くのご声援本当にありがとうございました。

ともに切磋琢磨し、県本戦では1つでも多く勝てるよう、これからも精進していきますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 

 

女子バスケットボール部 県総体 経過報告

5月11日・12日に、県総体のバスケットボール大会がありました。
女子バスケットボール部は、11日に初戦 八鹿高校と対戦しました。
第1クォーターから攻めの姿勢を崩さず、結果は66対55(14-12,22-8,9-9,21-26)と勝利し、2戦目につなぐことができました。(写真:白ユニフォーム)


顧問の丸山先生の作戦が心理面・技術面ともに選手の動きを変えていきます。
バスケットボールは、コートの上では1秒も休まない過酷なスポーツですが、一瞬一瞬の判断が試合の流れを変える頭脳スポーツでもあります。
みんなの声かけが選手の自信になって、つらい後半でもキレのある動きができました。

そして二日目は神港橘高校と対戦しました。
一日目の勢いそのままに、61対40(20-6,16-7,9-17,16-10)で勝利することができました。(写真:黒ユニフォーム)



ギャラリーからの熱い声援が選手を勇気づけました。応援ありがとうございました!

3年生は引退をかけた大事な大会です。
次は26日(日)に王子スポーツセンターで三田松聖高校と対戦します。
引き続き、応援お願いします!

女子バスケットボール部 丹有地区大会 結果報告

4月28日29日に、丹有地区高校総体バスケットボール大会がありました。
女子バスケットボール部は、初戦 篠山産業高校と対戦しました。
第1、第2、第3クォーターと徐々に点差を離されてしまう苦しい戦いになりましたが、最後まであきらめず粘り、ラストの第4クォーターでは怒涛の追い上げを見せました。
結果は53対60(12-18、11-14、11-16、19-12)と破れてしまいましたが、選手たちの胸に何か一石を投じた試合になりました。

仲間を信じて打つ!

ゴール下まで切り込みます!

落ち着いてフリースローを決めます!

パスカットからの速攻!

勝つことを信じて作戦を立てます

3ポイントシュートが決まると大きな歓声が!

続く29日の5位決定戦では有馬高校と対戦し、45対16(9-3、13-2、15-4、8-7)で勝利することができました。
2日間にわたる熱戦に、応援ありがとうございました!