カテゴリー別アーカイブ: 放送部

FM宝塚『Hi! HIGH ハイスクール!! 12月』

FM宝塚の番組『Hi! HIGH ハイスクール!!』の収録2回目。今回は12月9日(16:00~17:00)放送分です。


今回の放送はこのメンバーでお送りします。

逆瀬川のFM宝塚で最後の打ち合わせを終えると,3人で副題のジングル録音。第2回のテーマは「冬の北高便り」です。元気のいいバージョン,しっとりバージョンなどいろいろなパターンを録りました。

ミキサーの扱い方を習って…

録音開始!

今回は外から見えるスタジオでした。

応援合戦を紹介した「来たれ青春! 北高体育大会レポート」,食レポに挑戦した「ええやん宝塚!」,北高でクリスマスの思い出を聞いた「来たれ! 歴史に刻むクリスマス」の3つのコーナーを順番に収録していき……なんと今回も録り直しなしの60分一発録りで終了しました。

FM宝塚の皆様,取材に応じてくださった皆様,ありがとうございました。今回は大会と重なってしまったこともあり,準備も十分とは言えない状態でしたが,皆様のお力添えもあり無事録り終えることができました。

放送は12月9日(日)16:00~17:00です。FM宝塚のwebサイトやスマホのアプリでも聴くことができます。ぜひお聴きください。

(顧問 阪本)

第42回兵庫県高等学校総合文化祭 放送文化部門

県下112校が参加し,総合文化祭放送文化部門が行われました。
本校からはアナウンス4名,朗読2名に加え,ラジオドラマ・DJ・テレビドキュメントの3部門にエントリーしました。

予選は11月4日(日),会場は神戸星城高等学校でした。

■アナウンス小部門(187名中1~35位入選)
入選1名(決勝進出),佳作3名

■朗読小部門(192名中1~35位入選)
入選1名(決勝進出)

■ラジオドラマ小部門(44作品中1~6位入選)
入選(決勝進出)

■DJ小部門(39作品中1~6位入選)
佳作

DJ番組はわずか3点差の7位で惜しくも決勝進出を逃しましたが,出場したすべての部門で賞状をいただくことができました。

そして決勝は11月18日(日)に甲南女子大学で行われました。
予選を突破した2名・1作品と,決勝から審査が始まるテレビドキュメント番組1作品を発表しました。その結果は,

■アナウンス小部門 奨励

■朗読小部門 奨励

■ラジオドラマ小部門 銀賞(2位)

■テレビドキュメント小部門 銅賞(27作品中6位)

強豪校がそろう兵庫で,立派な成績です!

大会後のミーティングでは,みんなの協力があってこその結果だという感想が多くありました。行事などで忙しい中,お互いに助け合いながら大会に臨めたと思います。そして,なにより今回もたくさんの方にご協力いただきましたこと,心より感謝申し上げます。

さて放送部員たちは,審査員の先生方からいただいた講評をもとに,大会翌日からさっそく次に向けて進み始めています。大会だけでなく,FMでの番組制作やイベントの司会など多方面で意欲的な活動ができるようこれからも取り組んでいきます。

(顧問 阪本)

FM宝塚『Hi! HIGH ハイスクール!!』

FM宝塚の番組『Hi! HIGH ハイスクール!!』の9月放送分を本校放送部が担当します。

【放送日】9月9日(日)16:00~17:00

これは宝塚北・宝塚西・宝塚東・雲雀丘学園の放送部が持ち回りで担当する月1回の番組で,企画からパーソナリティ,ミキサーまで全て放送部員が担当します。

1時間の番組ということで,ひと月前から準備をしました。そうして考えた企画や流れを担当スタッフと入念に打ち合わせ。

スタッフの意見を参考に内容を修正していきます。

担当の放送ごとに副題がついているのですが,今回は「北高は勉強だけじゃない。よみがえれ! 夏の思い出!」に決まりました。

そのタイトルコール収録の様子です。

番組では,食レポにも挑戦!

うまくレポートできたでしょうか?

