カテゴリー別アーカイブ: 未分類

入学式・始業式式辞

多可高等学校 第46回入学式 式 辞

新元号が、万葉集を典拠とする「令和(れいわ)」と発表され、本日を待っていたように咲き誇る満開の桜が新しい時代を祝福しているこの佳き日に、兵庫県会議員 内藤兵衛(ないとう ひょうえ)様 代理でいらっしゃいます秘書の岸本年裕(きしもと としひろ)様、多可高校PTA会長 星力夫(ほし りきお)様、ご来賓の皆様、並びに保護者の皆様方のご臨席を賜り、第46回の兵庫県立多可高等学校の入学式を挙行できますことは、本校関係者一同、大きな喜びであります。先ほど入学許可をした80名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。また、保護者の皆様におかれましては、お子様のご入学まことにおめでとうございます。

本校は1976年西脇北高校多可分校から独立し、地域の方々からの強い願いが叶って誕生した普通科の高等学校です。平成19年には3つの類型ができ、生徒たちには多様な選択が可能となりました。新入生の皆さんは、どうか自らの進路について、しっかりと考え、多様な選択の中で、その可能性にチャレンジしてほしいと思います。皆さんは、この多可高校という場に縁あって入学してきました。是非、この多可高校で花を咲かせてください。私たち教職員一同は皆さんを全力でサポートして参ります。

多可高校は、本年度から、1学年2クラスとなります。北はりま地域全体の生徒人数が減るなか、本年度、多可高校に、皆さんが入学してくることとなりました。人口減はこれからの日本が国として抱える大きな課題であり、明確な解決策が見いだせずにいる問題でもあります。また、これから先の職業の多くはAIというものに取って代わられると言われ、人間として何ができるかが問われる時代にもなってきています。これからは文系や理系という別々の枠で学習を考えるのではなく、文理融合の時代になるとも言われています。そして、18歳成人が始まる2022年4月に、18歳となっている皆さんは、3年後の卒業後には成人となり、様々なことに自らの責任が問われることに直面するようになります。元号が変わり、選挙権のみならず、18歳時には、新成人としての責任を問われる、そんな大きな時代のうねりの中で、皆さんは、高校生活を送り、次へのステップを踏み出していきます。

本校の校訓は「日々新」(ひびあらたに)と言います。中国の古典、「大学」という書物の中に「苟(まこと)に日に新たに、日々新た また日に新たなれ」という言葉からとられました。それは、「今日の行いは昨日の行いよりも新しく、そして良くなり、明日の行いは今日の行いよりも新しく、良くなるように心がけなければならない」という意味です。昨日より今日、今日より明日とわずかずつであっても、人間としての心や行動に成長がなければならない」ということです。本校では、この校訓のもと「福祉のこころを育む」という教育目標があり、それは、「思いやりの心」「共生の心」「自発の心」を育むことです。これから、日々新たに成長していく皆さんに、私自身が、3年後の卒業を見据えて、皆さんに願うことは、次の4つです。

一つ目は、「命を大切にしてください」ということです。かけがえのない自分自身の命、他者の命、その命を大事にし続ける心を養い続けてください。そこに「福祉のこころ」は宿ります。2つ目は、「好きなことを見つけてください」ということです。これならば、誰にも迷惑をかけずに続けることができる、これならば誰にも迷惑をかけずに時間やお金をかけ続けても惜しくない、そんなものを見つけてください。3つ目は「できることを増やしてください」ということです。小さなできることを積み重ねてください。「朝、目覚まし時計なしで起きられるようになった」とか、「机の前に30分座れるようになったとか」、できなかったことをできるようにする努力をしてください。そして、4つ目は「感謝の心を持ち続けてください」ということです。皆さんが生活していることにまず感謝の心を持ってください。私自身は、今、こうして皆さんを出会えたことに感謝し、お礼を申しあげます。「多可高校へ来てくれて、本当にありがとうございます」。

そして何よりこれから意識してほしいことは「本気」ということです。何ごとに取り組むにも、何ごとを考えるにも、本気で取り組んでください。本気で考えください。常に何ごとにも本気であることが、皆さんを大きく成長させていきます。「本気」であることは、一瞬恥ずかしいとか、かっこ悪いとか、人の目を気にしたり、面倒くさくなること、そんな自分との戦いになります。それを突破して、自分の殻を破って、成長してください。常に本気であってください。これからは、不安や心配もあり、思い通りにならないこと、腹立たしいことも出てくるでしょう。しかし、そんなときに、例えば少しの我慢ができたり、何とか解決しようと努力したりすることができたとき、それは成長となります。これから皆さんはどんどんと成長していきます。多くの先輩や先生と同じ校舎で多くの時間を過ごすこととなります。学習や部活動、学校行事で力いっぱい、自分自身の能力を発揮してください。3年後にここにいるみんなが互いにかけがえのない友となっていることを期待しています。

