学校長挨拶

ご挨拶

平成30年4月1日                                                                  

前 田  哲 男

 兵庫県立三木高等学校長の前田哲男と申します。本校校長として2年目を迎えることとなりました。94年目という長い歴史をもち、その伝統を大切にしながらも、国際総合科という学科を持ち、その特色を鮮明に打ち出しながら、国際総合科に限らず、普通科においても、これからのグローバル時代を力強く生き抜く人材育成に努めて参りたいと、決意を新たにしているところです。

本年度本校は、学校スローガンとそれにリンクした重点目標を次のように定めており、様々な機会を通じて、生徒や職員、そして校外に発信していくこととしております。

【 学校スローガン 】

Be Global !     Be Ambitious !    Be Attractive !

グローバルな視点と高い目標を持ち、自らの魅力を発信していこう !

【 学校重点目標 】

1 グローバル教育の拠点校としての魅力を発信する

2 進学重点校としての期待に応えられる進路指導、キャリア教育を進める

3 生徒が自ら考える力を高める授業、補習、課題等の改善を進める

4 生徒を主体に据えた教育活動を展開し、生徒の自主性を育てる

そしてこの目標を達成していくために本校が進めてきた取り組みと、今後の計画が認められ、2018年度と2019年度の2年間、兵庫県教育委員会より「ひょうごスーパーハイスクール」事業の指定を頂くこととなりました。本校の研究テーマは、「三木高から発信する四大陸高校生グローバリズム研究」というもので、長きにわたって交流してきたオーストラリアのワナルー高校に加え、アメリカ合衆国ロサンジェルス郊外のセリトス高校、フランスのパリ郊外のクロミエ総合高校との交流を実施し、本年度から国際総合科で始める探究学習とからめて、4カ国の高校生のグローバリズムに関する比較研究を進めるというものです。

もちろん、普通科高校としての基礎・基本を大切にし、活気のある部活動も大切にしてまいります。その上で本校ならではの特色を打ち出していきたいと考えております。今年度は、「三木高校から目が離せない」と言われるように、生徒を主体とした活気のある学校にしてまいります。

今後の三木高校にぜひご期待下さい。