そしてなんとか準備が整い,本日8月31日(金)にスタジオ収録をしました。

トークもミキサーも練習の甲斐あって,スムーズに進行。ジングル,BGM,トーク,インタビュー,リクエスト曲などがテンポよく組み合わさり,一度もカットがかからないまま驚きの60分一発録りで収録が終了しました。

準備も含め,本当に楽しい1ヶ月でした。このような機会をくださったFM宝塚の皆様,そして快く取材に応じてくださった皆様に感謝いたします。

放送はFM宝塚のwebサイトやスマホのアプリでも聴くことができます。どうぞお聴きください。
(顧問 阪本)

Kiss FM KOBE 『ハイスクールノオト』収録

放送部がKiss FM KOBEの番組『ハイスクールノオト』に出演します。

【放送日】
9月1日(土)8:00~8:15
9月8日(土)8:00~8:15

その収録が,8月11日(土)本社スタジオで行われました。

マイクテストの段階から元気いっぱいの放送部員たちです。

収録はサウンドクルーの永田早紀さんの進行で進んでいきました。内容は学校紹介と,20秒の「北高オリジナルCM」の制作。

スタッフの的確な指示もあり,三科をアピールした宝塚北高校のCMが完成しました。

そしてメンバーを変えて,2週目の収録。信州総文祭でも活躍した化学部のCMをドラマ仕立てで制作しました。

2本ともどのような作品になったのか,ぜひ放送をお聞きください。


最初から最後まで笑いの絶えない収録となりました。永田さん,Kiss FM KOBEのみなさん有難うございました!(顧問 阪本)

第65回NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会

NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会が,7月23-26日の4日間,東京の国立オリンピック記念青少年総合センター及びNHKホールで行われました。本校放送部は,ラジオドキュメント・テレビドキュメントの2部門で参加しました。

まずは準々決勝。各都道府県から選ばれた約200本の番組が1/5の40作品に絞られます。ラジオドキュメント『楽しんでいこうか!』は残念ながら準々決勝で敗退。しかし2年生が中心となり作った番組が,県大会を突破しここまでこれたのは充分に立派なことです。そして,3年生が制作代表を務めたテレビドキュメント『ほな、やってみるさかい』は見事準決勝に進出しました。

準決勝は,40本→4本という高い競争率。39番目というかなり遅い順番でしたので他校の作品を見ながら発表を待ちました。どれも素晴らしい作品で勉強になります。
準決勝で発表
発表前にしっかりとタイトルコール。結果は翌朝発表です。

夜には兵庫県の研修会が開かれ,全員が参加しました。
研修会
番組研修会の様子です。積極的に質疑応答に参加していました。

そして迎えた決勝の日。会場は紅白歌合戦も行われるNHKホールです。
NHKホール外観 NHKホール内

結果は,
入選の発表

決勝進出はならず,5位相当の入選でした。全国550作品中ベスト20となりました。

放送部の作品は自分たちだけでは作れません。惜しみない協力と応援をしてくださったみなさんによるところが大きいです。今年も全国大会に出場することができ,本当によい体験ができました。有難うございました!
放送部集合写真

次は学校説明会と秋の大会に向けて頑張ります。

第40回県総文 放送文化部門 決勝

11月20日(日)に放送文化部門の決勝が行われました。

結果は次の通りです。

■テレビ番組小部門  金賞

40本の作品がエントリーする中,第1位となりました。

この部門では5年連続の第1位!部員一同大喜びでした。

■ラジオ番組小部門(ドラマ)  銀賞

35本の作品がエントリーし、予選で6作品にしぼられました。

決勝では、その6作品の中で第2位となりました。

2位という好成績にも関わらず悔しがる姿に、次大会での飛躍を確信しました。

■アナウンス部門 1名 奨励

202名がエントリーし、予選で35名にしぼられました。

決勝では見事部長が奨励を受賞し、部長の威厳を(?)見せつけました。

1-%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93%e3%81%a7%e9%87%91%e8%b3%9e

今回もたくさんの先生方、生徒の皆さんにご協力いただいたおかげで、

無事に大会を終えることができました。

心より感謝しております。ありがとうございました。

2-%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

これからも、北高放送部をよろしくお願い致します!

