カテゴリー別アーカイブ: 行事

2学期 終業式

7月20日(金)

2学期終業式を行いました。
校長からの講話の後、校歌斉唱を行いました。

その後、生徒会新役員の認証式、表彰伝達を行いました。

次いで、生徒会の進行で、全国大会に出場する化学部・写真部・放送部の壮行会を行いました。
各部代表から、抱負を語ってもらい、生徒会長が代表して激励のことばをかけました。

最後に、生徒指導部長が夏休みの生活についての注意と、SNSなどの利用、登下校の際の周りの人や車に対する配慮など、本校生として品位ある行動をとることを呼びかけました。

生徒指導部長の話を受けて、司会の大道先生から「歩きスマホ」についての話もありました。

例年にない異常な暑さをがんばって乗り切ってほしいものです。

 

防災学習

7月19日(木)

6月18日に発生した大阪北部地震を受けて『「南海トラフ地震」についての知識を身につけ、防災・減災について考える』と題して、防災学習を行いました。内閣府映像資料から「南海トラフ巨大地震 その時何が起こるのか?」という20分ほどの動画を体育館で全員で見て、その後、教室で「日頃から備えること」「実際に起こったときどのように行動すればよいかを考えておくこと」を『まとめプリント』に記入しました。

阪神・淡路大震災を体験していないみなさんですが、今後また地震が発生しても落ち着いて行動をとれることを期待します。

 

1年 地域清掃(ボランティア清掃)

7月18日(水)

地域社会との関わりを深め、地域貢献の1つとして、1年生がクラスごとに分かれて通学路の周辺の清掃活動を行いました。酷暑の中でしたが、しっかりと体調管理をして水分補給も行いながら約1時間雑草を引いたりゴミを集めたりしました。一緒に清掃活動に参加していた地域やPTAの役員の方からは、生徒のタフさと集中力に感心したとの声が聞かれました。

2年 球技大会

7月18日(水)

生徒会と2年生の運営で球技大会が行われました。

体育館では、男子がバスケットボール、女子がドッチボールを行い、グランドでは、男子がサッカーを、女子は「アルティメット」というフライングディスクを使用した新しい競技を行いました。
「アルティメット」は、まだ生徒にもよく知られていない競技のため、最初のうちはうまく動けていない様子でしたが、暑さに負けず、笑顔でディスクを追いかけながら競技を楽しんでいました。

また、猛暑のため、試合の合間に、テントの下で水分補給したり、土埃を押さえるための放水を浴びようと笑顔で駆け寄っていったりする生徒の姿が見られました。

 
 

3年生 学校別進路ガイダンス

7月18日(水)

3年生を対象に大学や短大、専門学校合計40校の方々にご来校いただき、学校ごとに分かれて進路ガイダンスを行いました。3,4校時を利用し、一人2校の説明を受けました。
本格的に入試対策へとシフトしていくこの時期に、各学校からの説明を直接受けることができるとあって、みなさん真剣な顔つきで臨んでいました。

1年球技大会

7月12日(木)1年球技大会を行いました。
生徒会、体育委員が中心となって運営し、猛暑の中ですが、大きなケガもなく無事に終えることができました。 色とりどりのクラスTシャツを着て、一生懸命取り組んでいました。


開会式で北高体操を行いました。クラスTシャツのおかげで一味違う雰囲気です。


男子は、グランドでサッカー、体育館でドッジボールを行いました。


女子は、グランドでドッジボール、体育館でバスケットボールを行いました。

結果は、
男子サッカー 1位 4組、2位 5組、3位 6組
男子ドッジボール 1位 4組、2位 5組、3位 6組
女子ドッジボール 1位 8組、2位 7組、3位 3組・6組
女子バスケ 1位 4組、2位 1組、3位 5組
でした。

2年生 主権者教育講演会

7月17日(火)

4校時アポロンホールにて、関西学院大学法学部教授の山田真裕先生にご来校いただき、来年度には選挙権を取得する2年生に対して、「政治の仕組みと私たちの生活」と題して、
主権者教育としての講演をしていただきました。

最初に、アメリカでの子どもの政治への関心の高さの理由を、生活の中での関わりとして具体例で示し、この違いが日本の若者の政治への関心の低さの理由の一つであることを説明されました。若者の政治的無関心の現状とその理由を話されたあと、若者の多くが政治的無力感を感じているが実はそうではないことに続き、主権者としての自覚を持つことの重要性を説かれ、投票することの意味、そのために自ら積極的に情報を集めることの大切さなどをお話ししていただきました。

3年 球技大会

7月17日(火)

生徒会と3年生の運営で球技大会を進めています。
薄雲が広がってはいますが、相変わらず暑い中でも
元気にサッカーやバスケットボールを楽しんでいます。
1ゲームの時間を短く設定し、体育館では窓を開け放ち、
グランドではテントを立てて日陰を作るなど高温対策もしっかり行っています。

 

 

第1学期アセンブリー

6月20日(水)

6校時にアセンブリーを行いました。
平松校長先生からの「備え」についてのお話の後、
各部活動での活躍とその結果が紹介され、表彰伝達が行われました。


アセンブリーの終了後、生徒会役員選挙に伴う立会演説会が行われました。
今年度は例年より多くの立候補があり、力強い意志表明と温かい応援演説が続きました。
この後、教室に戻って投票が行われました。選挙の結果は明日発表になります。

ありがとうございました <校長ブログ801号>

6月5日・6日の第34回文化フェスティバルはあっという間に終わってしまいました。
今年は例年以上に合唱コンクール、展示、舞台発表各学年とも、さらに文化部の発表も素晴らしくレベルが高くなったような気がします。模擬店やクラスTシャツなど新しい取り組みもいくつかありました。
閉会式で生徒会長が、これをきっかけに変えて欲しいと言っていましたが、宝塚北高校の良き所を継承しつつ、新しい試みをすることは大いに良いことです。これからも全校生徒の協力で「北高の文フェス」を素晴らしいものにしてください。
  
<閉会式で講評された教頭先生、挨拶した生徒会長・副会長、ありがとうございました>
  
<閉会式後に後片付けをしてくれた1年生、ありがとう>
今回のクラスTシャツは、「僕は●年●組」「私は○年○組」とはっきり自己主張しているようで、自分のクラスへの所属意識?もしっかりとあって、普段以上に大きな声で私に挨拶をしてくれたような気がします。みんなが宝塚北高校の制服を着ている時も同じように「自分は宝塚北高校生です」といって歩いているようなものです。自分の学校に誇りを持ってこれからも行動してください。
<笑顔をありがとう!>

「Shine ~子曰く『全員主役』~」をテーマにした今年の文化フェスティバルは終了しました。ご来場くださった多くの保護者・関係者の皆様、指導された先生方に感謝いたします。ありがとうございました。
そして準備から当日まで頑張った生徒たち、本当にお疲れ様でした。ありがとう!

良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)