【校長室より】総合校外学習について


長雨が続いています。昨日は兵庫県内でも警報が発令され学校は臨時休業となりました。翌日は2年次生が10グループに分かれ、それぞれ訪問先に現地集合し、フィールドワークを体験する総合校外学習です。そのための最終の事前学習「総合的な探究の時間」が臨時休業のために流れてしまいました。

翌日の校外学習を実施するかどうか、先生たちはまず訪問先で危険な場所がないかどうか情報を集め検討をしました。結局、警報が出なければ実施することとなりました。

そして今朝。雨は降っていましたが幸いにも警報は発令されず、予定どおり生徒たちは個々に現地に向けて出発。でも昨日、最終の打ち合わせができなかったことが気がかりでした。特に宇治方面グループは慣れない朝の通勤ラッシュの中、阪神や阪急電車からJR大阪駅にスムーズにたどり着けるだろうか。着いたとしても乗り場が11番線もある大阪駅、乗るべき電車に乗れるだろうか。乗り換えのJR京都駅はもっと多く19も乗り場があります。普段、電車に乗り慣れない皆さんにとって道のりは遠いに違いない。迷ってたどり着けない人もいるのでは…と心配していました。

ところが、10時過ぎ、すべてのグループから全員無事に集合したと連絡が入りました。心配は校長の取り越し苦労に過ぎず、生徒の皆さんは見事に自分のなすべきことをやり遂げました。悪天候の中でしたが、2年次生にとっては有意義な1日になったことと思います。

(校長 梶 美由紀)

【重要】臨時休業のお知らせ

午前10時現在、西宮市に警報が継続しているため、本日は臨時に休業日とします。
生徒の皆さんは、外出を控え、自宅で待機してください。

<43回生(2年次生)へ連絡>
本日(7/8)に予定されていた英単語テストは、7/10(金)の終令時に行います。

(文責:ネットワーク管理者)

【重要】自宅待機のお知らせ

本日、午前7時現在、西宮市に警報が発令されているため、本日午前は自宅待機とします。
なお、10時の時点で警報が解除になっている場合には、午後の授業は通常通り行います。
必ず本校Webページ等で確認をしてください。

(文責:ネットワーク管理者)

【校長室より】通常登校9日目


通常登校9日目、皆さん、調子はどうですか?

さて、6月19日に都道府県をまたいだ移動の自粛要請が全国的に解除され、1週間が経ちました。新規感染者数はゼロにはならないものの、感染予防対策をしながらの新しい日常が戻りつつあります。

本校では、予定どおり7月9日に2年次生の「総合校外学習」を実施することになりました。この総合校外学習は「フィールドワーク」体験が主な目的です。フィールドワークは次に取り組む「課題研究」のための調査方法の一つで、訪問先でのインタビューや実際の観察によって現状を取材します。今回は神戸、宇治、西宮の3地域、目的別にさらに10グループに分かれ、公共施設、地場産業、街並みなどを生かして行われている「町おこし」について調べます。現地の方々に直接、話をお聞きすることによって人々の暮らしや仕事をすることの意味も考えます。まずは事前学習、実施後には事後学習を行い、最終的には体験や取材の内容をまとめ、発表もする予定です。

今年は臨時休業のために授業時数が減っている中、校外学習は後回しになりそうなところですが、総合学科の本校にとって今回の校外学習は必要な学びの機会だと考えています。

2年次生の皆さんが、当日、感染予防対策をした上で、しっかり学んでくれることを期待しています。

(校長 梶 美由紀)

【校長室より】通常登校6日目


通常登校6日目、調子はどうですか?検温、手洗い、暑いけどマスク着用、頑張っていますか?中国、北京市では約2ヶ月間新規感染者ゼロだったのに、11日に感染者が確認され、それ以降クラスターが発生。学校も休校になっているとのことです。油断大敵です。

さて、本当なら文化祭1日目のはずだった先週の金曜日の放課後、生徒会長のU君をはじめ生徒会役員7人と校長室で話をしました。

「行事がどんどん中止になり、やりたかったことができず、何もかも中途半端。もやもやしている」。
「離任式がなくなり、お世話になった先生方に思いを伝えられなかったのが心残り」。
「1年が心配。入学したばかりなのにオリ合宿も文化祭も中止になり、クラスが団結することができるだろうか」。
「最後だということで頑張っていた3年の先輩の発表の機会が奪われてしまった」。
「今回の新型コロナの影響でみんな気持ちが沈んでしまっていると思う」。

彼らは1人1人さまざまな思いを語ってくれました。大切な時間が新型コロナに奪われた悲しみや辛さを誰かにぶつけたいけれど誰にぶつけても何も変わらないことは分かっている、悶々とした思いです。

それでも、今から、西宮今津高校のみんなが団結や一体感を感じられるように、自分たち生徒会の思いを何か形にしたいと彼らは言いました。

前を向いて進んで行こうとする強い気持ちが伝わって来ました。

(校長 梶 美由紀)