カテゴリー別アーカイブ: 行事

学校説明会

9月13日(日)

令和2年度の学校説明会を、午前の部・午後の部と2部に分けて行い、
合計約1,000人の方が参加されました。
全体説明会前に、演劇科2年生によるオープニング演技があり、
説明会に参加いただいている中学生と保護者の方々から手拍子をいただきました。

全体説明会は、放送部の生徒が司会進行を務め、学校長挨拶の後、
教頭より「3科の教育および入学者選抜について」、
各科の代表生徒から「学校生活について」説明をさせいていただき、
最後にPTA代表より挨拶とこの後、質問があれば食堂へと案内がありました。


全体説明会後は、GS科、演劇科別の説明会と普通科の個別質問会、
生徒会の学生生活についての質問コーナーやPTAによる質問会が行われました。

また、午前の部と午後の部の間に部活動見学をしていただきました。

2学期始業式

今日から2学期が始まりました。始業式は新型コロナウイルス感染症対策として、全校放送で行いました。教室で真剣な様子で校長先生の式辞に耳を傾けている様子が印象的です。校長先生からは、健康に生活することの大切さとともに、「セルフマネジメント力」、「セルフプロデュース力」を身につけ、「自律」することの大切さをお話ししていただきました。また、本校の全国公立高校初の演劇科の創設にご尽力いただいた、劇作家で大阪大学名誉教授の山崎正和先生が先日お亡くなりになられたことに触れ、感謝と追悼の意を述べられていました。

始業式後、表彰披露で吹奏楽部3年生13名が県吹奏楽連盟から感謝状をいただいたこと、写真部3年生3名が県高校写真連盟阪神支部春季写真コンテストで佳作をいただいたことを披露しました。近日、何らかの形で全校生の前で表彰式の様子を紹介したいと考えています。

終業式・離任式

7月31日(金)

令和2年度第1学期の終業式を放送で行いました。3密を避けるために、全学年教室で校長先生のお話を聞きました。校長先生のお話の後は、生徒指導部長から、夏季休業中の生活についての講話がありました。

1年間お世話になったALTのNina先生がアメリカへ帰国されることになりました。各学年の集会の前に離任式を行い、校長先生からNina先生へ感謝状が送られました。生徒を代表して3年生の中野真緒さんがサプライズでお礼を伝えた時は、Nina先生もとても喜んでくださいました。下記はNina先生受け取った感謝状と生徒の皆さんへ送った謝辞の一部です。

My time here in Japan has come to an end and I will be going back to America. It has been a very memorable year. Right now, I have mixed feelings. I am excited to see my family and friends again. But at the same time, I am so sad to leave you all. Please continue your hard efforts in studying English. I believe that someday, English can open the door to a world of possibilities and add more color in your life. [You will have more job opportunities, be able to travel to different parts of the world and talk with people from different cultures and background. The world is a much bigger place than you think. There are some many things that you cannot discover by staying in the same place.] I truly enjoyed teaching in your classes, and I feel incredibly lucky to have you all as my students. My true passion has always been in science, so I will be going back to my job in research and development. However, my experience here in Japan and my time with you all have taught me many important lessons that I will continue to carry with me in the future.
Good luck on your studies. Stay curious. Find what you love to do. I am excited to see what kind of adults you will become and what kind of future you will help create. I wish you all good health and happiness. Thank you.

GS科 課題研究発表会

令和2年7月11日(土)

グローバルサイエンス科の3年生による「課題研究発表会」を、兵庫県立人と自然の博物館・ホロンピアホールにて実施しました。この発表会は、3年7組全員が課題研究を発表する場であり、GS科3年間の集大成となるものです。早朝に大雨警報が発表され、予定を一部変更しましたが、14班に分かれて、日本語によるステージ発表と英語によるポスターセッションを行いました。保護者の皆様や審査委員の先生方には、ご多忙中にもかかわらず多数ご出席いただき、誠にありがとうございました。専門家から一般の方までの幅広いご意見を参考にさせていただき、今後の活動に活かして参ります。

