ソフトテニス部」カテゴリーアーカイブ

女子ソフトテニス部 丹有シングルス 優勝

女子ソフトテニス部活動報告vol.16
9月29日(日)、下青野テニスコートにて丹有地区高等学校ソフトテニス新人大会のシングルス大会が開催されました。シングルスは新人戦のみで行われるので2年生にとっては最後のシングルス戦となります。

普段とは異なってシングルスは全てのプレーが自分自身の責任となり、ボールをフォローするために動かなければならない範囲も大幅に増えるため相当な体力が必要とされるほか、ダブルスとは違う戦術を考えなければなりません。いつもであれば話し合えるペアやベンチコーチもないため、本当に自分1人だけでゲームプランの設計から修正、展開を作っていく必要があります。

一般にはラリー力のある後衛が有利とされるシングルスですが、前衛でも戦術を考え、コートの前に出て勝負するプレーが見られ、様々な対戦で波乱の展開が見られました。準々決勝では本校の選手同士が対戦する試合が3試合あり、前日の団体戦で一致団結した仲間と対戦する複雑な気持ちではあったと思いますが、上位進出を目指して戦い抜きました。

このシングルス大会では、本校の小野寺さんが優勝、西さんが準優勝、池谷さんが第3位に入るなど目覚ましい活躍を見せてくれました。また、岡田さん、辻本さん、濱渦さんも県大会への進出を決めました。ダブルスの個人戦や団体戦で悔しい思いをした選手が県進出を決めることができ良かったと思います。

女子ソフトテニス部 団体 2年連続 県進出

女子ソフトテニス部活動報告vol.15

9月28日(土)、下青野テニスコートにて丹有地区高等学校ソフトテニス新人大会の団体戦が開催されました。今大会から総当たりの予選リーグを行った上で、負ければ敗退となる2本先取の決勝トーナメントが導入されたことで、最後の最後まで気を抜けない戦いとなりました。

本校が属した予選Aリーグでは篠山鳳鳴高校、三田西陵高校と対戦しました。試合前には円陣を組み、声を出し合って士気を高めました。予選Aリーグは1勝1敗で3校が並ぶ形となりましたが、勝利ゲーム数の結果から本校が予選Aリーグ1位の成績で決勝トーナメントに進出することができました。

負ければ敗退となる決勝トーナメント2回戦では予選Bリーグ2位で勝ち上がってきた三田祥雲館高校に勝利することができ、予選Bリーグ1位であった柏原高校との決勝戦に臨むことになりました。柏原高校は新人戦の前哨戦にあたる夏の丹有選手権でも決勝戦で対戦した相手です。

決勝戦では3本勝負の内、1本目を先取しましたが、2本目で相手の1番手に敗れ、3本目の対戦にもつれこみました。3本目の試合は互いに競り合う好ゲームとなりましたが、最後は柏原高校の選手の気迫あふれるプレーに押され惜しくも敗れました。この結果、丹有地区2位の成績で県新人大会に進出することになりました。県新人への進出は2年連続となります。
約10年ぶりとなる本校の団体優勝を目指していたこともあって悔しい思いを抱く選手たちでしたが、この悔しさを県新人大会にぶつけてもらいたいと思います。

女子ソフトテニス部 伊丹北との練習試合

女子ソフトテニス部活動報告vol.14
9月15日(日)午前中、本校にて伊丹北高校との練習試合を行いました。雲一つない晴天で暑い中でしたが、伊丹北高校としては来週の阪神新人個人戦、本校としては今月末の丹有新人団体戦に向けた良い調整ができました。

両校合同で乱打を7分×3の21分間行った後、4時間のゲーム練習を3面展開で行いました。ペア数が互いに少ないこともあり連続試合となるペアもたくさんありましたが、そういった環境下でいかにゲーム展開を作るのかという練習ができたと思います。公式戦でもトーナメント制の個人戦では勝ち上がれば上がるほど連続試合となっていきます。上位進出を目指す上で連続試合となることは避けられず、その中でボール運びや相手よりも早いゲーム作り、仕掛けが必要となり、いかに省エネで試合できるかが勝負のカギとなっていきます。

ゲーム練習では審判やコート整備を素早く自主的に行動する姿勢が見られ、効率的に試合を回すことができたので各ペア5試合程度することができました。伊丹北高校とはここ2年間ほど半年に一度のペースで練習試合をさせていただいている関係です。互いに県大会で会えるよう健闘を祈って練習試合を終えました。

