32回生」カテゴリーアーカイブ

北摂三田高等学校 32回生 進路だよりvol.49 2020.3.24

http://www.hyogo-c.ed.jp/~hokusetsusanda-hs/zaikousei/gakunen/32kai/32kai_sinrodayori.pdf

  ~「NO ACT, NO LIFE!」 みんなの未来にエールを!~

みなさんが北摂三田高校を巣立って、1ヶ月が経とうとしています。新型コロナウイルスが発生し、例年以上の健康管理が求められるなかでの受験となり、不安な日々を送っていたのではないでしょうか。卒業後も、小論文や面接などの指導のため、マスクをしながら学校に足を運び、最後の最後まで頑張り続けた人もいました。本当によく頑張りましたね。みなさんの頑張りに改めて拍手を送りたいと思います。

先日、国公立大学の中後期試験や私立大学の3月入試の結果が発表されました。32回生のみなさんも、これで全員が本年度の受験を終えることになります。今、自らの1年の取り組みを振り返ってどのように感じていますか。合格、不合格という結果はもちろん大切ですが、進路を決め、受験する学校を決めて、それにむかって懸命に努力を重ねる過程こそが、自らの人間的な成長につながるのだということを、改めてみなさんに伝えたいと思います。今回の受験を通して、これまでみなさんがあまり経験したことのなかった失敗や挫折を経験した人もいるでしょう。けれどもそれらの経験は、自らの人生にとって決してマイナスとなるものではなく、俯瞰的な視点に立てば、プラスにもなりうるものだと思います。自らの失敗や挫折とどう向き合い、どう立ち向かっていったかが、人としての器の大きさにつながっていきます。ぜひ自分の努力を肯定して、次に進む力に変えてほしいと思います。

3年間の高校生活をずっと一緒に過ごした32回生のみなさん。春からみなさんがいる場所はそれぞれ違います。大学の入学式が中止されるなど、春からもまだ平常通りの毎日ではない人もいるでしょう。なかには大学受験にむけて再び挑戦を始めている人もいると思います。でも、間違いなく、春はやってきます。例年より早く咲いた桜の花のように、32回生のみなさんが、それぞれの置かれた場所で、また自らの花を咲かせ、自らの人生を切り拓いていくことができますように。これからもずっと「Academic Challenge Time」のある人生を送って下さい。学年団一同、心から応援しています。

後輩たちに参考書を贈ろう

32回生のみなさんの中で、使わなくなった参考書を集めて、後輩たちが自由に使えるコーナーを作ろうという提案をしてくれた人がいました。その提案を受けて、卒業式の予行の時に、32回生のみなさんに呼びかけた結果、たくさんの参考書や赤本、問題集が集まりました。なかには、重たい参考書をかばんいっぱいに詰めて持ってきてくれた人もいたようです。みなさんの協力に感謝します。

みなさんが持ってきてくれた参考書は、「先輩文庫」と名付け、図書室内と図書室前の廊下(丸テーブルの隣)に設置しました。とても素敵なコーナーになりました。なお、このコーナーの本は、貸出手続きなしで後輩たちが自由に借りることができます。また、進学する学部の情報を素敵なPOPにまとめてくれた人もいました。後輩たちに暖かい思いのこもったバトンを渡すことができたと思います。本当にありがとう。

卒業式を終え、改めて伝えたいこと

マスクを着用しながら臨んだ32回生のみなさんの卒業式。例年より短縮された形で行われましたが、どんな気持ちで臨みましたか。まだ進路が決まっていない人も多く、様々な不安を抱えての卒業式だったかもしれませんが、みなさんを気持ちよく送り出してあげたいとの思いで、卒業式の準備を進めてきました。式当日の学年掲示板には様々な先生や後輩達からのメッセージでいっぱいでしたね。みなさんが温かい気持ちでこの日を迎えてほしいとの思いがいっぱい詰まったメッセージでした。たくさんの人の愛情を受け、この学び舎を巣立っていったみなさん。式の最後に「ありがとうございました!!」と大きな声で感謝を伝え、体育館から出て行く後ろ姿はとても頼もしく、あなたたちの3年間の成長を改めて実感することができました。とてもとても嬉しい気持ちで、心が満たされました。こちらこそと32回生のみなさんと出会えてよかったです。本当にありがとう。あなたたちの「感謝と決意」が伝わった 卒業式でした。

