カテゴリー別アーカイブ: SSH

GS科 SSHオープン講座「蛍光顕微鏡組立実習」

3月25日(木)、26日(金)

春休みを利用して1年生の希望者(普通科8名、GS科7名)を対象に「蛍光顕微鏡組立体験実習」を行いました。これは自分達で蛍光顕微鏡を組み立てて、生物図録でよく見る蛍光を撮影するというものです。蛍光顕微鏡とは、試料からの蛍光を観察する顕微鏡で、PCに画像を取り込んで観察することができ、生物学・医学における研究、臨床検査などに用いられます。今回行った顕微鏡を組立てるという実習を高等学校(中等教育相当)で行うのは、世界でも類がないことで、本実習の導入にあたりご支援いただいた東北大学大学院医工学研究科によると、このようなレベルの実習を行っているのは東北大学・マサチューセッツ工科大学と本校だけだそうです。

一日目はまず可視光で観察する光学顕微鏡を組み立てました。
最初に授業で使っている顕微鏡を観察したり分解したりして、各パーツの名称や役割を確認しました。

次に、設計書を見ながら顕微鏡の各パーツをブレットボードに取り付けていきます。
 

そして生物基礎の授業でも行った口腔上皮細胞とオオカナダモを、実習終了後には、希望者が自分が持ってきたものなどを自由に観察しました。
2日目はいよいよ蛍光顕微鏡観察です。
最初に「蛍光」とは何かを確認しました。

続いて、目的の蛍光を観測できるように各班で1日目に組み立てた顕微鏡のパーツを入れ替え、観察しました。

2日間で延べ6時間にわたる実習でしたが、何気なく使っている実験器具や教科書の写真がどのように撮影されたかという原理を考える良いきっかけになったようです。
知りたいことを調べることのできる道具がなければ、それを調べられる道具を誰かが作るのを待つのではなく、自らその道具を作ることも大切です。今回使用したパーツ類の一部は、実際に研究の現場で知りたい情報を得るために、顕微鏡システムを構築するときに使用されるものと同じです。本校では、これまで、分野横断型の様々なプログラムを実施してきましたが、今回の「物理と生物をつなぐ工学的実習」を通じて、それらの基礎となる広範囲な思考力の育成と、研究活動の基礎となる工学的素養を身につけられたと思います。

SSH特別講演会 須貝駿貴氏 「YouTuberと研究者の間に新領域を創造したい」

令和3年3月8日(月)

本校のSSH事業の一つである“OPEN-daysプログラム”の一環として須貝駿貴さん(QuizKnock)をお招きして特別講演会を実施しました。OPEN-daysプログラムは全校生徒だけなく保護者や高等学校の関係者までを対象とした科学普及のためのプログラムで、今回、テレビなどのメディアでも活躍されている須貝さんが講師ということで普通科文系や演劇科の生徒達の中にも楽しみにしていた生徒が多かったようです。一方で須貝さんは学部生時代、成績優秀で東京大学教養学部で優秀な6名に与えられる一高賞を受賞されており、超伝導の研究では物理学会の若手賞を授与されるなど優秀な研究者としての一面もあり、物性系の研究者を目指すGS科や普通科理系の生徒は専門の内容についての話も楽しみにしていたようです。

講演は「YouTuber-クイズ王職業体験」,「研究者-物性物理学会体験」,「新領域-流行りの学際領域」の3つのお話で、Quizを出し合う実習や、ヘイケ・カリマン・オンネスからBCS理論までの超伝導の歴史、そしてそれらをまとめるかのように新領域のお話とあっという間の1時間でした。

質疑応答では、実際に提出された博士論文のお話、須貝さんの科学観、コロナ禍でのコミュニケーションの変化、一つのことに没頭できないという悩みを持つ生徒の相談など多岐にわたるものでGS科だけでなく普通科や演劇科の生徒からの質問を答えていただきました。

 

 

質疑応答込みであっという間の1時間半でしたが、生徒達はクイズを出し合う実習や講演、質疑応答を通じて伝えるときや学ぶときには「思いやり」や「相手を知る」ことが大切であることをしっかりと受け止めたようです。

(博士後期課程修了間際というお忙しい中、ご講演いただきありがとうございました。)

GS科 GSⅠ 校外実習

3月5日(金)

1年7組生徒が、JICA関西・人と防災未来センターを訪問しました。昨年度は、新型コロナウイルスのため、このプログラムは中止となりましたが、今回は無事に実施することができました。
JICA関西では、青年海外協力隊の一員としてベトナムで活動された作業療法士の方の体験談を聞き、館内を見学した後、希望者がケニア料理をいただきました。
午後は、JICA関西に隣接する人と防災未来センターに移動し、兵庫県立大学・減災復興政策研究科の馬場美智子准教授による「減災に関わる都市工学・社会工学」という講演を聞きました。
そして最後に、阪神淡路大震災を体験できるシアターなどを見学しました。
本校のグローバルサイエンス科は国際的に活躍する科学技術者の育成を目標としていますので、この校外学習は、生徒の視野を広め、将来の進路について考える良い機会となりました。

   

GS科 五国SSH連携プログラム「天文解説動画をつくろう」

3月2日(火)

兵庫県内のSSH指定校が連携して「五国SSH連携プログラム」を県内の高校に提供しています。宝塚北高校は昨年9月に「リサーチプラン研修会」を企画して県内から7校の参加がありました。今回、紹介するのは県立明石北高等学校が企画した「天文解説動画をつくろう」という企画です。すでにDAYS通信で何度か紹介した通り、本校普通科から3名の生徒がこのプラグラムに応募して動画の制作に取り組んできました。そして、、、ついにその動画が完成しました!明石市立天文科学館のホームページのリンクからその動画をみることができますよ。本校生以外の生徒さん達がつくった動画も見ることができます。
明石市立天文科学館のトップページの「明石市立天文科学館YouTubeチャンネル」をクリックしてください。いくつかチャンネルが用意されていますが、「高校生によるプラネタリウム解説動画」を選んでくださいね。開始後42分30秒くらいから本校生がつくった動画が始まります!