内容

1.開会式

宮垣学校長による挨拶
門井GS科長による挨拶

2.発表要旨

1班 … 地理的要因の分析による竹林の移動の予測
2班 … 四つ葉のクローバーの発生要因解明のためのクローバーのカルス誘導法の開発
3班 … 金属イオンを含む環境でのダンゴムシの行動の変化
4班 … ダンゴムシもグリシンを与えると“眠る”のか~アミノ酸投与時に起こる行動変化の分析~
5班 … AlとZnのイオン化傾向の逆転と溶解度の関係
6班 … ダニエル電池を参考にした微生物燃料電池の分割構造の考察
7班 … コッククロフト-ウォルトン回路を用いた昇圧実験
8班 … ブロッケン現象再現実験の改良
9班 … S字旋回するハンドランチグライダーの試行
10班 … 温泉水で野菜は育てられるか‐有馬温泉のさらなる発展を目指して‐
11班 … 防災意識の向上のための災害体験VRの作成
12班 … 宝塚歌劇場前交差点の渋滞解消策を探る
13班 … 遺伝的アルゴリズムを用いた巡回セールスマン問題の解法の提案
14班 … 初期状態に注目したナンプレの難易度判定

3.閉会式

関西学院大学 北原和明教授によるステージ発表部門の講評
京都大学 馬場正昭名誉教授によるポスターセッション部門の講評

 

 

 

 

 

 

文化部発表会 コーラス部

7月14日

6月の文化フェスティバルが新型コロナ感染症のために中止となり、生徒会の発案で、7月希望する日に各文化部が校内で発表することになりました。

トップバッターとして7月9日12:50~13:10、コーラス部コンサートが中庭で行われました。 昨年まで現3年生(女子3人)現2年生(女子5人)の8人で活動してきましたが、6月より1年生9人(男子3人、女子6人)入部し、念願の混声合唱になって17人で練習を積み重ねてきました。当日は心をこめて5曲合唱を披露しました。

前日8日は大雨警報のため休校、当日も朝から雨が降ったり止んだりの天候で開催が危ぶまれましたが、部員たちの「中庭で歌いたい」という強い願いが、お天道様に届き無事に開催することができました。各ホームルームへ部員全員で宣伝に行ったり、放送部によるコンサート開演の呼びかけもあって、中庭や校舎の窓からたくさんの応援をいただきました。このコンサートで引退する3年生にとっては、忘れることのできない貴重なコンサートとなりました。

みなさんからのあたたかな大きな拍手、感動の声をいただきうれしい気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。これからもみなさんにお聞かせできるよう練習に励みたいと思います。

 

演奏曲目
ルパン三世 アカペラ  作詩 千家和也    作曲 大野雄二  編曲 信長貴富
グランドエスケープ   作詞/作曲 野田洋次郎  編曲 田中和音
証           作詞 山村隆太   作曲 阪井一生  編曲 加藤昌則
小さな恋のうた     作詞 上江洌清作 作曲 MONGOL800  編曲 西條太喜
群青          作詩 福島県南相馬市立小高中学校兵士回24年度卒業生
(構成・小田美樹)作曲 小田美樹  編曲 信長貴富
(アンコール   ルパン三世 アカペラ)

GS科 「共生のひろば」で発表してきました

2月11日(火)、冬晴れ。三田市の県立人と自然の博物館で開催された第15回「共生のひろば」に参加してきました。「共生のひろば」は、小学生からお年寄りの方までの幅広い年代の方が自由に研究発表できる素晴らしい大会です。もちろん、高校生や大学生、各団体の方々の専門性の高い発表も行われます。本校GS科からは2年生の3グループが課題研究の中間報告という形で発表しました。

①口頭およびポスター発表「温泉水で鉄分が多い豆苗は育つか」(大野・露口・手塚)

有馬の温泉水で野菜栽培をするという研究です。神戸新聞の地域版の共生の広場の記事の中で紹介されていた発表です。

 

②ポスター発表「三田市内の竹林の拡大速度と土地の傾斜との相関」(佐々木・森木)

三田市内で拡大している竹林の拡大に関する研究です。分析にGIS(地理情報システム)を用いているのが特徴です。

③「ダンゴムシの行動とグリシンの関係について」(大東・高田・三木)