最後になりましたが、保護者の皆様、本日はお子様のご入学おめでとうございます。多可高校の教職員一同、全力でお子様の教育に取り組み、進路実現に向けて精いっぱい努めてまいります。それゆえ、保護者の皆様のご支援ご理解を賜りますようどうぞよろしくお願いいたします。そして、生徒の皆さんはもちろんのこと、我々教職員も、そして保護者の皆さまもお元気で、喜びの中で、三年後の卒業式を迎えることのできますことを祈念しまして式辞といたします。

平成31年4月8日

兵庫県立多可高等学校 校長 大矢 徹

 

第1学期始業式式辞(平成31年4月8日 月曜日)

おはようございます。皆さん心新たに新年度を迎えたことと思います。5月からは元号が「令和」となります。3年生の卒業年は令和2年になりますね。また、2022年4月には18歳成人となりますから、今年度の多可高校生は全員が3年後に成人です。時代がどんどんと変わります。AIのことは、耳が痛くなるくらい聞いてきていると思います。AIに使われていてはだめです。AIを使いこなしていかなければならない。学習指導要領が変わっていくことで、今は小学校からプログラミングをしたり、英語を学んだりしている。そして、新しくできた総合的な探究の時間から、教科を超えて、文系や理系という枠を超えて、学びが広がっている。自分で考え、判断し、表現できるように教育が変わってきています。そんな子どもたちが今からは出てきます。英語を使いこなしたり、AIを自由に使いこなしたり、自分から物事を創り上げていくような子どもが間違いなく増えていきます。皆さんの後をそういう子どもたちが追いかけてくるわけです。 皆さんは、勉強するということを忘れてはいけないし、勉強しようという姿勢は持ち続けなければなりません。それは、続けることのできる好きなことを見つけようということです。ですから、今年も言い続けます、本気でものごとに取り組んでください。好きなことを見つけてください。できることを増やしてください。続けられる努力をしてください。自分自身でできることを本気で続けてほしいと思います。だから、この1年でこれだけは達成するという目標を一つは立てて、達成してほしいと思います。達成できなくとも、努力をし続けたと言えるものであってほしいと思います。私は、今年度、マラソンを走りきりたいと思っています。神戸マラソンか篠山マラソンに出られたら、42.195㎞を走りきりたいと思っています。これが私の目標の一つです。皆さんも何か一つでいいから、今年度はこれをやろう、これを達成しようというものを作ってみてください。皆さんが皆さんの気持ちで考えてみてほしいと思います。新2年生は学校の屋台骨となってください。新3年生は自らの進路実現をしっかり見つめて、全力で達成してください。3年生はこれが目標になりますかね。3年生は面談をします。2年生は修学旅行について行きますよ。授業中もうろうろと見に行くこともあります。この1年がさらに皆さんにとって、多可高校にとって良い年になりますよう祈りまして式辞といたします。

31年度校長挨拶

 

兵庫県立多可高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

平成から令和に元号が変わる2019年、新学習指導要領、新入試への移行も目前とし、2022年4月からは18歳成人となることも決定し、高等学校という教育活動での場は、大きな時代の変化の中にいることを実感いたします。その中で、多可高等学校も1学年3クラスから2クラスへのクラス減となり、時代の変化の波の中にいることは間違いありません。

多可高校は、そうした時代にあっても、常に学びの姿勢と謙虚な努力を忘れず、本気の教育活動を展開しています。本校は、昭和51年の開校以来四書五経の「大学」に由来する「日々(ひび)新(あらたに)」を校訓とし、「福祉の心」を育み、自立して未来に挑戦する生徒を育てて参りました。そして、「地域に根差した学校」として、地域の皆様とともに、心豊かな優れた人材を輩出してきました。平成19年には普通科に福祉ボランティア類型、総合カルチャー類型、情報ビジネス類型の3類型が設置され、生徒にはさらに多様な学びの選択が可能となり、本年度も多様な生徒の学びを促進しています。

西脇市の北部に位置し、隣接する東山古墳群があり、自然豊かな環境の中で、広大なグラウンドと立派な教育施設を有する本校は、学びの環境が非常に充実しています。

勉強に、部活動、そして学校行事に力いっぱい取り組むことで、「日々新」の校訓の通り、さらなる高みをめざし、自らを次のステップへと成長させることのできる学校です。

 

