Total:918回 month:46回 week:9回 day:0回

男子バレーボール部

新年初詣(男子バレーボール部)

|更新:2022年01月11日

  新年あけましておめでとうございます。
男子バレーボール部は1/4(火)より練習を再開しました。2月の県大会に向けて、レベルアップを図っている最中です。
1/5(水)に毎年恒例(?)となっている神社への初詣に行ってきました。近畿大会出場を目指し、今年も練習に励んでいきます!
 



丹有地区新人大会(男子バレーボール部)

|更新:2022年01月07日

  12月25日と26日に丹有地区新人大会が行われました。

≪予選グループ戦(25日)≫
 篠山鳳鳴 2( 25-16、25-14 )0 北摂三田
 篠山鳳鳴 2( 21-25、25-18、25-15 )1 篠山産業
≪決勝トーナメント戦(26日)≫
 準決勝 篠山鳳鳴 2( 25-17、25-12 )0 篠山産業
 決勝  篠山鳳鳴 0( 15-25、15-25 )2 三田学園

 丹有地区優勝と県大会出場を目指した大会でしたが、上記の通り、決勝で三田学園に敗れ、第2位という結果になりました。やはり三田学園の壁は高く、もう一段階レベルを上げないといけないと感じました。
 また、本大会の結果、2月に行われる兵庫県新人大会に出場することが決まりました。2年生にとっては修学旅行や長距離走大会の直後の試合となるため、ハードなスケジュールとなりますが、丹有地区の代表として精一杯戦いたいと思います。
 本大会も多くの保護者の方々に応援に来て頂くことができました。ご声援、ありがとうございました。
 



後期リーグ戦大会(男子バレーボール部)

|更新:2021年12月01日

  11月27日と28日に丹有地区の後期リーグ戦が開催されました。先輩たちが一部リーグに昇格させてくれたため、それを死守すること、さらには上位進出を目指して臨みました。

≪一部リーグ戦≫
篠山鳳鳴 0( 6-25、15-25 )2 三田学園
篠山鳳鳴 2( 25-17、25-16 )0 三田西陵
篠山鳳鳴 2( 25-20、25-22 )0 篠山産業

 初戦の三田学園戦は実力の差を思い知らされる結果となってしまいました。また、緊張も見られ、自分たちのプレーができない中、大差でゲームを落としてしまいます。
 2戦目の三田西陵戦では徐々に自分たちのリズムを取り戻していき、ミスも目立ったものの何とか勝利することができました。
 気持ちを入れ替えて臨んだ2日目。篠山産業戦では、初日のような緊張は見られず、粘り強くプレーをすることができました。お互いにミスを出し合う場面も多々見られ、そこに助けられた所も大きいですが、勝利を掴むことができました。

 この結果、丹有地区リーグ一部2位となり、一部残留と上位進出の両方を成し遂げることができました。
 しかし、優勝した三田学園との力の差はまだまだ大きいと感じました。次の大会では一矢報いることができるように、また練習に励んでいきたいと思います。

 なお、本大会は久しぶりに有観客で行うことができました。色々と制限が多い中、数多くの保護者の方が観戦に来てくださり、生徒たちも嬉しかったことと思います。ご声援、ありがとうございました。



選手権大会丹有予選(男子バレーボール部)

|更新:2021年10月06日

  10月2日に丹有地区の選手権大会が開催されました。新チームになって初の試合で、県大会出場をかけて臨みました。
 
1回戦 篠山鳳鳴 2( 25-16、27-25 )0 三田西陵
2回戦 篠山鳳鳴 0( 16-25、13-25 )2 三田学園
 
 初戦の三田西陵に対しては緊張もある中、なんとかミスを減らしながらサーブを中心に攻めることができ、勝利を収めることができました。
 県大会をかけて臨んだ三田学園戦は、序盤こそ相手になんとか食らいついていたものの、サーブカットの乱れをきっかけに連続失点をしてしまい、敗戦となりました。
 怪我人も多数出ており、コートの中に中学からの経験者がほとんどいないような状態で、なんとか1勝をつかむことができたのは良かったですが、同時に県大会に出場するにはまだまだ課題が多いことを痛感させられました。

 次回は丹有地区のリーグ戦が11月の末に予定されています。地区優勝を目指し、また練習に励んでいきたいと思います。



兵庫県総合体育大会(男子バレーボール部)

|更新:2021年05月10日

  5月8日に兵庫県総合体育大会が開催されました。緊急事態宣言下での大会開催となり、無観客での試合となりました。

 2回戦 篠山鳳鳴 0(18-25,16-25)2 御影
 
 チームが始まってからの目標である「近畿大会出場(県ベスト16)」を目指した大会でしたが、初戦敗退という結果に終わりました。
 総体独特の緊張感の中、本来のプレーができなかったり、普段はしないようなミスをしてしまったりと、なかなか自分たちのペースでバレーをすることができず、苦しい展開となってしまいました。
 1年間、チームを引っ張ってくれた3年生たちはこれで一区切りとなります。今回は悔しい一戦になったと思いますが、この悔しさを胸に、進路実現に向けて頑張ってほしいと思います。
 そして、先輩たちの無念を晴らすべく、新チームが始動します。2年生9名、1年生3名、マネージャー1名で迎える新チームとなります。特に1年生はまだまだ部員を募集しているので、是非とも一緒にバレーボールをしましょう!