女子ソフトテニス部 丹有新人 個人 優勝

女子ソフトテニス部活動報告vol.13
 9月8日(日)、下青野テニスコートにて丹有地区高等学校ソフトテニス新人大会の個人戦が開催されました。9月に入っても焼けるような厳しい暑さが続く中、県新人大会への出場をかけて戦いました。

 先月行われた丹有選手権の様子を参考にしたペア変更を行ってから初めて迎える公式戦でしたが、各ペアでよくコミュニケーションをとりながらプレーをしていました。個人戦の結果はポイントとして団体戦のシード争いに反映されるため、個人として戦いながらも団体の為に貢献しようという心意気で全員が一生懸命頑張っていました。

本大会では第1シードの小野寺・池谷組が初優勝を果たしました。地区新人大会での女子個人優勝は本校として約10年ぶりとなる快挙です。また、鈴木・西組が第3位、1年生ペアの岡田・松本組が第6位に入って県進出を決めるなど目覚ましい活躍を見せてくれました。今月末には団体戦がやってきます。団体での県進出、さらに個人・団体での県大会での勝利を目指して今後も頑張っていきたいと思います。

女子ソフトテニス部 八鹿高校との練習試合

女子ソフトテニス部活動報告vol.12

9月7日(土)、丹波の森公苑テニスコートにて八鹿高校との合同練習&練習試合を行いました。本校OBが八鹿高校で顧問をされていることから、そのつながりで今回初めて但馬地区の高校と練習試合をさせていただくことができました。

午前中は八鹿と北三の練習メニューを織り交ぜた合同練習を行いました。各校で普段行っている練習メニューを紹介しあい、協力して取り組みました。昼休憩を挟んで午後からは練習試合を3面展開で実施しました。

丹有地区は翌日に新人戦を控えており、公式戦に向けた最終調整という位置づけで各ペアが連携を確認していました。猛暑の中で久しぶりの1日練習だったこともあってか疲れが見える場面もありましたが、最後の時間いっぱいとなるまで汗をかきながらプレーしていました。
初めて但馬地区との高校とゲーム練習をさせていただき、プレー展開や前後衛の動きなど様々なことを学ぶ良い機会となりました。但馬地区は来週末に地区新人があるそうで、最後に互いに地区予選を勝ち上がって県大会の舞台で再び会うことを誓い合って1日練習を終えました。遠いところから練習試合のお誘いをしていただき、ありがとうございました。ぜひともまたよろしくお願いします。

女子ソフトテニス部 夏季北摂大会 個人 優勝

女子ソフトテニス部活動報告vol.11

8月20日(火)、伊丹市の住友総合グランドにて第89回北摂地区高校ソフトテニス大会が開催されました。新人戦に向けた研修大会の位置づけで実施されており、伊丹市・宝塚市の高校を相手にオムニコートで実戦経験を積むことができました。直前まで雨が降り開催自体が危ぶまれましたが天候が持ち直したことで何とか開催することができ良かったです。

この大会で、小野寺・池谷組が初優勝を果たしたほか、鈴木・西組が第3位に入賞しました。前回はベスト4進出時点で雨天中止となってしまい残念でしたが、今回は決勝まで行えて優勝を勝ち取ることができました。

お盆前に開催された丹有選手権の結果やプレースタイルなどを見て、久しぶりにペア変更を行ったペアもありましたが、出場した全てのペアが1勝以上するなど慣れない中でも声をかけあって試合展開していたのが印象的でした。

女子ソフトテニス部 神戸甲北との練習試合

女子ソフトテニス部活動報告vol.10
8月18日(日)、本校にて神戸甲北高校と練習試合を行いました。お盆明けの時期に神戸甲北高校と練習試合をさせていただくのは3年連続で、毎年暑い中での練習試合となりますが、今年は特に台風一過で湿度が高い中での実施となりました。

秋季北摂大会が2日後、新人戦が3週間後と迫る中、お盆休みを挟んで久しぶりにゲーム感覚を取り戻し、暑い中でのゲーム展開についていけるよう体力を取り戻すための良い練習機会となりました。お盆前の大会での反省点を活かし、次の大会へとつないでいくためにペアでの連携確認や積極的なゲーム展開・プレーをしていたのが印象的でした。

