作成者別アーカイブ: 広報 宝北高

GS科 青少年のための科学の祭典

7月28日(日)

「青少年のための科学の祭典」は、小学生から高校生までが対象で、子供達に自然科学の体験をしてもらい、その面白さを伝える催しです。
今回は、GS科2年生4名と1年生3名が、兵庫県内5会場の中の丹波会場に参加しました。
「ジャイロの不思議」というタイトルで、ジャイロ効果を体験してもらうために、
地球ゴマ・ジャイロモノレール模型などのおもちゃ類を出展しました。


第11回京進数学解法コンテストで最優秀賞受賞!!

8月5日(月)

このたび、京進主催の「数学解法コンテスト」に2年7組の岡澤翔太君が応募し、見事「最優秀賞」に輝きました!
このコンテストは2題の数学の問題に対して、いかに美しい解法を作成できるかを競ったもので、全国の中高生から応募がありました。2019年8月3日(土)にメルパルク京都にて入賞生徒の表彰式があり、最優秀賞受賞の岡澤君が全体の場で自分の解法についてスピーチを行いました。また過去の受賞者で東京大学に在学中の学生の方も参加して経験談等を話してくれました。
岡澤君、本当に受賞おめでとうございます!次の大会も期待しています!

サッカー部 2部昇格を決めました!

7月29日(月)

U18リーグ戦 日程終了
6月23日(日)VS武庫総合    1-2 ×
7月13日(土)VS芦屋学園B 0-2 ×
7月27日(土)VS西宮南    2-1 ○
*最終成績
16戦 8勝7敗1分 勝ち点25(3位)
 2部昇格決定
応援ありがとうございました!

 

演劇科 ナショナルシアターライブ「リア王」解説講座

7月25日(木)

演劇科1,2年生(3年生希望者)を対象として、講師に京都大学大学院人間・環境学研究科准教授の桒山智成先生をお    迎えし、ナショナルシアターライブ「リア王」のあらすじと見どころについて講義を受けました。前半はW.シェイクスピアについて、また、作品の特徴と魅力を、代表作「ロミオとジュリエット」を例に解説していただきました。後半は「リア王」のあらすじと、見どころとなるせりふについてお話してくださいました。


新体操部 第73回 兵庫県民体育大会新体操選手権大会

7月20日(土),21日(日)

西宮市の県立総合体育館にて第73回 兵庫県民体育大会新体操選手権大会が行われました。
本校の新体操部の6名は、個人競技・団体競技に出場を致しました。3年生にとっては最後の大会でもあり、一人ひとりがこれまで支えて下さった多くの人への感謝の気持ちを胸に、強い想いで舞台に立ちました。一日目の個人競技では、3年生の2名の生徒が出場し、力強く美しい演技で観客を魅了しました。二日目の団体競技では、「明るく笑顔で」、「全力で楽しむ!」そんな北高らしい演技で会場内の心を動かし、見事!団体総合6位入賞を果たしました。こうして全員が悔いなくやり切り、二日間を無事に終えることができました。
この大会をもって引退する3年生はこの部活動で得た力を次のステージでも存分に生かして頑張ってほしいと思います。そして1・2年生は新チームで、次の新人戦に向けて日々の練習に励んでいきたいと思います。これからも北高新体操部をよろしくお願い致します。

演劇科 講演「劇作について」

7月22日(月)

師として本校6回生で劇作家・演出家の角ひろみさんをお迎えし、「劇作について」講演をしていただきました。「桃太郎」を下敷きに物語の仕組みを考えながら、状況説明をつけないように台詞だけで作品を作り、発表をする。それぞれ現代風につくるもの、ミステリー仕立てにするものなど工夫された作品発表がありました。



GS科1年 京都大学訪問

7月18日(木)

2限終了後バスで京都大学へ行き、大学の先生方による講義を受けた後、
大学生の案内で校内を見学しました。

内容
1.講義(京都大学理学研究科講師 常見俊直先生)
物理の研究史を交えて、宇宙科学における物理についてお話していただきました。
2.講義(京都大学理学部化学科教授 馬場正和先生)
物理・化学・生物・地学の観点からの地球温暖化の問題点と対策について、
高校における課題研究の重要性についてお話していただきました。
3.校内見学
宝塚北高校GS科卒業生5名の自己紹介の後、5班に分かれて時計台等を見学しました。

 

2学期終業式

7月19日(金)

2学期の終業式を行いました。
宮垣校長先生の話につづき、恒例の演示実験もありました。今日は白熱電球3個をセットした台に校長先生が乗るというもので、割れやすい電球でも3個にバランスよく力をかければ割れないことから、バランスをとることの重要性と、常識を疑うという観点を持とうというお話でした。

続いて、校歌斉唱、表彰伝達があり、
写真部、放送部、伊藤園の新俳句大賞に応募した3年生個人が表彰されました。
放送部は、創作テレビドラマ部門とラジオドラマ部門が全国大会に出場が決定したことの紹介があり、水泳部の生徒がアーティスティックスイミングの近畿大会に出場することと、バスケットボール部の生徒が県の選抜チームに選ばれこちらも近畿大会に出場することが紹介されました。

続いて、放送部の全国大会出場の壮行会が生徒会により行われました。
放送部部長からの活動の紹介と、1,2年生が全国大会で参加校の優秀な作品をたくさん見ることで刺激を得て次の活動に活かしてくれるとの話をしてくれました。
つづいて、生徒会長から「全国大会ってほんとにすごい、頑張ってきてください」と、
激励の言葉がありました。

この後、ALTのベック先生の離任式が行われました。
4年間本校で英語のALTとして教えていただいたベック先生から離任の挨拶があり、
生徒代表からのお礼言葉、花束の贈呈が行われました。また、県からの感謝状の贈呈などが
宮垣校長からあり、最後に体育館中央を通って全校生でお見送りしました。
 

職員救急法講習会

7月18日(木)

午後に、日本赤十字社から講師    を招き、本校職員対象の救急法講習会を行いました。
心肺蘇生とAEDの使用について、実技実習を中心に緊張感をもって学びました。


 

芸術鑑賞会 『落語鑑賞会』

7月17日(水)

伊丹ホールにて芸術鑑賞会を行いました。
今年は、『落語鑑賞会』として、最初に、桂歌之助さんと團治郎さんによる落語解説があり、落語解説には三年生の生徒と教師が落語体験をさせていただきました。その後、桂米團治師匠、吉弥さん、二乗さんの落語を見せていただきました。

 
生徒の感想
・初めて落語を生で見せていただきました。やはり落語家の方々は話をするのが上手くとても楽しい時間となりました。また機会があれば、生で落語を聞いてみたいです。
・舞台上で3年生の先輩や先生が落語を話していたのがとても楽しく印象に強く残っています。