作成者別アーカイブ: 広報 宝北高

演劇科2年 上野ケ原特別支援学校との交流会

11月21日(土)

今年も無事に上野ケ原特別支援学校との交流会が開催されました。
今年は、感染症拡大防止のため、小中学部公演と高等学部公演の2回に分け、
出演生徒も20人程度ずつの2チームに分かれ、公演時間も例年の約半分の25分ずつ。
また、例年は一緒に歌ったりゲームをしたり、お互いの学校の児童生徒が入り交じって、文字通りの「交流」が行われますが、今年はそのような「交流」はできません。
異例づくしの交流会となりましたが、さまざまな工夫と配慮により、今年も素晴らしい一日となりました。

出発前には、全員、手指消毒と検温で最終の体調確認。
発熱が認められれば参加はできません。緊張の時…無事、全員、通過!

会場に着くと、早速準備をして2チームのリハーサル。大忙しです。
1年生も5名が音響係として参加しました。

今回の演目は『カラフルハピフルワンダフル』
第1部は、小中学部のみなさんと。

第2部は、高等部の皆さんと。

同じ演目でも、それぞれの個性で雰囲気も変わり、それぞれに楽しい作品となりました。
来年は、文字通りの「交流」ができることを願っています。

木星と土星 徐々に接近中

11月28日(土)

夕方の西空に木星と土星が見えています。
この二つの惑星、12月末に向けて見かけ上ですが
どんどん近づいて行っています。
最も近づくのは12月22日で月の直径程度には近づくようです。
下の写真は今日の夕方の木星と土星で、
見かけの距離を知るために、中天に見えていた月を同じ倍率で撮影し合成しました。
18時頃には夕方の薄明も終わった西空に二つの惑星が見えていますので
ちょっと見てみてください。

 

GS科2年 数学・理科甲子園2020

11月21日(土)

甲南大学・岡本キャンパスで行われた「数学・理科甲子園2020(第10回 科学の甲子園全国大会兵庫県予選)」にGS科2年生で構成されたチームで出場しました。
例年に比べて競技日程は簡略化されましたが、県内67校のチームが一堂に会し、数学・理科分野の問題について個人戦および団体戦で行われる予選に臨みました。まずは、予選で上位16校に入り本選進出を目指します。

本校チームは予選(筆記)を12位で通過し、本選進出を果たしました。本選(実技)の数学分野では「テトリスでおなじみの図形の配置の組合せ」についての問題が、理科分野では「ビリヤードの“ストップショット”を再現する」という問題が出題されました。いずれも解答に至る過程が複数あり、いかにはやく最適な過程に気づき、チーム内で協働できるかが重要になります。

最終成績は予選時から順位を上げ、9位でした。
今年度は、自分たちが導いた解答案についての“プレゼンテーション”がなく、普段から課題研究や発表に取組んでいる本校GS科生には本領発揮とはいかなかったかもしれません。
とはいえ,本校3連覇のプレッシャーがある中で,最後まで諦めずに競技に取組んだ彼らの健闘を称えたいと思います。

吹奏楽部 第44回兵庫県高等学校総合文化祭出演

11月8日(日)

第44回兵庫県高等学校総合文化祭「吹奏楽」部門演奏会が神戸文化ホールにて開催されました。宝塚北高校吹奏楽部は、今年度は単独校で出演しました。新型コロナウイルス感染症対策を講じ、ブロックごとの運営で行われ、出演者のみの入場に制限、一般入場はなし、という例年とは異なる形での開催となりました。

3年生が引退し、1・2年生での新体制で臨む初めてのステージとなりました。一般入場がなかったことは残念でしたが、他校の演奏を聴くことが出来、得るものがある演奏会となりました。このステージでの経験を胸に、次のステージに向かって頑張っていきたいと思います。


(左) 例年にはない、客席での音出し練習の様子です。
(右) このステージ写真は演奏会開演前の準備の様子です。

校内公開授業週間

11月9日(月)から11月20日(金)まで校内公開授業週間がありました。様々な教科の先生方が「生徒の学習へのモチベーションを上げる法」をテーマに授業を公開しました。最終日には、校長特別授業が「受験を控えた3年生に「落ちない」をテーマに、おもしろ実験を取り入れて行われました。

 

105教室、314教室の空調(エアコン)工事完了!

先日の北高ダイヤリーでも工事の状況を紹介しましたが、休日を使って工事を進めていた105教室、314教室の空調(エアコン)設置工事がこの3連休で終了し、待望の空調(エアコン)が新設されました!長い間お待たせしましたが、これから寒い冬、暑い夏など様々な場面でどんどん活用してください。

     

演劇部 創作脚本吉山賞を受賞

11月15日(日)

兵庫県高等学校演劇研究会 創作脚本審査会にて、
本校の作品『Go To ・・・』(生徒創作)が、創作脚本吉山賞を受賞しました。

創作脚本吉山賞は、高等学校演劇部の顧問として長年兵庫県の高校演劇の発展に尽力され、全国大会の創設にも関わられた、故吉山芳良先生のご寄付を元に、高校演劇台本の書き手の育成を目的として創設された賞です。「育成」の観点から新人賞としての意味合いを持ち、受賞のチャンスは顧問生徒ともに1回限りとされています。

県大会出場校作品に限らず、各支部から推薦された優れた脚本の中から、今年度は2作品が選ばれ、同日に行われた県大会表彰式において、表彰を受けました。

授賞式

なお、本作品は、近畿高等学校演劇協議会 優秀創作脚本賞 候補として推薦を受けることとなりました。近畿大会出場校作品に限らず、各府県における優れた脚本が推薦され、2月7日(日)に選考会が行われます。

月齢28の月と水星

11月14日

早朝、天気に恵まれて月齢28の細い月と、そのすぐ近くに水星が見えていました。
水星はあのガリレオも見ることができなかったといわれています。今朝の明るさは-0.7等で、夜なら十分明るいのですが、太陽に近く、明け方か夕方の薄明の中、低い高度にしか見ることができません。星座などのガイドとなる星の並びもないため見つけることが難しいようです。
今朝のように、月が傍にあると見つけやすく、マイナス等級ですからすぐにわかります。
今回はニュースや気象情報や新聞でアナウンスされていましたので、早朝でしたが、晴れていましたので見えた人が多かったのでは。

105教室、314教室の空調(エアコン)設置工事開始

11月14日

待ちに待った105教室、314教室の空調(エアコン)設置工事が始まりました。HR教室以外の2教室に待望の空調(エアコン)が新設されます。空調設備の付いた教室が増えると、暑い夏、寒い冬など様々な場面で役に立ちます。授業等に支障が出ないよう、休日に設置工事を進め、11月中には工事は終了する予定です。

新体操部 新人大会

11月6日(金) ~7日(土)

姫路市ウインク体育館にて新人大会が行われました。本校の新体操部は個人競技と団体競技に出場を致しました。個人競技では1年生の2名が出場し、初の舞台で堂々と演技をしました。そして、団体競技では、市民大会以上に緊張感が伝わってくる演技となりましたが、それぞれがベストを尽くして精一杯、頑張りました。

この大会を通じて見えた課題を1つずつクリアしていけるように頑張っていきたいと思います。これからも宝塚北新体操部をよろしくお願い致します。

個人競技

団体競技