カテゴリー別アーカイブ: 文化部

化学部 甲南大学で実験の指導を受けました

5月26日(日)

今秋開催される近畿総文京都大会に向けて、一昨年度から化学部の研究でお世話になっている甲南大学フロンティアサイエンス学部の甲元研究室でサンプルの分析をさせていただきました。

今回は研究の最後の詰めの部分に当たる実験で今回は2つのアプローチの実験させてもらいました。一つはカラメルの中に含まれている物質を核磁気共鳴法(NMR)と赤外分光法(IR)という手法で同定できるかを試みること。もう一つはカラメル溶液の溶質分子やコロイド分子を動的光散乱法(DLS)という手法で比較するというものです。今まで何度も研究室で実験・分析させてもらっていることもあって、今回は実験手順等を確認し2人+大学生1名で並行しながらいろいろな手法でカラメルを分析させてもらいました。

学校に戻ってからは今回の結果について分析していくことになります。高校生にとってはいずれも測定原理が難しいのですが、その原理についても何度も説明してもらったことや扱っている分野を学習し始めたので、ある程度は理解できるようになりました。また、研究室で実験させていただくことで、先生や大学生・大学院生の方からいままでに気が付かなかった視点での助言をいただき、学問の深さを体感するとともにまだまだ勉強不足であることを認識できました。

化学部・物理部 自然科学部リーダー研修会

4月29日(月)

本校で行われた県内の自然科学系部活動のリーダー研修会に化学部3名と物理部1名が参加しました。

今回はブレインストーミングを用いたテーマの広げ方についての実習とポスタープレゼンテーションの実習でした。ポスタープレゼンテーションの実習では本校31回生の水田千尋さんが講師でした。水田さんは1年、2年と2年連続でポスター最優秀賞と化学分野最優秀賞を受賞した化学部の先輩です。今回のレクチャーでは実際にご自身が高校時代に作成したポスターを用いてどのような点に注意をしながら作成したのかを解説していただきました。特に2年生の時は1年生の時とは研究テーマが大きく違いましたが、過去の研究のセッション時に受けた指摘などを踏まえ、さらに改善・工夫をしたことについても説明していただきました。これらのことから常に成長し続ける姿勢が大切だと感じました。
   
午後は実際に作りかけの研究ポスターを渡され、締め切り3日前という設定でどのように直していくかというワークを行いました。また、各校のノウハウや過去の受賞ポスターの良い点などを共有し各班で実際にポスターの校正を行いました。

この経験を生かして次回の発表会では「聴衆にやさしいポスター」を意識しようと思いました。

吹奏楽部第24回定期演奏会 <校長ブログ1022号>

3月22日(金)
終業式を終えて、いよいよ春休みに入ります。今年も3学期終業式の夜、吹奏楽部の定期演奏会を聴きに行きました。
残念ながら職員会議が延びたので第1部には間に合いませんでしたが、第3部の冒頭に校長からの挨拶をさせていただき、アンコールを入れて6曲を聴き、清々しい音色に心を癒されました。
35年前に教員として採用された時、1年生しかいない新設校でした。同期新採用の教員が吹奏楽部の顧問で、私はハンドボール部でした。彼は大変熱心な指導者で、何度も吹奏楽部の演奏に招かれて「楽器ができるといいなあ」といつも思っていました。
そして初任明けで異動した2校目の高校で、ハンドボール部だけでなく吹奏楽部の第2顧問にあてられました。そこは伝統校で、生徒も自主的に何でもこなす素晴らしい学校でした。吹奏楽部員も多く、初めて演奏を聴いた時、音に迫力があってびっくりしました。そして7月の地区予選、部員たちの演奏前の直前の集中力は素晴らしく、県大会、関西大会へと駒を進め、素人の私が聴いていてもどんどん上手くなるのが分かるほどでした。そこには生徒の集中力だけでなく、指導する先生が生徒たちをリラックスさせながら気持ちを高めて、それに呼応するように生徒たちが乗って行くのが私にも感じ取られました。そして何と全国大会の切符まで手にしました。東京・普門館での演奏は、直前まで、生徒たちは「楽しもう」とする様々なアイデアを出し合い、本当に素晴らし演奏をしました。50人がミスなしに毎回演奏することは至難の技です。どこかで多少のミスもあるでしょう。同じ演奏は二度となく、毎回、そこに集中していく姿に本当に感動しました。思えば30年前、平成元年のことでした(^^)
長くなりましたが、本校吹奏楽部も創部初の県大会出場を果たし、これから新たな歴史を刻んでいく部です。県大会にとどまらず、さらに上を目指して、これからも素晴らしい演奏を期待しています。宝塚北高校吹奏楽部、これからも応援しています。
 
