タグ別アーカイブ: GS科

いよいよGS科の卒業研究発表会は24日(日)です <校長ブログ821号>

6月21日(木)
先週16日は演劇科の卒業公演でしたが、今週末24日(日)にはグローバルサイエンス科の卒業研究発表会が昨年に続いて三田市の兵庫県立人と自然の博物館ホロンピアホールで開催されます。
GS科の卒業研究発表会は今年で3回目、GSコースからGS科になって3期生の発表です。
今日は午後から図書室で発表練習を行いました。まず、English for Global Scienceの講師の2名の留学生の方に、英語による発表見本を示していただき、GSコースを卒業して京都大学大学院で研究をしている卒業生からも英語と日本語で発表をしていただきました。
  
そして6時間目に各グループ発表を全員の前で披露しました。まだまだ手に持ったメモに目をやる場面もありました。実演を交えて発表するグループもありました。残り時間はわずかですが、24日(日)にしっかりと自信を持って発表してくれることを期待しています。
 
世界で活躍できる科学系人材のトップリーダーを目指すGS科。卒業研究発表会を楽しみにしています。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

安心してシアトルに <校長ブログ807号>

6月12日(火)
今日は米朝首脳会談のニュースで一日中、報道番組はこれ一色です。校長ブログに政治的なことは書くつもりはありません。でも、非核化・米朝の緊張緩和に向けて一歩前進したことは、本校のGS科のシアトル研修に向けて明るいニュースです。
というのも去年の今頃、北朝鮮のミサイルがアメリカ本土に?という危機感で、アメリカ本土の中でも北朝鮮に近いシアトルへの研修は一時危ぶまれました。今年はどうやら心配なく準備を進めることができそうです。GS科2年生のみなさん、保護者の皆様、どうぞご安心ください。
出発は7月12日(木)です。今年も実り多い研修となりますように。今年は日本に残って研修の成功を応援します(^^;;)

<去年のシアトル研修から…>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

3年生お疲れ様でした <校長ブログ800号>

6月6日(水)
文化フェスティバル2日目は体育館のステージで行われた3年生のステージ発表をすべて観ていました。というのも、3年生の舞台発表の審査員をしていました。衣装にも凝って、大道具・小道具にも工夫があって、脚本も演出も素晴らしかったです。さらに役者さんたち、どのクラスも熱演を繰り広げて見応えがあり、審査には大変苦労しました。出演した担任の先生もお疲れ様でした。とっても良かったです(^^)
ステージの一場面、背景の様子を中心に7クラスを紹介します。大道具係の生徒のみなさんの力作です。
  
<発表順に2組・5組・4組>
  
<同じく6組・1組・3組>
 
<最後は優勝した7組(GS科)背景に灯りを点けるとは、なかなかのアイデアでした>

『全員主役』文字通り、クラス全員で作り上げた舞台発表でした。3年生にとっては最後の文化フェスティバルでした。とても素晴らしいものでした。本当にお疲れ様でした。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

GS–DAY <校長ブログ764号>

5月10日(木)
本校グローバルサイエンス科では、2年生で「課題研究」に取り組みます。毎週、木曜日はGS-DAY、特に午後の3時間は複数の教員が「課題研究」をサポートします。
今日は「課題研究」につながる「探究基礎実習」の1コマとして、ヤマトシロアリの追従行動と腸内共生生物の顕微鏡観察をしていたので、授業の後半だけ少し見学しました。
  
  
「なんで?」と疑問を持ち、「こうやってみたら?」とアイデアを出し合いながらグループで進める研究は、考え方がどんどん磨かれていきます。将来も研究者として大切なことです。
将来、科学系研究者として世界を舞台に活躍するGS科の生徒たちです。良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

ひとはくの研究員の皆さん、ありがとうございました <校長ブログ758号>

グローバルサイエンス科の1年生が、4月28日に兵庫県立人と自然の博物館での講義・実習の様子はこの北高ダイアリーでもお伝えしている通りですが、「ひとはくのブログでも紹介しました」と聞いて、ひとはくのホームページを見てみました。
<http://www.hitohaku.jp/blog/>
<ひとはくブログ>で本校の実習・見学の様子が詳しく紹介されていました。私がかつて勤務していた頃、とてもお世話になった3人の先生方から、今回も丁寧な講義と実習を受けることができて本当によかったです。
<鈴木 武先生>
<高野温子先生>
<古谷 裕先生>
3人の先生方、本当にありがとうございました。これからも生徒たちが「課題研究」を進める中で、いろいろとアドヴァイスをいただきたいのでよろしくお願いいたします。

良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

人と自然の博物館での講義・実習 <校長ブログ756号>

4月28日(土)
今年もGS科1年生が兵庫県立人と自然の博物館(「ひとはく」)にやって来ました。
「行って来ました」ではなく「やって来ました」というのもおかしな表現ですが、実は私がかつて8年間、ひとはくに勤務していたので、毎年のようにこの時期、当時のグローバルサイエンスコースの1年生を受け入れていました(^^)
今日はまず、鈴木武研究員から「タンポポいろいろ」というタイトルで講義がスタートしました。今年から始まった学校設定科目「自然科学探究」の中での授業です。GS科の教育課程では、1年生の理科は理数物理と理数化学だけなので、自然史系博物館のひとはくで生物や地学の学習を興味を持って深めてくれることを期待しています。
  
