【39回生修学旅行】タクシー研修の様子です②


多くの班が立ち寄る、恩納村にある「万座毛」という場所に来ています。

海岸の絶壁に、象の鼻の形の岩が付いているのが特徴です。

琉球王朝の時の王である尚敬王が、「万毛(毛は原っぱのこと)」(言い換えると「一万人が座れる広い原っぱ」)と評したことに由来していると言われています。(出典:wikipedia

(写真:引率教員、文責:情報担当者)

コメントは受け付けていません。