カテゴリー別アーカイブ: 化学部

化学部 県総合文化祭 化学分野最優秀賞受賞

11月11(土),12(日)

化学部が県総合文化祭で3年連続の化学分野最優秀賞を受賞しました。

兵庫県高等学校総合文化祭自然科学部門発表会がバンドー神戸青少年科学館で開催され,化学部が11日(土)に口頭発表,12日(日)にポスター(パネル)発表を行いました。

口頭発表は最初のグループである化学分科会Ⅰで、神戸高校自然科学研究会化学班の次で、2番目に発表することになっていました。そのため朝から緊張しっぱなしでした。

県総文は発表人数に規定がないため、2年生1人と1年生2人がステージ立ち,「スクロースは加熱するとなぜ褐色化するのか」というタイトルで発表しました。発表時間に合わせ先日応募した日本学生科学賞の研究の一部である「スクロースの褐変反応の原理と生じる物質」に焦点を絞って発表しましたが,実験の量が多いことが仇となってしまい,8月の全国総合文化祭同様に制限時間との戦いになりました。結局,通し練習で時間を切れたのは最後の1回だけで不安でした。

 (手元の時計では残り4秒)
なんとか制限時間内に終えたものの,次は厳しい質疑。しかし、一生懸命答えることができました。

午後の分科会ではもう一人の2年生が運営係として会場のマイク係を担当するなど全員が参加。1年生も質問するなど楽しめたと思います。

12日に行われたポスター発表は、生徒と顧問の相互審査で順位が決まります。そのため大学や高校の先生が審査する口頭発表とは違い,高校生や専門分野の異なる先生方にポスターに来ていただいて相手に合わせて説明することが求められます。今年度は一番奥でしたが、昨年度同様カラメルの匂いで釣る作戦と昨年度まで2年連続でポスター最優秀賞を受賞していることが相まって多くの方に来ていただきました。
 

実は今年は口頭発表の練習に手間取って,一度もポスターを使った通し練習ができませんでした。しかも会場にいる高校生はまだ習っていない範囲の知識がベースになっています。(もちろん発表生徒もまだ授業では習っていません。)しかし,受験勉強の息抜きがてらに応援に来てくれた3年生が、当日の午前中に発表ごとにアドバイスしてくれたこともあり、4人全員が連携しながら発表できました。
 

そして今年も閉会式の司会を担当しました。審査委員長から化学分野最優秀賞で名前を呼ばれたときは思わずガッツポーズをしてしました。講評では「昨年度の継続的研究だがそのまま受け継ぐのではなく新たなことや切り口での研究であった。」「ぜひおいしいホットケーキのレシピを目指してください」と神戸大学大学院理学研究科の大堺先生からコメントをいただきました。またポスター発表については西脇高校生物部に一歩及ばなかったものの、優秀賞(2位)を受賞しました。

今回のメンバーは全員初めての発表でしたが、2年連続全国出場&ポスター最優秀賞というプレッシャーの中,3年連続を目標に一生懸命研究や発表に向けた準備に取り組みました。その結果,ポスター3連覇こそ逃しましたが、3年連続全国出場権獲得&3年連続ポスター入賞を達成できました。

例年、この11月は県総文を皮切りに多くの外部発表を行っているのですが、今月はこれだけで、次は12月上旬にあるConBio2017(2017年度生命科学系学会合同年次大会)です。こちらは日本学生科学賞に出せなかったもう一つの積み残しの研究テーマ「市販のパン酵母における二糖及び単糖の発酵能」について発表する予定です。

気温が下がり実験が難しくなってきましたが、少しでも多くのデータを取って信憑性を高めて臨みたいと思います。応援よろしくお願いします。

化学部 日本学生科学賞兵庫県コンクール 兵庫県教育長賞受賞

10月22日(日)

