カテゴリー別アーカイブ: 教頭

「疾風勁草」の如くあれ

1月21日(木)


普通教室棟の2階階段の踊り場のところに、「疾風勁草」という達筆で書かれた四字熟語が掲示してありました。この言葉は、前にも紹介しましたが、修学旅行中止を知らせるときに学年主任が生徒たちへ贈った言葉です。「疾風」は激しく強い風、「勁草」は強い草のことで、「苦境や厳しい試練にある時に、初めて意志や心が強い人であることがわかる」という意味です。宝塚北高生には、このコロナ禍で激しい逆風や向かい風が吹く中ではあるが、「疾風勁草」の如く、逆風に負けず強く自分の目指す道を突き進んでほしいと思っています。「困難な時にこそ、真の強さがわかる」

 

 

「震災追悼行事」を行いました

1月15日(金)

朝のSHRの時間に、阪神大震災追悼行事を実施しました。
前日に「1995.1.17 そのとき何があったのか」というプリントを事前配布し、震災の時にどんなことがおこったのかを全生徒に知ってもらいました。追悼行事では、放送での、校長先生のメッセージのあと、黙祷を行いました。生徒たちは震災を語り継ぐこと、地震はいつ起こるかわからないという意識を持ち備えることをこの行事から学びました。

 

雪にも負けず!

1月9日から続く寒波で、今朝は阪神間でも雪が降り、通学や通勤に支障もありました。
1月13日から授業がはじまりましたが、本校でも生徒達がよく昼食を食べる場所の「心の広場(中庭)」にも下記の写真のように植木の周りやベンチに雪が積もり、グランドもほぼ真っ白になりました。しかし、生徒達は雪にも負けず、元気に登校し3学期の学習に取り組んでいました。

 

「疾風勁草」の如くあれ

1月8日(金)

本来なら修学旅行の結団式を実施しているはずの時間帯に、第2学年学年集会が開かれました。最初に校長先生から、1月12日出発の修学旅行の中止についての説明がありました。生徒たちは顔を上げ、校長先生のお話をしっかりと聞いていました。その後、学年主任から生徒たちへ、「逆風の中ではあるが、『疾風勁草』」の如くあれ」という言葉がありました。このコロナという逆風の中、強い風に負けないで、折れないでいる強い草のようにいて欲しいというメッセージでした。その言葉には、何とか生徒たちを修学旅行に連れて行ってやりたかった、これに負けずしっかり目標に向かって前向きにすすんでもらいたいという思いがあふれていました。2年生の生徒たちにもその思いはしっかり伝わっていました。解散後には担当者が修学旅行委員を集め、言葉をかけていました。

令和2年度3学期始業式+表彰披露

1月8日(金)

コロナウィルス感染症対策として、教室に取り付けられたプロジェクタを利用して、本日3学期の始業式を行いました。学校長の式辞の他、今年度全校生徒に向けて行えていなかった、各種競技会やコンテストで入賞した生徒の「表彰披露」も行いました。仲間の活躍を初めて知る生徒もおり、とても刺激になり自分も頑張ろうと前向きに捉えていました。

新しい生活様式の終業式

12月24日(木)

本日、教室に取り付けられたプロジェクタを利用しての2学期の終業式を行いました。今年度は、全学年体育館に集合しての式典は行えておらず、放送のみでの式典となっていました。今回は24クラス同時に、学校長式辞を動画で見てもらうことができ、生徒達も校長先生の実験も交えた式辞をしっかり聞き、反応していました。

校内風景~三科が奏でるハーモニー~

12月16日(水)

階段を上がって、ふと見るとクリスマスツリーが飾ってありました。ああ、もうクリスマスがすぐそこに………長かった2学期も終わりが近づいています。
本校の校内を回ってみると、たくさんの見所がありました。ほんの少しですが紹介してみたいと思います。

             

まだまだ紹介できていないものもありますが、三科が奏でるハーモニーを校内のいたるところで感じることができます。ぜひ、足を止めてゆっくり見てみてください。

校内公開授業週間

11月9日(月)から11月20日(金)まで校内公開授業週間がありました。様々な教科の先生方が「生徒の学習へのモチベーションを上げる法」をテーマに授業を公開しました。最終日には、校長特別授業が「受験を控えた3年生に「落ちない」をテーマに、おもしろ実験を取り入れて行われました。

 

105教室、314教室の空調(エアコン)工事完了!

先日の北高ダイヤリーでも工事の状況を紹介しましたが、休日を使って工事を進めていた105教室、314教室の空調(エアコン)設置工事がこの3連休で終了し、待望の空調(エアコン)が新設されました!長い間お待たせしましたが、これから寒い冬、暑い夏など様々な場面でどんどん活用してください。

     

「大学模擬授業」

10月14日(水)5,6時間目に1年生を対象に大学模擬授業が行われ、近畿圏を中心に20以上の大学から講師の先生方をお招きしました。最初に校長先生から講師の先生方に、「大学ではこんなことが学べる」、「知的好奇心がくすぐられる」ような講義をお願いしますというリクエストがありました。講師の先生方の専門的な講義が始まると生徒たちは目を輝かせながら講義に参加し、積極的に質問を行っていました。コロナ禍でなかなか未来を考える機会がとれなかった1年生にとっては、視野の広がる貴重な学びとなりましたこの学びが生徒一人ひとりが今後のキャリアプランニングを考えていく上での貴重な財産となることを期待しています。