タグ別アーカイブ: 京都大学

GS科 京都大学名誉教授による特別講義

3月17日(金)

京都大学から 廣田襄名誉教授、馬場正昭教授、そして理学部4回生で本校GSコース26回生の金岡さん3名がGS科1,2年生の特別講義のために来校されました。
まずは京都大学の廣田襄先生から「科学における人間と歴史」というテーマの講義をしていただきました。

次は、金岡さんからの挨拶の後、3名の方と阪山科長との座談会をおこないました。

生徒は終始熱心に傾聴し、メモをとっていました。

2年生にとっては昨年と似た内容の講義でしたが、その分理解が深まったと感想を述べていました。

GS科32回生 京都大学 馬場先生 特別講義

12月24日(土)

京都大学の馬場正昭教授が来校され「理科のあたま 化学の目」と称して特別講義を1年生に向けて行っていただきました。

午前は講義を受け、午後からグループに分かれてそれぞれに与えられた課題を考えて、その答えを発表しました。

GS科32回生 京都大学 高宮先生 特別講義

12月21日(水)

京都大学原子炉実験所の高宮幸一先生に来校していただき、1年7組に特別講義をしていただきました。

今年発表され、正式に認められた113番目の新元素「ニホニウム」に関して、元素の研究の歴史を講じていただきました。

生徒たちは熱心に傾聴し、メモを取っていました。

 

科学者の卵たち <校長ブログ174号>

宝塚北高校グローバスサイエンス科の歴史に新たなページを作ることとなった「第1回卒業研究発表会」が西宮市勤労会館で行われました。ご来場くださった皆様、特に保護者の皆様、ありがとうございました。詳しい写真と報告はこの後の<北高ダイアリー>に任せるとして、冒頭の挨拶の中で申し上げた通り、21世紀に世界を舞台に活躍するであろう”科学者の卵”たちは、これまでに研究してきた成果をグループでまとめ上げ、グループで入念に準備したプレゼンシートを使って、全員が立派に発表してくれました。
本来、英語だけでの発表もできたのでしょうが、英語と日本語を交互に使いながら、聞く側にわかりやすく発表してくれました。最後に話されたGS科長 阪山先生の「G(ゴール)でありS(スタート)である」という言葉はまさにその通りですね、今日の経験をこれからの学習活動に活かしてください。お疲れさまでした。
お忙しいところをお越しくださった京都大学の馬場正昭先生、大阪大学の塚原 聡先生、すべての発表にその都度、講評や質問をしていただき誠にありがとうございました。生徒たちにとって、大変良い刺激と勉強になりました。今後ともご指導、よろしくお願いいたします。
0903GS科卒研
<「第1回卒業研究発表会」会場の様子>
夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

GS科 第1学年 京都大学訪問

7月13日(水)

グローバルサイエンス科1年生が京都大学を訪問しました。

160713京大訪問 (29)

警報が心配され、天気が不安定でしたが、実施することができました。

まず、100周年時計台記念館にて京都大学の歴史を学びました。
敷地がかなり広いため、生徒たちは「何回来ても迷子になりそう」と驚いていました。

160713京大訪問 (3) 160713京大訪問 (7)

その後は、レーザー分子分光、励起分子ダイナミクスを研究されている馬場正昭教授から講義をしていただきました。実際に大学1年生の講義で使用する資料を使って、易しく解説をしていただきました。

160713京大訪問 (42) 160713京大訪問 (43) 160713京大訪問 (44)

その後、大学の食堂で昼食をとりました。
昼食後は素粒子物理学を研究されている常見俊直教授に宇宙と質量について講義をしていただきました。

160713京大訪問 (63) 160713京大訪問 (66)

今回の訪問で大学への興味、勉強への意欲がさらに高まったと思います。

160713京大訪問 (72)

GS科 京都大学原子炉実験所 見学

4月2日(土)

2

GS科の新2年生が,大阪府泉南郡熊取町の京都大学原子炉実験所(KUR)を訪問し,施設を見学しました。
准教授の高宮幸一先生をはじめとする京都大学の先生方の案内で,研究用の原子炉やFFAG加速器,医療用の設備などについて,丁寧に説明をしていただきました。

1 3 4 5 6 7

GS科1年生 京都大学教授・馬場先生によるクリスマス特別講義

12月26日(土)

本校にて、京都大学理学部教授の馬場先生に『理科のあたま・化学の目』と題したクリスマス特別出前講義をして頂きました。

生徒たちは馬場先生に講義・指導をして頂き、最後は研究発表を行いました。京都大学教授に直接指導をして頂くというとても貴重ないい経験になりました。

DSC_0364 DSC_0358 DSC_0362DSC_0363

京都大学原子炉実験所 高宮幸一先生による特別講義

12月15日(火)

本校GS科1年生対象に、京都大学の高宮先生が講義をしてくださいました。

元素発見の歴史を中心にした放射線の性質、放射線物質の生成方法の話を100分間に渡り分かりやすくお話ししてくださり、講義終了後は約1時間も生徒の質問に答えてくださりました。
また、高宮先生には来年4月京都大学原子炉実験所に見学に行きお世話になる予定です。

CIMG4217 CIMG4241 CIMG4274

GS科 京都大学訪問

7月14日(火)

GS科1年生で京都大学を訪問し、施設見学及び京都大学教授の講義を受講してきました。生徒たちは京都大学100周年記念ホールで京都大学が生んだ最新の科学技術や歴史展示室で大学の歴史に触れた後、京都大学理学部化学実験室を見学しどのような実験をされているのかお話しを聞きました。昼食ではおいしくて有名な学生食堂を利用し、食べ過ぎる生徒もいました。講義は京都大学馬場教授、阿形教授といったトップレベルの科学者のお話しを聞くことができました。講義終了後には教授に質問に行く生徒などもおり、とても有意義な1日となりました。

IMG_5406 IMG_5412 IMG_5424 IMG_5432 IMG_5436 IMG_5452 IMG_5456

京都大学+GS 特別企画

3月16日(月) 13:30~16:45 多目的教室&音楽教室

京都大学+GS特別企画~京都大学名誉教授 廣田 襄先生をお迎えして

13:30~ ①特別講演「化学における人間と歴史」

  • 講師 京都大学名誉教授 廣田 襄先生

15:00~ ②鼎談「廣田先生を囲んで」

  • 主賓 京都大学名誉教授 廣田襄先生
  • コーディネーター 京都大学教授 馬場正昭先生
  • 司会 本校GS科科長 阪山

ラヴォアジェやドルトンなどその個人にまつわるエピソードなども交えながら化学の歴史のお話を聞かせてもらいました。とても興味深く、引き込まれるお話でした。
その後、場所を変えて、廣田先生を囲んで、「化学」だけにとどまらず、「科学」のお話、宗教のお話、環境のお話、留学のお話、などなどと充実した時間となりました。
京都大学や研究者の空気に触れる機会にもなったことと思います。
(写真①講演の様子 写真②質疑応答 写真③鼎談の様子)

kyodai01 kyodai02 kyodai03