作成者別アーカイブ: 広報 宝北高

GS科 Big News!!!

令和2年5月12日(火)
GS科卒業生(33回生)の課題研究が学術誌に掲載されました!

この春、卒業した33回生GS科の課題研究プラナリア班の研究論文「プラナリア3種の食性の違い」が 兵庫県生物学会が発行する「兵庫生物」という雑誌に掲載されました。本校生の研究論文が学術誌に掲載されるのは2年ぶり2度目 で、“原著(Orignal paper)”としては初めてのことです。
プラナリアは小中学校の教科書にも掲載されている水質階級の指標生物の一つです。きれいな河川に生息する扁形動物で、外来種のアメリカナミウズムシやツノウズムシなどは武庫川でもよく見られます。プラナリアは一般に肉食性が強いとされており、飼育下ではレバーや赤虫を与えます。課題研究のため、何種類かのプラナリアを飼育していくうちに「地中海産のプラナリアは日本産やアメリカ産のプラナリアと違って肉よりも野菜の方を好んで食べるのではないか?」ということに生徒自身が気づきました。兵庫県立大学大学院生命理学研究科助教の織井先生らから助言をいただきながら実験方法や器具を工夫し、研究を進めました。そして昨年6月のGS科課題研究発表会の際、人と自然の博物館の研究員の先生から論文投稿を勧められ、論文査読者や学会編集部と何度かやり取りし、ついに原著(Orignal paper)として受理・掲載に至りました。
兵庫生物 15(5):237-239,2020
なお、論文は一定期間置いたのちに学会のWEB上で誰でも閲覧できる形で公開されますが、もしご興味がありましたらGS科までお問い合わせください。

野鳥 北高の自然

5月12日(火)

日の出時間が早くなり、朝の学校で野鳥の姿を見かけなくなってきました。
さえずりはよく響いてるのですが…
先日のこげらの他に撮影できたものをアップします。

ツグミ  めじろ
ツグミ(左)とメジロ(右)いずれも玄関前で撮影
メジロは鳴き声のする方向にカメラを向けて撮影し、画像の中で探しました。

元画像の一部

どこにいるでしょう。画像をクリックして大きく表示して探してください。

3年7組オンラインSHR

5月11日(月)

10時から約25分間、zoomを使ってオンラインでクラスのHRを行いました。
連絡事項をしたり、前期クラス役員を選出したりしました。
何よりも、久し振りにお互いに顔を合わせて話すことができたことがとても良かったです。

 

GS科 Online meeting 2

令和2年58日(金)

GS科2年生の課題研究のOnline meetingも2巡目を迎えています。いま、GS科のWeb会議の拠点は校舎4階のSSHルーム(通称:Agoraアゴラ)です。Agoraは図書室の隣にあります。普段はGS科の生徒のフリースペースとして大学のゼミ室のように活用しているのですが、今は生徒がいなくてガランとしています。廊下の外から見える長尾山の山並みもいつしか初夏の装いです。学校が再開したら、1年生の皆さんもぜひAgoraに来てくださいね。GS科でなくてもウェルカムです!

Stay home and Try question ♯3♯ !!

休校期間が5/31まで延長になりました。君たちが外出自粛をしている間も、季節は進み、校門脇の坂にはもうサツキが咲きほこっています。
学校のWebページ上で、先生との応答が可能になりました。何か質問やメッセージがあれば(勿論校長にも)そこに書いてください。日々の体調の様子も教えてください。
そして、君たちがこうして家の中で、自分のために課題等に取り組んでいる間も、医療従事者の方たちや保健所の皆さんなどが新型コロナウイルスと戦っています。私たちが今できることは不要不急の外出を避けて家に居ることです。感謝とともに、二度とない“今”を過ごしましょう。
さて!課題の学習に疲れたら、頭と手を使って“校長の課題”に挑戦し、リフレッシュしてください。

♯Question 3♯
(1) 殻を割らずに、生卵ゆで卵を見分けてください。 Let’s try !
(方法は1つではありません。)

(2) 鉛筆を持ち上げずに、鉛筆は立ったままで、下の紙を取ってください。
Let’s try !

