カテゴリー別アーカイブ: GS科

合格おめでとう <校長ブログ996号>

2月20日(水)
14時から演劇科とグローバルサイエンス科の推薦入試の合格者発表を行いました。
明日から学年末考査のため、在校生は午前中の授業、大掃除でほとんどが下校していました。
発表の時刻に合わせて中学生、保護者、先生たちが生徒昇降口の前に大勢集まり、合格者の受検番号が掲示されると一斉にあちらこちらから大きな歓声が上がりました。中には抱き合って喜んでいる中学生もいました。とても嬉しそうな表情で、そして涙も見せていました。きっと一生懸命努力してきたのでしょう。ここ数日間、不安だったのかもしれません。一緒に来られた保護者の方が、受検番号の掲示されたボードの写真を撮っておられたので、思わず「おめでとうございます。お疲れ様でした」と声をかけました。
もちろん一方で、自分の番号がなく、静かにその場を離れていった中学生もたくさんいました。辛いと思いますが、公立高校の入試はもう一度、3月にあります。今回のことに負けずにしっかり頑張ってください。
<午前中の大掃除でここも綺麗に(^^)>
<発表の瞬間!>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

グローバルサイエンス科推薦入試 <校長ブログ992号>

2月15日(金)
平成31年度入学生、本校35回生のGS科の推薦入試を本日実施しました。コースから理数科となって6期生となる学年です。
定員40名に対して、1.60倍の64名が出願して全員受検しました。理科、数学、英語の適性検査に続いて、午後は面接を行いました。曇り空だったので寒い一日でした。中学生のみなさんは日頃の実力を出し切ることができたでしょうか。倍率が高いだけに結果が気になる5日間となるでしょう。合格者発表は2月20日(水)14時から行います。
 
明日は演劇科の推薦入試です。土曜日ですので電車・バスともに、平日と異なるダイヤで運行されます。受検生のみなさん、遅れないように宝塚北高校に来てください。
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

明日から推薦入試です <校長ブログ991号>

2月14日(木)
2時間目まで授業を行い、大掃除の後、明日からの推薦入試に向けた検査場設営を行いました。
明日15日(金)はグローバルサイエンス科、明後日16日(土)は演劇科の推薦入試です。
毎年、推薦入試の頃には雪が降ることがあります。今年は幸いにも雪はなさそうですが、天気は曇り。宝塚市の予想最高気温は10℃です。でも、今日の感じだと肌寒い日となりそうです。受検生の皆さんは、しっかり防寒対策をして適性検査に臨んでください。
そして本校の生徒にみなさんは、明日、明後日は学校に来ることはできません。1、2年生は学年末考査も近いので、しっかり勉強してください。そして3年生は体調管理、健康管理をしっかりとして受験に臨んでください。「現役は最後の最後まで」伸びます!健闘を祈ります。


<先週、北高ダイアリーに写真が掲載された紅白の梅の花、ほぼ木全体に花が咲いています。春が待ち遠しいですね>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

「ひょうごスーパーハイスクール」から「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」を目指して <校長ブログ990号>

2月13日(水)
本校は平成30年度から兵庫県の「ひょうごスーパーハイスクール」(県下10校)の指定を受けています。
この事業で、本校のGS科の学校設定科目「自然科学探究」や「課題研究」だけでなく、演劇科,
普通科の特別講義や自然科学系の部活動にも予算がついています。しかし、理数科として『突き抜けた科学技術系人材』を育成するためには、本校が国の事業であるSSHの指定を受けることは私の夢です。
この夢を実現するために、今年度からGS科の教育課程を見直して、さらに、これからの新しい時代にAIを使いこなす「人間の強み」を発揮して、社会人としても必要な力として、「気づく力・見通す力・挑戦する力・繋ぐ力・伝える力」の5つの力を育成するプログラムを提案しました。
今日、本校の提案に対する文部科学省からのヒアリングを受けてきました。本校のこれまでの成果とこれからの意気込みがどれだけ伝わったかはわかりません。しかし、宝塚北高校の「良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力している北高生」については、十分にPRできたと思います。全国で204校が指定を受けているSSH、そこに本校が加わることは簡単なことではありませんが、その第一歩は踏み出せたと感じています。
先に挙げた5つの力は、文系・理系問わず、GS科、演劇科、普通科を問わず、これからの社会を生き抜くために必須の力です。北高生が、生涯にわたって活躍するためにも、ぜひ身につけて欲しいと思います。
<GS科長と一緒に行ってきました>
<先週末、雪が降っていた東京ですが、今日の東京は雪はありませんでした(^^)>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

