カテゴリー別アーカイブ: 校長

校長室前の「実験コーナー」をリニューアルしました

6月8日(火)

6/1、2の文化フェスティバルは、皆さんの集中力と感染予防の取組のお陰で、盛り上がりの中、大成功のうちに終了しました。
次は、6/19の演劇科卒業公演、6/20のGS科課題研究発表会です。引き続きみんなで感染予防に取り組み、実現させましょう。
今回のテーマは、“バランス”です。不思議な世界を体感してください。 身も心もバランスが大切です。 Let‘s Try !

校長室前の「実験コーナー」をリニューアルしました。

5月10日(月)

3度目の緊急事態宣言が延長されますが、「学校に持ち込まない、学校内で広めない」を合言葉に感染予防に努めながら、部活動や文フェスなどにしっかり取り組んでいきましょう。
今回は、3Dマジックスコープの不思議 “〇〇に触れてみよう”です。 Let‘s Try !
そして、文フェス前なので、美術部の絵画も展示しています。

校長室実験コーナーが新しくなりました

4月9日

始業式で話をしました日本人初のノーベル賞受賞者湯川秀樹先生の拓本の額「学而思」を飾りました。他人から学ぶことと自分で考え意見を持つこととをうまくバランスを取りながら進んでいきましょう。
そして、令和3年度GS科入試問題の実験を展示しています。在校生の皆さん、ぜひ、挑戦してみてください。今年も次々と新しい実験を展示していきますよ。

バスケットボール部 兵庫県高等学校新人バスケットボール大会出場

本校バスケットボール部(男子、女子)が兵庫県高等学校新人バスケットボール大会に出場しました。各地区予選を勝ち抜いたチーム同士の戦いです。コロナ禍で2月上旬の開催予定が3月末に延期されましたが、無事に開催され、日頃の練習の成果を発揮することができました。

男子は、1回戦で会場校が相手というアウェイでの戦いとなりました。日頃の練習の成果を出そうと奮闘しましたが、残念ながら72-49で1回戦敗退となりました。

女子は1回戦では、前半からシュートが好調、特に3点シュートを効果的に入り、順調にリードを奪い、全員出場のうえ、93-49と快勝し、翌日の2回戦に進出しました。2回戦では、シード校相手に善戦しましたが、最終的には88-40で敗退しました。

初日の1回戦には、何と校長先生が応援に駆けつけてくださってベンチから大きな拍手で生徒たちを応援してくれました。シュートがたくさん入ったのはもしかしたら校長先生の応援のおかげかもしれません。

《男子》

《女子》

 

高校生美術部展&たからづかモザイクアート2020

1月30日(土)

宝塚市立文化芸術センターで開催中の高校生美術部展(期間1/28~2/2)へ行ってきました。市内6校の美術部から個性豊かで、魅力あふれる絵画や立体作品など46点が展示されていました。本校美術部もコロナ禍の中、各自が自分の作品としっかり向き合って描いた8作品を出展しています。

同じフロアで、たからづかモザイクアート2020「つながろう、宝塚」が展示されていました。モザイクアートとは、多数の写真を組み合わせて1つの絵や写真を製作するアート作品です。今回、全国からの応募と市内の高校の写真部の協力で、合計336枚が集まりました(本校写真部から2作品)。
ソリオ宝塚メインプラザ、JR・阪急宝塚駅連絡橋でも展示されています。

校長室前の「実験コーナー」をリニューアル

校長室前の「実験コーナー」をリニューアルしました。

回転のぞき絵:この円筒を回転させ、スリットから内側の個々の静止画を透かして見ると、映画と同様の原理で絵が次々と入れ替わることで動いているように見えます。

さて、しばらく受験の神様の太宰府天満宮に帰っていた、「“鷽”の笛」がパワーアップして戻ってきました。ぜひ、見にきてください。みなさんにきっとご利益がありますよ。

「大学模擬授業」

10月14日(水)5,6時間目に1年生を対象に大学模擬授業が行われ、近畿圏を中心に20以上の大学から講師の先生方をお招きしました。最初に校長先生から講師の先生方に、「大学ではこんなことが学べる」、「知的好奇心がくすぐられる」ような講義をお願いしますというリクエストがありました。講師の先生方の専門的な講義が始まると生徒たちは目を輝かせながら講義に参加し、積極的に質問を行っていました。コロナ禍でなかなか未来を考える機会がとれなかった1年生にとっては、視野の広がる貴重な学びとなりましたこの学びが生徒一人ひとりが今後のキャリアプランニングを考えていく上での貴重な財産となることを期待しています。

 

 

演劇科 ひょうごユニバーサル社会づくり賞 団体部門 知事賞 受賞!

10/2(金)

兵庫県公館で、贈呈式が行われました。この賞は兵庫県内におけるユニバーサル社会をめざした先導的な実践活動を顕彰するもので、平成18年に創設されました。演劇科の長年の特別支援学校や社会福祉施設等への外部出演や地域のイベントへの参加、地域伝統芸能「千吉踊り」の継承と普及に取り組むという地域ボランティア活動が、地域貢献活動・異世代交流を推進していると評価されました。
井戸知事からは、「すばらし取組をされていますね。ユニバーサル社会の実現に向けて、今後も活動を発展させてください。」と励ましのお言葉をいただきました。

 

「実験コーナー」リニューアル!

9月28日(月)

校長室前の「実験コーナー」をリニューアルしました。
2学期が始まって1か月が過ぎ、朝晩もようやく涼しくなってきました。
今週からは、教育実習生が来られます。
来週には、体育大会があります。今皆さんは、学年演技やクラス対抗の応援合戦の練習に毎日取り組んでいます。今年は残念ながら無観客での開催ですが、続けられることに感謝し、思い出に残るものにしましょう。楽しみにしていますよ。
さて、校長室前の「実験コーナー」のテーマが変わりました。今回は、“鷽はウソ?ホント?”です。福岡の太宰府天満宮の“鷽(うそ)の笛”に手が届きそう?!受験生はぜひ、挑戦してみてください!!

2学期始業式

今日から2学期が始まりました。始業式は新型コロナウイルス感染症対策として、全校放送で行いました。教室で真剣な様子で校長先生の式辞に耳を傾けている様子が印象的です。校長先生からは、健康に生活することの大切さとともに、「セルフマネジメント力」、「セルフプロデュース力」を身につけ、「自律」することの大切さをお話ししていただきました。また、本校の全国公立高校初の演劇科の創設にご尽力いただいた、劇作家で大阪大学名誉教授の山崎正和先生が先日お亡くなりになられたことに触れ、感謝と追悼の意を述べられていました。

始業式後、表彰披露で吹奏楽部3年生13名が県吹奏楽連盟から感謝状をいただいたこと、写真部3年生3名が県高校写真連盟阪神支部春季写真コンテストで佳作をいただいたことを披露しました。近日、何らかの形で全校生の前で表彰式の様子を紹介したいと考えています。