ところで、卒業式の最後にみなさんが退場する時に流れた曲を覚えていますか。昨年秋の芸術鑑賞会に来ていただいたTAEKO GLORYさんの「ひまわり」という曲です。この「ひまわり」の歌は、阪神淡路大震災後から20年間にわたって心の復興を願いながら歌い続けられており、東日本大震災の時にも仮設住宅で暮らす被災者のみなさんを励ました歌だそうです。退場の際の曲を学年団の先生と相談するなかで、この「ひまわり」の曲でぜひみなさんを送り出したいということになりました。あなたたちがそれぞれ歩んでいく人生には、色々な出来事があると思います。時にはうまくいかないこと、悲しいこともあるでしょう。そんな時、この歌詞のように、前を向いて日々を過ごしてほしいと強く願っています。みなさんの未来に心からのエールを送ります。

♪真夏の太陽と 向き合うひまわりに 負けないように 背筋を伸ばして 空に両手を拡げよう

私に出来なくて あなたに出来ること 足りないものが みんなあるから 誰かを想う愛になる

悲しい時は 泣いてください 嬉しい時には 歌をうたって

約束をして どんな時でも 決して決して うつむかないで

第32回卒業証書授与式

2月28日(金)は、北摂三田高等学校の第32回卒業式でした。

前日は同窓会入会式や学校表彰、そして卒業式の予行が行われ、卒業生と在校生がそろう、最後の日となりました。新型コロナウィルス感染症対策のため、卒業式当日の1年生の参列がなくなり、最後のお別れを伝える機会が減ってしまいました。全員がマスクをし、例年なら一人ずつの学校表彰も、代表者による受賞となったり、式歌や来賓の方の祝辞も省略された形での挙行でした。

卒業生・在校生・職員の全員が、短い時間でどうしたら思いが伝えられるのかを必死に考えた2日間でした。

3年間皆勤賞の表彰
学校表彰と教育振興会表彰

そして、卒業式当日。1年生は参列していませんが、2年生と職員、そして多くの保護者の方と来賓の方に見守られて、温かい雰囲気の中で卒業式が行われました。

卒業生入場
在校生送辞
卒業生答辞

卒業生が退場する際には、32回生学年団より想いを込めた歌のプレゼントがありました。芸術鑑賞会で来てくれたTaeko Gloryさんの歌う『ひまわり』です。32回生は、学年カラーも黄色で、受験生となった卒業生を勇気づけてくれた、とても思い入れの強い曲です。

♪悲しいときは 泣いてください  嬉しいときは 歌をうたって

約束をして どんなときでも   決して決して うつむかないで

卒業生退場

その先生たちの想いに、各クラスの卒業生が熱いメッセージで答えてくれます。3年間の想いのこもった声かけに、学年団の先生たちと卒業生の間にある強い絆を感じました。

保護者代表による花束
卒業生による謝恩会

32回生のマスコットキャラクター、パンダのサニーちゃんもこの春みんなと一緒に卒業しました。今も入試を戦っている卒業生もいます。みんなの心にいつでも北三があって、支えとなりますように。

♪ かたみに思ふ ちよろずの 心の端を 一言に 幸くとばかり 歌ふなり

(式歌『蛍の光』より)

32回生 12月センタープレを実施!

年の瀬も迫った12月25・26日の両日、センター試験を間近に控えた3年生を対象にセンター本番の時間帯に合わせたプレテストを実施しました。

問題配布から試験開始までの静かに待たなければならない数分間の待機時間、長いようで短い数十分間の休憩時間などを本番さながらの環境で体感してもらいました。

今回用いた模擬試験問題の内容も良問ぞろいで、センター直前に対策すべき重要項目がたくさん含まれており、冬休みに入ったばかりのこの時期に適したものでした。よく復習して年明けから始まる冬期補習に備えましょう。

高校生福祉文化賞エッセイコンテスト 審査員特別賞

第17回高校生福祉文化賞エッセイコンテスト(日本福祉大学・朝日新聞社主催)において、本校3年生堀中風歌さんが、審査員特別賞を受賞しました。このコンテストは、未来を担う高校生に「福祉とは、人間の幸福とは」を考える契機にし、自分の思いを文章にまとめることを教育の一環として生かしてほしいという願いを込めて実施されています。今年は、国内をはじめ、海外からも寄せられた応募作品総数8,895点の中から20作品が入賞しました。彼女は第2分野「スポーツとわたし」において「強さ」というタイトルでエッセイをしたためています。