睡眠サプリメントとして知られているグリシン(アミノ酸)をダンゴムシに食べさせると、ヒトとは異なり、活発に行動するようになったという研究です。また、ダンゴムシが金属イオンを感知しているのではないかという研究も紹介していました。

 

博物館にはたくさんの人が集まり、科学談議に花を咲かせた一日でした。また、発表した3班とも、いろいろな方々から助言をいただくことができました。

いい発表の機会をつくっていただいた、「ひとはく」の職員の皆さん、本当にありがとうございました。

博物館から帰ってきたら、宝塚北高校の梅の木に可愛い花が微笑み始めていました。春が確実に近づいていますね。

GS科 第12回サイエンスフェアin兵庫

1月26日(日)、「第12回サイエンスフェアin兵庫」に行ってきました。サイエンスフェアin兵庫は県内の高校が多数集う、兵庫県では最大級の科学イベントです。本校からはGS科1,2年生と物理部、化学部を合わせて約80名が参加しました。今回は神戸ポートアイランドにある、ニチイ学館神戸ポートアイランドセンターと甲南大学FIRSTの2会場での開催でした。

本校の発表は次の7点です。

◎口頭発表
「酸化還元反応を探究する」GS科1年生(小杉、野口、山迫、吉田美)

◎ポスター発表
「微生物燃料電池の発電量に影響する要因」GS科2年生(宇都宮、千野)
「ブロッケン現象の原理と再現」GS科2年生(長崎、西之上、野中)
「CW回路を用いた昇圧実験」GS科2年生(大下田、前田)
「マドラーなしでシロップを混ぜることができるか」化学部(大久保、床鍋、高津)
「黒色縞模様の面積や幅による色の感知」物理部(濱口、山本)
「渋滞の名所 宝塚歌劇場前交差点の渋滞緩和策の検証」GS科2年生(床鍋、藤本)

       

1年生はGS科の授業「GSⅠ」での探究活動をさらに発展させ、自分たちで考えたテーマをもとに研究を進め発表しました。初めての発表でしたが、いい経験になったことと思います。会場はたくさんの高校生で賑やかで、大学生や企業、団体の方の発表ブースもありました。1月最後の日曜日を、科学をテーマに他校生と共に過ごすことができました。
運営スタッフのみなさん、ありがとうございました。

1.17阪神淡路大震災追悼行事

1月17日(金)

今日、1月17日は阪神淡路大震災から25年目を迎えました。一瞬の出来事によって6000人を超える方々の命が失われました。犠牲になられた多くの方々のご冥福を祈り、朝のホームルームで黙祷を行いました。その後、教頭先生から放送で、生徒それぞれが学んだことや感じたことを自分の言葉で伝えること、また、今後必ず起こる大地震に向けて心構えや準備を今一度確認すること、そして落ちついて行動することについて話がありました。また、2年生は修学旅行で宿泊しているホテルで黙祷を行いました。さらに、学校においては哀悼の意を表し、半旗を掲げています。

阪神淡路大震災で得た教訓を決して忘れずに後世に伝えていきたいと思います。

2学期終業式

12月24日(火)

2学期終業式を行いました。
宮垣校長からのお話と実験、表彰伝達、
生徒指導部長からのお話、諸連絡がありました。

表彰伝達では、水泳部、バスケットボール部、放送部の他
近畿総合文化祭奨励賞の化学部、数学理科甲子園2019優勝の2年GS科チームアゴラ
書道展大賞(全国1位)とゆずりは賞を受賞した2年生松尾さん
税の作文、英文エッセーコンテストなとでの表彰と
全国レベルの表彰や個人の表彰が多くありました。

アセンブリ

11月13日(水)

アセンブリ(全校集会)を開きました。
校長先生から、「伝統」についての話があり、この話の中で演示実験も行われました。

校歌斉唱の後に、表彰伝達があり、
GS科の課題研究、化学部、美術部、写真部、バスケットボール部男女、
柔道部、新体操部、陸上競技部の生徒たちが全校生徒の前で表彰状を受け取りました。