定期演奏会、吹奏楽部の皆さん、素晴らしい演奏をありがとう!
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

FM宝塚『Hi! HIGH ハイスクール!! 3月』

FM宝塚の番組『Hi! HIGH ハイスクール!!』の3回目の放送が3月10日にありました。

今回も番組の企画,インタビュー,パーソナリティ,ミキサーなど,すべて放送部員が担当しました。

第3回は『春目前! いま伝えたいメッセージ』をテーマに番組を構成。北高生の最近の出来事を取材した「北高生個人的ニュース」,宝塚のおすすめのものを紹介する「ええやん! 宝塚」,友人や家族などに伝えたいメッセージをレポートした「いまあなたに伝えたい」の3つのコーナーと5曲の音楽をお送りました。

意外性のある効果音を使ったり,校長先生の個人的ニュースをインタビューしたりと楽しんでいただけるよう工夫しました。そしてたからづか牛乳さんにお邪魔して今回も食レポに挑戦!

インタビューを受けてくださった店員さんが北高の卒業生でした。共通で知っている先生の話で盛り上がるなど,リラックスして取材することができたようです。ありがとうございました。

さて,これで今年度の放送も終わり。番組を聞いて少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。貴重な機会をいただいたFM宝塚の皆様ありがとうございました。
来年度も引き続きFM宝塚で番組を持つ予定です。一緒に放送したいという新入部員もお待ちしております。

(顧問 阪本)

兵庫県高校放送フェスティバル3地区

3週連続の放送部リーダー研修会巡り。今回は東播・淡路地区です。

雪の降る2月11日(月),明石高等学校に行ってきました。

午前中はアナウンス・朗読に分かれて今年度最後のミニコンテスト。

出番以外のときは,メモをとりながら他の参加者の読みを熱心に聞いていました。

午後はMCタレント・ラジオパーソナリティの浅井ちかこさんによる「中・高生のためのアナウンスセミナー」

腹式呼吸や鼻濁音などの具体的な練習方法を教えていただきました。セミナーの最後には「自分の言葉で相手を思いやって伝えることが大切」ということをおっしゃっていました。本当にその通りですね。忘れずに指導していきたいと思います。

閉会式では他地区からの参加にも関わらず,ミニコンテストの表彰状をいただきました。

アナウンスと朗読で1名ずつが佳作になりました。

県内の各地区を回ったリーダー研修も今回で終わり。講座はもちろん,他校の先生方や放送部のみなさんと交流することができ,非常に勉強になりました。ありがとうございました。

さて,今月末には卒業式・FM宝塚と学校内外の行事がありますが,しばらく部活動はお休み。まずは学年末考査を頑張ってもらいます。(顧問 阪本)

GS科 共生のひろばに出展しました

2月11日(月)
兵庫県立人と自然の博物館(三田市)で行われた「共生のひろば」にGS科と物理同好会が参加してきました。

共生のひろばとは、人と自然の博物館が主催し、子供から大人まで、ご家族や研究者までいろいろな人が集い、研究発表する場です。本校からは次の4件のポスター発表を行いました。
「幸せは量産できるか~四葉のクローバーの増殖法~」(GS科2年生)
「ヒアリ定着の可能性を探る」(GS科2年生)
「GISを用いた三田市と宝塚市における竹害調査」(GS科2年生)
「家庭でポン菓子作りに挑戦」(物理同好会)
 