先月20日に朝日新聞名古屋本社朝日ホールにて授賞式があり、堀中さんも出席しました。授賞式の前には、『魔女の宅急便』などでおなじみの作家、角野栄子氏による記念講演もありました。詳細はホームページ(http://www.n-fukushi.ac.jp/50th/essay/)にも掲載されています。

最後に受賞した彼女のコメントを紹介します。
―この受賞をきっかけに、たくさんの人と話す機会があり、「いいね」「素敵な感性だね」という言葉をもらいました。自分の感じたことを表現することが誰かの心に届くのはとても嬉しいことだなと思いました。―

審査員特別賞受賞、おめでとうございます。

32回生 第3学年 秋季遠足

3年生は、現在推薦入試直前で、夏休み前から始まった受験モードにも、少し疲れが見られるようになり、精神的にも追い込まれている生徒が増えてきているように思います。だからこそ、この時期は、ラストスパートに入るために気持ちを一度リフレッシュして頑張ってほしいので、秋季遠足でUSJにやってきました。
入場前には、「本日は場内で単語帳等を見ないように!」と伝えたとたん、笑顔になり元気いっぱいで入場していきました。場内では、日頃の学校生活ではなかなか見せない満面の笑みでエンジョイしている姿が、とても印象的でした。
リフレッシュ出来たら明日から頑張るんだぞ~。
   

3年生 保健講演会

10月7日(月)6時間目、3年生は保健講演会を実施しました。

本校キャンパスカウンセラーの永山智之先生に「勝負所での心の動かし方」と題して講演していただきました。

部会の試合や試験前の「不安」も対処できれば大丈夫ということを教えていただいたり、呼吸法の練習をしたり、実際に隣の人と好きなことについて話す時間もありました。進路に向かっている3年生は色々な不安があると予想されますが、先生が教えてくださった「働く(勉強する)こと、楽しむ(愛する)こと、自分を労わる(寝る)ことで24時間を豊かに使う」ことを忘れずに一人ひとりがそれぞれのペースで夢に向かって進んでください。

北摂祭体育の部・3学年より

北摂祭体育の部が開催されました。これは三年生にとって人生最後の体育大会になるのではないかと思います。

今年度は、考査が4回から5回に変更されたことにより、北摂祭が分割され、体育の部が5月から9月へ移動されました。本校の体育の部は、陸上競技の色の濃い体育大会ですので、季節が変わったことにより、大きく動向が変わりました。3年生は、ひと夏で一気に体力が落ち、1年生はこのひと夏で、大きく力を蓄えた体育大会になりましたので、例年であれば、最も体力のある3年生が上位を独占するケースも多くあり、3年生には独特の貫禄がありました。

しかし、今年度の3年生は、肌も白く、体力は驚くほど落ちているので、リレーにおいては、気持ちはあれど体が重く足が動かない様子で、放送部の「頑張ってください。」の言葉が痛々しくも思えました。ただ、それでも全力を尽くして走る3年生の姿には、心を打たれました。そして、久々に体を動かした喜びか、走り終えた後のなんとも爽やかな笑顔がとても印象的でした。そこには、順位とか勝負の結果ではない、その時間を満喫して楽しんでいるように思え、その成長した姿に感動しました。

綱引きでは、3年生同士の決勝戦になり、4組のハカに始まり、手に汗握る名勝負を見せてくれました。あの勝負は、見るものすべてに感動を与える最高に格好いい勝負だったと思います。

体育の部の結果としては、総合優勝は1年生に取られ、3位に6組が何とか入れただけとなりましたが、3年生が違った意味で、ゆるぎない存在感を見せてくれた体育大会だったと思います。

当初は、無理しすぎて大きな怪我だけはするなと願うばかりでしたが、皆さんの成長を目の当たりにし、なんとも言えない幸せな気持ちで観戦していました。

チーム32回生は、素晴らしい学年になってくれたように思います。あとは、自分の納得のいく進路実現をするのみです。

何度も、同じことを話していますが、追い込まれたときに、人間は本性が出るものです。追い込まれたときに、周りのアドバイスに振り回されて、自分を見失うことだけは無いように、受験校を決めてほしいと思います。悔いを残さないよう、全力で頑張ってください。
(学年主任より)

