ソフトテニス部」カテゴリーアーカイブ

女子ソフトテニス部 丹有新人 個人 優勝

女子ソフトテニス部活動報告vol.13
 9月8日(日)、下青野テニスコートにて丹有地区高等学校ソフトテニス新人大会の個人戦が開催されました。9月に入っても焼けるような厳しい暑さが続く中、県新人大会への出場をかけて戦いました。

 先月行われた丹有選手権の様子を参考にしたペア変更を行ってから初めて迎える公式戦でしたが、各ペアでよくコミュニケーションをとりながらプレーをしていました。個人戦の結果はポイントとして団体戦のシード争いに反映されるため、個人として戦いながらも団体の為に貢献しようという心意気で全員が一生懸命頑張っていました。

本大会では第1シードの小野寺・池谷組が初優勝を果たしました。地区新人大会での女子個人優勝は本校として約10年ぶりとなる快挙です。また、鈴木・西組が第3位、1年生ペアの岡田・松本組が第6位に入って県進出を決めるなど目覚ましい活躍を見せてくれました。今月末には団体戦がやってきます。団体での県進出、さらに個人・団体での県大会での勝利を目指して今後も頑張っていきたいと思います。

女子ソフトテニス部 八鹿高校との練習試合

女子ソフトテニス部活動報告vol.12

9月7日(土)、丹波の森公苑テニスコートにて八鹿高校との合同練習&練習試合を行いました。本校OBが八鹿高校で顧問をされていることから、そのつながりで今回初めて但馬地区の高校と練習試合をさせていただくことができました。

午前中は八鹿と北三の練習メニューを織り交ぜた合同練習を行いました。各校で普段行っている練習メニューを紹介しあい、協力して取り組みました。昼休憩を挟んで午後からは練習試合を3面展開で実施しました。

丹有地区は翌日に新人戦を控えており、公式戦に向けた最終調整という位置づけで各ペアが連携を確認していました。猛暑の中で久しぶりの1日練習だったこともあってか疲れが見える場面もありましたが、最後の時間いっぱいとなるまで汗をかきながらプレーしていました。
初めて但馬地区との高校とゲーム練習をさせていただき、プレー展開や前後衛の動きなど様々なことを学ぶ良い機会となりました。但馬地区は来週末に地区新人があるそうで、最後に互いに地区予選を勝ち上がって県大会の舞台で再び会うことを誓い合って1日練習を終えました。遠いところから練習試合のお誘いをしていただき、ありがとうございました。ぜひともまたよろしくお願いします。

女子ソフトテニス部 夏季北摂大会 個人 優勝

女子ソフトテニス部活動報告vol.11

8月20日(火)、伊丹市の住友総合グランドにて第89回北摂地区高校ソフトテニス大会が開催されました。新人戦に向けた研修大会の位置づけで実施されており、伊丹市・宝塚市の高校を相手にオムニコートで実戦経験を積むことができました。直前まで雨が降り開催自体が危ぶまれましたが天候が持ち直したことで何とか開催することができ良かったです。

この大会で、小野寺・池谷組が初優勝を果たしたほか、鈴木・西組が第3位に入賞しました。前回はベスト4進出時点で雨天中止となってしまい残念でしたが、今回は決勝まで行えて優勝を勝ち取ることができました。

お盆前に開催された丹有選手権の結果やプレースタイルなどを見て、久しぶりにペア変更を行ったペアもありましたが、出場した全てのペアが1勝以上するなど慣れない中でも声をかけあって試合展開していたのが印象的でした。

女子ソフトテニス部 神戸甲北との練習試合

女子ソフトテニス部活動報告vol.10
8月18日(日)、本校にて神戸甲北高校と練習試合を行いました。お盆明けの時期に神戸甲北高校と練習試合をさせていただくのは3年連続で、毎年暑い中での練習試合となりますが、今年は特に台風一過で湿度が高い中での実施となりました。

秋季北摂大会が2日後、新人戦が3週間後と迫る中、お盆休みを挟んで久しぶりにゲーム感覚を取り戻し、暑い中でのゲーム展開についていけるよう体力を取り戻すための良い練習機会となりました。お盆前の大会での反省点を活かし、次の大会へとつないでいくためにペアでの連携確認や積極的なゲーム展開・プレーをしていたのが印象的でした。