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

GS科「自然科学探究」オリエンテーションにて(^^) <校長ブログ738号>

4月14日(土)
今年からグローバルサイエンス科の新しい学校設定科目「自然科学探究」が始まりました。
これまでGS科が1年生で行ってきた兵庫県立人と自然の博物館見学・実習や大阪大学との「中高生の科学研究実践活動推進プログラム」などを体系化して、2年生から始まる「課題研究」の基礎となる学習を行う科目です。今年から本校は兵庫県の「ひょうごスーパーハイスクール」の指定も受けることができたので、内容を充実させて実施していきます。
今日はその1回目のオリエンテーションでした。第2セミナーに集まった34回生40名に対して、私も再来週の28日(土)に行くことになっている兵庫県立人と自然の博物館見学・実習の事前学習のお手伝いをしました(^^)
  
<オリエンテーションの様子><私も秘蔵の写真2枚を公開しました(^^)>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

今年は私も一緒に行ってきました(^^)<校長ブログ733号>

<北高ダイアリー>前号で紹介されているGS科2年生、4月7日(土)の校外学習に、今年初めて私も一緒に行ってきました(^^)
毎年、本校の特別講義で来てくださっている高宮准教授にも出迎えていただきました。両施設の研究者は、私からの質問にも快く答えてくださり、とても興味深い見学でした。もしかしたら生徒よりも熱心だったかな(^^;;)
 <受付をして中に…>
私たちのグループは、まずイノベーションリサーチラボラトリに入って、加速器を見学して、医療に応用する現場の医師に、その原理を説明してもらいました。
 
そして、研究用原子炉棟では、さらに小さなグループに分かれて研究者に説明を受けながら、原子炉を見学しました。厳重な二重扉は、テロ対策のために撮影禁止でした。
 
<丁寧に説明してくださったので時間が過ぎてしまうほどでした>
さらに、アトムサイエンススクールに参加して、霧箱をつくったり、人工イクラをつくったり、さらには放射性廃棄物処理棟の見学、アトムサイエンスカフェでGPS連動型放射線計測システム「KURAMA」の説明を熱心な研究者からじっくりと聞かせてもらいました。
  
<霧箱や人工イクラづくり>
 
<施設の説明、KURAMAの説明など盛りだくさんでした>
原子燃料工業熊取事業所では、原子力発電に使われる燃料棒の中のウランのチップの製造過程を見学するなど、一日かけて日本の最先端技術の数々を見ることができました。
 
<今日は各施設を出るたび何回も残量チェックを受けましたね>
<記念撮影も(^^)>
楽しい1日でした。GS科の皆さん、どうもありがとう。良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

花開く <校長ブログ705号>

2月20日(火)
いよいよ、この瞬間です!
<発表直前!>
すでに<北高ダイアリー>でお伝えしている通り、14時から演劇科とグローバルサイエンス科の合格者の発表を行いました。
天気は朝から快晴。適性検査を受けた119名の中学生たちは、朝からやきもきしていたでしょうね。ここ数日間、よく眠れなかったもしれません。発表ボードに自分の受検番号を見つけて、心のモヤモヤを吹き飛ばしてくれたでしょうか。
演劇科に合格した40名とGS科に合格した40名の皆さんは、これから本校34回生として入学する4月まで、気を抜かず、より良い高校生活がスタートできるように努力してください。
そして、残念ながら今日の発表で悔し涙を流した皆さん、まだまだ3月の学力検査もあります。苦難を乗り越えてこそ、人は大きく立派になれるものです。『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』前向きに一歩でも二歩でもいいから前に進んでください。
 
遅咲きの梅の花も一輪一輪咲き始めました。確実に春に向かっています。
まさに、『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』(服部嵐雪)ですね。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

演劇科52名(1.30倍)、GS科67名(1.68倍)<校長ブログ699号>

今朝の朝刊に発表された通り、今年の推薦入試の志願者数は、演劇科が52名、グローバルサイエンス科が67名でした。どちらも去年に比べると志願者数が減ったとはいえ、両科合わせて39名もの生徒を不合格とせざるを得ません。とても心苦しいところです。
宝塚北高校に入学したい、という中学生のみなさん、15日のGS科、16日の演劇科、それぞれの適性検査まであまり日数はないですが、明後日あたりからは少し寒さも和らぐようです。当日まで風邪やインフルエンザにかからないよう、十分に健康管理をしてベストな状態で臨んでください。健闘を祈ります。
<6時間目、1年生の生徒たちによる校内学年清掃が行われました。窓も綺麗に隅々まで拭いてくれました。ありがとう!33回生のみなさん>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)