32回生」カテゴリーアーカイブ

1年生保健講演会

 7月3日(月)6時間目、1年生は保健講演会を実施しました。テーマは「薬物乱用防止」で、講師には三田市警察署生活安全課の木村太一様にお越しいただきました。
 「薬物乱用」とは麻薬や大麻を使用することだけではなく、市販されている風邪薬などを用量・用法を守らずに服用することも当てはまること、三田市内にも違法薬物を作ることができる植物が生えていることなどを教えていただきました。
 また、実際に薬物乱用により逮捕された人が書いた手記を紹介していただき、生徒たちも他人事ではなく、身近に起こり得る問題だということを実感したようです。



6月13日(火) 模索講演会(1年)

6月13日(火)3限、中間考査前日の最後時間に、KE教育コンサルタント代表の蔵下克哉さんに「大学進学と社会で働くことを考える」という演題で模索講演会(1年生)を行っていただきました。
社会の発展とともに無くなる職業の話やこれから必要とされるその場で判断・対処する力など、将来就職するにあたって考えなければならない未来を教えていただきました。そのために、今やらなければならないこと。大学進学や文理選択の重要性。勉強の意義を見出すのに十分な内容でした。今日の講演を聞いて、明日からのテストに挑む姿勢がきっと変わると思います。1年生のみなさん、高校最初のテスト、頑張ってください。
 

福知山線脱線事故追悼行事

4月25日火曜日に福知山線脱線事故追悼行事が行われました。
中村校長の話の後、事故で亡くなられた方々のご冥福を祈り、職員、生徒全員で1分間の黙祷を行いました。


 生徒の皆さん、おはようございます。校長の中村です。1校時の時間をお借りして、福知山線脱線事故の追悼行事を行います。
 12年前の平成17年4月25日、午前9時18分頃、JR西日本福知山線尼崎駅付近で脱線事故が起き、107名もの尊い命が奪われ、500名以上の方が負傷されました。
 この事故で犠牲になられた人の中には、本校を卒業して間もなかった16回生4名をはじめ、13回生1名、また当時在校していた生徒の保護者など2名もおられました。
 
 当時、皆さんはまだ幼いこともあって、事故の記憶はないかもしれませんが、身内の方々や知り合いの方々には、この事故で亡くなられたり、今だに身体や心の傷が癒えない方もおられるかと思います。
 志 半ばで命を絶たれてしまうことは、ご本人もご家族も無念でしょうが、とりわけ当時19歳、22歳であった皆さんの先輩は、人生これからという時であっただけに、さぞかし無念だったでしょう。
 そこで、皆さんとともに、この事故で亡くなられた方々のご冥福を祈り、ただ今から1分間の黙祷を行いたいと思います。
 それではご起立ください。
黙祷 はじめ

黙祷を終わります。

 「生かされて生きる」ということばを、私は大切にしています。私たちは一人では生きていけません。この世に生を受け、「生かされて」生きています。ですから、この自らの「生かされている」命を精一杯大切にしながら、この事故のことを忘れずに、より安全な社会を築くことに努力を重ねることが、亡くなった方々への慰霊となることだと思います。

ありがとうございました。以上で追悼行事を終わります。

北摂三田高等学校長 中村晶平


解散式

約35分早く帰校しました。
3日間天候に恵まれ、素晴らしいプログラムを終えることができました。生徒たちも集合の際、教師から指示を出すことなく主体的に集合することができ、なおかつ一度も遅れることなく進行できたことは、とても素晴らしいと思います。
また、「チーム32回生」の集団としての仲間意識も高まり、自分が何をするべきか考えて行動するようになり、32回生の高い可能性を見ることができました。
これから、どう成長していってくれるか楽しみであるとともに、私たちにとっても改めて身の引き締まる思いを持ちました。
本日はゆっくり休んで、来週から一回り成長した姿で登校してくれることを楽しみにしています。

退山式&出発

スムーズに片付けも終わり、退山式を行い鉢伏を出発した。
やまとよが、大阪の学校との入れ替えであるため、サンダイフクの体育館で退山式を行った。
オリエンテーション合宿のしおりのイラストを描いてくれた2名。北三あるあるクイズの上位7班。火おこしに成功した8班の表彰を行い、団長、ホテル代表の角野さん、生徒代表挨拶をしました。
その後、予定より15分早く鉢伏を後にしました。
学校にも予定より早く着く予定です。

火おこし体験&飯盒炊爨

朝食後、部屋の清掃をし、やまとよ体育館へ移動し火おこし体験をしました。頑張って種火がついても、その火を大きくするすべが分らず試行錯誤していました。結果的には、予想外に30班中、8班が火おこしに成功し、前髪を焦がした男子生徒もおり、大変盛り上がっていました。
その後、飯盒炊爨でご飯とカレーを作りました。美味しそうなカレーからペースト状のカレーまで見た目は様々でしたが、大自然の中で自分たちの作ったカレーは美味しく、楽しそうに食べていました。
順調に片付けに入ったので、退山式を少しはやめて帰れるなら、出発したいと思います。

朝の集い〔3日目〕

4月21日(金)朝の集い、曇り。
3分前に集合完了。雲は比較的厚い空ですが、山の朝はとても気持ちよく、生徒たちは疲れはあるものの、とても良い表情で元気に集合してきました。
準備していた保健室はほとんど使うことなく3日目を迎えています。疲れてきているので最後まで怪我なく元気に帰校できるよう気を付けていきたいと思います。

体育館の撤収

体育館の片づけを3・4組男子で行いました。
当初1時間から1時間半かかるであろうと予想していたのですが、互いに協力し合い、自己の役割をしっかり果たしてくれたことにより、40分で完全撤収をすることができました。
なんでも楽しむ、北摂三田の生徒の素晴らしさを見たように思います。

夕食&学習活動④【自習】

すき焼きの夕食をいただき、最後の学習活動【自習】に入りました。
疲れもピーク、睡魔もピーク、この中で互いに頑張る雰囲気で最後まで頑張り続ける究極の学習活動です。5分前に活動を開始し、生徒たち自身の気持ちの入った活動になってきたように思います。
学習に対する意識改革をし、高校3年間を頑張ってほしいと思います。
残念ながら1名体調不良は出ましたが、他はみんな元気に頑張っています。