タグ別アーカイブ: 演劇科

消費者啓発特別講演会での熱演 <校長ブログ927号>

11月16日(金)
宝塚市立東公民館で消費者フェスタ2018「消費者啓発特別講演会」が行われ、その第1部に演劇科3年生の有志7名が出演しました。
詐欺の被害に遭わないように、どのような手口で狙われるのかを3人のおばあさんんと4人の詐欺グループという設定でした。
  
第1話は「架空請求ハガキの巻」です。
<今すぐ弁護士費用を払わないと、とんでもないことになりますよ…>
第2話は「水回りリフォーム工事にご注意」です。
<自治会の要請で排水口の点検に来ました。排水口はどこですか…>
第3話は「訪問購入、貴金属の買取り」です。
<おばあさん、着物もいいけど、もっと光るものないですか…>
最後に全員の紹介が行われ、会場からは惜しみない盛大な拍手が送られました。やりがいがありましたね(^^)

出演した演劇科32回生のみなさん、ありがとう、お疲れ様でした。
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

素晴らしい狂言を楽しみました(^^) <校長ブログ917号>

11月4日(日)
大阪市中央区上町の大槻能楽堂で行われた「善竹狂言会」に行ってきました。
本校の講師として開校以来お世話になっている善竹忠一郎先生が、二世善竹彌五郎を襲名される記念すべき狂言会です。もちろん、善竹隆司先生、善竹隆平先生もご出演されていました。
「鶏聟」「木六駄」「寝音曲」「武悪」と4つの狂言を鑑賞しました。「鶏聟」では聟役の善竹隆平先生の鶏の振る舞いはとても楽しく、「木六駄」では太郎冠者役の善竹隆司先生の雪道を牛を追いながら歩く様子や茶屋で善竹彌五郎先生との親子で酒を飲む様子は、とっても素晴らしかったです。そして「武悪」で武悪役を演じられた善竹彌五郎先生の演技、特に幽霊となってからの演技は会場を大いに沸かせました。流石です。
どの狂言も楽しく、笑いの要素がしっかりと込められていました。そして、蒼々たる役者揃いで、その立派な立ち振る舞い、美声に感動しながら、たっぷりと狂言を楽しませていただき、時間の経つのも忘れてしまいました(^^)
善竹彌五郎先生、おめでとうございます。これからも宝塚北高校演劇科のご指導、よろしくお願いいたします。
  
<演劇科1回生からの花もありました。さすが卒業生ですね。嬉しかったです>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

演劇科卒業生の応援(^^)<校長ブログ902号>

昨日、1年生の模擬授業のために来校された一人の先生が、元同僚であったことは<校長ブログ900号>でお伝えしましたが、その先生が今おられる大学に、もう一人、私の知り合いの先生が勤務されており、「ぜひ、紹介してほしい」と頼まれたので卒業生の公演を紹介します。
本校演劇科20回生、浅場万矢さんが今、「東京芸術祭2018」(これで検索していただくとすぐにホームページにたどり着きます)の一つのプログラム『野外劇 三文オペラ』でヒロイン役として出演されます。ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティ氏の演出、池袋西口公園での野外ステージです。10月18日(木)から28日(日)まで、23日(火)を除く毎晩、19時開演、120分でなんと500円(観覧無料エリアもあるそうです)という企画です。東京に住んでいたら、すぐにでも行くのですが… 遠くから応援しています!!
この期間に東京に行く予定のある方、ぜひ、行って応援してあげてください。
  
野外ステージといえば思い出すのが本校の野外ステージ「希望の広場」かな? 実は、ここに雨量計があることを知る人はあまりいないでしょうね。「オペラ」とちょっと関係のない話で申し訳ありません(^^;;)

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』卒業生も応援します!
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

