カテゴリー別アーカイブ: 行事

第34回卒業証書授与式

3月1日(月)

午前10時から第34回卒業証書授与式を本校体育館で挙行しました。

今年度はコロナウイルス感染症拡大防止のため、体育館に入る人数を制限させて頂き、保護者の参加は1名、例年参列している在校生は生徒会2年生のみでした。そのような中でも、あたたかみのあるすばらしい式でした。

令和2年度卒業式予行、記念品贈呈、同窓会入会式、学校賞授与式及び表彰伝達式

2月26日(金)

3時間目から2年生と1年生の代表生徒が参列し、令和2年度卒業式予行、PTA記念品贈呈式、同窓会記念品贈呈並びに同窓会入会式、生徒会記念品贈呈式、卒業記念品贈呈式、学校賞授与式を行いました。
例年は卒業式で行っている学校賞授与も今年度はコロナウイルス感染症対策で、卒業式の時間を短縮するために予行の日に行いました。また、同様に体育館で実施できていなかった表彰伝達式も行うことができ、多くの生徒の前で表彰状を受け取った3年生の表情は、とても誇らしげでした。

 

総合的な探究の時間「合同発表会」

2021/2/12

1年生普通科6クラスは、総合的な探究の時間で「表現する」をテーマに6つの講座に分かれて活動を行いました。

  • 体験!「劇表現」
  • ア・カペラ
  • 手話で表現しよう
  • Public Speaking
  • 映像表現を楽しもう
  • シニアライフスタディ

コロナウィルス感染症対策で、例年のような活動ができずに制限がある中、各講座の成果を発表しました

 

 

 

「震災追悼行事」を行いました

1月15日(金)

朝のSHRの時間に、阪神大震災追悼行事を実施しました。
前日に「1995.1.17 そのとき何があったのか」というプリントを事前配布し、震災の時にどんなことがおこったのかを全生徒に知ってもらいました。追悼行事では、放送での、校長先生のメッセージのあと、黙祷を行いました。生徒たちは震災を語り継ぐこと、地震はいつ起こるかわからないという意識を持ち備えることをこの行事から学びました。

 

「疾風勁草」の如くあれ

1月8日(金)

本来なら修学旅行の結団式を実施しているはずの時間帯に、第2学年学年集会が開かれました。最初に校長先生から、1月12日出発の修学旅行の中止についての説明がありました。生徒たちは顔を上げ、校長先生のお話をしっかりと聞いていました。その後、学年主任から生徒たちへ、「逆風の中ではあるが、『疾風勁草』」の如くあれ」という言葉がありました。このコロナという逆風の中、強い風に負けないで、折れないでいる強い草のようにいて欲しいというメッセージでした。その言葉には、何とか生徒たちを修学旅行に連れて行ってやりたかった、これに負けずしっかり目標に向かって前向きにすすんでもらいたいという思いがあふれていました。2年生の生徒たちにもその思いはしっかり伝わっていました。解散後には担当者が修学旅行委員を集め、言葉をかけていました。

令和2年度3学期始業式+表彰披露

1月8日(金)

コロナウィルス感染症対策として、教室に取り付けられたプロジェクタを利用して、本日3学期の始業式を行いました。学校長の式辞の他、今年度全校生徒に向けて行えていなかった、各種競技会やコンテストで入賞した生徒の「表彰披露」も行いました。仲間の活躍を初めて知る生徒もおり、とても刺激になり自分も頑張ろうと前向きに捉えていました。

新しい生活様式の終業式

12月24日(木)

本日、教室に取り付けられたプロジェクタを利用しての2学期の終業式を行いました。今年度は、全学年体育館に集合しての式典は行えておらず、放送のみでの式典となっていました。今回は24クラス同時に、学校長式辞を動画で見てもらうことができ、生徒達も校長先生の実験も交えた式辞をしっかり聞き、反応していました。

3年生 遠足

11月6日(金)

晴天の中、3年生最後の遠足が京都東山界隈で実施しました。

通勤ラッシュを避けた時間帯で分散集合し、
いざ出発!班ごとに考えた行動計画をもとに散策をしました。
「食べ歩き」を楽しむ班や「映えスポット」を巡る班、
京都の「名所や旧跡」を訪れ、歴史や文化に触れる班。
それぞれが思い思いに短いひと時を過ごしました。
受験生にとっては、最高の息抜きになったでしょう。
さあ、充電完了!準備万端!!
全集中の呼吸で目標に向かって突き進みます!!!

避難訓練、アセンブリー

11月11日(水)

6時間目終了後、避難訓練とアセンブリーを実施しました。
地震発生を想定し、シェイクアウト訓練後、避難経路を確認しながらグラウンドに避難、点呼にて人員確認を行い、校長先生の講評がありました。

避難訓練後、短時間ですがアセンブリーを実施しました。体育大会以来の全校生が顔を合わせる機会です。校長先生の講話の中で、念願のトイレ改修工事の日程が決まり進んでいることを伝えると、生徒たちから拍手が起こりました。また、生徒指導部長からは、服装移行やコートの着用に関連し、ルールとマナーについて説明をしてもらいました。生徒たちはしっかり理解していたようです。また、今後も引き続き、新型コロナウイルス感染予防対策を意識し、マスクをしっかり着用すること、周囲の人に配慮することもマナーだということも伝えてもらいました。

 

1年生遠足

11月6日(金)

2つのグループに分かれて集合。遅刻者ゼロ。
いざ妙見山へ。川にはまる?流される?いやいやハイキング程度らしい?熊が出る?…さまざまな情報に翻弄されながら出発。のどかな田園風景を見つつ快調に歩くうちに前方から悲鳴が。岩をつたって川を渡る場面が何度も現れる。でも、大丈夫。みんなが助けてくれる。「こっちが渡りやすいよ。」「つかまって!」自然を楽しむ余裕がなくなった頃に頂上に到着。楽しく昼食と休憩。さあ、下山。落ち葉ですべるすべる。こわいこわいと言いながら一気に降りて、妙見口駅に到着。元気がなくなった友人を歌で励ます人、ゴミを拾いながら歩く人、怖がる人に手を差し伸べる人。普段とは違う一面を見ることができた一日でした。