カテゴリー別アーカイブ: 未分類

44回生 マラソン大会 ちいふれ 大学企業見学

44回生の冬の行事について更新します。

 

まずは2月7日実施のマラソン大会。

男子3位、4位、5位、6位、9位、10位

女子優勝、準優勝、3位、5位、6位、7位、8位

と大活躍でした。なにより参加者全員完走が素晴らしかったです。

一生懸命な姿に少しうるっときてしまいました・・・

女子は表彰台独占です。44回生の自慢の3人ですね。

 

次に毎年恒例のちいきふれあいプロジェクトについてです。

2月4日に地元多可町を少し綺麗にさせていただきました。

また、養徳会さんにて和太鼓の演奏をして利用者のみなさんとふれあい、

杉原谷小学校さんでよみきかせをして児童のみなさんとふれあわせていただきました。

ありがとうございました。

 

最後に2月13日実施の企業見学についてです。

多可町商工会のご協力のもと、

日本ワヰコ(株)、加美電機、(株)I.S.T加美、(株)タイネクサス多可工場、

多可染工(株)、桑村繊維(株)    (順不同)

の6社に見学に行かせていただきました。

就職を控える生徒も多く、真剣に会社の方の話を聞き、

会社内をしっかり見学していました。

ご協力いただき本当にありがとうございました。

 

44回生もいよいよ最終学年です。

進路実現に向け、みんなで頑張っていきます!!

高等学校魅力・特色づくり活動発表会 ステージ発表

1月19日(土)に本校2年生介護保育類型の生徒が、あかし市民広場でステージ発表を行いました。

北はりま特別支援学校の生徒と合同で、交流及び共同学習の発表と、手話を交えた合唱を披露しました。

開会のあいさつでは、県のマスコットと並び、多可町キャラクターのたか坊とふう子も紹介されました。

発表直前には、リハーサルを行いした。会場も広く、発表の様子が大きなモニターに映し出されるので、緊張した様子でした。

いざ本番です

この日に向けて、両校の生徒が練習をしてきた成果があり、堂々と発表することができました。

発表後は、会場から大きな拍手があり、発表を見られた方からも、良い発表だったとお褒めの言葉を頂きました。

 

 

第9回フレンドシップコンサート、無事終了いたしました。

1月19日(土)に、多可町文化会館ベルディホールにて、第9回多可高フレンドシップコンサートを開催しました。

オープニングには、多可高校演劇部が出演し、最後には、多可高校と多可町内の中学校とで迫力ある合同演奏も行いました。(八千代中学校は、インフルエンザの校内流行に伴い、残念ながら出演を辞退されました。)

たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

 

45年生 第1回手話レッスン

1月15日(火)に、1年生の特色選抜入学者は第1回手話レッスンを受講しました。

多可町福祉課のご協力のもと、今年度から始まったこの講義は第3回まで続きます。

生徒たちは自分の進路実現のために、積極的に知識を吸収しました。

 

耳が聞こえない人とのコミュニケーションは、手話だけでなく、様々な方法があることを知り、

口話においても、口の動きだけでなく身振りを加えるとより伝わりやすいといった

実践的な知識も身に付けることができました。

平成30年度東日本復興支援ボランティア

先日、12月9日より12月12日まで、宮城県宮城郡七ヶ浜町にボランティアに行ってきました。

参加したのは、生徒28名、教員3名の計31名でした。

 12月7日(金)の結団式では、校長先生からのお話と、引率教員の紹介、生徒代表の挨拶、しおりを見ながらの最終確認を行いました。

12月9日(日)は午前5時30分に学校に集合し、6時に大型バスで出発しました。

七ヶ浜町に到着したのは18時頃でした。2時間に一度の休憩を挟みながら、12時間の長旅になりました。

到着後は夕食、入浴を済ませ、各班でのボランティア活動の最終確認を行い、翌日にそなえました。

 

活動1日目、12月10日(月)は午前6時30分に起床、7時20分に朝食をとりました。その後バスに乗車して、各班の活動場所に向かいました。

A班は特別養護老人ホーム第二清楽苑でした。

B班は和光幼稚園。

C班は汐見台幼稚園と、午後から海の宮デイサービスセンターでの活動でした。

どの班も、職員の方々の協力もあり、自分たちで考えてきたレクリエーションを利用者の方々と共に楽しみました。どの施設でも非常に喜んでもらえたと、生徒たちも満足そうにしていました。

16時にボランティアが終了し、再びバスで宿舎へ帰りました。

 

活動2日目、12月11日(火)も、10日と同じように朝食を済ませた後、バスで各施設へ向かいました。

A班は和光幼稚園でした。11日ということもあり、避難訓練が行われ、高台に一緒に避難しました。

B班は汐見台幼稚園と、午後から海の宮デイサービスセンター、

C班は第二清楽苑での活動でした。

たくさんのレクリエーションを行い、非常に感謝していただくことができました。

16時に活動を終了した後は、バスで仙台駅へ向かい、各自で夕食をとりました。

20時に、仙台駅を出発しました。

12月12日(水)の午前7時30分、

往路と同じく、約12時間かけて、多可高校へと帰ってきました。

生徒たちの顔には、2日間のボランティア活動と長いバス移動からか、疲れが見てとれましたが、どこか充実した表情をしていたように思います。

今回のボランティアもまた、生徒たちにとって非常に良い経験となったと考えております。

 

 

三学期始業式

1月8日(火)、三学期始業式が行われました。

冬季休業が明け、久しぶりに元気な姿を見ることができました。

 

校長講話

多可町議会で今年1月1日から施行された「一日ひと褒め条例」の紹介がありました。

周りの人の良いところを見つけ、言葉で伝えあおうという取り組みです。

この一年、学校でも意識して過ごしてほしいと思います。

 

始業式の後は、東北ボランティアに参加した生徒から報告がありました。

 

報告の後は、服装頭髪検査が行われました。

明日は、1、2年生は課題考査です。

新学期、また気持ちを新たに頑張りましょう。

 

1年生 ちいきふれあいプロジェクト

 

12月14日(金)、1年生の生徒全員でちいきふれあいプロジェクトを行いました。

8つの班に分かれて、学校周辺の道路や近隣の公共施設・福祉施設などで清掃活動を行いました。

毎日登校している通学路のゴミを拾ったり、施設の窓ふきなどを行いました。

 

短い時間でしたが、清掃後に施設の方から感謝の言葉をいただきました。

地域がきれいになり、達成感を感じた生徒も多くいました。

 

防災訓練

12月6日(木)、期末考査終了後に、防災訓練を実施しました。

今回の訓練は地震発生を想定して行われました。

迅速に落ち着いて避難できていました。

 

訓練後は防災講話を聞きました。

日頃から防災を意識した生活を心がけましょう。

今年も有志の生徒が、東北ボランティアに向かいます。

生き方講演会

11月21日(水)、午後から多可町文化会館ベルディーホールにて、

生き方講演会が行われました。

自衛隊兵庫地方協力本部 加古川地域事務所長

山本 健治様に、「大規模災害に備える」を演題として

講演していただきました。

実際の阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震の写真とともに、

「自助・公助・共助」の大切さと、高校生にできる自助、共助の大切さに

ついてお話ししていただきました。

生徒会からお礼の言葉と花束の贈呈です。

災害に対し、身を守ることの大切さを改めて考えることができました。