第2回国際総合科説明会及び第18回中学生英語レシテーションコンテスト

11月18日(土)の13:00より、第2回国際総合科の説明会を実施しました。国際総合科に興味関心のある中学3年生を迎え、カリキュラムや募集要項を中心に国際総合科の取り組みや特色について説明しました。本校国際総合科2年生の生徒たちの協力の下に、参加者からの質問に答えながら、学校生活について説明をしました。

説明会に引き続き、第18回中学生英語レシテーションコンテストを17名の中学生の参加を得て行いました。このコンテストは、事前に配布された100語程度の課題英文を暗唱し、表現力や発音の美しさを競うものです。中学生たちはみな身振り手振りを交えながら表情豊かに発表し、ALT教員も驚くほどの上手な発表でした。また、本校生徒も英語スピーチコンテストで県大会に出場した内容を発表したり、司会進行、タイムキーパーなどの運営面でもコンテストを支えました。

芸術鑑賞会

11月20日(月)、全校生と希望される保護者を対象に、三木市文化会館にて芸術鑑賞会を実施しました。今年度は、「MALTA Hit&Run スペシャルライブ」を鑑賞しました。

世界的サックス奏者MALTAさんによるオリジナル曲、スタンダード、ポップス等をハイレベルの演奏そして最高のパフォーマンスで楽しませてくれました。また、校歌をJAZZ風にアレンジして演奏していただけるなどの演出も大変盛り上がりました。最後にお礼の言葉と花束を贈呈しました。

みっきい杯の様子

11月11日(土)、12日(日)の2日間、本校体育館において、みっきい杯中学校招待バスケットボール大会を開催しました。25チーム、300人を超える中学生達が熱戦を繰り広げ、自チームの技術向上や他校との交流を深めました。結果は男女ともに北条中学校の優勝となりました。

なお、審判や表彰式などの大会運営は、本校バスケットボール部員が行いました。生徒にとっては慣れない審判でしたが、中学生のプレーに負けないよう懸命に笛を吹く姿が印象的でした。参加いただいた中学生、先生方、また、応援いただいた保護者の方々、どうもありがとうございました。

以下に2日間の様子を掲載させていただきます。ご覧ください。

11日(土)男子の様子

12日(日)女子の様子

English Speech Contest

平成29年11月4日(土)に行われた兵庫県英語スピーチコンテストにおいて、三木高校2年福田桃子さんが優秀賞を授賞され、12月の近畿大会へ駒を進めます。

東播磨地区の生徒が県で1位を獲得するのは、実に28年ぶりになります。近畿大会でも普段の力を発揮し、全国大会へ進んで欲しいものです。おめでとうございます。

山岳部 スポーツクライミング全国大会出場決定

平成29年11月12日(日)大阪常翔啓光学園で行われた第22回近畿高等学校スポーツクライミング大会において、2年藤原君が近畿5位の成績で全国大会出場を決めました。


逆方向にせり上がった壁を登り、その高さとタイムを競います。


2年藤原拓海君が表彰状を手に、12月23日(土)・24日(日)埼玉県で行われる全国大会に出場します。頑張って下さい。そして、おめでとうございます。

 

第2回オープンハイスクール

11月7、8日の2日間、本校では第2回オープンハイスクールを開催いたしました。

2日間で多くの中学生とその保護者、中学校教員の方々にご参加いただきました。

学校説明会では、学校長・生徒会長のあいさつから始まり、生徒会による学校生活の紹介や西オーストラリア研修参加者による研修報告を、スライドを用いて行いました。

発表した生徒たちは、この日のためにスライド作りや発表の練習を重ねてきましたが、その成果を十分に発揮してくれました。

説明会の後、中学生たちはグループに分かれて授業見学を行い、その後、本校生徒と懇談会を行い、質疑応答や感想を交え高校生活についての説明を受けました。解散後は部活動見学となりました。本校の生徒たちも、中学時代に一緒に過ごした後輩の視線に刺激を受け、いつも以上に真剣に授業や部活動に取り組んでいました。

中国佛山市第三中学から校長先生が来校されました

~平成29年度中国・広東省との高校生交流事業~

平成29年11月1日(水)現在、中国広東省との交流事業で高校生2名を受け入れていますが、そこの佛山市第三中学から校長先生が来られました。兵庫県の5校にホームステイをしていますが、本日三木高校を訪問されました。


1年数学の授業風景です。また、2年英語クラスでテレビを活用した授業視察です。


ホスト生徒と書道体験です。集中して筆を動かしています。中国でも中学までは書道の時間があるそうですが、高校では無いそうです。

 


ホスト生徒と音楽の授業です。ギターと笛を合わせての演奏をしました。最後に、本校の前田校長が中国の沙校長先生からプレゼントをいただきました。

三木高校は、自然豊かで生徒も落ち着いていて、たくさんのことを学ぶことができて非常に良い経験ができましたと、お言葉をいただきました。

 

職員研修「心肺蘇生法講習会」

11月1日(水)本校職員対象に「心肺蘇生法講習会」を行いました。

三木消防署より救命救急士をお迎えし、ダミー人形を使いながら、胸骨圧迫の正しい方法、AEDの操作等の講習を行っていただきました。本年度はさらに幼児のダミー人形を用意していただき、幼児に対する心肺蘇生法を学びました。

その後、各グループに分かれダミー人形相手に実演しました。特に幼児に対しては力加減等が難しく職員は四苦八苦していました。

本日の経験が、校内での緊急時の対応に役立つため、職員は真剣そのもので取り組んでいました。

生徒会 ペットボトルキャップを寄付する

平成29年10月23日(金)に生徒会が中心となって取り組んでいるペットボトルキャップを全国障害者福祉援護協会へ寄付しました。本日は、仲介役をしていただきます生命保険相互会社の方へ手渡しました。そして、学校を代表して生徒会長の尾上さんが感謝状をいただきました。今後も活動を継続し、世界の子ども達へワクチンを届けられるよう取り組んでいきます。

  

中国・広東省高校生交流事業

平成29年10月26日(木)兵庫県と中国・広東省高校生交流事業で2名の生徒が三木高校へ来ました。本校国際総合科1年生の2名がホームステイのホストとして中国の2名の高校生を受け入れます。11月2日(木)までの約1週間ですが、本校の授業や研修旅行、家庭でのホームステイで交流を図ります。本校では、ホストクラスの国際総合科1年生のクラスで一緒に学習するほか、英語の授業や中国語の授業で他の学年・クラスの授業に参加する予定です。


神戸北野ホテル六甲荘で対面、帰りの車の中ではすっかり打ち解けて会話も弾んでいました。


15時三木高校に到着しました。校長先生に出迎えられ、早速記念写真。


まずは、オリエンテーション。三木高校の概要説明です。この後はクラスへ!