作成者別アーカイブ: 宝北高広報02

SSH事業 第6回Agorá 「甘いだけじゃない、糖の話 ―糖類の変色反応―」

9月2日

本校卒業生で、広島大学理学部在学中の髙津舞衣さんが5月に行われたISEFのオンライン大会に日本代表として出場されたことについて、7月末に文部科学大臣特別賞を受けられました。高校在学中の活動に対する表彰であったこともあり、その賞状と記念品が本校に届けられていましたので、今回はその伝達に合わせてAgoráのお願いをしたところ快く引き受けていただきました。

今回は高校3年間の研究内容を1時間弱にまとめていただき研究のきっかけである「ホットケーキはなぜ褐色?」ということと、アメリカでの発表は叶わなかったものの現地で発表する予定だったものをかみ砕いて講演いただきました。Agoráに参加した在校生は、先輩の当時の研究に関する苦労や工夫、貴重な経験を基にした講義内容に終始目を輝かせていました。

講義後は座談会形式で実際に高校時にやってた実験をしながら苦労したことや高校生活について質問に答える形で50分ほどお話しいただきました。

お忙しいところありがとうございました。

※Agoráの前半(講演部分)については髙津さんのご厚意でしばらくの間Youtubeで限定公開しています。

https://youtu.be/VZ7fZvI-Krc

2学期始業式

今日から2学期が始まりました。始業式は新型コロナウイルス感染症対策として、全校放送で行いました。教室で真剣な様子で校長先生の式辞に耳を傾けている様子が印象的です。校長先生からは、健康に生活することの大切さとともに、「セルフマネジメント力」、「セルフプロデュース力」を身につけ、「自律」することの大切さをお話ししていただきました。また、本校の全国公立高校初の演劇科の創設にご尽力いただいた、劇作家で大阪大学名誉教授の山崎正和先生が先日お亡くなりになられたことに触れ、感謝と追悼の意を述べられていました。

始業式後、表彰披露で吹奏楽部3年生13名が県吹奏楽連盟から感謝状をいただいたこと、写真部3年生3名が県高校写真連盟阪神支部春季写真コンテストで佳作をいただいたことを披露しました。近日、何らかの形で全校生の前で表彰式の様子を紹介したいと考えています。

演劇科2年生 集中講義 

8月17日(月)、20日(木) 10:45~12:35 日本舞踊
8月18日(火)、19日(水) 10:45~12:35 クラシックバレエ
於 アポロンホール

演劇科2年生が、日本舞踊の講師として山村流山村若先生、クラシックバレエの講師として藤永弘美先生をお迎えし、4日間にわたり集中講義を受けました。3年生から専門科目として受講することになる日本舞踊では扇の使い方、上半身の使い方、足の運び方、顔のつけ方、着物の袖や手ぬぐいを使っての表現の仕方などを学び、観る相手がどうとらえるかについてご指導いただきました。クラシックバレエでは、本格的なフランス語発音のバレエ用語が飛び交う中、身体の芯をしっかりつくり、今まで学習してきた基本の動きを、より丁寧にしっかり身に付けるようにご指導いただき、スムーズに動作ができるポイントなどを学ぶことができました。

硬式野球部代替大会結果

8月1日(土)に鳴尾浜臨海公園野球場で代替大会1回戦を行いました。相手は市立尼崎高校で県内の強豪との対戦でしたが、最後に試合ができる喜びそして、これまでの感謝の気持ちを込めて一生懸命練習をしてきました。試合は、4回まで2-0とリードされながらも必死に守り、もう一歩で点数が取れそうな手に汗握る展開となり見に来られていた保護者の方も大興奮の展開でした。しかし結果は9-1で敗れ、初戦敗退となりました。試合後の選手の表情はすがすがしくやり切ったという思いと、試合ができた喜びに満ち溢れており、ここまで続けてきたこと、支えてもらった家族やチームメートに感謝の気持ちでいっぱいの様子でした。3年生の皆さん本当に3年間お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

当日熱い中、応援に来ていただいた保護者の皆様ありがとうございました。これからも3年生の思いを背負って、秋の大会につなげていきたいと思います

GS科 課題研究発表会

令和2年7月11日(土)

グローバルサイエンス科の3年生による「課題研究発表会」を、兵庫県立人と自然の博物館・ホロンピアホールにて実施しました。この発表会は、3年7組全員が課題研究を発表する場であり、GS科3年間の集大成となるものです。早朝に大雨警報が発表され、予定を一部変更しましたが、14班に分かれて、日本語によるステージ発表と英語によるポスターセッションを行いました。保護者の皆様や審査委員の先生方には、ご多忙中にもかかわらず多数ご出席いただき、誠にありがとうございました。専門家から一般の方までの幅広いご意見を参考にさせていただき、今後の活動に活かして参ります。