地区が異なるため新人戦では県大会の舞台で共に戦えるよう互いの健闘を祈って練習試合を終えました。遠いところから来ていただき、ありがとうございました。

女子ソフトテニス部 丹有選手権 団体戦 優勝2連覇

女子ソフトテニス部活動報告vol.9
 8月9日(金)、下青野テニスコートにて丹有選手権の団体戦が開催されました。昨年の同大会で優勝を果たしたため、開会式では優勝盾の返還を行いました。この優勝盾を再び持ち帰ることを目標に一致団結して戦いを進めていきました。

前回大会覇者として追われる立場となり、若干緊張の面持ちが見受けられましたが、予選リーグを無事勝ち上がり、決勝リーグでは強敵の祥雲館と柏原に何とか勝利することができ、団体優勝・大会2連覇を果たしました。

 昨年はこの大会で優勝を果たしながらも肝心の新人戦で地区4位となってしまい悔しい思いをしました。今年は新人戦でも優勝することを目指して気を引き締めて練習していきます。

女子ソフトテニス部 丹有選手権 個人戦 優勝

女子ソフトテニス部活動報告vol.8
 8月8日(木)、下青野テニスコートにて丹有選手権の個人戦が開催されました。この個人戦は地区新人戦のシードをかけた争いで、まさに新人戦の前哨戦ともいえます。

 この大会で小野寺・池谷組が初優勝を果たしました。前日に行われた県民大会での県ベスト16入り、近畿大会に向けた県新人戦でのシード権確保の勢いそのままに、これまであと一歩で手が届かなかった地区優勝の栄冠を手にしました。

また、サーブが好調で粘り強い戦いを見せた井上・濱渦組、パッキンに入りながらも第4シードを撃破して怒涛の快進撃を繰り広げた今北・松本組がベスト8に入りました。この結果に満足せず、新人戦での躍進を期待しています。

女子ソフトテニス部 県民大会ベスト16進出

女子ソフトテニス部活動報告vol.7
8月6日(火)神戸総合運動公園、7日(水)しあわせの村にて第73回県民大会が開催されました。主に各校から上位2番手が出場する大会でベスト32以上には新人戦などシードに必要なポイントがつきます。初日は3回戦ベスト32までを決める日程となっています。本校からは小野寺・池谷組と岡田・鈴木組が出場しました。

岡田・鈴木組は1回戦 対宝塚、2回戦 対高砂南に勝利して3回戦に進出しました。各自が目標を持って積極的にプレーをしていたのが印象的でした。こういった上位陣が集まる大会で最後まで攻めの姿勢を崩さなかったのは今後の糧になると思います。以前の練習試合で課題となっていたバックなども練習の成果が出て改善されていました。次はロブの軌道、相手バック側への深い位置への返球など練習をしていきましょう。試合は惜しくもベスト32入りを決める3回戦 対姫路商業に負け、敗退しました。この悔しさを忘れずに新人戦に挑んでいってもらいたいと思います。

小野寺・池谷組は1回戦 対神戸商業にゲームカウント0-3のマッチポイントまで追い込まれましたが、そこから諦めずにボールを追いかけ続け、3-3となった後のファイナルゲームはポイント7-0で逆転勝ちしました。追い詰められた状況でも下を向かず、元気に声を出して相手に立ち向かう姿勢が感じ取られ、気持ちで負けなかったのが大きかったと思います。
2回戦 対姫路、3回戦 対市立尼崎、4回戦 対姫路商業に競り勝ち、ベスト8を懸けた5回戦 対須磨学園ではインターハイに出場した3年生ペアを相手にファイナルゲームの5-7ポイントまで粘りましたが、あと一歩及ばず敗退となりました。しかし、ベスト16進出を果たすことができ、16ペアが近畿大会へ出場できる県新人でしっかりと近畿出場を見据えることができる位置まで来ることができました。

小野寺・池谷組は、これまで県大会に進出はするものの初戦敗退が続いていましたが、本大会での追い詰められても最後まで諦めずに逆転勝ちを掴み取る姿に一段の成長を感じました。全5試合の内、4試合がファイナルゲームとなる中で強敵を相手に多くのことを勉強させてもらいました。
8日(木)からは地区の新人戦シードをかけた選手権大会が始まります。猛暑の中で連日の公式戦となりますが、本大会の経験を活かし、気を引き締めて臨んでもらいたいと思います。

女子ソフトテニス部 県西・県伊・宝西との4校合同練習試合

女子ソフトテニス部活動報告vol.6

8月3日(土)、県立西宮高校にて県立西宮・県立伊丹・宝塚西高校と4校合同練習試合を行いました。猛暑の中、夏の大会や新人戦に向けて良い練習機会となりました。県民大会に出場予定の各校上位2番手までの総当たりリーグを2面展開、3番手以降の総当たりリーグを3面展開で実施しました。