第61回日本学生科学賞兵庫県コンクール(主催:兵庫県教育委員会など)の表彰式がバンドー神戸青少年科学館で行われ、化学部が「スクロースのカラメル化とメイラード反応」の研究で兵庫県教育長賞読売新聞社賞を受賞しました。そして、化学部として初めて全国審査会の予備審査へ進出することになりました。

この研究はタイトルは少し堅いのですが、「ホットケーキの色や香りはなぜ生じるのか?」という素朴な疑問から研究が始まっています。全国総合文化祭に行く前に2年生が3年生と議論する過程で気が付いたことに加え、全国総文に同行した1年生が彦根東高校の発表を聞いて疑問に思ったことから研究がスタート。「研究が進まなかったら県総合文化祭は『おいしいホットケーキの作り方』を発表しよう」という冗談話もどんどん膨らんでいき、今回の研究内容となりました。

今回のデータと考察は1,2年生の3名が中心となり進めてきた初めての「自分たちの研究」でした。そのため、この3名はこのような評価をいただけるとは全く思っていなかった中での受賞だったので、賞状が手もとに来るまで実感が持てませんでした。しかし、「身近なことに疑問をもって地道に調べる」という私たちが大切にしているスタイルで評価してもらえたことは大きな自信になりました。

(当日は警報発令のため表彰式には出席できず、後日に化学教室で賞状と盾を持っての記念撮影。)

 

現在は全国審査会に向けての研究レポートとともに、焦点を絞って追試を重ね、3年連続の全国総文や県総合文化祭に向けた発表スライドやポスターを作製しています。

少しでも良い発表ができるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。

化学部の研究が「みらいぶ」に掲載されました

10月8日(日)

以前にみやぎ総合文化祭の参加報告でお伝えしました河合塾教育研究部から取材を受けた内容がWEBページ「みらいぶ」に掲載されました。

主に3年生が昨年夏から1年かけて発表した内容を中学生向けにまとめていただいたものに加えて、当時の部長の水田千尋さんのインタビューも掲載されています。よろしければご覧ください。 → コチラ

現在1,2年生は11月11日(土)に行われる県総合文化祭の口頭発表と12日(日)に行われるポスター発表に向け、追実験と発表資料作成に追われています。

今日の実験はホットケーキ

 

今日の実験はホットケーキ作り
今回の研究のカギです

応援よろしくお願いします。

 

化学部 「科学英語実験講座」に参加しました

9月23日(土)


(開会式ももちろん英語です)

化学部の1,2年生3人が六甲アイランド高校で開催された兵庫「咲いテク」プログラムの「科学英語実験講習会」に参加しました。この講習会は科学英語に親しみ,英語によるコミュニケーションの体験を目的としたもので、英語を第一言語として行われ,県内の高校生だけでなくインターナショナルスクールの生徒と一緒に講義と実習を受講するものです。

まずは甲南大学池田先生の太陽光エネルギーをテーマとした講義を受け、実験班ごとに自己紹介と講義の復習をしました。
 

その後,分光光度計を用いたNOxの測定を英語を用いて行いました。
もう一つの班は甲南大学の学生さんにTAに入ってもらい酸化チタン(Ⅳ)の光触媒作用を確認する実習を行いました。
 

最後は講義と実習内容を踏まえ「未来社会への提言」をテーマに班別でディスカッションを行い。各班5分で発表しました。
 

参加した生徒は、実習のテーマである環境とエネルギーを通じて世界的な問題について考えさせられました。講評の中で池田先生からは「社会には多くの問題がありますが皆さんのような方々がいろいろな視点を持ち学び、研究していけばきっと解決すると思います。社会で活躍するための必要なスキルを身に着けるために学校でも年齢の違う人との対話とコミュニケーションを大切にしてください。」「教科書レベルなら日本語で十分ですが、最新の研究は国際誌・特許は英語、同じ分野の研究者は外国人です。」というお話をいただきました。