内容

1.開会式

宮垣学校長による挨拶
門井GS科長による挨拶

2.発表要旨

1班 … 地理的要因の分析による竹林の移動の予測
2班 … 四つ葉のクローバーの発生要因解明のためのクローバーのカルス誘導法の開発
3班 … 金属イオンを含む環境でのダンゴムシの行動の変化
4班 … ダンゴムシもグリシンを与えると“眠る”のか~アミノ酸投与時に起こる行動変化の分析~
5班 … AlとZnのイオン化傾向の逆転と溶解度の関係
6班 … ダニエル電池を参考にした微生物燃料電池の分割構造の考察
7班 … コッククロフト-ウォルトン回路を用いた昇圧実験
8班 … ブロッケン現象再現実験の改良
9班 … S字旋回するハンドランチグライダーの試行
10班 … 温泉水で野菜は育てられるか‐有馬温泉のさらなる発展を目指して‐
11班 … 防災意識の向上のための災害体験VRの作成
12班 … 宝塚歌劇場前交差点の渋滞解消策を探る
13班 … 遺伝的アルゴリズムを用いた巡回セールスマン問題の解法の提案
14班 … 初期状態に注目したナンプレの難易度判定

3.閉会式

関西学院大学 北原和明教授によるステージ発表部門の講評
京都大学 馬場正昭名誉教授によるポスターセッション部門の講評

 

 

 

 

 

 

3-8 科学と人間生活「演劇科のためのミニ課題研究発表会」

7月10日(金)

演劇科に設定されている「科学と人間生活」という科目は理科全般を幅広く学ぶ科目です。今回、本校にGS科(理数科)があることを生かして課題研究発表会を明日に控えた3-7の生徒たちが講演者として、内容を演劇科向けに少しアレンジして発表しました。

演劇科の生徒達だけでなく翌日に発表会を控えたGS科の生徒達にとっても良い経験となりました。

サッカー部 総体代替大会 試合結果

7月12日(日) 宝塚北G 9:30キックオフ
VS西宮甲山  3-3(前半3-2後半0-1) PK 3-4

11日(土)大雨警報発令のため、12日(日)にスライドして試合が行われました。
試合開始早々に、CKから失点。そこから3点を取り返し3-1。その後、FKから失点。
前半を3-2で折り返しました。
後半、追加点を狙って攻撃。決定機をつくるものの決めきれずに終盤に失点し同点に追いつかれ、そのままPK戦へ突入しました。
PK戦の結果、残念ながら敗退。消化不良のような試合になってしまいました。
代替大会に向けて、保護者の皆様にはご無理をお願いしご協力いただきありがとうございました。
十分な準備ができない中での試合でしたが、大会に参加できたことに感謝し、今後のリーグ戦、選手権大会にむけてしっかり準備していきたいと思います。
今後とも、応援よろしくお願いいたします。

サッカー部 保護者・OBの皆様へ

総体代替大会について

 

今週末、11日(土)より代替大会が始まります。
新型コロナ感染症対策のため、応援なし・無観客での開催となります。
誠に残念ではありますが、趣旨をご理解いただき、くれぐれも大会会場にご迷惑をかけることのないようにご協力お願いいたします。
尚、試合結果についてはこのHPでお知らせいたします。

選手・スタッフ一同、大会が開催されることに感謝し、全力で戦います!

校長からのメッセージ

いよいよ、授業がはじまりました。しばらくは、分散登校で、クラスの半数の人との授業になります。学校全体で消毒や授業の計画を立て、しっかりと再開の準備をし、すべての先生が「何でも相談していいよ。」というスタンスでいます。心と体を慣らしながら、ゆっくりと段階的に通常に戻していきましょう。

また、「校長室前の実験コーナー」も再開します。

ぜひとも、校長室前に来て、挑戦してみてください。そして、よければ、校長室をノックしてください。いいことがあるかも・・・

※4/15の「北高ダイヤリー」 ♯Question 1♯~コップの淵に、フォーク2本と10円硬貨1枚を一度に乗せてください~ の作品例(Question 1 作品例)を「反転授業」に載せています。是非!確認してみてください。

GS科3年7組で、日米でのオンラインHRを実施!

5月19日(火)の10時から40分間、zoomを使ってのHRを行いました。今回で第3回のオンラインSHRとなり、生徒たちも慣れた様子で準備やログイン作業をこなしているようです。

そして、今回はスペシャルゲストとして、昨年のシアトル研修でお世話になった現地コーディネーターであるPerry Barnett氏をお招きして、生徒たちと画面越しではありますが再会することができました。Perry氏からは現状のシアトルの様子や、この新型コロナウイルスの影響から生まれた新たな取り組みや、人々の助け合い、支え合い、新たに生まれた言葉などを紹介していただきました。どれも新鮮で、昨年のシアトル研修を思い出しました。この状況がずっと続くわけではないので、悲観的にならず、前を向いて進んでいこうと改めて思いました。お忙しいところ、参加してくださったPerry氏には本当に感謝です。ありがとうございました!