カテゴリー別アーカイブ: ボランティア活動

多可町図書館まつりにボランティア参加

6月8日(土)多可町図書館(中区糀屋)での図書館まつりに、図書委員を中心とした生徒18名がボランティアスタッフとして参加しました。まず最初に、テント張りや古本市のための会場準備を行いました。その後は、特産品販売(夢藏)・ミニ縁日(ヨーヨー釣り・輪投げ)・スライムづくりなどの補助を行い、昼食も交代しながらの忙しい時間を過ごしました。また、多可高校の先輩でもある石塚昌美さん(中学校教諭を経て現在姫路市で靴店とカフェを営業)の「夢をおいかけて」の講演会も聴きました。    15時頃からは、テント・幟の片付けや運搬なども行い、地元多可町の行事盛り上げに一役買うことができたと思います。

平成30年度東日本復興支援ボランティア

先日、12月9日より12月12日まで、宮城県宮城郡七ヶ浜町にボランティアに行ってきました。

参加したのは、生徒28名、教員3名の計31名でした。

 12月7日(金)の結団式では、校長先生からのお話と、引率教員の紹介、生徒代表の挨拶、しおりを見ながらの最終確認を行いました。

12月9日(日)は午前5時30分に学校に集合し、6時に大型バスで出発しました。

七ヶ浜町に到着したのは18時頃でした。2時間に一度の休憩を挟みながら、12時間の長旅になりました。

到着後は夕食、入浴を済ませ、各班でのボランティア活動の最終確認を行い、翌日にそなえました。

 

活動1日目、12月10日(月)は午前6時30分に起床、7時20分に朝食をとりました。その後バスに乗車して、各班の活動場所に向かいました。

A班は特別養護老人ホーム第二清楽苑でした。

B班は和光幼稚園。

C班は汐見台幼稚園と、午後から海の宮デイサービスセンターでの活動でした。

どの班も、職員の方々の協力もあり、自分たちで考えてきたレクリエーションを利用者の方々と共に楽しみました。どの施設でも非常に喜んでもらえたと、生徒たちも満足そうにしていました。

16時にボランティアが終了し、再びバスで宿舎へ帰りました。

 

活動2日目、12月11日(火)も、10日と同じように朝食を済ませた後、バスで各施設へ向かいました。

A班は和光幼稚園でした。11日ということもあり、避難訓練が行われ、高台に一緒に避難しました。

B班は汐見台幼稚園と、午後から海の宮デイサービスセンター、

C班は第二清楽苑での活動でした。

たくさんのレクリエーションを行い、非常に感謝していただくことができました。

16時に活動を終了した後は、バスで仙台駅へ向かい、各自で夕食をとりました。

20時に、仙台駅を出発しました。

12月12日(水)の午前7時30分、

往路と同じく、約12時間かけて、多可高校へと帰ってきました。

生徒たちの顔には、2日間のボランティア活動と長いバス移動からか、疲れが見てとれましたが、どこか充実した表情をしていたように思います。

今回のボランティアもまた、生徒たちにとって非常に良い経験となったと考えております。

 

 

東北ボランティア 結団式・出発

12月7日(金)、東北ボランティアの結団式が行われました。

東日本大震災が発生した平成23年より毎年行っている復興支援ボランティアも、今年で8回目を迎えました。

今年は、全学年からの有志28名が参加します。

 

結団式の様子です。

9日(日)、朝の6時前に東北に向けて出発しました。

無事に東北に到着し、月曜日から現地でボランティア活動を行います。

 

 

 

 

 

東北ボランティア出発

東日本大震災が発生した平成23年より毎年行っている、復興支援ボランティアも今年で7回目を迎えました。今年は、1・2年生の有志27名が参加します。

12月10日(日) 6時に多可高校を出発し17時30分に宿舎宮城県総合公園に到着しました。

バスの中では、阪神淡路大震災や東日本大震災について学習しました。

宿舎では、明日からのボランティアに備え、準備リハーサルに取り組んでいました。

 

出発式の様子

前日準備、リハーサル

東北ボランティアの様子③

12月13日(火)
宮城県は今日も快晴です。復興が進んでいると聞いていましたが、更地の所も多く残っています。
実習後、七ヶ浜町社会福祉協議会に、今年も訪問させていただいた報告と、訪問にあたって相談にのっていただいたお礼を述べる予定です。
明日、全員元気に帰ります。