化学部では普段から実験やディスカッションをしていますが、英語を第一言語でコミュニケーションをとる機会がないので戸惑いもありました。しかし、いろいろな学校の生徒と協力し合いながら実習し、議論し、発表するという中で知識だけでなくコミュニケーションの重要さを再認識しました。

県総合文化祭まであと1か月半です。今回の経験を活かし少しでも良い発表ができるよう頑張ります。

化学部 「青少年のための科学の祭典神戸大会2017」に出展

8月26日(土)-27日(日)

科学ボランティア活動の一環として8月26日(土)と27日(日)にバンドー青少年科学館で行われた「青少年のための科学の祭典」に化学部としては初めて出展しました。

応募当初は須磨東高校のサイエンス部と共同出展の予定だったことや小学校低学年を主な対象とすることにしたことなどから「化学」にこだわらず身近に起こる不思議な現象の解説をすることにしました。

そこで私たちが選んだのは錯視・錯覚という現象で,今回は「視覚のふしぎ」という錯視・錯覚を通じてヒトの視覚の素晴らしさといい加減さを小学生に体験していただきました。

小学生や幼稚園生など普段接することのない低年齢の子どもに説明するのは初めての体験であったので、最初は悪戦苦闘をしていました。また、他の研究活動の合間だったこともあったので、準備万端とはいかず,なかなか伝わらず苦労しましたが、初日前半は顧問のサポートやこういったことが好きな3年生が半日だけ応援に来てくれたこともあったり,相手に合わせて内容を選別し説明に工夫をするなど試行錯誤をしたりしていくうちに夕方には1,2年の2人でやりくりできるようになりました。その結果2日目は余裕もできて休憩時間に他団体のブースを回ったりすることもできました。

新チームで初の表彰状

残った配布資料の枚数から逆算すると最低でも約200組,500人以上の方に実際に体験していただき、説明したことになります。

今回の経験を通して双方向の発表や相手にわかるように伝えることの難しさを改めて痛感しました。この経験を糧に11月の県総合文化祭でのポスター発表に活かしていきたいと思います。また来年は化学分野での出展も視野に入れて身近な不思議な現象を見つけていきたいと思います。

 

 

化学部 みやぎ総文2017に出場しました 4日目

8月4日(金) - 閉会式・自然史標本館 -

大会最終日は記念講演と閉会式です。記念講演では「東日本大震災の経験と教訓 - 知識は命を守る -」という題で東北大学災害科学国際研究所所長の今村教授がご講演をされました。6年前、今回宿泊した石巻市も大きな津波に襲われました。仙台空港や石巻市内など今回の道中のいたるところにその痕跡や記録が残されていました。またよく見ると沿岸部には新築の家かプレハブばかりであったり、不自然な空き地が点在していたり、、、まだ、復興途上の街と災害に対する研究の現状に様々な思いが交錯しました。

全国高等学校総合文化祭の自然科学部門が初めて開催されたのは2011年で、会場は福島県でした。今回自然科学部門が石巻市で開催された理由の一つに、そういった背景もあったと聞いています。

その後の、閉会式では残念ながら上位入賞にはなりませんでしたが、兵庫県では三田祥雲館高校天文部が地学部門最優秀賞を、一緒に医工学研修を受けた加古川東高校自然科学部物理班が物理部門優秀賞を受賞しました。

そして、今回の最後に3年生の希望で閉会式後、他の団体と逆方向の電車に乗って、東北大学薬学部の手前にある自然指標本館へ行きました。それほど広くない博物館ですが岩石や結晶,化石を中心に標本が所狭しと陳列されていました。

3年生は今回の研究をたった2人で研究を進めてきました。勉強だけではなく他の部活動や習いごとなど3つ以上のことを両立させ、手分けをしながらさまざまな種類の実験を繰り返し、膨大なデータを取り、議論をしながらこの大会に臨みました。まだ少しだけやることは残っているのですが、一応これで一区切りをつけ勉強優先の放課後、休日となります。そのためか,入賞できなかったことよりも「これで部活動が終わってしまう」という寂しさと「最後にいろいろな高校生と交流できた」という達成感が大きかったようです。