前期リーグ戦兼丹有総体(男子バレーボール部)

|更新:2021年04月20日

 4月17日、18日に丹有リーグ戦兼丹有総体が実施されました。3年生にとっては、最後の丹有地区の大会となります。

《2部リーグ戦》
  篠山鳳鳴 2(25-17,25-21)0 篠山東雲
  篠山鳳鳴 2(25-8,25-7)0 北摂三田

 初戦は、普段試合に出ていない2年生たちを中心にメンバーを組んで臨みました。上手くいかないことも多く、苦戦しながらも勝利できたことは大きいと思います。
 二戦目は、3年生が出場し、ミスのない堅実なバレーで圧倒することができました。2年生にも、その背中は頼もしく映ったのではないでしょうか。

《入替戦》
  篠山鳳鳴 2(25-16,25-15)0 有馬

 入替戦は、1部4位となった有馬との試合でした。この試合も、こちらのミスを減らしながら、我慢のバレーで徐々に相手との差を広げていき、勝利を収めました。

《県総体地区2位シード決定戦》
  篠山鳳鳴 2(24-26,25-19,25-21)1 三田西陵

 そして、1部2位となった三田西陵と県総体の地区シードをかけた一戦に臨みました。お互いに死力を尽くし、どのセットもギリギリの戦いとなりました。一瞬でも気を抜いたらそのままやられてしまうというような緊張感の中、最大限のパフォーマンスをし続け、1セット目は先取されたものの、2、3セットを取り返し、逆転勝利を収めました。

 2日間の結果により、1部昇格と地区シード権獲得という2つの目標を果たすことができました。5月の県総体では近畿大会出場を目指し、最後まで頑張りたいと思います。
なお、今大会で本校キャプテンの柳本学乙君が、優秀選手賞に選ばれています。



兵庫県新人大会(男子バレーボール部)

|更新:2021年03月30日

 3月29日に兵庫県新人大会が開催されました。緊急事態宣言の影響で、1月に実施予定でしたが、3月まで延期となって実施されました。

 2回戦 篠山鳳鳴 0(19-25,24-26)2 須磨友が丘

 
 地区シードを獲得していたため、2回戦からの出場で、神戸地区の県大会常連校との対戦となりました。
 1セットは緊張からか固さも見られ、序盤からミスが目立ち、優位に試合を展開できませんでした。後半に巻き返したものの、1セットを先取されました。
 メンバーを入れ替えて臨んだ2セットは、序盤から攻撃が決まり始め、終盤までリードを保ち続けました。しかし、最後は根負けというべきか、粘った末に点を連取され、逆転を許してしまいました。
 県大会という舞台で健闘しましたが、まだまだ多くの課題が明確となりました。4月以降にこの課題を解決できるよう、練習に励んで行きます。
 次戦は、4月中旬にある丹有地区のリーグ戦となります。1部昇格、そして地区のシード権獲得を目指して頑張ります。



令和2年度丹有地区新人戦(男子バレーボール部)

|更新:2020年12月29日

 12月26日に丹有地区新人大会が開催されました。例年は2日間開催ですが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で1日での開催となり、予選を行わず、決勝トーナメントのみの開催となりました。
 
《決勝トーナメント戦》
 1回戦 篠山鳳鳴 2(25-18,27-25)0 有馬
 準決勝 篠山鳳鳴 2(23-25,25-20,25-23)1 三田西陵
 決勝  篠山鳳鳴 1(25-23,22-25,21-25)2 篠山産業
 
 決勝で惜しくも敗れてしまいましたが、第2位という結果を得ることができました。またこの結果、来年1月に開催される県大会への出場権を獲得しました。
 県大会でも自分たちのバレーボールができるよう、練習を続けていきたいと思います。
 



令和2年度選手権大会丹有予選(男子バレーボール部)

|更新:2020年10月07日

 10月3日、4日に選手権大会丹有予選が行われました。県大会につながる大会で、目標としてきた大会でもあります。結果は、以下のとおりです。

《グループ戦》
 篠山鳳鳴 2(25-18,25-16)0 有馬
 篠山鳳鳴 2(25-20,20-25,25-21)1 三田西陵  
《決勝トーナメント》
 篠山鳳鳴 2(25-21,25-13)0 北摂三田
 篠山鳳鳴 0(21-25,22-25)2 三田学園
 
 以上のとおり、県大会の出場権を得ることはできませんでした。
 しかしながら、初日にシード校を破るなど、大きな成長も見られた二日間となりました。
 次の大会は12月の新人戦となります。期間が空いてしまいますが、地区優勝を目指してがんばります。



令和2年度丹有地区後期リーグ戦(男子バレーボール部)

|更新:2020年09月07日

 9月5日、6日に後期リーグ戦が行われました。今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、地区総体や県総体が中止となってしまい、今年度初の試合となりました。3年生が1名残ってくれましたが、新チームとしては初めての試合でした。結果は、以下のとおりです。
 
《2部リーグ戦》
 篠山鳳鳴 2-0 篠山東雲  篠山鳳鳴 1-2 有馬
 篠山鳳鳴 2-0 氷上  →2部2位となり入替戦へ
《入替戦》
 篠山鳳鳴 1-2 三田学園 →2部残留
 
 以上のとおり、残念ながら2部残留となってしまいました。
 次の大会は10月に行われる丹有選手権大会です。県大会への出場をかけて、全力で臨みたいと思います。
 
 男子バレーボール部は現在2年生6名、1年生10名、マネージャー1名の計17名で活動をしています。
 先日のオープン・ハイスクールでは、「バレー部の練習はしていないんですか?」という声もいただいたようで、ありがたい限りです。経験者、初心者を問わず、来年も多くの部員が入部してくれることを願っています。



男子バレーボール部 1部昇格

|更新:2018年09月05日

 9月1日と2日に行われた丹有地区後期リーグ戦にてかねてから目標に掲げていた1部昇格を達成しました。今後もより一層練習に励みます。