演劇科特別講義 <校長ブログ886号>

9月22日(土)
伊藤惣一氏を招いて特別講義を行いました。
演劇科の1、2年生と3年生の希望者6名を対象に3時間の予定を超えて講義をしていただきました。前半は『外郎売』を中心に、その台詞の意味、内容、アクセントなどについて詳しく説明をしながら読んでいきました。特に本校の『外郎売』は演劇科の草創期を築いた故秋浜悟史先生と伊藤惣一氏が様々な工夫を凝らして創り上げたもので、どのような思いが込められているのかを生徒たちは真剣に聞いていました。そして圧巻だったのは、生徒たちに「外郎売」を順に一人ずつ読ませた後、伊藤氏が全文を読まれたところでした。「読まれた」というより「演じられた」といった方が正しいでしょう。私も見ていて感動しました。
  

そして、後半は童話の一節といくつかの詩を朗読しました。伊藤氏がおっしゃられた「字を読むんじゃない。ことがらを読まないとダメ」「さらさらと読むのではなく、聞く側に伝わったかどうかである」という言葉の意味を生徒たちはしっかりと受け止めたことと思います。
伊藤惣一様、本日は本当にありがとうございました。

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

10月27日(土)に学校説明会を開催します <校長ブログ883号>

9月20日(木)
秋雨前線の影響でしょうか、朝からずっと雨が降っています。この週末、22日(土)に体育大会を予定している市内の中学校は、今後の天気が心配されるところです。
さて、第3回の学校説明会を10月27日(土)に開催します。
今回は、3科合同の説明会に加えて、普通科は個別相談会と部活動見学、演劇科は「劇表現」の授業見学と入試説明会、在校生による相談会、グローバルサイエンス科はGS科説明会、相談会、過去問配布の予定です。
第2回(8月24日)が大雨警報で中止となったため、今年度は5月と今回の2回だけとなります。本校を希望する中学3年生の皆さん、ぜひ、学校説明会に来てください。

<本校ホームページから「第3回学校説明会」をクリックして案内のページに進み…>


<下にスクロールさせて、赤い「申し込み」をクリックして申し込みのページに進んでください>

■申し込み締め切りは、10月18日(木)です。
■10月27日(土)にご都合がつかない方のために、10月29日(月)15時受付、15時15分から説明、個別相談会、部活動見学を実施します。

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

大学からの授業見学 <校長ブログ882号>

9月18日(火)
神戸女学院大学文学部から先生3名、大学院生・学生13名が来校され、1時間目から国語の授業見学をされました。1時間目は1年生「国語総合」で、普通科4組の古典は「古今著聞集」、演劇科8組の現代文では映画版『羅生門』の広告ポスターというテーマでの授業でした。ワールドカフェ方式に取り組んだり、映像を駆使しながら読み取ったものを伝えるにはどうするかを考えさせたり、初任1年目、2年目の先生、どちらもよく工夫された授業でした。
  
2時間目は3年生理系の2クラス。古典と現代文、それぞれ入試を意識した授業展開でした。こちらはベテランの先生らしく、話し方も落ち着いており、重要なポイントをしっかりとおさえて、板書にも一工夫があり、50分を最大限に生かす授業でした。
  
<授業のはじめに生徒の発表もありました>
3時間目は図書室で研究協議を行い、将来、国語教師を目指す学生たちから授業者への質問に、丁寧に答えておられました。さらに4時間目はアポロンホールで伝統芸能「狂言」の授業参観をして、午前中4時間の日程を終えました。
  

神戸女学院大学の3名の先生、ありがとうございました。学生の皆さんも、4時間連続で疲れたことでしょう。そして何より暑い中、山の上の本校までお疲れ様でした。
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

10月2日体育大会に向けて−2 <校長ブログ879号>

9月13日(木)
昨日もお伝えしましたが、今年の体育大会は10月2日(火)に開催します。
恒例となっている「応援合戦」の練習は、もちろん朝練もあります(^^)今朝は3年8組が玄関ロータリーで練習をしていました。朝から爽やかな歌と踊りのパフォーマンスを見せてもらいました。ありがとう!
本番は10月2日です。それまで磨き上げていくのでしょうが、「打倒!劇科」の中で優勝候補の筆頭だけにプレッシャーも相当あると思います。「さすが、劇科」と言われる演技を楽しみにしています(^^)←また、プレッシャーかけたかな(^^;;)

