カテゴリー別アーカイブ: 美術部

美術部 総合文化祭に参加して

11月7日(水),11日(日)

私たちは11月7日及び11日に兵庫県総合文化祭 美術・工芸部門に参加しました。
7日には「よせあつめの人体」というワークショップ、11日には他校生との交流会と、普段経験できないような取り組みに参加することができました。
また、魅力的な作品を多く見ることができ、楽しい時間を過ごしました。
今回の総合文化祭で受けた刺激を生かして、これからも製作を続けていきたいと思います。


美術部 みやぎ総文2017 参加してきました

みやぎ総文2017 美術・工芸部門に参加するために、8月1・2日の2日間、杜の都仙台に行ってきました。8月6日から始まる仙台七夕祭りを控えていることもあり、仙台駅には大きな七夕飾りがたくさんありました。到着した当初は今にも雨が降りそうな空模様でしたが、その後回復し、2日間街中にエアコンが効いているかのような気温の中、快適に活動を行うことができました。

1日目は開会式の後、マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」でおなじみの荒木飛呂彦先生のお話と出品作品から荒木先生が選んだ20程度の作品に対する講評がありました。さすがに30年間第一線で活躍されているだけあり、示唆に富んだお話、美術に対する思い、プロの着眼点などとても内容が深く、あっという間に時間が過ぎました。30分程度の質疑応答の時間があったのですが、ジョジョファンが多く、多数の手が上がり、時間が足りないくらいでした。

その後、フリーの時間になったので、出品作品を鑑賞するため、宮城県美術館に行きました。各県を代表する作品は素晴らしく、何時間でも見ていることができるほどでした。技術もレベルが高く、参考にする点が多数あり、何枚も写真に撮りました。8月12日からWEB美術館が開設され、一般の方も鑑賞できるようになります。是非一度WEB美術館を訪れてください。

2日目は兵庫県以外の作品制作者との交流会がありました。まず、「作者の願いや想いを交流しよう」というギャラリートークがありました。昨日鑑賞した作品に対する感想や技術的な疑問などを作者本人に伝えることができ、とても充実した活動になりました。

次に「仙台七夕伝統の七つ飾り政策に挑戦」というワークショップがありました。仙台の和紙の老舗の方に仙台七夕の歴史なども教えていただきながら、作り方の指導を受けました。

全国大会に参加することで、多くのことを学び、吸収することができました。このような機会を与えてくださった方々に感謝をするとともに、本校の美術部員がこれから続いてくれることを期待しています。

 作品 「 庭 」