このホームページを通じて、本校の教育活動にご理解を深めていただくとともに、さらなるご協力を賜りますようお願い申し上げます。

今後とも、多可高校にご理解ご支援をどうぞよろしくお願い申しあげます。

 

校長  大矢 徹

平成31年度 離任式

4月9日(火)午後から離任式が行われました。

離任された先生方が、在校生に向けて、熱い思いを話してくださいました。

 

 

 

 

最後には、生徒の代表者から花束を離任された先生方にお送りしました。

転勤された場所での先生方の更なる御活躍を願っています。多可高校では、ありがとうございました。

平成31年度 情報モラル講演会

4月9日(火)の4限目に全校生徒に、LINE株式会社 山本香織氏を講師にお招きして、

「スマホ・ケータイ安全教室」と題して講演をしていただきました。

SNS上でのトラブルや情報流出の危険性などを様々な場面で切り取り、多くの視点からお話していただきました。

対面式

4月9日(火)1時間目に対面式が行われました。吹奏楽部の歓迎演奏に続き、1年生が2・3年生と顔合わせを行い、学校生活での決意を述べました。

 

 

 

その後、部活動紹介が行われました。

平成31年度 入学式

4月8日(月)13:30より、本校体育館において、46回生の入学式が挙行され、

男子32名、女子48名、計80名の入学が許可されました。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

平成31年度 着任式・始業式

平成31年4月8日(月) 着任式と平成31年度1学期始業式が行われました。

今年度は、岡井 薫事務長以下9人の新しい力が多可高校に加わることになりました。

よろしくお願いします。

また始業式の後、書道コンクールの表彰が行われました。

 

 

 

対面式・始業式

 

 

 

表彰式

3学期終業式

3月22日(金)、3学期終業式が行われました。

まず最初に、介護職員初任者研修課程の修了式が行われ、36名の生徒に証書が渡されました。

続いて、書道コンクールと球技大会の表彰が行われました。

    

校長式辞                  生徒指導部長のお話

    

この一年、各々どのように成長できたでしょうか。

それぞれ一年を振り返って、4月の始業式に新学年として気持ちの良いスタートを切れるように、準備してください。

介護職員初任者研修課程修了者で記念撮影を行いました。

 

 

 

44回生 マラソン大会 ちいふれ 大学企業見学

44回生の冬の行事について更新します。

 

まずは2月7日実施のマラソン大会。

男子3位、4位、5位、6位、9位、10位

女子優勝、準優勝、3位、5位、6位、7位、8位

と大活躍でした。なにより参加者全員完走が素晴らしかったです。

一生懸命な姿に少しうるっときてしまいました・・・

女子は表彰台独占です。44回生の自慢の3人ですね。

 

次に毎年恒例のちいきふれあいプロジェクトについてです。

2月4日に地元多可町を少し綺麗にさせていただきました。

また、養徳会さんにて和太鼓の演奏をして利用者のみなさんとふれあい、

杉原谷小学校さんでよみきかせをして児童のみなさんとふれあわせていただきました。

ありがとうございました。

 

最後に2月13日実施の企業見学についてです。

多可町商工会のご協力のもと、

日本ワヰコ(株)、加美電機、(株)I.S.T加美、(株)タイネクサス多可工場、

多可染工(株)、桑村繊維(株)    (順不同)

の6社に見学に行かせていただきました。

就職を控える生徒も多く、真剣に会社の方の話を聞き、

会社内をしっかり見学していました。

ご協力いただき本当にありがとうございました。

 

44回生もいよいよ最終学年です。

進路実現に向け、みんなで頑張っていきます!!

高等学校魅力・特色づくり活動発表会 ステージ発表

1月19日(土)に本校2年生介護保育類型の生徒が、あかし市民広場でステージ発表を行いました。

北はりま特別支援学校の生徒と合同で、交流及び共同学習の発表と、手話を交えた合唱を披露しました。

開会のあいさつでは、県のマスコットと並び、多可町キャラクターのたか坊とふう子も紹介されました。

発表直前には、リハーサルを行いした。会場も広く、発表の様子が大きなモニターに映し出されるので、緊張した様子でした。

いざ本番です

この日に向けて、両校の生徒が練習をしてきた成果があり、堂々と発表することができました。

発表後は、会場から大きな拍手があり、発表を見られた方からも、良い発表だったとお褒めの言葉を頂きました。