33回生」カテゴリーアーカイブ

33回生 模索・人間科学基礎「ディベート 9時間目 クラス内予選」

平成30年11月20日(火)ディベートのクラス内予選が行われました。
この予選で勝ち抜いた各クラスの代表班同士でディベートを行い、学年優勝を決める事になります。

練習試合を経て臨んだ対戦だった事もあり、立論も質疑応答もかなり白熱したレベルの高いものとなりました。
審判員となる聴衆(ディベートをしていない生徒全員)もディベーターの意見をメモしながら聞いていく事で、クラス全体の意見もどんどんレベルアップしています。




クラス内予選は1月22日に決勝を行い、そこでクラス代表が決まる予定です。

今後も「ベーシックインカム」とそれに付随する「財政」「社会保障制度」等に関する「諸問題」について批判的に考察し、自分の意見を論理的に構築し、それを相手(聴衆)を説得できるように説明していく中で、「論理的思考力」「批判的思考力」「表現力」などの力を身に付けてほしいと思います。

33回生 学年集会

11月19日(月)のLHRの時間に学年集会を行いました。

まずはじめに、1週間前におこなわれたボキャリンピックのクラス対抗・個人成績の表彰式がありました。クラス対抗は1位から3位まで、個人表彰は同点もあり、1位から9位までの11名が表彰されました。個人1位はなんと100点満点!学年のみんなも驚いていました。“小テストのための”“定期テストのための”勉強ではなく、本当の自分の実力を伸ばすために、今後も互いに刺激しあいながら切磋琢磨していってほしいと、学年一同思っています。

その後、学校生活に関することについての話がありました。内容は多岐にわたりますが、今一度自分自身を振り返る良い機会になったと思います。

オーストラリア姉妹校との協同授業

2018年11月14日(水)3限
インターネット通信システム(FaceTime)を使用し、
オーストラリアの姉妹校と協同授業を実施!

1年6組(人間科学類型)の生徒たちが、”Work Life Balance”について
調べたことをパワーポイントスライドにまとめ、英語でプレゼンをしました!
その後、オーストラリアの生徒たちと、日本の働き方の問題点について、
ディスカッションを行いました。英語での堂々たるプレゼンテーション、
またオーストラリアの生徒たちとのディスカッションに、驚くばかりでした。
素晴らしい力を見せてくれました!

33回生 ボキャリンピック開催!

11月12日の6限のロングホームルームの時間に、拡大英単語テストのボキャリンピックを実施しました。これは、日頃の英単語学習の蓄積の成果を試す機会として、33回生の中で独自に企画され、実施されました。

6クラス同時スタート同時終了の25分間、問題に必死に答えていました。そして、生徒相互の採点、別解をプロジェクターで各教室に投映しながら、こんな答えはどうか、あんな答えはどうかと英語教師に質問して、なかなか白熱していました。

今回の結果を受けて、日々の学習の大切さを再認識し、これからも気を引き締めて取り組んでいきましょう。

 

33回生嵐山遠足

10月31日(水)に、33回生の嵐山遠足を実施しました。この日のために各班で行程を決め、交通経路を確認するなど準備をしてきました。当日は少し風があり、気温も低かったのですが、良い天気に恵まれました。朝の集合が終わり、自由行動が始まると、生徒たちは写真撮影や観光、買い物を満喫していました。名物や観光名所を載せていたしおりも活躍したようです。楽しい自由行動が終わり、集合場所へ帰ってくる生徒たちは土産袋を持って、皆満足した表情でした。来年の遠足もお楽しみに。

33回生LHR 遠足準備 班決め&行動計画決定

今日のLHRは、いよいよ来週に迫った嵐山遠足の行動班、及び行程決めでした。
LHR委員会により作成された気合いの入ったしおりを見ると、どこも魅力的な場所に見えてきて、ついつい目移りしてしまうようです。
班で集まって、自分が見たい物、食べたい物の意見を交換し、皆が納得のいく日程を決めていきました。




目移りしすぎて、時間内に最後まで話し合えなかった班は、当日までにしっかり決めて臨んでくださいね。
現地では、時間厳守などの日々の習慣はもちろんのこと、一般人としての常識も忘れず、楽しい遠足にしましょう。

33回生 模索・人間科学「ディベート」Vol.3

平成30年10月16日(火)模索・人間科学の「ディベート」の4回目の授業が行われました。今回は、練習試合として各クラス2対戦を実施しました。
練習試合の目的は、本番での進行の把握、議論の進め方(特に質疑応答や反駁など)、自分たちの持っている情報の弱点の確認などです。

特に立論などでは、「本当に初めてのディベートですか?」と聞きたくなるくらいしっかりした意見を堂々と述べており、本当に驚きました。




やはり初体験という事もあり、質疑応答での攻撃や反駁による立論の立て直しなどで、少し改善の余地が見られたように思います。

次の時間も練習試合を行う予定です。とりあえず一通りディベートを体験してもらって、そこでの反省を踏まえ、本戦でより一層レベルの高い議論が行えるように頑張って下さい。

33回生 模索・人間科学「ディベート」Vol.2

平成30年10月2日(火)3限~5限(1・2組が3限、5・6組が4限、3・4組が5限)にて、模索・人間科学の授業が行われました。
今回は、ディベートの授業の2回目です。

ディベートのテーマである「ベーシックインカム導入の是非」について、インターネットや書籍を使って情報を収集します。
とりあえずは「ベーシックインカムって何だ??」という所から調べていき、そのメリット・デメリットを整理しながら、自分たちの主張を固めていきます。



教室にて説明


コンピュータ教室で情報収集


4C教室(第二コンピュータ教室)にて情報収集


図書室にて情報収集


調べ学習の段階では、インターネットのみ頼りすぎないように、本を使って調べる事もチャレンジしています。
本は、県立図書館から「ベーシックインカム」や「財政」「福祉」などのテーマで相当な数の本をお借りする事ができました。
是非、活用してほしいと思います。

まずは2週間後の練習試合に向けて、基礎的な知識を固めていきましょう!!

33回生 模索・人間科学Ⅰ「ディベート初回授業」

平成30年9月11日(火)4限 模索・人間科学Ⅰで「ディベート」の説明がありました。
後期の模索・人間科学Ⅰでは、これから約19回の授業を使って、ディベート大会が行われます。




ディベートに取り組む中で「決められたテーマについて、インターネットや書籍を使って調べ、自分の意見を論証していく経験」をしてもらい、「論理的思考力」「批判的考察力」「表現力」を養っていってもらいたいと思います。

前半では、これから行うディベートのルールと全体の流れを説明しました。
時間配分などは、北三のオリジナルルールで行う事になります。




後半では、実際のディベートの様子を動画で見てもらいました。
自分たちがどのような流れでディベートを進めていくのか、何となく雰囲気が伝わったと思います。

今回のディベート大会では、クラス内対抗戦を行って代表班を決め、さらに各クラスの代表班でトーナメントを行い、学年最優秀班を決定する予定です。
みなさん、優勝目指してがんばって下さい!!

人間科学類型 京大理学部実習

8月20日(月)~22日(水)の3日間、33回生の人間科学類型の
生徒たちは、京都大学の理学部へ実習に行ってきました。

京都大学の理学博士・常見俊直先生のご指導の元、相対性理論や
ローレンツ変換などについて学びました。そして、生徒たちは、
その学びを元に、実験・考察を重ね、パワーポイントを用いて発表
しました。物理の世界を堪能し、知的好奇心を満たした様子でした!