【44回生】2分間スピーチ代表者発表会を行いました


7月10日(金)16時から2分間スピーチ代表者発表会を行いました。

本来であれば6月30日(火)に行う予定でしたが、警報発表の為、延期となってしまいました。新型コロナウィルスの影響に続き、またも困難に見舞われましたが、産社委員を中心に企画を練り直して無事に本番を迎えることができました。

発表者は各クラスから選ばれた12名の生徒で、各々が個性を発揮しながら自らの「高校生活出発宣言」を見事に行うことができました。

今後も同様の発表があります。44回生全体の発表のレベルが上がっていくことを期待しています。

(文責:産業社会と人間 担当者)

【44回生】2分間スピーチクラス発表会を行いました。


 6月16日(火)5,6時間目に2分間スピーチクラス発表会を行いました。

 この2分間スピーチは総合学科の高校では誰もが経験する単元です。

「今までの自分」を振り返り、「これからの私」を考え、今何にどのように取り組むのかを高校生出発宣言として発表しました。

「産業社会と人間」では初めての発表ということで、思ったようにうまく話せなかった生徒もいれば、工夫を凝らした発表ができた生徒もいました。

いずれにしてもそれぞれの夢や志に向かっていくための有意義な発表になったのではないでしょうか。

これからこのような発表の機会は何度もあります。少しづつ成長できるよう頑張っていきましょう。

(文責:産業社会と人間 担当者)

【44回生】産業社会と人間がスタートしました!


6月2日、5限に「産業社会と人間」のガイダンスを行いました。

5限は、今年度の授業担当者の紹介に続き、産業社会の授業内容について説明を受けました。「産業社会と人間」の授業では、年間を通じ「自己を知る」「未来図を描く」「他者を知る・社会を知る」というテーマで、さまざまな活動に取り組み、自分自身の将来に向き合っていきます。

6限からは、最初の単元となる「2分間スピーチ」に向けて原稿を修正していきます。

(文責:総合学科推進部)

【43回生】産業社会と人間(10月1日)

本日より領域別の活動となります。12の領域に分かれ、各領域の中でさらに班に分かれ、領域について探求的に学びます。10月24日には総合校外学習として、領域ごとに大学等を訪問し、さらに領域について学びを深めます。

【43回生】産業社会と人間(9月24日)

本日は、職業人インタビューのクラス代表者の発表です。各クラスの代表2名が、全クラスの前で、発表しました。どの生徒も素晴らしい発表で、代表者の発表を通し、さまざまな職業観等について知り、スピーチ、発表技術の学習の場となりました。

(文責:産社情報担当)