ちなみに残った2年と1年の部員は11月の県総文に向けて次の研究を始動しています。まだどうなるか読めない霧の中にいますが、今回の経験を糧に創部以来宝塚北高校化学部が大切にしてきたものを守りながら研究を進めていきたいと思います。

これからも応援よろしくお願いします。

化学部 みやぎ総文2017に出場しました 3日目

 

大会のお弁当は宮城県の高校生がプロデュース

8月3日(木) - 巡検研修 -

大会2日目午前は発表の続きです。
この日も積極的に質問をしました。
午後は巡検研修です。
本校はバスで東北大学薬学部へ。

早めに到着したので、
時間まで薬用植物園の一部を案内していただきました。

アサガオの種は食べてはいけません


ステビアの葉をとって試食]  [パイナップルです

他にもジャスミンやパピルス,カカオ,コーヒーノキなど身近にあるが、「生えているところ」を見たことないものを見せていただきました。

その後薬学や留学・研究についての講義を受け、4つの研究室を案内していただきました。

毛髪に含まれる水銀を測定][GFTを導入した酵母でお絵かき][DNAのアガロース電気泳動

      
個別化医療における薬局の未来の説明]  [合成化学の方法や器具を見学

説明の中で今回発表した研究に出てくる手法や物質がたくさん出てきました。部員も難しい説明の中で知っていることが何度も出てきたので、びっくりしていました。
ちなみに分析化学の現場で糖の分析に用いるTLCやHPLC,NMRも実際に見ることができました。HPLCで用いるカラム(試料に合わせて変えるパーツ)だけでも5万円以上するそうです。

化学部 みやぎ総文2017に出場しました 2日目

8月2日(水) -生徒交流会 & 研究発表  -

化学部に伝わるTKポーズでリラックス

この大会は「交流」と「研鑽」を主目的とした大会なので、他の科学コンテストとは少し様子が違います。例えば今回は開会式後,いきなり生徒交流会(全団体がバラバラになっての混成クイズ大会)でした。宮城県を題材とした科学クイズや石巻市のご当地クイズでしたが、生徒実行委員長の罠(?)にハマり「交流」に気を取られすぎてしまったようです。

化学部の発表は8/2の化学分野のグループのトリでした。そのため,発表者はずっと緊張したまま他校の発表を聞くことに。
どこもハイレベルな発表でしたが、ギスギスした感じではなく,鋭くもちょっとシャレを入れたりしながら質疑応答をしたりなどとてもよい雰囲気でした。
 今年は全員質問ができました

 (なんと、直前になってスライドを修正

そして最後の発表!

副部長は初の全国の舞台。落ち着こうとするあまり少しいつもよりゆっくりに。。。この時撮影係をしていた1年生は焦っていましたが、昨年も発表した部長が臨機応変に台詞を変え、手元の時計ではなんと12分ジャストで終了。

一方,質疑応答では想定外の厳しい質問を受けましたが、今度は副部長が素早く臨機応変に対応できました。

ちなみに一人はこのあと、3月の農芸化学会で知り合った岐阜県の団体が合同で生物分野の発表をするため,質疑応答後はすぐにそちらの発表会場へ。このあたりも「交流」を大切にする総文祭の特徴です。

取材にも笑顔で対応

また発表終了後、ある団体から簡単な取材を受けたのですが、その方は2年前の本校の元生徒会長で東京大学に進学した人の友人であったため、生徒会執行部の一人であった親交のあった副部長と話が盛り上がっていました。