放送部一同

第63回NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会

7月26日(火)、東京オリンピックセンターにて準々決勝が行われ、ラジオドキュメント・テレビドキュメント・ラジオドラマの発表を行いました。

その結果は翌日27日(水)の朝8:40に発表されます。
これにより、どの部門も上位20%に絞られます。
ラジオドキュメントは惜しくも1点差で準決勝進出を逃しましたが、テレビドキュメント・ラジオドラマの2部門で準決勝進出となりました。

9:30から準決勝がスタート。ラジオドラマでは音声トラブルによる再生のやり直しという事態も起こりましたが、両部門とも無事発表を終えました。

最終日の28日(木)、舞台はNHKホール。
紅白歌合戦も行われるこの舞台に、昨日の結果が発表されます。

■テレビドキュメント部門  優良

1 テレドキュ優良

■ラジオドラマ部門 入選

2 ラジドラ入選

テレビドキュメントの優良は上位5%、ラジオドラマの入選は上位10%にあたる賞です。
残念ながら決勝には残らず、今年はNHKホールの舞台に立てないか…、と思った矢先

『優良を代表して、兵庫県立宝塚北高校を表彰します』のアナウンスが!

思い描いていたものとはちょっと違った形でしたが、しっかり舞台に立ってきました。

3 優良代表の表彰

4 舞台で記念写真

ご協力いただいた皆さん、応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。
これからも、北高の魅力を伝えられるよう頑張ります。
応援よろしくお願い致します!

5 集合写真

放送部一同

第63回NHK杯全国高校放送コンテスト 兵庫県大会決勝

6月18日(土),19日(日)

6月18日(土)に準決勝,19日(日)に決勝が行われました。
結果は次の通りです。

■ラジオドキュメント部門  準優勝

1.ラジオドキュメント準優勝

■ラジオドラマ部門  優勝

2.ラジオドラマ優勝

■テレビドキュメント部門 優勝

3.テレビドキュメント優勝

中でも、テレビドキュメント部門の作品は、全部門で最も高得点となったため、『最優秀作品賞』もいただきました。

以上の3部門で全国大会へ出場することが決まりました。
3部門での出場は、北高初の快挙です。

また、この他にも朗読部門で優良2名、テレビドキュメント部門で優良1本、ラジオドラマ部門で奨励1本、研究発表部門で奨励1本となりました。
これらを総合した結果、学校賞『優良校』もいただきました。
この学校賞をいただくのも北高初であり、部員一同大喜びしました。

4.受賞カップは5つ

ご協力いただいた皆さん、応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

全国大会は7月25日(月)~7月28日(木)東京・オリンピックセンター並びにNHKホールにて行われます。

どの部門にも、全国から約190本の作品が集まり、準々決勝で40本に、準決勝で4本に絞られます。
決勝に残るのは並大抵なことではありませんが、今年もあのNHKホールの舞台に立てるよう、頑張ります!

応援よろしくお願い致します!

5.集合写真

放送部一同

放送部 NHK杯全国高校放送コンテスト 県予選突破!

6月5日(日)

NHK杯全国高校放送コンテスト兵庫県大会予選が、大阪芸術大学短期大学部伊丹学舎にて行われ、アナウンス、朗読、ラジオドキュメント、ラジオドラマ部門に出場しました。

放送部 県予選後の集合写真

結果は次の通りです。

■アナウンス部門
入選 2名(準決勝進出)
佳作 3名

■朗読
入選 2名(準決勝進出)
佳作 1名

■ラジオドキュメント
入選 1本(決勝進出)

■ラジオドラマ
入選 2本(準決勝進出)

無事に全部門で準決勝・決勝に進出することができました。
ご協力いただいた先生方・生徒の皆さん、応援して下さった皆さん、ありがとうございました。

準決勝は6月18日(土)、決勝は6月19日(日)に、甲南大学にて行われます。
文化フェスティバルや3年には模試があり、忙しい時期ではありますが、ひとつでも多くの部門で全国大会へ進めるように頑張ります。

応援よろしくお願いいたします!

放送部一同