 
たくさんの方々が楽しみながら研究活動されている姿は勉強になりました。
また、「四葉のクローバー」の研究に対して、名誉館長賞が授与されました。岩槻邦男名誉館長さまから賞状とサイン入りの本を頂戴しました。

ありがとうございました。

兵庫県高校放送フェスティバル2地区・4地区

放送部のリーダー研修会。先週の阪神・丹有地区に続き,この週末は神戸地区と西播・但馬地区の2か所の研修会に参加していきました。

2/2(土)の会場は神戸星城高等学校です。

午前中はアナウンス・朗読のミニコンテスト。

午後はアナウンス・朗読でクラス分けをし,発声練習や朗読原稿の選び方など,読みに関する講習を受けました。

今週も能崎アナウンサーの講習がありました。

技術だけでなく,元気をもらった部員たちです。

翌日2/3(日)の会場は姫路市立琴丘高等学校。

午前はそれぞれがアナウンス・朗読・ラジオドラマを審査し,プロの評価と比べてみました。

どの作品がよかったか,話し合う参加者たち。客観的な視点を持つことは大切ですね。

そして午後は,アナウンス・朗読で班別研修。今回は他校の放送部員と話し合う機会が多くありました。

顧問の私も班別研修に参加し,西播・但馬地区の放送部員たちと楽しく読みの練習ができました。

2地区・4地区のみなさん,ありがとうございました。来週はリーダー研修最終回,東播・淡路地区にお邪魔します。

(顧問 阪本)

美術部 宝塚市高校生美術展

2月1日(金)

2019年1月31日(木)から2月5日(火)まで宝塚市立国際・文化センターにおいて高校生美術部展が開催されています。宝塚市内6校の美術部の力作が展示されています。本校美術部も作品を出展しています。写真は準備の様子です。お時間があれば足を運んでいただければ幸いです。よろしくお願いします。

兵庫県高校放送フェスティバル1地区(阪神・丹有)

放送部が,1月28日(日)県立伊丹高等学校で行われた放送フェスティバル(冬季リーダー研修会)に参加しました。

午前中はミニコンテスト。アナウンス・朗読に分かれて発表しました。

午後は研修会。最初にフリーアナウンサーの能崎まゆみさんによる「伝わる読みについて」の講習がありました。

両腕を広げて笑うように声を出す「大爆笑発声」を体験した部員たち。

その後はそれぞれ興味のある分野に分かれ,ドキュメント番組・テレビ番組・アナウンス・朗読などの講習を受けました。

閉会式では午前のコンテスト結果の発表がありました。本校の結果は次の通りです。
■アナウンス部門  入選3名,奨励1名
■朗読部門  入選1名,奨励3名

この研修会で新しい発見があり,課題も見つかったようです。さっそく翌日から熱心に練習していました。

来週は神戸地区と西播磨地区の研修会に参加してきます。

(顧問 阪本)

サイエンスフェアin兵庫に参加した生徒たち <校長ブログ983号>

1月27日(日)
第11回サイエンスフェアin兵庫に行ってきました。会場は神戸市のポートアイランド、今年はニチイ学館ポートアイランドセンター、理化学研究所計算科学研究センター、甲南大学FIRSTの3会場です。
平成21年に初めて開催されて、県内のSSH指定校が中心となって毎年発表をしていますが、それ以外にも本校のような県内の高校、企業、大学、研究機関からの発表もあります。高校生も約40校、100班を超える発表があるため、県下各地から集まっていました。このような機会に、同じ研究テーマの高校生と交流したり、大学の先生方からアドヴァイスをいただくことは大変貴重な機会です。本校のGS科、化学部、物理同好会のみなさんにとって、充実した一日となったはずです。

宝塚北高校からの発表は、次の5つでした。
■宝塚市の渋滞は不可避か?(GS科)
■微生物燃料電池の実用化に向けて(GS科)
■地震の震源を推定(GS科)
■黒色縞模様の幅や面積による色の錯視(物理同好会)
■梅シロップは氷砂糖で作らないとダメなのか?(化学部)
  
  

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)