Total:1415回 month:28回 week:1回 day:0回

75回生

75回生1年生 地域探究(講座内発表)

 来週のポスターセッションに向けて、講座内で発表練習を行いました。いよいよ来週は学年全体でポスターセッション発表会です!
 



チャレンジQ ボランティア

 本日、1年生の教員志望者がチャレンジQの採点ボランティアを行いました。
 これは例年四季の森生涯教育センターで行われているイベントの1つで、小学生の各学年に思考力を問うテストを行うものです。本年度はオンラインでの開催となったため、その採点を行いました。
 いつもは問題を「解く側」ですが、今回は「採点する側」に立ったので、いつもとは違った形で問題と向き合いました。採点するなかで、解説を伝える大変さやコメントをつける楽しさを実感する場面も多く、生徒たちにとって大きな経験となりました。
 



75回生 地域探究

 2月3日の発表会に向けて、本格的にポスター作成を開始しました。
 





2年生総合学科コース地域探究英語プレゼン発表会

 入学時から取り組んできた地域探究での成果を英語で発表しました。発表だけでなく、司会や質疑応答もすべて英語で行いました。発表会には1年生の総合科学コースの生徒も参加し、自分たちの探究活動の参考になったと思います。また、市内のALTや他校の英語教員にも参加いただき、充実した発表会となりました。
 



第1回ユネスコ創造都市高校生サミット

 ユネスコ創造都市に認定されている市を対象としたオンラインサミットに、1年生総合科学コース6名が参加しました。丹波篠山市の他に、旭川市、山形市、鶴岡市、名古屋市からの参加もありました。高校生として何ができるかを他市の生徒と考えることで、自分たちの市の良さを改めて知ることができました。今日のことを今後の探究活動に生かしていきたいと考えています。
 



薬物乱用防止教室(1・2年生)

 今年は、阪神北少年サポートセンターの上地さんを講師にお招きし、薬物乱用防止教室を行いました。
感染症対策のため、学年ごとに薬物乱用防止教室を行い、お話をしていただきました。
 お話や映像から、薬物の依存症がどれくらい怖いものなのかが伝わってきて、生徒も薬物の危険性についてしっかりと学ぶ機会となりました。
 



学校の先生になろう講座

 八鹿高校の松下奈央先生(本校卒業68回生)を講師として学校の先生になろう講座をオンラインで開催しました。本校在学中や大学生活での取り組み、高校生活で頑張ってほしいことなどを中心にお話しいただきました。14名の生徒が参加し、質問も活発に飛び出しました。
 





進路講演会(1年生)

 11月11日(水)6限に、キャリアデザインについての進路講演会を実施しました。「社会人1年目が考える 高校時代にすべき3つのこと」というテーマで、水戸岡真治氏(株式会社マイナビ)にお話をしていただきました。キャリアデザインについて、生徒一人ひとりの考えを深め、イメージを膨らませる契機となりました。
 



数学科研究授業

 1年生普通コース数学Ⅰ「三角比」、2年生総合科学コース理系クラス数学Ⅱ「微分法の応用」でICTを用いた研究授業を行いました。
1年生ではIpadのアプリを用い、グループで建物の高さを測りました。2年生では、グラフ描画アプリgeogebraを用い、容積の最大値を考えました。

 





丹有地区 英語スピーチコンテスト・暗唱大会

 三田祥雲館高校にて、丹有地区英語スピーチコンテスト・暗唱大会がありました。
本校からはスピーチ部門に2年生2名、暗唱部門に1年生1名が出場しました。
多くの聴衆の前で発表するのは緊張したと思いますが、全員練習の成果を出すことができました。2年生のデヂン君が4位、1年生の井関君が5位入賞を果たしました!
 
 何回も一緒に練習してくれたALTの先生、運営補助に入ってくれた生徒にも改めて感謝します。

 



1年生探究(9月30日1-4)

 本日の探究では、今まで調べた情報をもとに、「問を立てる」練習を行いました。各グループ様々な意見を交わし、活発に活動する様子が見られました。
 



1年生「職業人インタビュー」報告会(9月30日)

 夏休み課題の「職業人インタビュー」について、各クラスでの報告会を経て、学年全体で報告会を実施しました。HR委員8名が、準備から当日の司会・進行などの役割を担い、クラスの代表生徒が報告しました。ご家族などインタビューにご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。
 











75回生(1年生)地域探究スタート!

 本日より、グループ分けを行い地域探究がスタートしました。各グループでオリエンテーションを中心に行いました。今後週1回のペースで地域探究を行っていく予定です。