  
<生徒昇降口にある去年のクラス旗も体育大会の機運を高めてくれます>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

10月2日体育大会に向けて <校長ブログ878号>

9月12日(水)
今年の体育大会は来月、10月2日(火)に開催します。
本校の体育大会の恒例、「応援合戦」の練習が昨日から昼休みに始まりました。先陣を切ってクラス全体で練習するのは、いつも演劇科の生徒たちです。
今日の昼休みも校長室の外、玄関ロータリー付近から、明るい生徒たちの歌声、そして指示をする生徒の声が聞こえてきました。一つ一つの動きを考えながら工夫しながら、何度も何度も繰り返し試行して創り上げていく。素晴らしいことです。今年も最高位に輝くクラスは、相当レベルが高いものとなるでしょう。期待しています(^^)
<校長室の窓から>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

「劇作」の特別講義 <校長ブログ865号>

8月9日(木)
立秋を過ぎて少し過ごしやすい一日となりました。午後、アポロンホールで演劇科2年生の「劇作」の特別講義の様子を見学しました。
これまで2年生の夏休みに「劇作」の特別講義を行ってきましたが、34回生から教育課程の一部を見直したことと今年度「ひょうごスーパーハイスクール事業」の指定を受けたことから、34回生以降は1年生の夏休みに「劇作」の特別講義を行うこととしました。
という訳で、今年は同日開催で午前中に1年生、午後に2年生が特別講義を受けることとなりました。小原宣之氏、高橋 恵氏、筒井 潤氏、棚瀬美幸氏、村上慎太郎氏、5名の講師の先生方、本当に暑い中、長時間の講義ありがとうございます。
今日は8月5日(日)の第1回に続く第2回、この後、22日(水)に第3回、27日(月)に第4回(発表)というスケジュールです。演劇科1、2年生のみなさん、いい作品を仕上げてください。
  
 <5つの班に分かれて、それぞれの班で作品を仕上げます>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

いいむろなおき氏の特別講義 <校長ブログ864号>

8月8日(水)
昨日は、全国総文・化学部の発表を見てきた帰りの特急しなの24号が、なんとイノシシと衝突したため約30分も緊急停止してしまい、結局、名古屋から最終ギリギリの新幹線で帰ることとなってしまいました(^^;;)
日帰りで長野に行っていたのは、今日の特別講義を楽しみにしていたためで、この特別講義は文化庁から平成30年度「文化芸術による子供の育成事業(芸術家の派遣事業)」の補助をいただいて実施しました。
昨日は2年生、今日は1年生が中心です。アポロンホールに行ってみると、壁にぶつかって…というシーンの演習中でした。もちろん目に見えない、実際にない壁ですが、さもあるかのように体全体で表現していく様子は、見ていてとても楽しい演技でした。
  
その後、四方の壁から抜け出すと…、地下道で停電にあったら…、綱引きなど、生徒たちが一生懸命に演じている姿は、とても微笑ましく、楽しい特別講義でした。
  
いいむろなおきさんは、本校演劇科を卒業してすぐにフランスに渡り、マルセル・マルソーのもとでパントマイムを学ばれました。素晴らしい大先輩に直接指導してもらえて生徒たちの目も輝いていました。
<終わってからも質問に>
京都ギア専用劇場での公演を観に行った生徒もいましたが、秋にはピッコロシアターで全員、「オリンピアの夢」を鑑賞に行く予定です。とても楽しみですね。
いいむろなおきさん、今日はありがとうございました。これからもご活躍ください。

演劇科の生徒たちは、この後、大阪中之島ビッグトップでシルク・ド・ソレイユ『キュリオス』を観に行きました。とっても贅沢な一日ですね(^^)
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)