34回生修学旅行4日目の活動記録

いよいよ修学旅行4日目、最終日を迎えました。この日の朝の気温はマイナス8度。
少し寒さが和らいだ朝となりました。
とは言っても雪が降っていて、相変わらずあらゆる所にたくさんの雪が積もっていました。

朝食後、荷物を整理整頓して、チェックアウトしました。
8時30分、ホテルの方々のお見送りの中、
4日間お世話になったホテル ベルヒルズ富良野を出発しました。
山道と高速道路を通って小樽へ。
小樽では雪が時折降る中、班別自主研修を行いました。
昼食も自分たちで自由に取ることになっていたので、海鮮丼やラーメンなど思い思いの物を食べていました。
またお土産を買ったり、記念写真を撮ったりして、充実した時間を過ごしました。
  
そしてバスガイドさんの楽しいお話を聞きながらバスで新千歳空港へ。
ここからは初日と同様にJAL組(1〜4組)とANA組(5〜8組)に分かれて
手荷物検査を受けて搭乗しました。
疲れからか機内では寝ている生徒もいましたが、北海道の地を惜しむ生徒もたくさんいました。

こうして20時前に無事に伊丹空港へと帰ってきました。
この修学旅行ではさまざまな経験をすることができました。自分の事だけではなく、
クラスメイトや同じ班のメンバーなど仲間の事を思いやり、協力して行動することの大切さ、
初めての事でも勇気を出して挑戦することの大切さ、
達成できた時の充実感、やれば出来るという自信など、
1人ではできないようなたくさんの事を体感しました。
それも全て関わってくださったスタッフの方々や保護者の方々、一緒に頑張ってくれる仲間のおかげだと思います。
今回学んだ事をこれからの生活に活かして、
34回生というチームとしての成長や、個人の成長に繋げていきたいと思います。

34回生修学旅行のお知らせ41

20時15分、生徒は無事に伊丹空港到着口から出て帰路につきました。
これで34回生の修学旅行は終了となります。
この修学旅行でお世話になりました、保護者の方々をはじめ、関係者の皆様、
本当にありがとうございました。

34回生の生徒の皆さん、4日間お疲れ様でした。今回の経験を忘れず、そこから何を学んだかが大切です。
これからの学校生活や卒業後の生活に繋げていけるよう、一緒に頑張っていきましょう。

※道中着は1月20日(月)に学校に持ってきてください。

34回生修学旅行のお知らせ37

まもなくそれぞれ機内へ搭乗となります。
5〜8組→ANA780便 17時50分出発 19時50分伊丹空港到着予定。
1〜4組→JAL2016便 17時55分出発 19時55分伊丹空港到着予定。

伊丹空港到着後はターンテーブルの手前あたりでクラスごとに集合し、
諸連絡後クラスごとに解散となります。