明日は巡検研修です。

化学部 みやぎ総文2017に出場しました 1日目

伊丹空港から出発-飛行機までバスで移動

化学部は8/2(水)~4(木)宮城県石巻市・仙台市で開催された第41回全国高等学校総合文化祭(みやぎ総文2017)の自然科学部門にて研究発表(化学部分野)に出場しました。ちなみに今回は発表者の3年生2名に加え,見学者として2年生1名と1年生1名の4人で参加しました。

 

8月1日(火) - 医工学体験 -

今回は遠方ということもあり8/1(火)に宮城県入りする必要がありました。せっかくということで昨年度本校の職員が研修でお世話になった東北大学大学院医工学研究科のRDEEMのご厚意で加古川東高校自然科学部物理班の皆さんと約2時間「医工学」体験をさせていただきました。

  山口特命教授による血圧測定の原理の解説とその体験
二股聴診器などを実際に用いて自分の血圧を測定しました。

 

 

 

沼山准教授による外科用手術器具・手術室の解説-実際に鉗子や内視鏡手術の器具に触れたり、測定器で血中酸素飽和度などを測定しました。他にも培養細胞や藻類を位相差顕微鏡を用いて観察したり,蛍光顕微鏡を用いて細胞小器官の局在を観察したりさせていただきました。

花火をBGMに外で発表練習

その後は石巻市にある宿舎「サンファンビレッジ」へ移動して、
明日への準備です。

 

化学部が日本農芸化学会のジュニア農芸化学会で銀賞を受賞しました

私たち化学部は3/17(木)から開かれた日本農芸化学会京都大会に参加しました。

3/17はウエスティン都ホテル京都で行われたシンポジウムで日本農芸化学会の元会長である清水昌京都大学名誉教授の微生物探索と産業利用に関する講演と2015年ノーベル生理学医学賞を受賞された大村智北里大学特別名誉教授の微生物創薬や社会貢献に関する講演を聞くことができました。研究者向けの話もあって少し難しい部分もありましたが、科学の素晴らしさと研究の面白さを改めて感じました。

3/18は京都女子大学で行われたジュニア農芸化学(ジュニアセッション)に参加しました。これは全国の高校・高専生70団体が日本農芸化学会の年会に参加されている大学や企業等の研究者を相手にポスターセッションを行うイベントです。私たちの発表タイトルは県総合文化祭と同じ「糖類を定性的かつ安全に判別できるか」でしたが、県総文以降に対象を増やしたり新たな手法を加えたりしたのでポスターも一から作り直しました。また、今までと違いディスカッション中心のポスター発表なので、1人でも高校生から専門家を相手に研究全部を説明する必要があったため、参加に向けて、選択科目以外について少しずつ教え合いながら、発表練習に取り組みました。

いざ発表が始まるとたくさんの人が来てくださり、コアタイムが終わっても多くの人とセッションすることができました。その中でたくさんのアドバイスをいただくことができました。その結果、ひろしま総文でも発表のあった岐阜県立加茂高校など非常に面白く素晴らしい生物や化学系の研究がたくさんあった中、多くの専門家の方に私たち化学部の研究が評価されました。そして、横浜サイエンスフロンティア高校と一緒に銀賞をいただきました。

 

表彰式後の交流会ではたまたま近くにいた東京や愛知、和歌山の学校の生徒と研究の苦労した点や実験計画の立て方から地元の話まで話題が広がり、非常に盛り上がりました。

また、企業のブースに参加できました。そのため、専門書のコーナーや試薬・実験機器メーカーのブースを回り、使い方のコツなどを教えていただいたり、有名な論文雑誌等を実際に見たりすることができたりして、出発時間ぎりぎりまでそれぞれが楽しめました。

発表を通じてまだまだ未熟さを感じつつも、新しい発見や考えに出会えたことに喜びも感じました。これらは、ポスターセッションだからこそ得られる貴重な経験だと思います。発表形式は異なりますが、今回の経験といただいたアドバイスを夏の全国大会へと生かして、ギリギリまで実験・検討を行いますので.これからも応援よろしくお願いします。