地区が異なるため新人戦では県大会の舞台で共に戦えるよう互いの健闘を祈って練習試合を終えました。遠いところから来ていただき、ありがとうございました。

女子ソフトテニス部 丹有選手権 団体戦 優勝2連覇

女子ソフトテニス部活動報告vol.9
 8月9日(金)、下青野テニスコートにて丹有選手権の団体戦が開催されました。昨年の同大会で優勝を果たしたため、開会式では優勝盾の返還を行いました。この優勝盾を再び持ち帰ることを目標に一致団結して戦いを進めていきました。

前回大会覇者として追われる立場となり、若干緊張の面持ちが見受けられましたが、予選リーグを無事勝ち上がり、決勝リーグでは強敵の祥雲館と柏原に何とか勝利することができ、団体優勝・大会2連覇を果たしました。

 昨年はこの大会で優勝を果たしながらも肝心の新人戦で地区4位となってしまい悔しい思いをしました。今年は新人戦でも優勝することを目指して気を引き締めて練習していきます。

女子ソフトテニス部 丹有選手権 個人戦 優勝

女子ソフトテニス部活動報告vol.8
 8月8日(木)、下青野テニスコートにて丹有選手権の個人戦が開催されました。この個人戦は地区新人戦のシードをかけた争いで、まさに新人戦の前哨戦ともいえます。

 この大会で小野寺・池谷組が初優勝を果たしました。前日に行われた県民大会での県ベスト16入り、近畿大会に向けた県新人戦でのシード権確保の勢いそのままに、これまであと一歩で手が届かなかった地区優勝の栄冠を手にしました。

また、サーブが好調で粘り強い戦いを見せた井上・濱渦組、パッキンに入りながらも第4シードを撃破して怒涛の快進撃を繰り広げた今北・松本組がベスト8に入りました。この結果に満足せず、新人戦での躍進を期待しています。

女子ソフトテニス部 県民大会ベスト16進出

女子ソフトテニス部活動報告vol.7
8月6日(火)神戸総合運動公園、7日(水)しあわせの村にて第73回県民大会が開催されました。主に各校から上位2番手が出場する大会でベスト32以上には新人戦などシードに必要なポイントがつきます。初日は3回戦ベスト32までを決める日程となっています。本校からは小野寺・池谷組と岡田・鈴木組が出場しました。

岡田・鈴木組は1回戦 対宝塚、2回戦 対高砂南に勝利して3回戦に進出しました。各自が目標を持って積極的にプレーをしていたのが印象的でした。こういった上位陣が集まる大会で最後まで攻めの姿勢を崩さなかったのは今後の糧になると思います。以前の練習試合で課題となっていたバックなども練習の成果が出て改善されていました。次はロブの軌道、相手バック側への深い位置への返球など練習をしていきましょう。試合は惜しくもベスト32入りを決める3回戦 対姫路商業に負け、敗退しました。この悔しさを忘れずに新人戦に挑んでいってもらいたいと思います。

小野寺・池谷組は1回戦 対神戸商業にゲームカウント0-3のマッチポイントまで追い込まれましたが、そこから諦めずにボールを追いかけ続け、3-3となった後のファイナルゲームはポイント7-0で逆転勝ちしました。追い詰められた状況でも下を向かず、元気に声を出して相手に立ち向かう姿勢が感じ取られ、気持ちで負けなかったのが大きかったと思います。
2回戦 対姫路、3回戦 対市立尼崎、4回戦 対姫路商業に競り勝ち、ベスト8を懸けた5回戦 対須磨学園ではインターハイに出場した3年生ペアを相手にファイナルゲームの5-7ポイントまで粘りましたが、あと一歩及ばず敗退となりました。しかし、ベスト16進出を果たすことができ、16ペアが近畿大会へ出場できる県新人でしっかりと近畿出場を見据えることができる位置まで来ることができました。

小野寺・池谷組は、これまで県大会に進出はするものの初戦敗退が続いていましたが、本大会での追い詰められても最後まで諦めずに逆転勝ちを掴み取る姿に一段の成長を感じました。全5試合の内、4試合がファイナルゲームとなる中で強敵を相手に多くのことを勉強させてもらいました。
8日(木)からは地区の新人戦シードをかけた選手権大会が始まります。猛暑の中で連日の公式戦となりますが、本大会の経験を活かし、気を引き締めて臨んでもらいたいと思います。