SSH特別講演会及び課題研究中間発表会のオンライン参加について(案内)

保護者・卒業生の皆様へ
本校のSSH事業OPEN-daysとして下記の事業を実施します。本事業は保護者の方と卒業生の方もご参加いただけますので、ご都合がよろしければご参加いただければ幸いです。

・SSH特別講演会

日時:令和3年3月8日(月) 10:45~12:30
申込:3/2(火)までに入力フォームを通じてお申し込みください。

https://forms.gle/jnTFqN3bRPRLQAuu8

・申込時に必要なもの
共通するもの:参加者本人のお名前・メールアドレス

本校保護者:お子様のクラス・お名前
本校卒業生:卒業年度・卒業時のクラス

※申し込まれた方には3/4(木)までにライブ配信用URLをメールにて連絡させていただきます。
※ご参加いただけるのは本校生徒・保護者・卒業生・兵庫県内の高校教員・SSH校の教員に限ります。

・GS科課題研究中間発表会

プレゼンテーション動画の配信 令和3年3月12日(金)~20日(土) (予定)
中間発表会(ライブ配信による視聴) 令和3年3月19日(金)9:00~12:00

申込:3/16(火)までに入力フォームを通じてお申し込みください。
URL: https://forms.gle/hVXX7xBtUfdyk3bs5

申し込まれた方には発表動画並びにライブ配信用URLをメールにて連絡させていただきます。

共通するもの:参加者本人のお名前・メールアドレス
本校保護者:お子様のクラス・お名前
本校卒業生:卒業年度・卒業時の類型(学科・コース等)

GS科 GSⅠ プレゼンテーション実習

令和3年1月9日(土)

12月19日(土)に実施されたGS科1年生の探究基礎実習の後、
自分達で考えた研究テーマによって7班に分かれ、
12月21日(月)からのクリスマス週間に化学実験に取り組みました。
1月9日(土)には大阪大学大学院理学研究科の久保孝史先生・塚原聡先生、
本校GS科卒業生3名を審査員としてお招きし、その成果を発表しました。
(その様子を1年7組保護者限定でYouTubeでオンライン配信しました。)

各班の研究テーマは以下の通りです。
・電気分解の際の銅(Ⅱ)イオンの移動
・電池作成時の黒色沈殿
・硝酸銅(Ⅱ)水溶液の電気分解で発生する黒色物質
・AgNO3水溶液の電気分解でできる黒い物質について
・Cu(NO3)2aqの電気分解で発生する気体について
・電気分解で陽極の炭素棒が崩れる条件を探る
・真鍮の色の変化

以上の7班の中から最優秀班が選出され、
1月24日(日)にオンラインで開催される兵庫県教育委員会主催「サイエンスフェア in 兵庫」に出展する予定です。

日本数学オリンピック(JMO)予選に出場

1月13日(水)

2021年1月11日(月祝)に、第31回日本数学オリンピック予選が行われ、
本校からは2年生8人、1年生3人の合計11人が出場しました。
今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、オンラインでの解答形式となり、
受験は本校パソコン教室で実施しました。
問題は12問あり、それを試験時間3時間で答えのみを解答していく例年通りの形です。
今年度は2年生GS科の生徒だけでなく、1年生のGS科や普通科の生徒も出場しており、
普段の数学の力を存分に発揮して挑戦しました。
成績優秀者は本選(全国大会)へと出場できます。結果ももちろん期待ですが、
何より挑戦した姿勢が素晴らしかったです。結果を信じて待ちましょう!

総合的な探究の時間(普通科2年生)外部発表会での受賞!

12月2日の北高ダイアリーで紹介した普通科2年生の総合的な探究の時間の続報です。
研究タイトル「松葉の気孔の汚れ具合による大気汚染度の判定」のグループが、甲南大学主催の「リサーチフェスタ2020」でロジカルデザイン賞を受賞しました!
このグループは初めての外部での発表(オンライン)でしたが、休日にフィールドワークを行い試料採取したり、放課後に顕微鏡観察を続けたりと熱心に活動した成果がでました。
2月の校内発表会に向けて、あらたな目標も定めることができ、これからの活動が楽しみですね。

GS科 GSⅠ 探究基礎実習IV

12月19日(土)

12月15日(火)の講義に引き続き、大阪大学大学院理学研究科より、久保孝史先生・塚原聡先生とティーチングアシスタントの大学生5名と共に、金属と電気に関する探究的活動を行いました。1班8名ずつに分かれ、それぞれに指定された3つの課題に対してデータを集めました。さらにそれらを一つにまとめて考察しました。
  
 

実習後、今回生まれた気づきを元にして研究テーマを出し合いました。ここからは7つの研究テーマごとにチームを作り、さらに探究を続け、1月9日(土)に再度、大阪大学の先生方をお招きして、成果を発表します。

 

GS科 GSⅠ 講義

12月15日(火)

大阪大学大学院理学研究科より、お二人の先生をお招きし、以下の内容の講義を受講しました。
「環境問題と新エネルギーシステム」  久保 孝史 教授
「酸化還元反応」           塚原 聡   教授
また、12月19日(土)には大阪大学大学院生をお招きして、今回の講義内容に基づいた電池に関する実験を行う予定です。