カテゴリー別アーカイブ: 授業

演劇科モダンダンス発表会

1月22日(金)

34回生最後の作品発表会モダンダンス「This is me」が密を避けるため6限目と7限目の2回に分けて披露されました。
1. ブンブンパラリラ~やったろけ~
2. 赤い靴
3. My immortal~心の中に~
4. 鏡の中の女の子
5. アチャック船長と愉快な仲間たち
6. 消せない記憶~苦く酸っぱい思い出~
7. Swan lake~愛に溺れて~
8. 合格への道
9. Be myself~止まない雨はない~
10. あしたあさって~この世界そのまま~
11. World tour 2021 in アポロン!

  

演劇科34回生劇表現卒業考査

1月21日(木)

34回生最後の劇表現発表テーマは『「プロジェクト34X~挑戦者たち~」コロナからの20年を生きて』でした。コロナ感染症の影響で十分な稽古の時間が取れない中、さすが3年生!!素晴らしい作品を披露してくれ、成長を感じた発表でした。

GS科 GSⅠ プレゼンテーション実習

令和3年1月9日(土)

12月19日(土)に実施されたGS科1年生の探究基礎実習の後、
自分達で考えた研究テーマによって7班に分かれ、
12月21日(月)からのクリスマス週間に化学実験に取り組みました。
1月9日(土)には大阪大学大学院理学研究科の久保孝史先生・塚原聡先生、
本校GS科卒業生3名を審査員としてお招きし、その成果を発表しました。
(その様子を1年7組保護者限定でYouTubeでオンライン配信しました。)

各班の研究テーマは以下の通りです。
・電気分解の際の銅(Ⅱ)イオンの移動
・電池作成時の黒色沈殿
・硝酸銅(Ⅱ)水溶液の電気分解で発生する黒色物質
・AgNO3水溶液の電気分解でできる黒い物質について
・Cu(NO3)2aqの電気分解で発生する気体について
・電気分解で陽極の炭素棒が崩れる条件を探る
・真鍮の色の変化

以上の7班の中から最優秀班が選出され、
1月24日(日)にオンラインで開催される兵庫県教育委員会主催「サイエンスフェア in 兵庫」に出展する予定です。

演劇科2年生 集中講義「舞台技術実習」

12月19日(土)、22日(火)、25日(金)、26日(土)

4日間にわたり、アポロンホールで舞台技術実習を行いました。

初日は、設備や機材の説明、プランの立て方などの講義を受けました。その実践として、2日目以降は、朗読劇の上演に向け、音響や照明、舞台美術、衣裳、演出等の役割分担をし、実際にプランを作成し、準備を進めていきます。

限られた時間の中で、部署内の意見をまとめ、各部署のプランをすりあわせ、できること・できないことを取捨選択しなくてはなりません。
見ているときには「当たり前」にある照明や音響、舞台装置を自分たちで準備すること操作することがどれだけ大変なことなのかということ。「やりたいこと」のすべてができるわけではないということ。だからこそ、「本当にやりたいこと」「譲れないこと」をしっかり考えなくてはならないということ。……卒業公演に向けて大切なことを学ぶ貴重な機会となりました。

総合的な探究の時間(普通科2年生)外部発表会での受賞!

12月2日の北高ダイアリーで紹介した普通科2年生の総合的な探究の時間の続報です。
研究タイトル「松葉の気孔の汚れ具合による大気汚染度の判定」のグループが、甲南大学主催の「リサーチフェスタ2020」でロジカルデザイン賞を受賞しました!
このグループは初めての外部での発表(オンライン)でしたが、休日にフィールドワークを行い試料採取したり、放課後に顕微鏡観察を続けたりと熱心に活動した成果がでました。
2月の校内発表会に向けて、あらたな目標も定めることができ、これからの活動が楽しみですね。

GS科 GSⅠ 探究基礎実習IV

12月19日(土)

12月15日(火)の講義に引き続き、大阪大学大学院理学研究科より、久保孝史先生・塚原聡先生とティーチングアシスタントの大学生5名と共に、金属と電気に関する探究的活動を行いました。1班8名ずつに分かれ、それぞれに指定された3つの課題に対してデータを集めました。さらにそれらを一つにまとめて考察しました。
  
 

実習後、今回生まれた気づきを元にして研究テーマを出し合いました。ここからは7つの研究テーマごとにチームを作り、さらに探究を続け、1月9日(土)に再度、大阪大学の先生方をお招きして、成果を発表します。

 

SSH事業 GSI 核エネルギー特別講義(オンライン)

12月18日(金)

京都大学複合原子力科学研究所 准教授の高宮幸一先生を講師にお招きしてZoomによる特別講義を行いました。内容は核エネルギーに関することで、「核反応のしくみ」「原子炉の構造」「福島の原発事故」の3テーマに分けて行われました。対象はGS科の1年生です。
生徒にとっては興味・関心が高いテーマで、オンライン講義でしたが熱心にモニターを見ながらノートをとり受講していました。講義後は質疑応答もあり、生徒の質問にていねいに答えてくださいました。高宮先生、お忙しい中、ありがとうございました。

GS科 GSⅠ 講義

12月15日(火)

大阪大学大学院理学研究科より、お二人の先生をお招きし、以下の内容の講義を受講しました。
「環境問題と新エネルギーシステム」  久保 孝史 教授
「酸化還元反応」           塚原 聡   教授
また、12月19日(土)には大阪大学大学院生をお招きして、今回の講義内容に基づいた電池に関する実験を行う予定です。

普通科2年生 総合的な探究の時間

普通科2年生の総合的な探究の時間では、2月の校内発表会に向けてポスター作りが始まりました。今回、紹介するグループは今月20日に行われる外部でのWEB発表会に向けて探究活動を行っています。研究タイトルは「松葉の気孔の汚れ具合による大気汚染度の判定」です。今日は顕微鏡を用いて気孔を観察し、汚れている気孔をカウントしていました。
期末考査後の発表会が楽しみですね。