(3) 上記(1)(2)の現象が起こる理由を、「物理基礎」の教科書に載っている用語を使って
説明してください。


(3)が抜けていたので追加訂正しました。ごめんなさい。(担当)

校庭貯留施設が完成しました

4月24日(金)

校庭貯留施設が完成しました
 

令和元年度の工事として行っていた施設が完成いたしました。

目的は、地域の洪水被害を軽減するために、
雨水を一時的に校庭に留め置くことです。
大雨時に1,100㎥(25mプール2.5杯分)の雨水を貯留できます。
最大水深が19cmほどとなるため、校庭にある倉庫の浸水対策として
設置箇所を嵩上げいたしました。

また、この施設を整備する際に校庭の南東にあった築山とそこで枯木となり倒木の危険があった11回生卒業記念樹を伐採撤去いたしましたので、アルミ製の碑を設置いたしました。
校庭入り口には施設案内板を設置いたしました。
 

 

コツコツと

4月23日

朝から、昇降口前ロータリー辺りから木を小刻みに繰り返したたく音が響いていました。

コゲラだったようです。
昼前には、先生方が集まって、
ちょっとした撮影会が開かれていました。
私も参加して撮影してみました。

この音もいいのですが、
やはり生徒の声が響く日が早く来てほしいと思いました。

Stay home and Try question ♯2♯ !!

4月22日(水)

新年度始業より、2週間が過ぎましたが、
休校中、どのように過ごしていますか?
きちんと早起きをし、規則正しい生活をしてください。学校のWebページには「北高体操」の動画がupされているので、適度な運動に活用してください。
そして!課題の学習に疲れたら、頭と手を使って“校長の課題”に挑戦し、リフレッシュしてください。

♯Question 2 ♯
昨年、2学期終業式の校長挨拶のなかで行った『コップの中の水はどうなるか?』
の実験にTry !

【準備物】 コップ、使用済みハガキ、プラスチック板(単語帳の赤いシートでもよい)
ふるい(平らな網)、洗面器

【実験方法】
1 コップに8分目くらい水を入れ、ハガキで蓋をし、コップを逆さまにします。
ハガキを支える手を離すと、どうなるでしょう?
ハガキをプラスチック板に変えると、どうなるでしょう?

2 ハガキで蓋をした水の入ったコップを水平に横にします。
ハガキを支える手を離すと、どうなるでしょう?

3 8分目まで水を入れた洗面器に「ふるい」を入れます。
洗面器の水をコップに入れながら「ふるい」の上にコップをかぶせます。「ふるい」を水平に保ちながら持ち上げると、コップの中の水はどうなるでしょう?

※1~3 それぞれコップに入れる水の量をいろいろ変えて Let’s try !
※原理を考えてみよう・・・???

学校が再開したら、♯Question 1♯も含めて、校長室まで報告に来て下さい。

GS科 Online meeting

4月20   日(月)

学校は臨時休業が続いていますが、今日から本格的にGS科2年生の17の課題研究班と担当教員でWeb会議を進めていきます。参加者は自宅にいる課題研究班の各生徒、そして学校に勤務している教員と在宅勤務している教員です。それぞれ違う場所からPC上の会議室に参加してミーティングをします。内容は課題研究の前段階についての話し合いです。学校の再開に備えて、必要な論文を何本も購読したり実験内容や実験器具についての確認をしたりと、研究に向けて今、何をすべきかを議論しました。4月中にGS科の2年生は、このOnline meetingを通じて課題研究の準備を進めていく予定です。学校に来られなくても、課題研究に向けてできることはいくらでもあります。時間を大切にして、頑張りましょう。

 

 

いろいろ咲き始めました

4月15日(水)

ようやく生徒棟南側の八重桜が咲き始めました。

玄関ロータリー近くでは他にもいろいろ咲いていました。
つつじ

もみじ (新しい葉が伸びてくるのと同時に咲き始めるようです)
 

松                       すみれ