<総合成績>
優勝  1年4組  準優勝 2年4組  ☆第3位 3年6組
<スウェーデンリレー>
☆準優勝 3年2組
<男子800mR>
☆優勝  3年4組
<綱引き>
☆優勝  3年4組  ☆準優勝 3年2組

(選手宣誓)

(北摂体操)

(障害物競走)

(1000mR)

(棒引き)

(玉入れ)

(ハカもどき)

(綱引き)

(大縄跳び)

北摂祭 体育の部 (午前の部)

本日は 北摂祭 体育の部 です。

本年度は全プログラムにタイトルがつき、みんなの熱を伝えてくれます。
天候にも恵まれ、さわやかな秋晴れです。

開会式

1.全校体操「全全全体操」

係のスタンバイOK!

2.障害物競走「ハッスル!ハッスル!」

           

3.1000MR「リレー時々勝利のち笑顔」

     

4.棒引き「負けられない戦いが今ここに」

   

5.スウェーデンR「100から始まるスウェーデンリレー」

   

6.玉入れ「この世界の玉入れに」

育友会も参加して1回戦目。赤白に分かれて勝ったほうの得点に加点されます。

高校生用の背の高い網に向かってたくさん投げ込んでいただきました。ご参加ありがとうございました!

2回戦 1年生、3回戦 2年生、4回戦 3回生、5回戦 お片付け戦でした。

  

7.綱引き「Tunatuber」

           

一つの綱のまわりでさまざまなドラマがあり、その結果3年4組が優勝しました!

圧倒のパフォーマンスを見せてもらいました。

生徒の皆さん、午前の部、お疲れさまでした。午後も頑張りましょう!

7月21日(日) 課題研究発表会&人間科学類型説明会

7月21日(日)に人と自然の博物館のホロンピアホールをお借りして、人間科学類型の課題研究発表会と類型説明会を行いました。
第1部で人間科学類型の生徒たちによるポスターセッションがありました。
    
初めは緊張の色が見えていた生徒も、次第に堂々と発表ができるようになりました。
見学してくださる方からの鋭い質問にも落ち着いて答えている様子が、さすが北三生でした。

次に生徒会長による挨拶と放送部による人間科学類型の特色説明のビデオ、本校職員による類型の説明でした。

いろいろな方面から、人間科学類型について説明がありました。
来られた方の疑問は晴れたでしょうか。

第2部は、2人の卒業生による人間科学類型での体験談と質疑応答でした。

人間科学類型で得た経験を活かし、活躍されている先輩の自信に満ちた発表に、在校生の瞳も輝いていました。
質疑応答には在校生のほうがたくさん質問をしてたようです。

そして第3部では課題研究発表の集大成としてステージ発表がありました。
選ばれた班のメンバーは、ポスターセッションとは違うスライドの見せ方や、発表の仕方をそれぞれ工夫していました。
 
質疑応答もたくさんの手が上がり、とても有意義な時間になりました。

最後に関西学院大学の高畑先生に講評をいただき、閉会となりました。

ご来場いただいた中学生・保護者の皆さん、ありがとうございました。
今回の説明会で不明な点は、お気軽に本校職員(または生徒)までお尋ねください。
次回は8月19日(月)に、第1回オープンハイスクールを予定しています!

7月16日(火) 32回生球技大会

7月16日(火)に32回生は球技大会を行いました。
多数決でグラウンドではアルティメット、体育館ではバレーボールになりました。
アルティメットのルールを生徒に聞いてみると、
1.フライングディスクを投げて仲間でキャッチしていく。
2.味方のゴールラインを越えてキャッチできれば得点が入る。
3.パスカットされたり、フライングディスクを落としたら相手チームの攻撃に代わる。
と、わかりやすく教えてくれました。(合っているのでしょうか。)
男子アルティメット

女子アルティメット

男子バレーボール(サーブ)

男子バレーボール(アタック&ブロック)

今日だけはみんな受験生の顔を忘れてリラックスしています。

女子バレーボール(得点してハイタッチ!)

各クラスの先生も楽しそうです。

球技大会のあとは、体育委員が企画したしっぽ取りをしました。

しっぽ取り男子。(意外にも?)みんな本気でした。

しっぽ取り女子。男子を観察して作戦を立てていました。

3年生はつかの間の休息を謳歌していました。
何事にも一生懸命取り組む姿は誇らしく思います。