女子バスケットボール部」カテゴリーアーカイブ

女子バスケットボール部 県総体 経過報告

5月11日・12日に、県総体のバスケットボール大会がありました。
女子バスケットボール部は、11日に初戦 八鹿高校と対戦しました。
第1クォーターから攻めの姿勢を崩さず、結果は66対55(14-12,22-8,9-9,21-26)と勝利し、2戦目につなぐことができました。(写真:白ユニフォーム)


顧問の丸山先生の作戦が心理面・技術面ともに選手の動きを変えていきます。
バスケットボールは、コートの上では1秒も休まない過酷なスポーツですが、一瞬一瞬の判断が試合の流れを変える頭脳スポーツでもあります。
みんなの声かけが選手の自信になって、つらい後半でもキレのある動きができました。

そして二日目は神港橘高校と対戦しました。
一日目の勢いそのままに、61対40(20-6,16-7,9-17,16-10)で勝利することができました。(写真:黒ユニフォーム)



ギャラリーからの熱い声援が選手を勇気づけました。応援ありがとうございました!

3年生は引退をかけた大事な大会です。
次は26日(日)に王子スポーツセンターで三田松聖高校と対戦します。
引き続き、応援お願いします!

女子バスケットボール部 丹有地区大会 結果報告

4月28日29日に、丹有地区高校総体バスケットボール大会がありました。
女子バスケットボール部は、初戦 篠山産業高校と対戦しました。
第1、第2、第3クォーターと徐々に点差を離されてしまう苦しい戦いになりましたが、最後まであきらめず粘り、ラストの第4クォーターでは怒涛の追い上げを見せました。
結果は53対60(12-18、11-14、11-16、19-12)と破れてしまいましたが、選手たちの胸に何か一石を投じた試合になりました。

仲間を信じて打つ!

ゴール下まで切り込みます!

落ち着いてフリースローを決めます!

パスカットからの速攻!

勝つことを信じて作戦を立てます

3ポイントシュートが決まると大きな歓声が!

続く29日の5位決定戦では有馬高校と対戦し、45対16(9-3、13-2、15-4、8-7)で勝利することができました。
2日間にわたる熱戦に、応援ありがとうございました!