35回生アポロンシアター

3月30日(月)

演劇科1年生(35回生)がアポロンシアター「武闘!白雪姫」を上演しました。
当初、3月上旬に幼稚園児を招いて発表する予定でしたが、
臨時休校により延期に次ぐ延期。
ようやく本日、校内関係者一部に限っての発表にこぎつけました。
上演中も窓を開放して換気を行い、消毒液の使用やマスクの着用を
客席に徹底するなどの対策をとった中での上演となりました。
いまできる、精一杯の舞台を、お届けできたと思います。

宝塚市長表敬訪問

3月3日(火)

高校生科学技術チャレンジ(JSEC)の結果及び国際学生科学技術フェア(ISEF)出場の報告のため先月卒業した髙津舞衣さんと宮垣校長らが中川智子宝塚市長を表敬訪問しました。

研究の概要やその研究を始めた経緯,そしてISEFについて説明しました。研究の題材である糖の話で盛り上がり,あっという間の30分でした。最後にISEFで行われるピンバッチ交換用に本校美術部がデザインしたピンバッチを市長にプレゼントしたところ市長からもいくつか宝塚市のピンバッチをいただきました。

お忙しいところありがとうございました。

 

GS科卒業式

2月28日(金)

全体での卒業式の前に、GS科の1~3年生が集まり、GS科卒業式を実施しました。
GS科長の門井先生の挨拶の後、1年生一人一人から3年生一人一人へ手紙を渡し、
2年生が合唱と漫才を披露し、最後に3年生が漫才で締め括りました。
和やかな雰囲気のうち、3年生を見送りました。

 
 

第33回卒業証書授与式

2月28日(金)

第33回卒業証書授与式を行いました。
多数の来賓と保護者様にご来校いただきありがとうございました。

一部ですが、様子を写真で紹介します。

【卒業生入場】
クラス担任に引率されて卒業生が式場に入場してきます。

【卒業証書授与】
担任から一人ずつ呼名され、元気な返事の後、起立していきます。
卒業生全員の呼名の後、代表生徒が宮垣校長より卒業証書を授与されました。

【学校賞授与】
皆勤賞・生徒会活動賞・部活動賞・その他(団体活動賞)を受ける生徒の呼名の後
それぞれの代表者が賞状とメダルを受け取りました。

【学校長式辞】

【来賓祝辞】

【在校生送辞・卒業生答辞】

【卒業生退場】
前に並んだ学年の先生方に見送られながら、自分たちで式場を出ていきます。

今回も裏方として放送部が活躍してくれました。

GS科 「共生のひろば」で発表してきました

2月11日(火)、冬晴れ。三田市の県立人と自然の博物館で開催された第15回「共生のひろば」に参加してきました。「共生のひろば」は、小学生からお年寄りの方までの幅広い年代の方が自由に研究発表できる素晴らしい大会です。もちろん、高校生や大学生、各団体の方々の専門性の高い発表も行われます。本校GS科からは2年生の3グループが課題研究の中間報告という形で発表しました。

①口頭およびポスター発表「温泉水で鉄分が多い豆苗は育つか」(大野・露口・手塚)

有馬の温泉水で野菜栽培をするという研究です。神戸新聞の地域版の共生の広場の記事の中で紹介されていた発表です。

 

②ポスター発表「三田市内の竹林の拡大速度と土地の傾斜との相関」(佐々木・森木)

三田市内で拡大している竹林の拡大に関する研究です。分析にGIS(地理情報システム)を用いているのが特徴です。

③「ダンゴムシの行動とグリシンの関係について」(大東・高田・三木)

睡眠サプリメントとして知られているグリシン(アミノ酸)をダンゴムシに食べさせると、ヒトとは異なり、活発に行動するようになったという研究です。また、ダンゴムシが金属イオンを感知しているのではないかという研究も紹介していました。

 

博物館にはたくさんの人が集まり、科学談議に花を咲かせた一日でした。また、発表した3班とも、いろいろな方々から助言をいただくことができました。

いい発表の機会をつくっていただいた、「ひとはく」の職員の皆さん、本当にありがとうございました。

博物館から帰ってきたら、宝塚北高校の梅の木に可愛い花が微笑み始めていました。春が確実に近づいていますね。