 夏休みに入って練習時間が増えてきた中での練習試合となったので、公式試合前に普段の練習の成果を試す場とすることができました。日差しが降り注ぐ暑さの厳しい日となりましたが、それに負けないように声を出して機敏に動くことができていました。熱中症予防のために水分補給の声かけを互いに行うなどチームとしての結束力も高まってきたと思います。本校とは3校とも異なる地区に所属しているため、公式試合では県大会以降でしか対戦できない相手とたくさんのゲームをできました。その分、収穫も多かったと思います。

会場となった県立西宮高校の顧問の先生や選手の皆さんには事前準備をしていただき、ありがとうございました。また、練習試合よろしくお願いします。

6月21日(金) 部活動表彰伝達式

6月に行われた文化祭の1日目の午後に部活動の表彰が行われました。
北三は文武両道を目指しており、各部活動が活発に活動しているので、毎回表彰伝達式ではたくさんの生徒が表彰されています。
その生徒たちの一部を紹介します。

〇男子ソフトテニス     丹有地区総体  瀧山・腕野 組         男子個人 優勝         県大会へ出場
〇男子ソフトテニス     丹有地区総体  大谷・廣瀬 組         男子個人 3位   県大会へ出場
〇男子ソフトテニス 丹有地区総体            団体4位
〇女子ソフトテニス     丹有地区総体  小野寺・池谷 組       女子個人 第7位        県大会へ出場
〇男子バレーボール     丹有地区前期リーグ戦        1部リーグ 第1位
〇男子バレーボール     丹有地区総体               第2位
〇男子バレーボール     丹有地区総体  鶴田晃久              優秀選手賞
〇男子バレーボール     丹有地区総体  小林勇惟                優秀選手賞
〇卓球(男子)            丹有地区総体            団体第3位           県大会へ出場
〇卓球(女子)            丹有地区総体            団体第2位           県大会へ出場
〇柔道                   丹有地区総体            男子団体 第2位       県大会へ出場
〇柔道        丹有地区総体            女子団体 優勝       県大会へ出場
〇柔道                   丹有地区総体  有本 風馬            男子個人-60kg級 優勝
〇柔道                   丹有地区総体  黒川 順矢              男子個人-60kg級 第2位
〇剣道                   丹有地区総体  奥田 夏子               女子個人の部 第2位
〇剣道                   丹有地区総体            男子団体の部 第3位
〇剣道                   丹有地区総体            女子団体の部 第3位
〇陸上競技       第67回兵庫リレーカーニバル     男子高校4×400m 第3位
内藤源一郎・岡本直也・谷垣幹・山本侑輝
〇陸上競技              丹有地区予選  唐渡匠吾・岡本直也  男子総合第1位  3連覇達成!
〇陸上競技              丹有地区予選  鶴真彩・高味陽菜        女子総合第1位      3連覇達成!
〇陸上競技              丹有地区予選  佐々木 智隆             男子砲丸投優勝(他入賞者多数)
〇陸上競技              丹有地区予選  内藤 源一郎             男子最優秀選手賞
〇陸上競技              丹有地区予選  井上 紗耶加             女子最優秀選手賞

  

県大会でも全力を出し切り、よい結果が得られるよう祈っています!

女子ソフトテニス部 須磨翔風との練習試合

女子ソフトテニス部活動報告vol.5

7月20日(土)、神戸市立須磨翔風高校に行かせていただき練習試合を行いました。
前日まで雨が降っており実施できるか不安でしたが、須磨翔風高校はオムニコートが整備されており、朝早くから須磨翔風の生徒さんたちがコートの水取りなどを行ってくれたので実施することができました。朝早くから準備していただきありがとうございました。

ここ2週間ほどの梅雨空で練習がほとんどできていなかったため久しぶりに実戦形式の練習ができました。

本校は5ペアしかいませんが、コート4面をフルに使わせていただき、時間の許す限り試合をさせてもらう中で、夏休み初日に練習試合を通して各ペアで課題が見えたことは非常に良かったと思います。バックの強化、サーブ、レシーブコースなど夏に鍛えるべき練習課題が明確となりました。

朝早くからの準備、試合中の審判、最後の後片付けまでしていただき、県大会出場常連校である須磨翔風高校の強さの理由が垣間見え、本校の生徒もそれを実感していたようでした。たくさんのことを勉強させていただき、ありがとうございました。