GS科 共生のひろばに出展しました

2月11日(月)
兵庫県立人と自然の博物館(三田市)で行われた「共生のひろば」にGS科と物理同好会が参加してきました。

共生のひろばとは、人と自然の博物館が主催し、子供から大人まで、ご家族や研究者までいろいろな人が集い、研究発表する場です。本校からは次の4件のポスター発表を行いました。
「幸せは量産できるか~四葉のクローバーの増殖法~」(GS科2年生)
「ヒアリ定着の可能性を探る」(GS科2年生)
「GISを用いた三田市と宝塚市における竹害調査」(GS科2年生)
「家庭でポン菓子作りに挑戦」(物理同好会)
 
 
たくさんの方々が楽しみながら研究活動されている姿は勉強になりました。
また、「四葉のクローバー」の研究に対して、名誉館長賞が授与されました。岩槻邦男名誉館長さまから賞状とサイン入りの本を頂戴しました。

ありがとうございました。

サイエンスフェアin兵庫に参加した生徒たち <校長ブログ983号>

1月27日(日)
第11回サイエンスフェアin兵庫に行ってきました。会場は神戸市のポートアイランド、今年はニチイ学館ポートアイランドセンター、理化学研究所計算科学研究センター、甲南大学FIRSTの3会場です。
平成21年に初めて開催されて、県内のSSH指定校が中心となって毎年発表をしていますが、それ以外にも本校のような県内の高校、企業、大学、研究機関からの発表もあります。高校生も約40校、100班を超える発表があるため、県下各地から集まっていました。このような機会に、同じ研究テーマの高校生と交流したり、大学の先生方からアドヴァイスをいただくことは大変貴重な機会です。本校のGS科、化学部、物理同好会のみなさんにとって、充実した一日となったはずです。

宝塚北高校からの発表は、次の5つでした。
■宝塚市の渋滞は不可避か?(GS科)
■微生物燃料電池の実用化に向けて(GS科)
■地震の震源を推定(GS科)
■黒色縞模様の幅や面積による色の錯視(物理同好会)
■梅シロップは氷砂糖で作らないとダメなのか?(化学部)
  
  

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

1年百人一首大会(本戦)

1月16日(水)
6限LHRの時間に、百人一首大会(本戦)を行いました。
1年生全クラスが参加し、出席番号ごとに班を作り、1班で100枚の札を取り合いました。クラス対抗の結果は、1位7組、2位8組、3位3組でした。
 
先週のクラス予選でナンバー1になった者は、白熱したエース対決を行いました。

1年百人一首大会(クラス予選)

1月9日(水)
6限LHRの時間に、百人一首大会(予選)を行いました。
来週、学年全体で行う百人一首大会(本戦)に向けて、真剣にカルタを取り合う姿が見られました。クラス予選でナンバー1になった者は、本戦ではエース対決を行う予定です。

午前中は課題考査があったため、昨夜百人一首を覚える事は難しかったはずなのに…。北高生の力はホントにすごい!!

1年生球技大会

12月17日(月)
1年生球技大会が行われました。
前日の雨の影響で、残念ながら雨バージョンの球技大会(男女とも体育館でドッジボール)になりました。

寒い季節にもかかわらず、クラスTシャツで元気に楽しんでいる生徒の姿もありました。

男子のボールのスピードはとても速く、男女とも白熱した試合になりました。


自分の試合以外は、男女間や、他のクラスの応援も見られました。

開会式、閉会式、準備運営、生徒会・体育委員のみなさん本当にありがとうございました。

宝塚市立養護学校 交流会

12月14日(金)
1年生有志33名が宝塚市立養護学校との交流会に行ってきました。
最初は高等部との交流、メインは「花いちもんめ~動物になって~」、養護学校生2名+北高生8~9名のグループを作っての対戦。動物を描いたお面?を頭に付け、「羊がほしい」「カエルがほしい」と相手を指名、ジャンケンの勝負で負けた方はその動物のものまねをして相手側に移動するというもので、このものまねが大いに受けて、みんな大笑い。一気にその場が楽しい空気に包まれました。その後「いつもなんどでも」を一緒に合唱。
 
続いて全校集会に参加。一緒に養護学校の校歌を歌ったり、12月生まれの生徒のお祝いをしたりした後、いよいよ北高生の演しものです。「サンタが町にやってきた」をみんなで歌いながら、飾りの付いていないクリスマスツリーをもって回り、みんなに飾りを付けていってもらいました。
  
最後は「となりのトトロ」をみんなで大合唱。養護学校の生徒たちが作ってくれた花道を通って、名残を惜しみながらお別れしました。