カテゴリー別アーカイブ: 校長

ゆずりは賞受賞

2年2組の松尾和佳さんが、兵庫県のゆずりは賞を受賞しました。表彰式が11月28日(木)に兵庫県公館で行われました。ゆずりは賞は、学校教育や社会教育等の分野で、多くの人々の模範となるような立派な活躍をした個人や団体を表彰しその功績をたたえるものです。松尾さんは、全日本書道展で大賞(仮名部門)を受賞したことが評価され、今回のゆずりは賞受賞につながりました。今後のさらなる活躍を期待しています。

 

ESS部 第43回兵庫県高等学校総合文化祭文化部合同発表会出場

11月16日(土)

神戸ハーバーランド スペースシアターで県総合文化祭文化部合同発表会が県内の公私立高校28校が参加して開催されました。ステージ発表では、ダンス、軽音楽、ファッションショー等が繰り広げられました。
本校ESS部は英語部門として、アニメを英語で紹介するなどのパネル発表をし、
「昨年よりも来客が多く、楽しかった。」と感想を述べていました。

令和元年 日本赤十字社兵庫県支部長銀枠感謝状 受賞!

11月1日(金) 13:00~

兵庫県赤十字有功章等贈呈式が兵庫県公館で行われました。長年にわたり、日本赤十字社兵庫県支部の指導員派遣による救急法講習会を開催し、赤い羽根共同募金、献血呼びかけ活動等青少年赤十字活動に協力してきたことが評価され、本校が青少年赤十字活動の部で感謝状をいただきました。
これからも、地道な活動を続けていきましょう。

大学模擬授業

10月9日(水)5,6時間目に1年生を対象に、大学模擬授業が行われました。生徒たちは、文系・理系の全21分野から、それぞれ2講座を受講し、大学の先生からの、「深い学び」を体験していました。この模擬授業での学びが、生徒たちの今後のキャリアプランニングを考えていく上で、貴重な機会になることを期待しています。

 
 

第74回国民体育大会(いきいき茨城ゆめ国体)バスケットボール競技

10/4(金)に茨城県日立市池の川さくらアリーナで開催され、1年生の柳 陽葵 君が兵庫県選抜チームの一員として、大活躍しました。県代表のプライドを胸に、高さを生かしたプレーで1回戦の香川に快勝しました。他校生と協力しながらゲームを進めていく姿に思わず応援にも力が入りました。今後のさらなる活躍を期待します。

10/4 1回戦
兵庫県 69 (   18-10 , 20-11 , 19-12 , 12-21 ) 54 香川県
10/5 2回戦
兵庫県 75 ( 21-21 , 17-23 , 12-19 , 25-24 ) 87 千葉県

  

学校力

校門を入った左側に懸垂幕がかかっています。全国大会に出場したクラブや団体、個人などを讃えています。また、校門から校舎へと向かうと、横断幕が飾られています。今年度から5年間指定されたスーパーサイエンスハイスクールの横断幕です。これらの懸垂幕や横断幕が宝塚北高校の「学校力」の証です。

  

  

校旗掲揚

9月17日(火)

本校では、毎朝、1年生が交代で校旗を掲揚しています。
生徒は全員が校旗掲揚を経験して卒業していきます。
こんなところからも、愛校心がはぐくまれるのではないでしょうか。
今日も、すばらしい青空に校旗がなびいています。 (校長)

図書室

7月1日(月)

図書担当の先生の工夫で、本校図書室がとてもポップに変わりました。
図書室って何階だった?と思っているあなた!大丈夫ですよ。各階でペンギンが案内してくれます。図書室には、平松前校長先生の寄付による平松文庫「論語文庫本特集コーナー」や現校長先生の・・・。映画の原作コーナー、新着図書コーナーなど企画がいっぱいです。
ぜひ、一度図書室を覗いてみてください。そして、どんどん本を読んで 人間力を高めてください。

3年間、ありがとうございました <校長ブログ1024号(最終号)>

3月31日(日)
平成28年度から本日までの3年間、宝塚北高校の校長として皆様に大変お世話になりました。ありがとうございました。
この<校長ブログ>を読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。3年間で1024号まで続きました。この3年間、デジカメをいつもポケットに入れて、何かあれば1枚の写真と出来るだけ短い文章で宝塚北高校のトピックスをお伝えするような感覚でブログを発信してきました。
本校のホームページへのアクセス数は、この3年間で45万8千件を超えました。特に3年目の今年度は、それまで年間14万件ほどだった年間アクセス数が17万件を超えました。多くの方々にホームページ、北高ダイアリーを見ていただいたことは嬉しい限りです。
校長としての仕事というより、校長としての趣味?楽しみ? 授業を持たないので、何か生徒に話しかけたくてブログを書いていたのかもしれません。保護者の皆様やOBの皆様、地域の皆様に本校の様子を少しでもたくさんお伝えしたいという思いもありました。
もちろん、発信するネタがたくさんあるのが今の宝塚北高校の素晴しいところです。生徒たちの努力している様子、学校生活を大いに楽しんでいる様子を多くの方々にお伝えできてよかったです。
宝塚北高校公式Twitterも併せて発信してきました。フォロワー数も940を超えて、こちらも1000に近づこうとしています。在校生、保護者だけでなく、卒業生にもフォロワーがおられるので、出来るだけ「今の宝塚北高校」を情報発信してきました。フォロワーの皆様、本当にありがとうございました。
いよいよ宝塚北高校を私自身が卒業します。これからは私も宝塚北高校旧職員として、宝塚北高校の応援団の一人として、北高生を応援します。3年間、本当にありがとうございました。

<2日早く29日、多くの先生方、たまたまその時刻にいた生徒たちに見送られて退勤しました(^^)ありがとう!次は4月9日(火)離任式で会いましょう>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!これからも、ずっと応援します!!(兵庫県立宝塚北高等学校第12代校長 平松紳一)

スーパーサイエンスハイスクール指定校に決定(^^)<校長ブログ1023号>

3月28日(木)
平成31年度、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けることが決定しました。
2月13日<校長ブログ>で報告した通り、GS科の門井科長と一緒に文科省で受けた、あの時のヒアリングの成果?と言いたいところですが、本校のグローバルサイエンス科だけでなく、普通科、演劇科も含めた全ての学科の本校のこれまでの教育活動が高く評価された結果です。化学部、物理部(当時は園芸部物理班)の全国総文出場や今回の「科学の甲子園」全国大会出場も評価されたはずです。
平成31年度から5年間の指定です。年間に1千万円以上の予算を国からいただくことになります。平常の「課題研究」や授業の実験・実習の内容が充実するだけでなく、土曜日、日曜日、長期休業中に実施する様々なプログラムに、全校生徒の希望者が参加できるようにします。
さらに「課題研究」や自然科学系の部活動でも使うことのできる高額な実験・測定機器も購入する予定です。これにより、より高度な研究ができるはずです。GS科の卒業研究発表や化学部、物理部、生物部の県総文、近畿総文、全国総文での発表も楽しみです。
SSHの指定を受けると、県内外のSSH指定校の生徒との交流、大学との連携がさらに深まります。それは将来、大学生や社会人となって科学技術系人材として活躍するためのネットワークづくりの第一歩を踏み出すことにつながります。
もちろん文系理系の垣根を越えて、本校の全校生徒がSSHの恩恵を受けられるようになれば、素晴らしいことだと思います。今春、中学校を卒業して35回生として入学するみなさんも、SSH指定を受けた宝塚北高校のこれからの教育活動の中心として頑張ってください。
  
<本校の「開花宣言!」です(^^)>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)